宮田真路

J-GLOBALへ         更新日: 19/05/29 07:43
 
アバター
研究者氏名
宮田真路
 
ミヤタ シンジ
eメール
smiyatago.tuat.ac.jp
URL
http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/60533792
所属
東京農工大学
部署
農学部附属硬蛋白質利用研究施設
職名
准教授
学位
博士(農学)(名古屋大学)
科研費研究者番号
60533792
ORCID ID
0000-0001-6635-1645

プロフィール

 

経歴

 
2019年5月
 - 
現在
東京農工大学 農学部附属硬蛋白質利用研究施設 准教授
 
2016年4月
 - 
2019年4月
名古屋大学生命農学研究科 特任助教
 
2013年4月
 - 
2016年3月
名古屋大学高等研究院 名古屋大学生物機能開発研究センター 若手育成プログラム (YLC) 特任助教
 
2007年6月
 - 
2013年3月
神戸薬科大学 薬学部 特別契約研究員
 
2006年4月
 - 
2007年6月
カリフォルニア大学サンディエゴ校 ポストドクトラルフェロー
 

学歴

 
2001年4月
 - 
2006年3月
名古屋大学大学院生命農学研究科 博士(農学)  
 
1997年4月
 - 
2001年3月
名古屋大学農学部応用生物科学科  
 

受賞

 
2016年2月
ロッテ財団 ロッテ重光学術賞
 
2013年7月
新学術領域「神経糖鎖生物学」 最優秀賞
 
2012年5月
日本生化学会近畿支部 最優秀発表賞
 
2012年2月
新学術領域「神経糖鎖生物学」 最優秀賞
 
2011年12月
Kobe University-University of Washington Joint Symposium Best presentation
 

論文

 
Sakurai N, Nishio S, Akiyama Y, Miyata S, Oshima K, Nadano D, Matsuda T
Journal of biochemistry   164(2) 113-125   2018年8月   [査読有り]
Miyata S, Nadanaka S, Igarashi M, Kitagawa H
Frontiers in integrative neuroscience   12 3   2018年   [査読有り]
Miyata S, Kitagawa H
Biochimica et biophysica acta. General subjects   1861(10) 2420-2434   2017年10月   [査読有り]
Hou X, Yoshioka N, Tsukano H, Sakai A, Miyata S, Watanabe Y, Yanagawa Y, Sakimura K, Takeuchi K, Kitagawa H, Hensch TK, Shibuki K, Igarashi M, Sugiyama S
Scientific reports   7(1) 12646   2017年10月   [査読有り]
Yoshioka N, Miyata S, Tamada A, Watanabe Y, Kawasaki A, Kitagawa H, Takao K, Miyakawa T, Takeuchi K, Igarashi M
Molecular brain   10(1) 47   2017年10月   [査読有り]
Senarai T, Vanichviriyakit R, Miyata S, Sato C, Sretarugsa P, Weerachatyanukul W, Kitajima K
Molecular reproduction and development   84(7) 585-595   2017年7月   [査読有り]
Chondroitin sulfate and neuronal disorders.
Miyata S, Kitagawa H
Frontiers in bioscience (Landmark edition)   21 1330-1340   2016年6月   [査読有り]
Saigoh K, Yoshimura S, Izumikawa T, Miyata S, Tabara Y, Matsushita T, Miki T, Miyamoto K, Hirano M, Kitagawa H, Kira JI, Kusunoki S
