Toshiaki Makino

J-GLOBAL         Last updated: Aug 20, 2019 at 18:31
 
Avatar
Name
Toshiaki Makino
E-mail
makinophar.nagoya-cu.ac.jp
Affiliation
Nagoya City University
Research funding number
80326561

Academic & Professional Experience

 
Apr 2014
 - 
Today
Professor, Grad. Sch. Pharm. Sci., Nagoya City University
 

Awards & Honors

 
Aug 2017
Award for Academic Contributions, Medical and Pharmaceutical Society of WAKAN-YAKU
 

Published Papers

 
Tanimura Y, Yoshida M, Ishiuchi K, Ohsawa M, Makino T
Journal of ethnopharmacology   241 111859   Sep 2019   [Refereed]
Perspectives on the use of ninjin’yoeito in modern medicine: a review of randomized controlled trials
Shin Takayama, Ryutaro Arita, Minoru Ohsawa, Akiko Kikuchi, Natsumi Saito, Hiromichi Yasui, Toshiaki Makino, Yoshiharu Motoo, Tadashi Ishii
Evid. Based Complement. Alternat. Med.   2019 9590260   Aug 2019   [Refereed]
New acylated iridoid glucosides from Scutellaria glaphyrostachys Rech.f. and chemotaxonomic importance for the genus Scutellaria
Zeynep Doğan, İclal Saraçoğlu, Kan’ichiro Ishiuchi, Toshiaki Makino
Phytochem. Lett.   242 112059   Jul 2019   [Refereed]
Hainosan (painongsan) suppresses the biofilm formation of Porphyromonas gingivalis and Prevotella intermedia in vitro
Masaaki Minami, Hiroshi Takase, Masayo Taira, Toshiaki MakinoToshiaki Makino
Tradit. Kampo Med.   6(2) 79-87   Jul 2019   [Refereed]
Alpha-pyrone glycosides from Scutellaria salviifolia Benth
Zeynep Doğan, Kan’ichiro Ishiuchi, Toshiaki Makino, İclal Saraçoğlu
Turkish J. Chem.   43(3) 972-981   Jun 2019   [Refereed]
Drug interaction between shoseiryuto extract or catechins and fexofenadine through organic anion-transporting polypeptide (OATP) 1A2 in vitro
Katsuhiko Masumoto, Zhiyang Quan, Kan’ichiro Ishiuchi, Takashi Matsumoto, Junko Watanabe, Toshiaki Makino
Pharmacog. Mag.   15(61) 304-308   Mar 2019   [Refereed]
Atsumi T, Yokoyama Y, Yokogawa T, Makino T, Ohtsuka I
Journal of natural medicines   73(2) 381-387   Dec 2018   [Refereed]
Ishiuchi K, Morinaga O, Ohkita T, Tian C, Hirasawa A, Mitamura M, Maki Y, Kondo T, Yasujima T, Yuasa H, Minamizawa K, Namiki T, Makino T
Scientific reports   9(1) 1587   Feb 2019   [Refereed]
Kutluay VM, Makino T, Inoue M, Saracoglu I
Fitoterapia   134 73-80   Feb 2019   [Refereed]
Zhang F, Ishiuchi K, Sugiyama A, Ohsawa M, Makino T
Journal of natural medicines   73(3) 497-503   Feb 2019   [Refereed]
Minami M, Takase H, Nakamura M, Makino T
Bioscience trends   13(2) 145-151   May 2019   [Refereed]
Minami M, Takase H, Taira M, Makino T
Medicines (Basel, Switzerland)   6(2)    May 2019   [Refereed]
Waka Nakayama, Yukio Fujiwara, Yasuhiro Kosuge, Orawan Monthakantirat, Kazumi Fujikawa, Santi Watthana, Susumu Kitanaka, Toshiaki Makino, Kan'ichiro Ishiuchi
Phytochemistry Letters   29 98-103   Feb 2019
© 2018 Phytochemical Society of Europe Two new Lycopodium alkaloids, phlenumdines D (1) and E (2), have been isolated from the club moss Phlegmariurus nummulariifolius (Blume) Ching along with ten known compounds (3−12), and the structures were el...
