宮田 麻理子

J-GLOBALへ         更新日: 15/04/23 19:42
 
アバター
研究者氏名
宮田 麻理子
所属
東京女子医科大学
部署
医学部
職名
教授 
学位
医学博士

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
東京女子医科大学 医学部 第一生理 主任教授
 
2008年
   
 
東京女子医科大学 医学部 教授
 
2007年
   
 
生理学研究所 生体情報研究系 准教授
 
2002年
   
 
岡崎国立共同研究機構 生理学研究所 助教授
 
1999年
 - 
2002年
東京女子医科大学 医学部 助手
 
1998年
   
 
理化学研究所 基礎科学特別研究員
 
1997年
   
 
理化学研究所 細胞神経生理研究チ-ム 研究員・基礎科学特別研究員
 
1996年
   
 
理化学研究所 シグナル伝達機能研究チ-ム 研究員・基礎科学特別研究員
 

受賞

 
2012年
吉岡博人医学研究奨励賞
 
2010年
内藤記念科学振興財団 内藤記念科学奨励金
 
2009年
武田科学振興財団 医学系研究奨励助成
 
2009年
喫煙科学研究財団 研究助成
 
2004年
加藤記念バイオサイエンス研究振興財団 第15回研究助成
 
2000年3月
東京女子医科大学 医師会賞受賞  医師会賞受賞
 
2002年
日本神経科学学会 日本神経科学学会奨励賞
 

論文

 
Sasaki R, Matsumine H, Watanabe Y, Takeuchi Y, Yamato M, Okano T, Miyata M, Ando T
Plastic and reconstructive surgery   134(5) 970-978   2014年11月   [査読有り]
Matsumine H, Sasaki R, Takeuchi Y, Watanabe Y, Niimi Y, Sakurai H, Miyata M, Yamato M
Plastic and reconstructive surgery. Global open   2 e240   2014年10月   [査読有り]
Matsumine H, Takeuchi Y, Sasaki R, Kazama T, Kano K, Matsumoto T, Sakurai H, Miyata M, Yamato M
Plastic and reconstructive surgery   134(4) 686-697   2014年10月   [査読有り]
Matsumine H, Sasaki R, Takeuchi Y, Miyata M, Yamato M, Okano T, Sakurai H
Journal of reconstructive microsurgery   30(2) 127-136   2014年2月   [査読有り]
Ohtani Y, Miyata M, Hashimoto K, Tabata T, Kishimoto Y, Fukaya M, Kase D, Kassai H, Nakao K, Hirata T, Watanabe M, Kano M, Aiba A
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   34(7) 2702-2712   2014年2月   [査読有り]
Takeuchi Y, Asano H, Katayama Y, Muragaki Y, Imoto K, Miyata M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   34(4) 1258-1270   2014年1月   [査読有り]
Miyata M, Kishimoto Y, Tanaka M, Hashimoto K, Hirashima N, Murata Y, Kano M, Takagishi Y
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   31(16) 6067-6078   2011年4月   [査読有り]
Miyata M, Imoto K
The Journal of physiology   587(5) 999-1012   2009年3月   [査読有り]
Hayashi T, Miyata M, Nagata T, Izawa Y, Kawakami Y
Pharmacology, biochemistry, and behavior   91(3) 441-446   2009年1月   [査読有り]
Mariko MIyata
Neuroscience research   59(4) 377-382   2007年12月   [査読有り]
Kodama T, Itsukaichi-Nishida Y, Fukazawa Y, Wakamori M, Miyata M, Molnar E, Mori Y, Shigemoto R, Imoto K
The European journal of neuroscience   24(11) 2993-3007   2006年12月   [査読有り]
Sasaki S, Huda K, Inoue T, Miyata M, Imoto K
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   26(11) 3056-3065   2006年3月   [査読有り]
Zhang R, Nagata T, Hayashi T, Miyata M, Kawakami Y
European neuropsychopharmacology : the journal of the European College of Neuropsychopharmacology   14(5) 419-424   2004年10月   [査読有り]
Role of thalamic phospholipase C[beta]4 mediated by metabotropic glutamate receptor type 1 in inflammatory pain.
Miyata M, Kashiwadani H, Fukaya M, Hayashi T, Wu D, Suzuki T, Watanabe M, Kawakami Y
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   23 8098-8108   2003年9月   [査読有り]
Takeuchi Y., Yamasaki M.*, Nagumo Y.*, Imoto K., Watanabe M., Miyata M.
Journal of Neuroscience   32(20) 6917-6930   2012年   [査読有り]

Misc

 
宮田麻理子
モレキュラ-メディシン   41(9) 1102-1108   2004年9月
吉岡和晃, 北川豊, 宮田麻理子
日本生理学雑誌   64(11) 249-252   2002年

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
末梢神経損傷によって誘導される上位中枢神経回路の改編と動作原理
さきがけ
研究期間: 2010年 - 2014年    代表者: 宮田 麻理子
神経損傷後の中枢神経回路の改編を制御する神経活動依存的機構の解析
基盤研究(C)
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 宮田 麻理子
幻痛における視床シナプスのリモデリングとその臨界期
特定領域
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 宮田 麻理子
視床投射細胞への興奮とフィードフォワード抑制の活動依存的調節機構
基盤研究C
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 宮田 麻理子
皮質視床フィードバックシナプスに特異的に存在するカイニン酸受容体の生理学的意義
特定領域 分子脳
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 宮田 麻理子

委員歴

 
 
 - 
現在
日中女性科学者会議  委員
 
 
 - 
現在
生理学会  評議委員
 
 
 - 
現在
日本神経科学学会  男女共同参画推進委員会
 
 
 - 
現在
日本神経科学学会  編集小委員会