木村 麻紀

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/19 11:12
 
アバター
研究者氏名
木村 麻紀
 
キムラ マキ
所属
吉備国際大学
部署
保健医療福祉学部看護学科
職名
講師
学位
修士(看護学)(岡山大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2011年5月
 - 
現在
吉備国際大学保健医療福祉学部看護学科
 

学歴

 
2006年3月
   
 
岡山大学大学院保健学研究科修士課程修了  
 

論文

 
「在宅で介護する男性介護者のアイデンティティ」の概念分析
木村 麻紀、谷垣 靜子
吉備国際大学研究紀要(医療・自然科学系)   (28) 1-8   2018年3月
患者評価による看護関連QOL(NQOL)尺度の構成概念妥当性の検討
實金 栄、木村 麻紀、福武 まゆみ、住吉 和子、平松 貴子、中嶋 和夫、太湯 好子
日本医療マネジメント学会雑誌   18(3) 133-140   2017年12月   [査読有り]
在宅人工呼吸器装着者の医療的ケアにおける緊急時連携体制の課題
和泉 とみ代、木村 麻紀、澤田 和子
吉備国際大学研究紀要   (27) 1-10   2017年3月
地域高齢者と看護学生及び児童との世代間交流プログラムの実践報告ー看護学生の交流会への参加と高齢者観の視点からー
岡 和子、太湯 好子、木村 麻紀、澤田 和子、岡本 さゆり
吉備国際大学研究紀要   (26) 51-62   2016年
患者の看護介入評価を測定する尺度の信頼性・妥当性の検討
福武 まゆみ、木村 麻紀、實金 栄、住吉 和子、平松 貴子、太湯 好子
川崎医療福祉学会誌   25(2) 259-267   2016年   [査読有り]
中山間地域の高齢者と子供の暮らしをまもる住民相互の支援体制(第2報)
澤田 和子、木村 麻紀、岡本 さゆり、掛谷 益子、田中 富子、岡 和子、太湯 好子
吉備国際大学研究紀要   (25) 95-103   2015年3月
中山間地域の高齢者と子供の暮らしをまもる住民相互の支援体制(第1報)
木村 麻紀、澤田 和子、岡本 さゆり、掛谷 益子、田中 富子、岡 和子、太湯 好子
吉備国際大学研究紀要   (25) 85-93   2015年3月
重症心身障がい児(者)病棟における看護職と介護職の連携
澤田 和子、木村 麻紀、谷口 さゆり、石田 実知子
吉備国際大学研究紀要   (24) 55-63   2014年
高齢の妻が在宅で夫の介護を継続する要因
木村 麻紀、和泉 とみ代
吉備国際大学研究紀要   (23) 47-52   2013年3月
高齢の夫が在宅で妻の介護を継続する要因
木村 麻紀、谷口 さゆり、和泉 とみ代、岡野 初枝
吉備国際大学研究紀要   (22) 15-25   2012年3月

講演・口頭発表等

 
在宅人工呼吸器装着療養者の災害対策の現状と課題
澤田 和子、木村 麻紀、和泉 とみ代
第47回日本看護学会ー慢性期看護ー学術集会   2016年10月11日   
Examination of Nursing Intervention Scale(Tentative) Evaluated by Patients
Mayumi Fukutake,Maki Kimura,Sakae Mikane,Kazuko Sumiyoshi,Takako Hiramatsu,Masako Kurose,Natsumi Yoda,Kumiko Fujiwara,Kazuo Nakajima,Yoshiko Futoyu
International Nursing Conference   2015年   
Examination of the nursing care QOL scale’s validity
Sakae Mikane,Mayumi Fukutake,Maki Kimura,Kazuko Sumiyoshi,Masako Kurose,Natsumi Yoda,Takako Hiramatsu,Kumiko Fujiwara,Kazuo Nakajima,Yoshiko Futoyu
International Nursing Conference   2015年   
認知症高齢者の家族介護者の介護に対する認識の変化過程―認知症高齢者に対するとらえ方や介護をすることから生じる負担感や喜びを通してー
野田 裕之、山根 範子、神﨑 道成、木村 麻紀、岡本 さゆり、太湯 好子
日本老年看護学会   2015年   
ALS患者の在宅での看取り‐訪問看護師の役割を考える‐
木村 麻紀
日本病院学会   2007年7月