Minami M, Nakamura M, Makino T
BioMed research international   2019 1797930   2019   [Refereed]
Ota M, Xu F, Li YL, Shang MY, Makino T, Cai SQ
Journal of natural medicines   72(1) 80-95   Jan 2018   [Refereed]
Iijima R, Watanabe T, Ishiuchi K, Matsumoto T, Watanabe J, Makino T
Journal of ethnopharmacology   214 153-159   Mar 2018   [Refereed]
Akaki Junji, Tachi Shiori, Nakamura Naoki, Arai Tetsuya, Yamasaki Hiroo, Inoue Makoto, Makino Toshiaki
JOURNAL OF ETHNOPHARMACOLOGY   220 1-8   Jun 2018   [Refereed]
Ota M, Ishiuchi K, Xu X, Minami M, Nagachi Y, Yagi-Utsumi M, Tabuchi Y, Cai SQ, Makino T
Journal of ethnopharmacology   228 11-17   Sep 2018   [Refereed]
Morinaga O, Ishiuchi K, Ohkita T, Tian C, Hirasawa A, Mitamura M, Maki Y, Yasujima T, Yuasa H, Makino T
Scientific reports   8(1) 15568   Oct 2018   [Refereed]
Tashiro Y, Sakai R, Hirose-Sugiura T, Kato Y, Matsuo H, Takada T, Suzuki H, Makino T
Molecules (Basel, Switzerland)   23(11)    Nov 2018   [Refereed]
Shimato Y, Ota M, Asai K, Atsumi T, Tabuchi Y, Makino T
Journal of natural medicines   72(1) 192-201   Jan 2018   [Refereed]
Nagasaka Mai, Hashimoto Ryoko, Inoue Yasumichi, Ishiuchi Kan'ichiro, Matsuno Michiyo, Itoh Yuka, Tokugawa Muneshige, Ohoka Nobumichi, Morishita Daisuke, Mizukami Hajime, Makino Toshiaki, Hayashi Hidetoshi
MOLECULES   23(6)    Jun 2018   [Refereed]
Yamada A, Ishiuchi K, Makino T, Mizukami H, Terasaka K
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   1-8   Sep 2018   [Refereed]
漢方薬理・最前線 八味地黄丸(2)
牧野 利明
Phil漢方   (73) 9-11   Nov 2018
Ota M, Nagachi Y, Ishiuchi K, Tabuchi Y, Xu F, Shang MY, Cai SQ, Makino T
Journal of ethnopharmacology   214 1-7   Dec 2017   [Refereed]
Ishiuchi Kan'ichiro, Hirose Dai, Suzuki Takuma, Nakayama Waka, Jiang Wen-Ping, Monthakantirat Orawan, Wu Jin-Bin, Kitanaka Susumu, Makino Toshiaki
JOURNAL OF NATURAL PRODUCTS   81(5) 1143-1147   May 2018   [Refereed]
Minami M, Konishi T, Makino T
Medicines (Basel, Switzerland)   5(3)    Aug 2018   [Refereed]
水質がウズ煎液中のアコニチン型ジエステルアルカロイド量に及ぼす影響
笛木 司, 吉田 理人, 田中 耕一郎, 千葉 浩輝, 加藤 憲忠, 並木 隆雄, 柴山 周乃, 藤田 康介, 須永 隆夫, 松岡 尚則, 別府 正志, 牧野 利明
日本東洋医学雑誌   69(4) 336-345   Oct 2018
中国天津市及び上海市の上水道水を用いて「ウズ」の煎液を調製し、煎液中のアルカロイド量を、新潟市上水道水を用いた場合と比較した。中国の上水道水を用いて調製した煎液中のアコニチン型ジエステルアルカロイド(ADA)量は、新潟市上水道水を用いた場合に比べ有意に少なく、この原因として、中国の上水道水に多く含まれる炭酸水素イオンの緩衝作用によりウズ煎煮中のpH低下が抑制されることが示唆された。また、ウズにカンゾウ、ショウキョウ、タイソウを共煎した場合、ウズ単味を煎じたときと比較して煎液中ADA量が高値...
