大坪和香子

J-GLOBALへ         更新日: 18/06/21 18:28
 
アバター
研究者氏名
大坪和香子
 
オオツボ ワカコ
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/00598203.ja.html
所属
東北大学
部署
大学院農学研究科 生物産業創成科学専攻
職名
助教
学位
理学博士(Doktor der Naturwissenschaften)(Philipps-Universität Marburg)

プロフィール

大学と連携した下記のアドレスに移行中です。
https://researchmap.jp/7000014680

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
東北大学 大学院農学研究科 助教
 
2008年12月
 - 
2015年3月
東北学院大学 工学総合研究所 研究員
 

学歴

 
2004年10月
 - 
2007年9月
フィリップ大学マールブルク  The International Max Planck Research School for Environmental, Cellular and Molecular Microbiology (IMPRS-MIC)
 
2004年5月
 - 
2006年9月
DAAD(ドイツ学術交流会)奨学生  
 
2002年4月
 - 
2004年3月
東北大学大学院生命科学研究科 博士課程前期  
 
 
 - 
2002年3月
東北大学 農学部 
 

受賞

 
2017年6月
日本無菌生物ノートバイオロジー学会 佐々木正五賞
 
 
公益財団法人 農芸化学研究奨励会 第62回 国際会議出席費補助金受領者
 

論文

 
Villena J, Saavedra L, Hebert EM, Suda Y, Masumizu Y, Albarracin L, Clua P, Ikeda-Ohtsubo W, Kitazawa H
Genome announcements   5(10)    2017年3月   [査読有り]
Villena J, Masumizu Y, Iida H, Ikeda-Ohtsubo W, Albarracin L, Makino S, Ohkawara S, Kimura K, Saavedra L, Hebert EM, Kitazawa H
Genome announcements   5(9)    2017年3月   [査読有り]
Villena J, Saavedra L, Hebert EM, Masumizu Y, Sato N, Humayun Kober AK, Albarracin L, Ikeda-Ohtsubo W, Makino S, Kimura K, Ohkawara S, Kitazawa H
Genome announcements   4(6)    2016年11月   [査読有り]
Ikeda-Ohtsubo W, Strassert JF, Köhler T, Mikaelyan A, Gregor I, McHardy AC, Tringe SG, Hugenholtz P, Radek R, Brune A
Environmental microbiology   18(8) 2548-2564   2016年2月   [査読有り]
畜産廃水処理システム由来の固形廃棄物の堆肥化における環境負荷低減化
大坪和香子、進藤絵里香、山田剛史、上田英代、上田裕一、渡辺昭、宮内啓介、遠藤銀朗
環境バイオテクノロジー学会誌   15(1) 17-22   2015年   [招待有り]
Chaloupkova R, Prudnikova T, Rezacova P, Prokop Z, Koudelakova T, Daniel L, Brezovsky J, Ikeda-Ohtsubo W, Sato Y, Kuty M, Nagata Y, Kuta Smatanova I, Damborsky J
Acta crystallographica. Section D, Biological crystallography   70(7) 1884-1897   2014年7月   [査読有り]
Yamada T, Araki S, Ikeda-Ohtsubo W, Okamura K, Hiraishi A, Ueda H, Ueda Y, Miyauchi K, Endo G
Systematic and applied microbiology   36(5) 359-367   2013年7月   [査読有り]
Ikeda-Ohtsubo W, Miyahara M, Yamada T, Watanabe A, Fushinobu S, Wakagi T, Shoun H, Miyauchi K, Endo G
Journal of bioscience and bioengineering   116(6) 722-724   2013年6月   [査読有り]
Ikeda-Ohtsubo W, Miyahara M, Kim SW, Yamada T, Matsuoka M, Watanabe A, Fushinobu S, Wakagi T, Shoun H, Miyauchi K, Endo G
Journal of bioscience and bioengineering   115(1) 37-42   2013年1月   [査読有り]
Strassert JF, Köhler T, Wienemann TH, Ikeda-Ohtsubo W, Faivre N, Franckenberg S, Plarre R, Radek R, Brune A
Environmental microbiology   14(12) 3259-3270   2012年12月   [査読有り]

Misc

 
大坪和香子, 進藤絵里香, 上田英代, 上田裕一, 宮内啓介, 遠藤銀朗
日本農芸化学会大会講演要旨集(Web)   2013 WEB ONLY 4C11A08   2013年3月
進藤絵里香, 大坪和香子, 宮内啓介, 遠藤銀朗
東北学院大学工学総合研究所紀要(CD-ROM)   (1) ROMBUNNO.2-2   2012年3月
大坪和香子, 尾形裕明, 宮内啓介, 遠藤銀朗
日本農芸化学会大会講演要旨集(Web)   2012 WEB ONLY 2C22A10   2012年3月
進藤絵里香, 大坪和香子, 上田裕一, 上田英代, 宮内啓介, 遠藤銀朗
環境工学研究論文集   48 III.441-III.448   2011年11月
大坪 嘉行, 大坪 和香子, 永田 裕二, 津田 雅孝
化学と生物   48(5) 313-319   2010年5月
ゲノム情報のような多量の情報を効率良く取り扱うには,個々の研究者が情報処理技術を有していることが望ましい.しかし,多くのいわゆるウエットな研究者は,プログラミングやコマンドラインツールの取り扱いを苦手としており,グラフィカルなユーザーインターフェースを備えたソフトウエアが必要である.ここでは,ゲノム解析関連だけでなく情報処理に有用な機能を備えたソフトウエア,GenomeMatcherを紹介する.

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 大坪 和香子
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 大坪 和香子
養豚場由来廃棄物を用い、単純野積み法(A法)と高温前処理を行う方法(B法)により堆肥化実験を行った。A法では堆肥化プロセスの初期(2~4週目)、B法では後期(5~7週目)と、N2O発生時期が異なっていたことから、温度、pH、含水率、無機窒素化合物量を比較したところ、B法では堆肥化初期に高温発酵状態(60~70℃)に維持されていたことが、N2O発生の遅れに影響していると考えられた。アンモニア酸化酵素遺伝子(amoA)の定量的リアルタイムPCRの結果、A法による堆肥化プロセスでは初期試料にam...

社会貢献活動

 
Japan after 3/11: Global Perspectives on the Earthquake, Tsunami, and Fukushima Meltdown (Asia in the New Millennium)
【寄稿】  The University Press of Kentucky  2016年
In Japan after 3/11, editors Pradyumna P. Karan and Unryu Suganuma assemble geographers, economists, humanists, and scientists to consider the complex economic, physical, and social impacts of this heartbreaking disaster. Historical geographers pl...