Neuroscience research      2016年1月   [査読有り]
Miyata S, Kitagawa H
Neural plasticity   2016 1305801   2016年   [査読有り]
Hane M, Matsuoka S, Ono S, Miyata S, Kitajima K, Sato C
Glycobiology   25(10) 1112-1124   2015年10月   [査読有り]
Kobayashi Y, da Silva R, Kumanogoh H, Miyata S, Sato C, Kitajima K, Nakamura S, Morita M, Hayashi F, Maekawa S
Journal of neuroscience research   93(9) 1462-1470   2015年9月   [査読有り]
Yabuno K, Morise J, Kizuka Y, Hashii N, Kawasaki N, Takahashi S, Miyata S, Izumikawa T, Kitagawa H, Takematsu H, Oka S
PloS one   10(12) e0144560   2015年12月   [査読有り]
Miyata S, Kitagawa H
Journal of biochemistry   157(1) 13-22   2015年1月   [査読有り]
Kanazawa, T., Suzuki, E., Miyata, S., Sato, C., Kitajima, K.
Glycoscience: Biology and Medicine (edited by Taniguchi, N., Endo, T., Hart, G.W., Seeberger, P., Wong, C.H.)   883-890   2014年10月   [査読有り]
Comparison of Analytical Methods to Detect Polysialic Acid.
Nishimura, S., Hane, M., Niimi, Y., Miyata S., Kitajima K., Sato, C.
Journal of Glycomics & Lipidomics   4 113   2014年5月   [査読有り]
Takeuchi K, Yoshioka N, Higa Onaga S, Watanabe Y, Miyata S,(以下14名)
Nature communications   4 2740   2013年11月   [査読有り]
Miyata S, Komatsu Y, Yoshimura Y, Taya C, Kitagawa H
Nature neuroscience   15(3) 414-422   2012年1月   [査読有り]
Miyata S, Yamakawa N, Toriyama M, Sato C, Kitajima K
Glycobiology   21(12) 1596-1605   2011年12月   [査読有り]
Miyata S, Kitagawa H
Trends in Glycoscience and Glycotechnology   23(133) 239-247   2011年2月   [査読有り]
宮田真路, 北川裕之
脳21   14(1) 16-21-21   2011年1月
Yamakawa N, Sato C, Miyata S, Maehashi E, Toriyama M, Sato N, Furuhata K, Kitajima K
Biochimie   89(11) 1396-1408   2007年11月   [査読有り]
Gunaratne HJ, Moy GW, Kinukawa M, Miyata S, Mah SA, Vacquier VD
BMC genomics   8 235   2007年7月   [査読有り]
Miyata S, Sato C, Kitajima K
Trends in Glycoscience and Glycotechnology   19(106) 85-98   2007年3月   [査読有り]
Miyata S, Sato C, Kumita H, Toriyama M, Vacquier VD, Kitajima K
Glycobiology   16(12) 1229-1241   2006年12月   [査読有り]