漢方薬理・最前線 八味地黄丸(1)
牧野 利明
Phil漢方   (71) 9-12   Jul 2018
Suzuki T, Yamamoto A, Ohsawa M, Motoo Y, Mizukami H, Makino T
Journal of natural medicines   71(4) 757-764   Oct 2017   [Refereed]
漢方薬理・最前線 人参養栄湯(2)
牧野 利明
Phil漢方   (70) 9-11   Apr 2018
Sun Hui, Yang Le, Li Meng-xi, Fang Heng, Zhang Ai-hua, Song Qi, Liu Xing-yuan, Su Jing, Yu Meng-die, Makino Toshiaki, Wang Xi-jun
JOURNAL OF CHROMATOGRAPHY B-ANALYTICAL TECHNOLOGIES IN THE BIOMEDICAL AND LIFE SCIENCES   1081 45-54   Apr 2018   [Refereed]
漢方薬理・最前線 人参養栄湯(1)
牧野 利明
Phil漢方   (68) 9-11   Jan 2018
Gao Shengli, Satsu Hideo, Makino Toshiaki
JOURNAL OF NATURAL MEDICINES   72(2) 530-536   Mar 2018   [Refereed]
漢方薬理・最前線 補中益気湯(3)
牧野 利明
Phil漢方   (67) 9-13   Oct 2017
『本草経集注』に記載された「桂」の基原を一考する
笛木 司, 田中 耕一郎, 牧野 利明, 松岡 尚則, 佐藤 忠章, 小池 一男, 頼 建守, 並木 隆雄, 千葉 浩輝, 別府 正志, 須永 隆夫, 岡田 研吉, 牧角 和宏
日本東洋医学雑誌   68(3) 281-290   Jul 2017
「桂」に類する生薬(以下「桂類生薬」)は、古典医書中、多くの薬名で記述されており、それらの薬名と基原の対応は現在も未解決の問題である。我々は『本草経集注』「序録」の「桂」の長さと重さに関する記述に、先に明らかにした同書の度量衡の換算値を適用することにより、当時「桂」として流通していた生薬は、現在のシナモンスティックに相当するCinnamomum cassiaの枝皮(カシア枝皮)であったと強く推測した。推測の妥当性を確認するためカシア枝皮に含まれるケイアルデヒドとクマリンを生薬市場で入手した...
漢方薬理・最前線 補中益気湯(2)
牧野 利明
Phil漢方   (65) 12-15   Jul 2017
原典版「神仙太一膏」の試作 処方中の黄丹(鉛丹)でゴマ油は樹脂状に硬化する
笛木 司, 田中 耕一郎, 牧野 利明, 松岡 尚則, 別府 正志, 岡田 研吉, 牧角 和宏
漢方の臨床   64(4) 453-457   Apr 2017
中国宋代の公定処方集「太平恵民和剤局方」に収載の「神仙太一膏」の試作を、現代版のミツロウでなく、鉛丹を配合し試みた。その結果、鉛丹の作用によってゴマ油が樹脂状の朔性体に硬化する現象が確認された。また、市販されているミツロウを配合した単軟膏を基剤とする神仙太一膏とは全く形状も異なるものであった。
漢方処方の中での生薬の役割(下)
牧野 利明
漢方研究   (544) 12-19   Apr 2017
漢方薬理・最前線 補中益気湯(1)
牧野 利明
Phil漢方   (64) 10-13   Apr 2017
Gao S, Kushida H, Makino T
Journal of natural medicines   71(1) 131-138   Jan 2017   [Refereed]
漢方処方の中での生薬の役割(上)
牧野 利明
漢方研究   (543) 87-92   Mar 2017
Minami M, Konishi T, Takase H, Makino T
BioMed research international   2017 4575709   2017   [Refereed]
歴代教科書・解説書に見られる生薬の効能に関する記載のデータベース化(2)
矢作 忠弘, 石内 勘一郎, 渥美 聡孝, 三宅 克典, 森永 紀, 伏見 裕利, 大山 雅義, 森川 敏生, 田中 謙, 有田 正規, 牧野 利明
生薬学雑誌   71(1) 20-36   Feb 2017
Ni H, Matsumoto T, Watanabe J, Makino T
Evidence-based complementary and alternative medicine : eCAM   2018 4259603   2018   [Refereed]
Minami M, Konishi T, Takase H, Jiang Z, Arai T, Makino T
Evidence-based complementary and alternative medicine : eCAM   2017 4293291   2017   [Refereed]
