Makoto Tashiro

J-GLOBAL         Last updated: Nov 13, 2019 at 19:12
 
Avatar
Name
Makoto Tashiro
E-mail
m.tashirons.kanagawa-it.ac.jp
Affiliation
Kanagawa Institute of Technology
Research funding number
40867298

Research Areas

 
 

Published Papers

 
APNによる医行為を含むケア・プロトコール試案
野末 聖香, 野嶋 佐由美, 永井 優子, 岡田 佳詠, 佐久間 えりか, 宇佐美 しおり, 田代 誠, 福嶋 好重, 福田 紀子, 日本精神保健看護学会学術連携委員会
日本精神保健看護学会誌   21(1) 28-54   Jun 2012
長期在院精神障害者の退院援助評価スケールの開発と有効性の検証
荻野 雅, 田代 誠
日本精神保健看護学会誌   19(1) 55-62   Jun 2010
本研究の目的は、長期在院精神障害者の退院援助の効果を評価するスケールを開発し、その有効性を検討することである。文献研究から退院援助評価の要素を抽出した。抽出した退院援助評価の要素に即して、既存のスケールを検討し、退院援助評価スケールを作成した。作成したスケールは、聞き取り調査と専門家による検討を通して洗練させた。さらに日本全国の精神科病院に勤務し、長期在院精神障害者の退院援助を行っている医療者を対象に、項目の必要性、重要性を調査した。また退院援助に成功したケースと成功しなかったケースについ...

Misc

 
【倫理と看護実践】 倫理的な話しあいは倫理的感受性のリハビリである
田代 誠, 石田 正人
精神科看護   46(1) 004-009   Dec 2018
【医師との協働に向けて-看護師の役割とは】 協働のための看護力 育ちあう関係に
田代 誠
精神科看護   44(1) 027-031   Dec 2016
イイネ!その業務改善(第5回) スタッフの倫理的感受性を高めるポスターの工夫
田代 誠
精神看護   19(2) 143-148   Mar 2016
服薬自己管理の形骸化と副次的効果の検証 長期入院患者にインタビューを実施して
辻 裕美, 上村 加良子, 田代 誠
日本精神科看護学術集会誌   58(3) 134-138   Nov 2015
長期入院患者の服薬自己管理は本来の目的を失い形骸化しているのではないかという疑問から、患者8名に対しインタビューを実施した。結果から服薬に対する思いは<症状マネジメントに対するセルフケア><服薬することの不安>のカテゴリーが抽出され、服薬自己管理に対する思いは<服薬自己管理を試みたことで生じた思い><自分を律するもの>のカテゴリーが抽出された。対象者は、過去の体験から服薬=重要なものと認識していた。しかし、服薬を(医療者から)薬を受け取る→管理する→服用するというプロセスが、患者には単なる...
【知的障害をもつ人たちへの理解とケア】 精神科病院における知的障害をもつ人へのケア 実践を通じて語るケアのポイントと課題
早瀬 和彦, 矢田 弓子, 高田 康代, 落合 麻奈美, 田代 誠
精神科看護   42(2) 012-020   Jan 2015

Conference Activities & Talks

 
根拠に基づく高度看護実践とその評価 精神看護専門看護師による疾病管理に焦点をあてて
宇佐美 しおり, 福田 紀子, 田代 誠, 八木 こずえ, 佐藤 雅美, 篠木 由美
日本看護科学学会学術集会講演集   Dec 2010