木下 専

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/06 17:13
 
アバター
研究者氏名
木下 専
URL
https://sites.google.com/site/kinoshitalabnagoya/home-1
所属
名古屋大学
部署
理学研究科 生命理学専攻
職名
教授
学位
医学博士

プロフィール

1989年 京都大学医学部卒業後臨床研修
1995年 京都大学大学院医学研究科修了後同分子腫瘍学講座助手
2000年 Harvard Medical School HFSP長期フェロー(Tim Mitchison Lab/Institute of Chemistry and Cell Biology)
2003年 京都大学先端領域融合医学研究機構特任助教授、JSTさきがけ「生体分子の形と機能」研究者
2009年より現職

研究分野

 
 

経歴

 
2009年4月
   
 
名古屋大学 理学研究科 生命理学専攻 情報機構学講座 細胞制御学 教授
 
2003年10月
 - 
2007年3月
科学技術振興機構 さきがけ研究員(兼任)
 
2003年4月
 - 
2007年3月
京都大学 医学研究科 助教授(特任)
 
2000年1月
 - 
2003年6月
Dept of Cell Biology, Harvard Medical School HFSP Long-term fellow (Tim Mitchison Lab)
 
1995年4月
 - 
2003年3月
京都大学 医学研究科 助手
 

論文

 
Natsumi Ageta-Ishihara, Kohtarou Konno, Maya Yamazaki, Manabu Abe, Kenji Sakimura, Masahiko Watanabe, Makoto Kinoshita
Neurochemistry International   119 190   2018年10月   [査読有り]
Ageta H, Ageta-Ishihara N, Hitachi N, Karayel O, Onouchi T, Yamaguchi H, Kahyo T, Hatanaka K, Ikegami K, Yoshioka Y, Nakamura K, Kosaka N, Nakatani M, Uezumi A, Ide T, Tsutsumi Y, Sugimura H, Kinoshita M, Ochiya T, Mann M, Setou M, Tsuchida K.
Nature Communications   9(3936)    2018年9月   [査読有り]
Asako Shindo, Anastasia Audrey, Maki Takagishi, Masahide Takahashi, John B. Wallingford, Makoto Kinoshita
Journal of Cell Science   jcs.212647   2018年6月   [査読有り]
Horigane S, Ageta-Ishihara N, Fujii H, Kinoshita M, Takemoto-Kimura S, Bito H.
Molecular Brain   9(8)    2016年1月   [査読有り]
Shunsuke Yamada, Takumi Isogai, Ryugo Tero, Yohko Tanaka-Takiguchi, Toru Ujihara, Makoto Kinoshita, Kingo Takiguchi
Langmuir   32(48) 12823   2016年   [査読有り]
L.K. Parajuli, N. Ageta-Ishihara, H. Ageta, Y. Fukazawa, M. Kinoshita
Methods in Cell Biology   136 285-294   2016年   [招待有り]
Mujal AM, Gilden JK, Gérard A, Kinoshita M, Krummel MF.
Nature Immunology   17    2015年12月   [査読有り]
Ageta-Ishihara N, Yamazaki M, Konno K, Nakayama H, Abe M, Hashimoto K, Nishioka T, Kaibuchi K, Hattori S, Miyakawa T, Tanaka K, Huda F, Hirai H, Hashimoto K, Watanabe M, Sakimura K, Kinoshita M.
Nature Communications   6(10090)    2015年12月   [査読有り]
Kitao Y, Ageta-Ishihara N, Takahashi R, *Kinoshita M, *Hori O.
F1000 Research   4(130)    2015年5月   [査読有り]
Hattori Y, Okamoto Y, Nagatsuka N, Takahashi R,Kalaria RN, Kinoshita M, Ihara M.
NeuroReport   26(3) 113   2015年   [査読有り]
Menon MB, Sawada A, Chaturvedi A, Mishra P, Schuster-Gossler K, Galla M, Schambach A, Gossler A, Förster R, Heuser M, Kotlyarov A, *Kinoshita M, *Gaestel M.
PLoS Genetics   10(8) e1004558   2014年8月   [査読有り]
Baba T, Kashiwagi Y, Arimitsu N, Kogure T, Edo A, Maruyama T, Nakao K, Nakanishi H, Kinoshita M, Frohman MA, Yamamoto A, Tani K.
The Journal of Biological Chemistry   289 11497-11511   2014年4月   [査読有り]
Hattori Y, Okamoto Y, Maki T, Yamamoto Y, Oishi N, Yamahara K, Takahashi R, Kalaria RN, Fukuyama H, Kinoshita M, Ihara M.
Stroke   45 3403-3411   2014年   [査読有り]
Watanabe S, Ageta-Ishihara N, Nagatsu S, Takao K, Komine O, Endo F, Miyakawa T, Misawa H, Takahashi R, *Kinoshita M, *Yamanaka K.
Molecular Brain   7(1) 62   2014年   [査読有り]
Ageta-Ishihara N, Yamakado H, Morita T, Hattori S, Takao K, Miyakawa T, Takahashi R, Kinoshita M.
Molecular Brain   6(35)    2013年8月   [査読有り]
Ageta-Ishihara N, Miyata T, Ohshima C, Watanabe M, Sato Y, Hamamura Y, Higashiyama T, Mazitschek R, Bito H, Kinoshita M.
Nature Communications   4(2532)    2013年8月   [査読有り]
Hagiwara A, Tanaka Y, Hikawa R, Morone N, Kusumi A, Kimura H, Kinoshita M.
Cytoskeleton      2011年7月   [査読有り]
Yanagida A, Iwaisako K, Hatano E, Taura K, Sato F, Narita M, Nagata H, Asechi H, Uemoto S, Kinoshita M.
BBA-Molecular Basis of Disease      2011年7月   [査読有り]
Mostowy S, Bonazzi M, Hamon MA, Tham TN, Mallet A, Lelek M, Gouin E, Demangel C, Brosch R, Zimmer C, Sartori A, Kinoshita M, Lecuit M, Cossart P.
Cell Host & Microbe   8 433-444   2010年11月   [査読有り]
Watanabe S, Okawa K, Miki T, Sakamoto S, Morinaga T, Segawa K, Arakawa T, Kinoshita M, Ishizaki T, Narumiya S.
Molecular Biology of the Cell   21 3193-3204   2010年9月   [査読有り]