歴代教科書・解説書に見られる生薬の効能に関する記載のデータベース化(1)
矢作 忠弘, 石内 勘一郎, 渥美 聡孝, 三宅 克典, 森永 紀, 伏見 裕利, 大山 雅義, 森川 敏生, 田中 謙, 有田 正規, 牧野 利明
生薬学雑誌   71(1) 1-19   Feb 2017
歴代教科書・解説書に見られる生薬の効能に関する記載のデータベース化(2)
矢作 忠弘, 石内 勘一郎, 渥美 聡孝, 三宅 克典, 森永 紀, 伏見 裕利, 大山 雅義, 森川 敏生, 田中 謙, 有田 正規, 牧野 利明
生薬学雑誌   71(1) 20-36   Feb 2017
Minami Masaaki, Konishi Toru, Takase Hiroshi, Makino Toshiaki
EVIDENCE-BASED COMPLEMENTARY AND ALTERNATIVE MEDICINE   2018 8901215   2018   [Refereed]
歴代教科書・解説書に見られる生薬の効能に関する記載のデータベース化(1)
矢作 忠弘, 石内 勘一郎, 渥美 聡孝, 三宅 克典, 森永 紀, 伏見 裕利, 大山 雅義, 森川 敏生, 田中 謙, 有田 正規, 牧野 利明
生薬学雑誌   71(1) 1-19   Feb 2017
漢方薬理・最前線 十味敗毒湯
牧野 利明
Phil漢方   (63) 9-11   Jan 2017
Suzuki T, Miyamoto K, Yokoyama N, Sugi M, Kagioka A, Kitao Y, Adachi T, Ohsawa M, Mizukami H, Makino T
Journal of ethnopharmacology   186 44-52   Jun 2016   [Refereed]
Zhang Fuzi, Iwaki Anna, Ishiuchi Kan'ichiro, Sugiyama Akinori, Ohsawa Masahiro, Makino Toshiaki
PHARMACOGNOSY MAGAZINE   14(56) 461-464   Jul 2018   [Refereed]
漢方薬理・最前線 桂枝茯苓丸(2)
牧野 利明
Phil漢方   (62) 9-11   Oct 2016
漢方薬理・最前線 桂枝茯苓丸(1)
牧野 利明
Phil漢方   (60) 9-11   Jul 2016
宋代の煮散法にヒントを得た簡便かつ成分抽出効率良好な煎薬調製法の開発(第2報) 生薬残渣の簡便な分離法
笛木 司, 牧野 利明, 松岡 尚則, 別府 正志, 須永 隆夫, 田中 耕一郎, 並木 隆雄
日本東洋医学雑誌   67(2) 114-122   Apr 2016
簡便かつ抽出効率に優れた煎じ薬の調製法の開発を目的として、中国宋代の「煮散法」を参考に、粉末生薬を熱湯に浸漬して成分抽出を行う「IPCD(immersing powdered crude drugs)法」を試みる中、課題であった浸漬液と泥状生薬残渣の分離法を検討した。マオウ末を不織布パックに封入して熱湯浸漬した場合、そのまま熱湯中に分散させて抽出した場合に比べ、指標成分の浸漬液への移行量が著しく減少し、不織布パックの使用がIPCD法に不適であることが示された。簡便で効率的な分離法を求め、市...
Suzuki T, Yamamoto A, Ohsawa M, Motoo Y, Mizukami H, Makino T
Journal of natural medicines   69(4) 531-537   Oct 2015   [Refereed]
漢方薬理・最前線 当帰芍薬散(4)
牧野 利明
Phil漢方   (59) 9-11   Apr 2016
生薬学担当教員による漢方教育に対する取り組み 漢方の国際化時代における漢方教育のあり方
牧野 利明
薬学雑誌   136(3) 411-415   Mar 2016
漢方薬理・最前線 当帰芍薬散(3)
牧野 利明
Phil漢方   (58) 9-11   Jan 2016
漢方エキス製剤の特徴と問題点
牧野 利明
大阪府内科医会会誌   24(2) 195-195   Nov 2015
【漢方薬の薬理作用】 酸棗仁湯
牧野 利明
脳21   18(4) 313-316   Oct 2015
本稿では酸棗仁湯の実験薬理に関する論文をレビューした。酸棗仁湯は正常動物、各種ストレス負荷動物モデルにおいて、脳内におけるNO産生の亢進や、GABAA受容体、NMDA型グルタミン受容体を介して、各種カテコールアミン濃度を変化させることにより、抗不安作用、鎮静作用、抗うつ作用、記憶改善作用を示した。酸棗仁湯に含まれるそれらの作用の有効成分として、フラボノイドと多糖類が関与することを示唆された。また、酸棗仁湯には瀉血した動物におけるヘモグロビンの回復を早める作用があることが報告されていた。本稿...
