共同研究・競争的資金等の研究課題

2016年4月 - 2021年3月

中世日本の東アジア交流史に関する史料の集成的研究と研究資源化

日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)
  • 荒木 和憲
  • ,
  • 伊藤 幸司
  • ,
  • 榎本 渉
  • ,
  • 須田 牧子
  • ,
  • 後藤 真

課題番号
16H03484
配分額
(総額)
16,120,000円
(直接経費)
12,400,000円
(間接経費)
3,720,000円

平成29年度に引き続き,研究代表者と研究分担者が5つの作業チームに分かれて研究を進めた。
「東アジア交流史関係史料」の検出・データ化作業は,荒木班・榎本班・伊藤班・須田班が行った。具体的には,榎本班は中世前期の記録・典籍類(刊本),伊藤班は九州に所在する中世後期の文書類(刊本),荒木班は九州以外に所在する中世後期の文書・記録類(刊本),須田班は禅宗関係史料(東京大学史料編纂所謄写本)を分析し,10~16世紀における「東アジア交流史関係史料」を検出した。
検出した史料については,基本情報(年月日・作成者・受信者・史料名・典拠など)だけでなく、本文の全文テキスト(一部は抄出)を作成し,かつ当該史料の生成・授受にかかわる地域・階層などのメタデータを付与した。各班で作成したデータは,研究代表者である荒木がとりまとめ作業,校正,データの整合性チェックを行った。
こうして作成したデータは,平成29年度末の時点では約2,300件であったが,平成30年度末には約4,600件に増加した。また,紙媒体での報告書(『東アジア交流史関係史料集成(稿)』)の編集作業を同時に進捗させており,原稿量は平成30年度末の時点で約900頁(A4版・2段組)に達した。
一方,後藤班は,ファセット検索システムの構築を進めた。当該システムは,ユーザーがさまざまな切り口から高度で有意な情報を引き出すことを意図したもので,今年度内に国立歴史民俗博物館の「総合資料学情報基盤システム」(
https://khirin-ld.rekihaku.ac.jp/)における試験公開を開始し,校正済のデータ(約3,700件)についての基礎検索を可能とした。