共同研究・競争的資金等の研究課題

2012年4月 - 2017年3月

東大寺史の総合的再構成ー『東大寺要録』を中心にー

日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)
  • 栄原 永遠男
  • ,
  • 山岸 常人
  • ,
  • 吉川 真司
  • ,
  • 山口 隆介
  • ,
  • 久野 修義
  • ,
  • 永村 眞
  • ,
  • 遠藤 基郎
  • ,
  • 吉川 聡
  • ,
  • 佐藤 信
  • ,
  • 菱田 哲郎
  • ,
  • 飯田 剛彦
  • ,
  • 宇都宮 敬吾
  • ,
  • 海野 聡
  • ,
  • 遠藤 慶太
  • ,
  • 奥 健夫
  • ,
  • 梶谷 亮治
  • ,
  • 後藤 真
  • ,
  • 鷺森 浩幸
  • ,
  • 竹内 亮
  • ,
  • 中西 俊英
  • ,
  • 野呂 靖
  • ,
  • 濱道 孝尚
  • ,
  • 坂東 俊彦
  • ,
  • 古市 晃
  • ,
  • 森本 公誠
  • ,
  • 横内 裕人
  • ,
  • 吉江 崇
  • ,
  • 渡部 陽子

課題番号
24320129
配分額
(総額)
13,650,000円
(直接経費)
10,500,000円
(間接経費)
3,150,000円

重要寺院である東大寺については、奈良・平安時代の状況に不明な点が多い。『東大寺要録』は、この時代の東大寺の実像を知るうえで最も基本となる史料である。本事業では『東大寺要録』を現在の研究水準に立って再検討し、学際的な諸分野からの研究を総合して、新たな東大寺史像を描くことに努めた。
「東大寺要録研究会」を16回(報告数87本)や補助的研究会を40回開催し、その研究発表内容を論文として執筆してもらい、『東大寺の新研究』全3冊として刊行する計画を立てた。そのうち2冊は『東大寺の美術と考古』『歴史のなかの東大寺』(いずれも法蔵館)として刊行済みである。残る1巻の刊行についても鋭意努力する。

リンク情報
Kaken Url
https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-24320129/24320129seika.pdf