Top > 汎用データベース

汎用データベース

会員が協力してテーマにそったデータベースを構築したり、それを公開することでコミュニティやマイポータルの求心力を高めたりするためのツールが「汎用データベース」モジュールです。

汎用データベースの閲覧

汎用データベースを開くと、登録されたデータのリストが表示されます。

hanyou1.jpg
  • 順序・件数
    図①で表示の順序(新着順・投票順・対象別)や表示件数を変えて表示することができます。
  • 検索
    右上の「検索」(※図②)をクリックすると、このデータベース内のコンテンツを検索することができます。
  • サムネイル
    イメージ(※図③)をクリックすると、元のサイズの画像が表示されます。
  • 詳細表示
    各データの右下にある「詳細を表示する」(※図④)をクリックすると、さらに詳しい情報が表示されます。
  • 投票
    このデータが参考になった、良かった場合には「投票する」(※図⑤)をクリックして投票することができます。
  • コメント
    コメントの投稿が許可されているときには、「コメント」(※図⑥)をクリックして、このデータに対するコメントを記入することもできます。

汎用データベースへの登録・編集・削除

hanyou2.jpg
  • 登録
    汎用データベースへの登録権限のある会員の場合、「コンテンツを登録する」(※図①)が表示されます。
    クリックすると、このデータベースに登録するための画面に切り替わります。
    *印は入力必須項目です。記入漏れがあるとコンテンツの登録ができません。
    ふりがなを正しく登録しておくと、データベースをあいうえお順に表示するときに便利です。
    ※記入を求められる項目(メタデータ)は主担の設定によって異なりますので、図はあくまでも例です。
    「決定」をクリックすると登録されます
  • 編集
    登録後、内容を編集したい場合は、対象の「詳細を表示する」をクリックし、右下の「編集」(※図②)から編集します。
  • 削除
    削除も編集同様、詳細画面で行います。右下の「削除」(※図③)から削除します。
    ※編集・削除は権限を有する会員のみ行うことができます。

汎用データベースの新規作成と設定

hanyou3.jpg
  1. セッティングモードをONにし、「モジュールの追加」から汎用データベースを追加してください。本システムでは、ページの中に、テーマに応じて複数の汎用データベースを設置することができます。
  2. 一般設定を入力します。
    • 汎用データベースタイトル
      汎用データベースのタイトルを入力してください。
    • コンテンツの投稿権限
      汎用データベースにコンテンツを投稿できる権限を定めます。権限の設定はコミュニティで適用されます。詳しくはこちらを参照してください。
    • 投票有無
      投票を許可すると、汎用データベースの各コンテンツに投票ができるようになります。ここでの投票の許可は当該の汎用データベース全体に及び、一部のコンテンツだけに投票を許可することはできません。
    • コメント有無
      コメントを許可すると、汎用データベースの各コンテンツにコメントをつけられるようになります。ここでのコメントの許可は当該の汎用データベース全体に及び、一部のコンテンツだけにコメントを許可することはできません。
    • メール配信設定
      投稿された記事をメールで配信するための機能です。配信するときに、どのようなヘッダーをつけるか、メール配信のタイトルにどのような情報を載せるか、などを設定することができます。
    • New記号表示期間
      新規記事を目立たせるため、投稿してしばらくは記事の横に「NEW」という赤い表示がつきます。これを表示させる期間も設定することができます。
    • 承認機能設定
      モデレータや一般会員にも汎用データベースのコンテンツを投稿させる場合、その内容を主担があらかじめチェックし、内容を承認してから掲載を反映させるための機能です。
      メールまたは、Web上で記事を確認してから承認することができます。
  3. 「決定」で設定を確定してください。
  4. 設定を確定すると、メタデータ(項目)の設定画面が表示されます。
  5. 項目を追加したい場合は「項目追加」(※図①)をクリックしてください。
    下記の属性が選択できます。
    • 属性
      • テキスト
      • テキストエリア
      • リンク
      • 選択式
      • WYS|WYGテキスト
      • 自動採番
      • メール
      • 日付
      • 登録日時
      • 更新日時
  6. 各項目の「編集」をクリックすると、ポップアップ画面が開きます。
  7. 項目の掲載位置を変更したい場合はドラッグ&ドロップで変更できます。
  8. 「プレビュー」ボタン(※図③)で確認することができます。
  9. 「編集終了」をクリックすると汎用データベースが作成されます。

ファイルのエクスポート

汎用データベースのコンテンツの入出力(エクスポート/インポート)ができます。

hanyou5.jpg
  1. 編集画面の「一覧表示」タブから「エクスポート」をクリックすると、エクスポートファイルをダウンロードするためのダイアログが開きます。
  2. 保存場所とファイル名前を指定して、エクスポートファイルをダウンロードしてください。
    ※エクスポートするファイルはCSV形式(データをカンマ(",")で区切って並べたファイル形式)にて出力されます。

ファイルのインポート

hanyou4.jpg
  1. インポートするファイルはCSV形式にて作成します。
    ※先にエクスポートを行うと、フォーマットとして使用できます。
  2. 図のようにインポートファイルの一行目はヘッダーとして、項目名を正しく記述してください。ヘッダーには登録したメタデータの順で、左から右へ項目名を記述します。登録するデータをヘッダーに合わせて記述してください。
    ※図のレイアウトの場合、インポートするファイルの項目順は赤枠①→②→③の順です。(各番号内の上から順に記述します。 和名,ふりがな,種別,科名,概要,資料)
  3. 編集画面の「一覧表示」タブから「インポート」(※図④)をクリックすると、インポートファイルを参照するためのウィンドウが開きます。
  4. あらかじめ作成しておいたファイルを選択し、決定ボタンで確定してください。
    ※インポートするファイルの形式が異なる場合や、項目の順番が異なる場合などにはエラーメッセージが表示されます。その際は、ファイルを修正し、再度アップロードを行ってください。


Last-modified: 2011-11-09 (水) 18:25:32 (2748d)