森田 真規子

J-GLOBALへ         更新日: 14/11/25 21:40
 
アバター
研究者氏名
森田 真規子
所属
京都大学
部署
大学院医学研究科メディカルイノベーションセンター
職名
研究員
学位
博士(理学)

プロフィール

2013年、広島大学大学院理学研究科博士課程修了(細谷浩史教授)。哺乳類培養細胞の細胞分裂時におけるダイナミン2と微小管の相互作用について研究を行った。博士(理学)。2013年より京都大学大学院医学研究科メディカルイノベーションセンター研究員。大脳基底核におけるドパミン受容体の作用機序についてマウスを使って解析を行っている。

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2013年5月
 - 
現在
京都大学大学院医学研究科メディカルイノベーションセンター 研究員
 
2012年4月
 - 
2013年3月
日本学術振興会特別研究員 (DC2)
 
 
 - 
2013年3月
広島大学 博士(理学)
 
2011年4月
 - 
2012年3月
林女性自然科学者研究助成基金 林フェロー
 

受賞

 
2014年6月
日本神経科学学会 JNS-SfN Exchange Travel Award
 
2012年4月
平成23年度笹川科学研究奨励賞
 
2012年3月
広島大学 学生表彰
 
2011年10月
2011年度日本生化学会大会 第3回JB/OUPポスター賞
 
2011年7月
広島大学 エクセレント・スチューデント・スカラシップ
 

論文

 
Tom Macpherson, Makiko Morita, Takatoshi Hikida
Frontiers of Psychology   5 1-7   2014年11月   [査読有り]
Kondo T, Hamao K, Kamijo K, Kimura H, Morita M, Takahashi M, Hosoya H
The Biochemical journal   435 569-576   2011年5月   [査読有り]
Morita M, Hamao K, Izumi S, Okumura E, Tanaka K, Kishimoto T, Hosoya H
Journal of biochemistry   148 533-538   2010年11月   [査読有り]
Hamao K, Morita M, Hosoya H
Experimental cell research   315 1336-1345   2009年4月   [査読有り]

Misc

 
新学術領域研究「予測と意思決定」第6回領域会議に参加して
森田 真規子
新学術領域研究「予測と意思決定の脳内計算機構の解明による人間理解と応用」Newsletter   5 14   2014年3月   [依頼有り]
細胞分裂期におけるダイナミン2と微小管の相互作用の解析に関する研究
森田 真規子
公益信託林女性自然科学者研究助成基金事業報告書   23 56-57   2013年12月   [依頼有り]

講演・口頭発表等

 
ドーパミンD2L受容体は認知学習に関与する
森田真規子、笹岡俊邦、Y. Wang、澤明、疋田貴俊
新学術領域研究「予測と意思決定の脳内計算機構の解明による人間理解と応用」領域会議   2014年12月11日   
Glucocorticoid-mediated dopaminergic changes and epigenetic modifications : a critical period of vulnerability to stress during adolescence
Minae Niwa, Richard S. Lee, Shin-ichi Kano, Makiko Morita, Akinori Nishi, Takatoshi Hikida, Akira Sawa
53rd Annual Meeting of American College of Neuropsychopharmacology   2014年12月7日   
Involvement of dopamine D2L receptor and its signaling in cognitive learning
M. Morita, T. Sasaoka, Y. Wang, A. Sawa, T. Hikida
Neuroscience 2014   2014年11月17日   
Altered regulation of cAMP/PKA signaling by PDE10A and PDE4 in DISC1 mutant mice
A. Nishi, M. Kuroiwa, T. Shuto, N. Sotogaku, Y. Hanada, M. Morita, A. Sawa, T. Hikida
Neuroscience 2014   2014年11月15日   
Social isolated DISC1 mutant mice displayed high sensitivity to chronic cocaine exposure and rolipram treatment
T. Hikida, M. Morita, M. Niwa, M. Kuroiwa, A. Sawa, A. Nishi
Neuroscience 2014   2014年11月15日