Top > プライベートメッセージ

メッセージ

researchmapに登録済みの研究者同士でメッセージの送受信ができます。
メッセージは当該の研究者にプライベートメッセージとして送信されます。また、その研究者が登録しているメールアドレスにも転送されます。 (転送を解除することも可能です。)

2-3-6_1.jpg

マイポータルの場合はヘッダーメニューの「メッセージ」、マイルームの場合はヘッダーメニューと左メニューの「メッセージ」から利用することができます。
どの場合でも同じ操作方法です。
ここではマイルームからの操作手順を説明します。

  • 【削除】
    削除したいメッセージ左のチェックボックスをオンにし、【削除】ボタンをクリックします。削除するかどうかの確認画面が表示されたら【OK】をクリックします。削除されたメッセージは【ごみ箱】に保管されます。
  • 【その他の操作】
    チェックボックスをオンにしたメッセージに対し、既読・未読の変更やフラグを付ける等の設定ができます。 「新しいタグの追加」を選択すると、メッセージの整理に役立つグループを作ることができます。
  • 【絞り込み】
    メッセージの中から目的のものを表示させます。

メッセージ送信

2-3-6_2.jpg
  1. 【メッセージ作成】をクリックします。
  2. メッセージ作成画面で「宛先」「件名」「本文」を入力します。
    • 宛先
      研究者のハンドル名を入力します。ハンドル名が正しければ宛先右側にresearchmapに登録されている顔写真が表示されます。
      入力したハンドル名が存在しない場合は「入力したハンドル名〇〇〇は存在しません」と表示されます。
      宛先が複数ある場合は【宛先追加】をクリックすると、宛先の枠が追加されます。
      ハンドルが不明の場合は【検索】をクリックし、氏名や所属、研究キーワード等から検索できます。
    • 件名
      メッセージの件名を入力します。
    • 本文
      メッセージの本文を入力します。WYSIWYGエディタとHTMLで入力することができます。
      WYSIWYGエディタとHTMLについてはこちらを参照して下さい。
  3. 【送信】をクリックすると、メッセージを送信します。
    【下書き保存】をクリックすると、送信せずに【下書き】トレイに保存します。
    【キャンセル】をクリックすると、メッセージの作成をキャンセルします。

メッセージ受信

2-3-6_3.jpg
  • メッセージの受信
    メッセージが届くと、マイポータルのトップ画面「お知らせ」欄に、「〇件の未読メッセージがあります。」と表示されます。クリックすると受信トレイが表示されます。未読のメッセージは太字で表示されます。
  • メッセージを読む
    件名をクリックするとメッセージを読むことができます。メッセージ画面は×ボタンで閉じます。
  • 差出人を見る
    差出人名をクリックすると、その研究者の会員情報を見ることができます。
  • 【返事を書く】
    【返事を書く】をクリックすると、メッセージ作成画面が表示されます。
  • 【その他の操作】
    フラグをつけたり、タグを付けることができます。タグを付けておくと、受信トレイ「その他の操作」プルダウンメニューから、選択したタグのメッセージだけを表示することができます。

メッセージ検索

2-3-6_4.jpg
  • 【メッセージ検索】
    差出人や件名等からメッセージを検索することができます。
    検索条件は「差出人」「宛先」のみ完全一致となります。スペースが含まれる場合は全角/半角も一致しなければなりません。また複数の項目に入力した場合はAND検索となります。たとえば、差出人が「小林太郎」で、件名は「打ち合わせ」といった検索が可能です。
  • 検索結果について
    受信トレイ画面の列の並びは「差出人」「件名」「日付」となりますが、検索結果画面では「受信者」「件名」「日付」となりますのでご注意ください。

設定変更

メッセージメニューの【設定変更】をクリックすると、【メッセージ転送】【フィルタ】【タグ】の3つのタブが表示されます。

メッセージ転送の設定

2-3-6_5.jpg
  • 【メッセージ転送】
    届いたメッセージをresearchmapに登録されているメールアドレスに転送するかどうかの指定を行います。デフォルトでは、転送する設定になっています。

フィルタの設定

2-3-6_6.jpg
  • 【フィルタ】
    届いたメッセージを自動的に振り分ける設定を行います。
  1. フィルタを作成するには、【新規フィルタの作成】をクリックします。
  2. フィルタの条件を設定します。 たとえば、 "小林太郎さんからの打ち合わせに関するメッセージはフラグを付け、 「★★コミュニティ関連」タグを付ける"といった条件を設定できます。
    (タグの作成方法は、下記「タグの設定」を参照して下さい。)
    また、「現在受信中のメッセージにも適用する」をチェックすると、受信した全てのメッセージに適用されます。チェックを外すと、今後受信するメッセージへの適用となります。
  3. 条件を設定後、【決定】ボタンをクリックすると、フィルタが作成されます。
    ※作成したフィルタは【編集】【削除】をクリックすることで、編集と削除が行えます。

    条件で「現在受信中のメッセージにも適用する」にチェックしていた場合、受信トレイを表示すると反映が確認できます。「フラグ」は差出人の前に表示され、「タグ」は【絞り込み】から選択します。

タグの設定

2-3-6_7.jpg
  • 【タグ】
    作成したタグ一覧が表示されます。また、新たにタグを作成できます。
  1. タグを作成するには、【新規タグの作成】をクリックします。
  2. タグ名を入力します。
  3. タグ名を入力後、【決定】ボタンをクリックすると、タグが作成されます。
    ※作成したタグは【編集】【削除】をクリックすることで、編集と削除が行えます。
    2-3-6_8.jpg
    タグを作成すると、受信トレイの【その他の操作】【絞り込み】プルダウンメニュー内に表示されます。
    2-3-6_9.jpg
    受信済みのメッセージにタグを付けたい場合は、チェックを付けてから【その他の操作】プルダウンメニュー内のタグ名を選択します。

Last-modified: 2014-04-01 (火) 15:58:12 (1878d)