漢方薬理・最前線 当帰芍薬散(2)
牧野 利明
Phil漢方   (57) 9-11   Oct 2015
漢方エキス製剤の特徴と問題点
牧野 利明
日本小児東洋医学会誌   28 33-37   Sep 2015
漢方薬理・最前線 当帰芍薬散(1)
牧野 利明
Phil漢方   (55) 8-10   Jul 2015
アイヌにおける附子の調剤と瞑眩
松岡 尚則, 別府 正志, 田中 耕一郎, 牧野 利明, 並木 隆雄
医譚   (118) 7538-7552   Jul 2015
Makino T, Shiraki Y, Mizukami H
Journal of natural medicines   68(3) 505-512   Jul 2014   [Refereed]
ハンゲの刺激(イガイガ)原因物質 最近の研究動向
笛木 司, 田中 耕一郎, 並木 隆雄, 松岡 尚則, 牧野 利明
漢方の臨床   62(6) 977-982   Jun 2015
ハンゲは日常的に広く用いられている生薬であるにもかかわらず、未解明な問題が多い。著者らは、自らの「生薬粉末熱湯浸漬法」の研究過程において、中国で継続的に進められてきたハンゲの刺激性の原因に対する研究論文に触れることができた。ハンゲの刺激性は、シュウ酸カルシウム針状結晶単独に起因するものではなく、結晶に結合した蛋白質が大きな役割を果たしていることが明らかになりつつある。ハンゲの刺激性、シュウ酸カルシウムの針状結晶と蛋白質、今後の課題について述べた。
漢方薬理・最前線 加味逍遙散
牧野 利明
Phil漢方   (53) 12-15   Apr 2015
漢方エキス製剤の特徴と問題点
牧野 利明
神奈川医学会雑誌   42(1) 159-160   Jan 2015
漢方薬理・最前線 五苓散
牧野 利明
Phil漢方   (52) 9-11   Jan 2015
漢方薬理・最前線 柴苓湯(2)
牧野 利明
Phil漢方   (51) 10-13   Oct 2014
漢方薬理・最前線 柴苓湯(1)
牧野 利明
Phil漢方   (49) 9-11   Jul 2014
Makino T, Kanemaru M, Okuyama S, Shimizu R, Tanaka H, Mizukami H
Journal of natural medicines   67(4) 881-886   Oct 2013   [Refereed]
Bai F, Makino T, Kono K, Nagatsu A, Ono T, Mizukami H
Journal of natural medicines   67(4) 782-789   Oct 2013   [Refereed]
漢方薬理・最前線 六君子湯(2)
牧野 利明
Phil漢方   (47) 9-11   Apr 2014
『宋板傷寒論』の権衡の検討 生薬カスの吸着水量とマオウアルカロイドの煎出効率に着目して
笛木 司, 松岡 尚則, 牧野 利明, 並木 隆雄, 別府 正志, 山口 秀敏, 中田 英之, 頼 建守, 萩原 圭祐, 田中 耕一郎, 須永 隆夫, 長坂 和彦, 岡田 研吉, 岩井 祐泉, 牧角 和宏
日本東洋医学雑誌   65(2) 61-72   Apr 2014
『傷寒論』の薬用量は往古から問題とされており、『宋板傷寒論』の1両を現在の何gに換算すべきか、未だ定説が得られていない。江戸時代の狩谷えき斎は『漢書』の権衡(1両=約14g、「改秤」)で秤量した『宋板傷寒論』収載処方が、煎方指定の水量では煎じられないという根拠から「常秤」を否定、「神農之秤」(「常秤」の1/10量)を用いるべきことを主張し、これが現代の漢方薬の処方量の基準となっている。我々は煎じあがりに生薬カスが吸着している水量に着目して検討を行い、『宋板傷寒論』に「常秤」を適用しても煎じ...
敦煌本に基づく『本草経集注』の権衡と方寸匕の量についての検討 傷寒論成立時代の度量衡
笛木 司, 松岡 尚則, 牧野 利明, 並木 隆雄, 別府 正志, 山口 秀敏, 中田 英之, 頼 建守, 萩原 圭祐, 田中 耕一郎, 長坂 和彦, 須永 隆夫, 李 宜融, 岡田 研吉, 岩井 祐泉, 牧角 和宏
日本東洋医学雑誌   65(1) 38-45   Jan 2014
『傷寒論』成立時代の権衡の考証を目的に、近接した年代に著された『本草経集注』「序録」の権衡を検討した。同書の度量衡は、権衡の記述に混乱が見られ、また度・量についての検証がこれまで十分に行われていなかった。そこで敦煌本『本草経集注』の「1方寸匕に等しい容積の薬升」の記述に着目、同記述が『漢書』「律暦志」の度に従っていることを仮定して計算を行い、1方寸匕の容量として5.07cm3の値を得た。得られた値を生薬の実測数値を用いて検証し、仮定を肯定する結果を得た。得られた1方寸匕の容量から換算した1...
