宮元 万菜美

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/26 16:59
 
アバター
研究者氏名
宮元 万菜美
所属
(株)情報通信総合研究所
部署
ICT創造研究部
職名
上席主任研究員 グループリーダー
学位
博士(商学)(早稲田大学)
その他の所属
サイバー大学

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
サイバー大学 IT総合学部 教授
 
2015年10月
 - 
現在
早稲田大学 商学部 非常勤講師
 
2014年7月
 - 
現在
情報通信総合研究所 ICT創造研究部 上席主任研究員
 
2015年4月
 - 
2017年3月
サイバー大学 IT総合学部 准教授
 
2011年10月
 - 
現在
成蹊大学  経済学部 非常勤講師
 

委員歴

 
2016年6月
 - 
現在
経営情報学会  理事 組織担当
 
2016年
 - 
2017年
経営情報学会  代議員
 
2006年4月
 - 
2008年3月
経営情報学会  理事 財務委員長
 
2005年4月
 - 
2006年3月
静岡県  静岡県有害情報環境対策合同協議会 委員
 
2003年4月
 - 
2004年3月
静岡県  静岡県青少年問題協議会 委員
 

論文

 
隣接プラットフォーム製品のドミナント化に対抗する補完業者の戦略に関する考察
加藤 和彦、宮元 万菜美
InfoCom REVIEW   Vol.68 2-13   2017年1月   [査読有り]
コグニティブな戦略グループの相互関係と継時的変化の研究 -国内ISP業界の事例を通じた命題の提示―
宮元 万菜美
早稲田大学      2016年2月   [査読有り]
宮元 万菜美
日本経営学会誌   (36) 14-25   2015年12月   [査読有り]
This paper studies diachronic migration of the cognitive strategic group when managers focus on various dominant resources in an industry in a changing competitive environment. In this paper, a strategic group is defined as a group of firms with c...
パースペクティブの違いによる戦略グループ論およびプレーヤーマップに関する考察 “ ISP事業の経営者インタビューを通じた考察 ”
宮元 万菜美
早稲田大学商学研究科紀要   (69) 71-84   2009年11月   [査読有り]
宮元 万菜美
日本経営学会誌   (23) 14-24   2009年5月   [査読有り]
This paper proposes a basic direction in the future development of the Strategic Group Theory through the re-classification of the representative previous studies which have different view points. It is generally believed that Hunt (1972) found th...
国内ISP事業の競争と経営者の意識 ― ブロードバンド競争を通じて ―
宮元 万菜美
早稲田大学商経論集   (97)    2009年
宮元 万菜美
早稲田大学商学研究科紀要   66 93-106   2008年3月   [査読有り]
デジタルテレビなどのnon-PC情報家電向けのポータルビジネス開発‐
宮元 万菜美
NTT技術ジャーナル   vol.19(2) 26-29   2007年2月   [査読有り]
根来 龍之, 宮元 万菜美
日本経営システム学会誌   22(1) 69-78   2005年9月   [査読有り]
戦略グループ論の発展 -ISP業界における分析フレームワークと戦略定石の提言‐
宮元 万菜美
早稲田大学      2005年3月   [査読有り]

Misc

 
IoT再考 イノベーティブなIoTとは何か
宮元 万菜美
InfoCon T&S World Trend Report Sep.2016(330)   330 8-12   2016年9月
ネット・コミュニケーションツールの使い分け進化
宮元 万菜美
InfoCom T&S World Trend Report   Mar.2016(323) 16-19   2016年3月   [依頼有り]
IoTがもたらす戦略パラダイムの変化
宮元 万菜美
InfoCom T&S World Trend Report   Oct.2015(318) 3-6   2015年10月   [依頼有り]
宮元 万菜美
日本経営学会誌   36(0) 14-25   2015年
This paper studies diachronic migration of the cognitive strategic group when managers focus on various dominant resources in an industry in a changing competitive environment. In this paper, a strategic group is defined as a group of firms with c...

書籍等出版物

 
データで読み解くスマホ・ケータイ利用トレンド 2016-2017 ケータイ社会白書
宮元 万菜美 (担当:分担執筆, 範囲:2015~2016年のスマホ・ケータイ社会トレンド総括)
中央経済社   2016年10月   ISBN:978-4-502-20171-4

講演・口頭発表等

 
ドミナント・プラットフォーム製品特有な振る舞いと補完業者の対抗策の考察-先行研究から導出される対抗施策のモデル-
加藤和彦、宮元万菜美
経営情報学会 春季全国研究発表大会 (法政大学)   2017年3月10日   
海外現地法人の人材育成におけるハイブリッド型グローバルe-ラーニングの展開
宮元 万菜美
教育システム情報学会全国大会   2011年8月   
事業責任者が描く競争環境の認識像についての考察-戦略グループ論の今日的再構築に向けて-
宮元 万菜美
日本経営学会関東部会   2009年11月   
宮元 万菜美
経営情報学会 全国研究発表大会要旨集   2008年   
Porterによる戦略グループ研究(1980)以来戦略グループ論の中心的論題は、業界は比較的安定した状況であるという暗黙の前提のもとで、戦略グループで企業間やグループ間の収益性の差が説明できるか、そもそも戦略グループというものが存在するのか、存在するとすればそれはどのようにして形成されるのかといった内容であった。<BR>本稿の目的は、これまでの戦略グループ論に関わる先行研究を踏まえ、戦略グループ論の今日的意義の再確認および今後の戦略グループ論の発展の可能性はどのような方向に見出すことができ...
A development of the strategic group theory: A proposal on the three strategic group categories and introducing the concept of distance into the analysis
宮元 万菜美
International Society for the Systems Sciences   2007年8月   

担当経験のある科目