MARI UENO

J-GLOBAL         Last updated: Apr 17, 2019 at 19:07
 
Avatar
Name
MARI UENO
E-mail
mariuenojichi.ac.jp

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Published Papers

 
荒木 晴美, 正野 逸子, 本田 彰子, 菊池 和子, 上野 まり, 栗本 一美, 平山 香代子, 王 麗華, 土平 俊子, 炭谷 靖子
日本看護福祉学会誌   22(2) 203-217   Mar 2017
上野 まり, 渋谷 得江, 岡村 圭子, 佐藤 美穂子
千葉大学大学院看護学研究科紀要   (38) 75-80   Mar 2016
【研究目的】 東日本大震災後の応急仮設住宅に暮らす住民に対して,看護職が実施したアウトリーチの実態と住民の健康状態の変化を調べ,今後想定される大規模災害発生後の看護職による長期的な支援活動に資するための基礎資料とする.【研究方法】 被災地A市の応急仮設住宅に暮らす住民1,669名と看護職によるアウトリーチを研究対象とした.看護職が判断した住民個々の健康上の課題と住民の健康状態について,支援開始時と18か月後を比較することによりその変化を捉えた.その結果から被災住民への看護職によるアウトリー...
Katahira Nobuko, Fujikawa Aya, Honda Akiko, Ueno Mari, Kitaoka Hideko, Watanabe Tsukiko, Hirokawa Seiko
Journal of Japan Academy of Community Health Nursing   15(3) 70-77   2013
目的:認知症高齢者グループホーム(以下,GH)と契約して利用者の健康管理を行っている訪問看護ステーション(以下,ST)からみた,GHとSTの連携の効果および課題を明らかにすることを目的に調査を行った.方法:医療連携体制加算を算定したGHと契約している2県のST管理者10人を対象として,インタビューガイドを用いた半構成的面接調査を行う.結果:STの管理者がとらえたGH-ST間の連携の効果としては,【GHの医療面への対応の機能が強化される】【利用者の受診の回数が減らせる】【利用者が適切な治療を...
Itabashi Yuko, Bessho Yuko, Ueno Mari
Journal of Japan Academy of Community Health Nursing   15(1) 5-15   2012
Objective : This study focused on the characteristics of the sense of burden and positive feelings experienced by male caregivers providing defecation care for their spouses at home, to obtain information for the support given by visiting nurses. ...
Hirano Y, Yamamoto-Mitani N, Ueno M, Takemori S, Kashiwagi M, Sato I, Miyata N, Kimata M, Fukahori H, Yamada M
Qualitative health research   21(2) 199-213   Feb 2011   [Refereed]

Misc

 
上野 まり, 窪川 眞佐美, 佐藤 美穂子
日本在宅ケア学会誌   15(2) 13-18   Feb 2012
SATO Izumi, YAMAMOTO MITANI Noriko, TAKEMORI Shiho, HIRANO Yuko, MIYATA Noa, FUKAHORI Hiroki, UENO Mari, KASHIWAGI Masayo, KIMATA Mari, YAMADA Masako
Journal of Japan Academy of Nursing Science   31(1) 68-76   Mar 2011
赤沼 智子, 本田 彰子, 正野 逸子, 牛久保 美津子, 近藤 仁美, 栗本 一美, 上野 まり, 鈴木 育子
Journal of School of Nursing,Chiba University.   (26) 45-49   Mar 2004
著者らのこれまでの研究で,訪問看護師もその管理者にも高い学習ニーズがあることが明らかにされてきた.しかし,訪問看護という業務形態の特殊性等から,現任教育には様々な問題があり,訪問看護の持つ特殊性に合わせた職場内教育の必要性を確認した.そこで,訪問看護ステーションの管理者め実践教育に対する考え方を明確にすることを目的に調査を行った.その結果として,訪問看護師養成講習会等は9割近くのステーションが受講していることが分かった.その一方で,ステーションでは受講者が1人もいないところもあり,ばらつき...