漢方薬理・最前線 六君子湯(1)
牧野 利明
Phil漢方   (46) 10-11   Jan 2014
漢方薬理・最前線 抑肝散・抑肝散加陳皮半夏(2)
牧野 利明
Phil漢方   (45) 10-13   Oct 2013
Bai F, Makino T, Ono T, Mizukami H
Journal of natural medicines   66(4) 583-590   Oct 2012   [Refereed]
Makino T, Okajima K, Uebayashi R, Ohtake N, Inoue K, Mizukami H
The Journal of pharmacology and experimental therapeutics   342(2) 297-304   Aug 2012   [Refereed]
漢方薬理・最前線 抑肝散・抑肝散加陳皮半夏(1)
牧野 利明
Phil漢方   (43) 9-11   Jul 2013
中国医学の研究方法論 1920年代台湾での杜聡明のケースから
雷 祥麟, 牧野 利明
薬史学雑誌   48(1) 7-15   Jun 2013
Minami M, Konishi T, Jiang Z, Arai T, Makino T
Journal of traditional and complementary medicine   6(3) 252-256   Jul 2016   [Refereed]
漢方薬理・最前線 小青竜湯(2)
牧野 利明
Phil漢方   (42) 9-11   Apr 2013
漢方薬理・最前線 小青竜湯(1)
牧野 利明
Phil漢方   (41) 9-11   Jan 2013
Mimaki Yoshihiro, Kobayashi Yoshinori, Makino Toshiaki
YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN   136(3) 397-398   Mar 2016   [Refereed]
"Scientific effect" (pharmacology, yakuri) and "traditional effect" (yakunou) of Kampo medicines and its herbal components
Makino Toshiaki
JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   121 39P   2013   [Refereed]
Makino Toshiaki
YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN   136(3) 411-415   Mar 2016   [Refereed]
水質がマオウの煎液に及ぼす影響について 特に日本と中国の上水道水の比較
笛木 司, 松岡 尚則, 別府 正志, 山口 秀敏, 中田 英之, 頼 建守, 坂井 由美, 長坂 和彦, 牧野 利明, 並木 隆雄, 岡田 研吉, 岩井 祐泉, 牧角 和宏
日本東洋医学雑誌   63(5) 313-321   Sep 2012
北京市昌平区で採水した上水道水を用いてマオウを煎じ、これを新潟市の上水道水、及び数種の市販ミネラルウォーターによる煎液と比較し、水の性質が生薬からの成分の煎出に与える影響を検討した。日中の上水道水によるマオウ煎液には、種々の相違点が認められ、北京市の上水道水に対するマオウアルカロイドの移行率は、新潟市の上水道水における移行率に比べ、約80%であった。これらの現象には、水の一時硬度成分であるカルシウム/マグネシウムの炭酸水素塩濃度が影響していることが示唆された。さらに、硬度の高い水でマオウを...
Zhao Baiyang, Tomoda Yutaka, Mizukami Hajime, Makino Toshiaki
JOURNAL OF NATURAL MEDICINES   69(3) 296-302   Jul 2015   [Refereed]
Nakayama Waka, Monthakantirat Orawan, Fujikawa Kazumi, Watthana Santi, Kitanaka Susumu, Makino Toshiaki, Ishiuchi Kan'ichiro
HETEROCYCLES   94(12) 2247-2261   Dec 2017   [Refereed]
Zhou Lei, Qi Wen, Xu Cong, Makino Toshiaki, Yuan Dan
JOURNAL OF SEPARATION SCIENCE   37(22) 3260-3267   Nov 2014   [Refereed]
Ohsawa Masahiro, Otake Saki, Murakami Tomoyasu, Yamamoto Shohei, Makino Toshiaki, Ono Hideki
JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   125(3) 292-299   Jul 2014   [Refereed]
Makino Toshiaki
BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN   37(6) 898-902   Jun 2014   [Refereed]

Misc

 
【日常診療能力を高めるための漢方活用術】 漢方・東洋医学の教育とエビデンス 小柴胡湯の副作用事例の遺したもの
元雄 良治, 牧野 利明
治療   95(10) 1678-1682   Oct 2013
<プライマリ・ケアにおけるポイント>間質性肺炎の副作用事例から小柴胡湯が処方されることが激減したが、小柴胡湯およびその構成生薬のうちの黄ごんと間質性肺炎の因果関係が不明な報告例もある。しかし、プライマリ・ケアでは、漢方薬はきわめて低いものの一定の確率で副作用を発症すると理解して、診療に当たるべきである。とくに薬剤アレルギー歴のある患者に漢方を処方したあとのフォローを怠らないようにしたい。咳や呼吸困難などの自覚症状、発熱や胸部聴診上の捻髪音などの他覚所見などから早期診断すれば、間質性肺炎は治...
