共同研究・競争的資金等の研究課題

2015年4月 - 2018年3月

東アジア圏の複言語主義共同体の構築―多言語社会香港からの示唆

日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)
  • 河合 靖
  • ,
  • 佐野 愛子
  • ,
  • 小林 由子
  • ,
  • 飯田 真紀
  • ,
  • 横山 吉樹
  • ,
  • 河合 剛
  • ,
  • 山田 智久
  • ,
  • 杉江 聡子
  • ,
  • 三ツ木 真実
  • ,
  • 今泉 智子
  • ,
  • 萬 美保

課題番号
15H03221
担当区分
研究分担者
配分額
(総額)
17,030,000円
(直接経費)
13,100,000円
(間接経費)
3,930,000円

本研究の目的は,東アジア圏における多層言語環境での複言語主義的な言語政策や人材育成の必要性の考察である。香港では多層言語環境が人々に日本と異なる影響を与えている。言語とコミュニケーション,言語教育政策と学習者,教育と技術の三つの視点からその影響を見ることで,多層言語環境化する日本が考えるべき問題を洞察した。日本がモノリンガル社会の心的制約を克服して,複言語主義的社会モデルに移行し,複数言語を行き来する態度と能力を持つトランスランゲージング的人材を育成するための知見が得られた。本研究の研究成果は,研究成果報告書(250頁)として編集・印刷された。

リンク情報
Kaken Url
https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-15H03221/15H03221seika.pdf