Misc

 
セプチンによるドーパミン神経伝達機構の制御
木下 専、上田(石原)奈津実
脳21 特集 トランスポートソーム:トランスポーター・チャネル群の相互作用に基づく神経系の機能構築   16(3) 40-45   2013年7月
ドーパミン神経伝達と変性におけるセプチン細胞骨格系の役割
木下 専
日本神経精神薬理学会誌   32 25-29   2012年   [依頼有り]
藤原敬広、木下 専
トランスポートソームの世界-膜輸送研究の源流から未来へ   380-386   2011年   [依頼有り]
木下 専
蛋白質核酸酵素   54(9) 1150-1158   2009年7月   [依頼有り]
猪原匡史, 木下 専
日本臨床   67 75-78   2009年6月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
Kinoshita M. Role of the septin cytoskeleton for the functional organization of the plasma membrane. In Water:The Forgotten Biological Molecule (eds. D. LeBihan and H. Fukuyama)
Kinoshita M
Pan Stanford   2011年   
Insight into septin functions from mouse models. In The Septins (eds. S.E.H. Russell, J.Pringle, and P. Hall) p.319-336
Kinoshita M
John Wiley & Sons   2008年   
Septins and Cytokinesis. In Encyclopedia of Biological Chemistry vol.4.(eds.W.J. Lennarz, M.D. Lane, D.W. Cleveland, et al.) p.22-26
Kinoshita M, Field CM
Academic Press   2004年   
Caspases in cell death. In Results and Problems in Cell Differentiation, vol. 24
Dorstyn L, Kinoshita M, Kumar S
Springer-Verlag   1998年   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 木下 専
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 木下 専
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 木下 専
発達障害や統合失調症の患者死後脳や精神疾患モデル動物において、興奮性シナプスにおける樹状突起棘(スパイン)の形態や容積の異常が多数報告されている。加えて、シナプス近傍の微細構造や、精神疾患との関連が深いシナプス分子(グルタミン酸やドーパミンの受容体・輸送体、足場蛋白質など)の数や分布も精神症状ないし行動異常と相関するマイクロエンドフェノタイプとしての有用性が期待される。これらの情報を必要十分な空間分解能で取得できるイメージング手法は免疫電子顕微鏡法に限られる。代表者らは、統合失調症や双極性...
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2012年 - 2012年    代表者: 木下専
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 木下専

委員歴

 
2010年
 - 
現在
包括脳ネットワーク  集会委員
 
2010年
 - 
現在
脳の医学・生物学研究会  幹事