【伝統医療振興基本法(仮称)を考える】 伝統医療振興基本法(仮称)を考える
小野 直哉, 加島 雅之, 牧野 利明, 南 治成, 横山 浩之
鍼灸Osaka   33(2) 160-178   Oct 2017
漢方薬理・最前線 十全大補湯[1]
牧野 利明
Phil漢方   (75) 10-13   Apr 2019
ソウルの薬令市場からみた日韓伝統医学の現状と展望 第16回国際東洋医学会(ソウル)に参加して
尾崎 和成, 牧野 利明, 蔭山 充, 竹屋 泰, 中村 好男, 森下 竜一
東方医学   30(4) 11-19   Apr 2015
我々は、2012年9月14日から韓国ソウルで行われた第16回国際東洋医学会学術大会に参加する機会を得た。この会は、国際東洋医学会や大韓韓医師協会の企画により開催された。また、学会の合間にソウル薬令(京東)市場を見学した。ここは韓国全体の韓方生薬の取引量が第一の市場である。大会の様子も交えながら、薬令市場の様子や韓医学の現状・展望を漢方医学の現状と照らし合わせ報告した。(著者抄録)
漢方薬理・最前線 加味帰脾湯
牧野 利明
Phil漢方   (74) 9-11   Jan 2019
漢方薬理・最前線 八味地黄丸(2)
牧野 利明
Phil漢方   (73) 9-11   Nov 2018
【漢方をうまく使う-今すぐ使える処方ガイド】 漢方薬を使用するうえでの留意点
牧野 利明
成人病と生活習慣病   45(2) 167-172   Feb 2015
生薬・医療用漢方エキス製剤の保険適応病名と生薬の配合量はメーカーによって異なるので、メーカーごとに使い分けるべきである。漢方薬にも西洋薬と比較して頻度は少ないものの副作用はあるので、それなりの注意は必要である。漢方薬に関する医薬品情報は混乱していることがあり、正しく判断するためには生薬学の知識が重要となる。(著者抄録)
水質がウズ煎液中のアコニチン型ジエステルアルカロイド量に及ぼす影響
笛木 司, 吉田 理人, 田中 耕一郎, 千葉 浩輝, 加藤 憲忠, 並木 隆雄, 柴山 周乃, 藤田 康介, 須永 隆夫, 松岡 尚則, 別府 正志, 牧野 利明
日本東洋医学雑誌   69(4) 336-345   Oct 2018
中国天津市及び上海市の上水道水を用いて「ウズ」の煎液を調製し、煎液中のアルカロイド量を、新潟市上水道水を用いた場合と比較した。中国の上水道水を用いて調製した煎液中のアコニチン型ジエステルアルカロイド(ADA)量は、新潟市上水道水を用いた場合に比べ有意に少なく、この原因として、中国の上水道水に多く含まれる炭酸水素イオンの緩衝作用によりウズ煎煮中のpH低下が抑制されることが示唆された。また、ウズにカンゾウ、ショウキョウ、タイソウを共煎した場合、ウズ単味を煎じたときと比較して煎液中ADA量が高値...
漢方医療を支える「臨床生薬学」
牧野 利明, 三谷 和男
Phil漢方   (37) 3-7   Feb 2012
生活習慣病等の方へのかぜ薬の選択
牧野 利明, 堀 美智子
Pharma Medica   29(7) 125-129   Jul 2011
【薬剤学から学ぶ漢方薬入門 製剤を骨組みから理解し活用する視点】 漢方薬の薬学管理における留意点 方剤成分の煎出に対する水質の影響
牧野 利明, 笛木 司
薬局   64(11) 2824-2828   Oct 2013
<Key Points>日本の水道水は軟水、中国の水は一般に硬水であることから、現在の日本の漢方薬は、往時中国で開発された本来の状態とは生薬中から湯液中へ溶け出す化合物の量などが異なっている可能性がある。実際に、ミネラルウォーターで生薬を煎じ、水道水で煎じたときと比較すると、ある種の生薬含有成分の湯液への移行率が変化した。竜骨や牡蛎を含む漢方薬では、それらによって水が硬水化するので、軟水、硬水どちらを使用しても、生薬中から湯液中へ溶け出す化合物量に差はない。麻黄を単独で硬水で煎じた場合は、...
Science of Kampo View 柴苓湯の抗炎症作用(腎疾患に対するメカニズム)
牧野 利明
漢方医学   38(2) 114-117   Jun 2014
【いまからでも遅くない漢方製剤入門】 漢方製剤に使用される注意が必要な生薬
牧野 利明
調剤と情報   17(13) 1731-1734   Dec 2011
【生薬の基礎から供給まで】 研究室とフィールドをつなぐ
牧野 利明
日本東洋医学雑誌   59(3) 404-413   May 2008
海人湯と鷓鴣菜湯
松岡 尚則, 栗林 秀樹, 別府 正志, 山口 秀敏, 中田 英之, 阿南 多美恵, 頼 建守, 岡田 研吉, 岩井 祐泉, 牧角 和宏, 三浦 於菟, 秋葉 哲生, 牧野 利明, 笛木 司
漢方の臨床   58(11) 2263-2272   Nov 2011
【インフルエンザ 人類とウイルスとの攻防の歴史から学ぶ】 インフルエンザの治療とその課題 インフルエンザに対する漢方薬の効果
牧野 利明
薬局   62(12) 3684-3688   Nov 2011
<Key Points>◎漢方薬のインフルエンザ感染症に対する有用性を示唆するデータが集まってきており、今後の質のよい臨床試験の実施が期待される。◎その作用機序として、直接的な抗ウイルス作用ではなく、生体側の免疫力を高めることによりウイルスを排除することが推定されている。◎漢方薬の使用は、耐性ウイルス出現の可能性が低く、医療経済学的に安価である点で、新しい抗ウイルス薬と比較して優位である。◎実際の漢方診療では、インフルエンザ感染症という西洋医学的な病名ではなく、漢方医学理論に基づいた診断を...
予防薬学を志向した保険薬局からの研究発信
野田 敏宏, 高市 和之, 中村 峰夫, 唐澤 豪貴, 岡本 泰範, 水野 智, 栗原 智仁, 牧野 利明, 平野 剛, 井関 健
薬学雑誌   129(12) 1469-1473   Dec 2009
保健薬局の薬剤師は病気の状態にある患者だけでなく、健康もしくは未病状態にある来局者とも接しており、サプリメントや各種健康食品に関わる健康相談を受けることもある。保健薬局の薬剤師を対象に、サプリメントに関するアンケート調査(回答数2033件)を行い、保健薬局来局者のサプリメント類に対する関わり方を考察した。来局者は薬剤師にサプリメント類の安全性や効果についての情報提供を望んでいるが、実際には薬剤師が来局者の疑問に答えている例は非常に少ないことが明らかになった。
柴苓湯の薬効解析 炎症を伴った線維化に対する抑制効果
小野 孝彦, 劉 寧, 牧野 利明, 森 典子
漢方と最新治療   15(4) 305-313   Nov 2006
柴苓湯は漢方医学における少陽病の病期と水毒の存在に基づいて、浮腫、乏尿、水様性下痢、口渇、嘔気等をともなう種々の亜急性または慢性炎症性疾患に用いられてきた。これまで我々は抗胸腺細胞血清により惹起したラットの腎炎モデルを用いて、メサンギウム細胞増殖と細胞外基質増生に対する柴苓湯の抑制機構を認めているが、その機序としてマクロファージ遊走阻止、活性酸素の消去作用、TGF-βやCTGF等の線維化に向かうサイトカインの抑制が関与することを明らかにしている。糸球体腎炎にとどまらず、柴苓湯の効果に関する...
【代替医療と東洋医学をめぐる諸問題】 民間薬の日本流入 健康食品・民間薬の安全性
小野 孝彦, 若杉 博子, 牧野 利明, 小野 さかえ
漢方と最新治療   11(1) 67-72   Feb 2002
マウス培養血管平滑筋細胞に対する紫蘇葉の一酸化窒素(NO)産生誘導作用と増殖抑制作用
牧野 利明, 小野 孝彦, 武曾 恵理, 篠山 重威, 本多 義昭
Therapeutic Research   21(12) 2801-2802   Dec 2000
紫蘇葉の血管平滑筋細胞に対するNO産生刺激作用と増殖抑制作用について検討した.マウス血管平滑筋細胞は,Balb/cマウス腹大動脈からコラゲナーゼ処理法により単離し,10%FCS含有DMEM/F12 3:1混合培地で培養した.細胞を96穴プレートに3×10^4個/wellずつ撒き,シソエキスを含む培地で48時間培養後,培地中に放出された亜硝酸イオンの濃度をGriess反応により定量した.又,24時間後の細胞からRNAを抽出し,1%アガロースゲルで電気泳動後,ノーザンブロット法によりinduc...
IL-12投与による血清IgAクロノタイプの変化 若年好発性純系高IgA血症(HIGA)マウスにおける検討
小林 いけい, 武曾 恵理, 野垣 文昭, 篠山 重威, 牧野 利明, 宮脇 茂樹, 吉田 治義
Pharma Medica   17(2) 212-214   Feb 1999