Misc

 
北島健, 北島健, 鈴木英里子, 鈴木英里子, 木下圭司, 大森保成, 宮田真路, 佐藤ちひろ, 佐藤ちひろ
日本農芸化学会大会講演要旨集(Web)   2017 ROMBUNNO.2J29a08 (WEB ONLY)   2017年3月
吉村淳, 吉村淳, 萩原尚文, 萩原尚文, 土岐沙也加, 土岐沙也加, 宮田真路, 宮田真路, 清本正人, 佐藤ちひろ, 佐藤ちひろ, 北島健, 北島健
日本糖質学会年会要旨集   35th 182   2016年8月
鈴木英里子, 鈴木英里子, 是枝達也, 是枝達也, 木下圭司, 木下圭司, 大森保成, 大森保成, 宮田真路, 宮田真路, 佐藤ちひろ, 佐藤ちひろ, 北島健, 北島健
日本糖質学会年会要旨集   35th 205   2016年8月
北島健, 鈴木英里子, 鈴木英里子, 是枝達也, 是枝達也, 木下圭司, 木下圭司, 大森保成, 大森保成, 宮田真路, 宮田真路, 佐藤ちひろ, 佐藤ちひろ
日本生化学会大会(Web)   89th ROMBUNNO.2P‐055 (WEB ONLY)   2016年
免疫細胞におけるSiglec-7の新規リガンド結合部位による免疫応答制御
五島 亜実, 山川 奈緒, 安田 優, 田中 浩士, 宮田 真路, 北島 健, 佐藤 ちひろ
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   88回・38回 [2T特-11(2P0276)]   2015年12月
岩木佑弥, 岩木佑弥, 大塚拡子, 宮田真路, 宮田真路, 佐藤ちひろ, 佐藤ちひろ, 北島健, 北島健
日本糖質学会年会要旨集   34th 179   2015年7月
阿部智佳羅, 阿部智佳羅, 羽根正弥, 羽根正弥, 宮田真路, 宮田真路, 北島建, 北島建, 佐藤ちひろ, 佐藤ちひろ
日本糖質学会年会要旨集   34th 193   2015年7月
新美百希, 新美百希, 羽根正弥, 羽根正弥, 松岡修平, 松岡修平, 宮田真路, 宮田真路, 北島健, 北島健, 佐藤ちひろ, 佐藤ちひろ
日本糖質学会年会要旨集   34th 193   2015年7月
石原幸奈, 石原幸奈, 羽根正弥, 羽根正弥, 宮田真路, 宮田真路, 北島健, 北島健, 佐藤ちひろ, 佐藤ちひろ
日本糖質学会年会要旨集   34th 192   2015年7月
五島亜実, 五島亜実, 山川奈緒, 山川奈緒, 安田優, 安田優, 田中浩士, 宮田真路, 宮田真路, 北島健, 北島健, 佐藤ちひろ, 佐藤ちひろ
日本生化学会大会(Web)   88th 2TTOKU11(2P0276) (WEB ONLY)   2015年
五島亜実, 山川奈緒, 安田優, 田中浩士, 宮田真路, 北島健, 佐藤ちひろ
日本糖質学会年会要旨集   33rd 178   2014年7月
鈴木英里子, 宮田真路, 岩尾康宏, 佐藤ちひろ, 北島健
日本糖質学会年会要旨集   33rd 157   2014年7月
新美百希, 羽根正弥, 西村紗希, 宮田真路, 北島健, 佐藤ちひろ
日本糖質学会年会要旨集   33rd 144   2014年7月
せつ蓮, 宮田真路, 佐藤ちひろ, 北島健
生化学   77(6) 571   2005年6月
前橋絵梨, 宮田真路, 松本晴美, 松田幹, 佐藤ちひろ, 北島健
生化学   74(8) 777   2002年8月
北島健, 前橋絵梨, 宮田真路, 松本晴美, 佐藤ちひろ
日本発生生物学会大会発表要旨集   35th 146   2002年

講演・口頭発表等

 
武智美奈, 大島健司, 灘野大太, 松田幹, 宮田真路
日本生化学会大会(Web)   2017年   
Neurocan, a brain chondroitin sulfate proteoglycan, regulates neuronal migration and morphogenesis during corticogenesis.
Shinji Miyata, Chihiro Sato, Ken Kitajima, Hiroshi Kitagawa
The 3rd International Symposium on Glyco-Neuroscience   2016年1月14日   
糖鎖を作る・読む・壊す分子システム 脳特異的コンドロイチン硫酸プロテオグリカンであるニューロカンは大脳皮質の発生における神経細胞の移動と形態形成を制御する
宮田 真路, 佐藤 ちひろ, 北島 健, 北川 裕之
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   2015年12月   
シンポジウム名: Molecular system for creating, decoding, and destroying glycans.
オーガナイザー: 加藤晃一・宮田真路
Sulfation of chondroitin sulfate proteoglycans controls neuronal migration and morphogenesis during corticogenesis. [招待有り]
Shinji Miyata, Hiroshi Kitagawa
第38回日本神経科学大会   2015年7月28日   
シンポジウム名: Integrative research of neuro-glycoscience reveals new mechanisms for regulating brain function.
オーガナイザー: 宮田真路・山下俊英
宮田真路, 宮田真路, 土岐沙也加, 土岐沙也加, 佐藤ちひろ, 佐藤ちひろ, 北島健, 北島健
第34会日本糖質学会年会   2015年8月1日   
Sulfation patterns of chondroitin sulfate regulate neural development and plasticity
Shinji Miyata, Yukio Komatsu, Yumiko Yoshimura, Choji Taya, and Hiroshi Kitagawa
SFG & JSCR Joint Annual Meeting(日米合同糖質会議)   2014年11月16日   
宮田真路, 北川裕之
第33回日本糖質学会年会   2014年8月10日   
コンドロイチン硫酸の構造が決める神経の発生と可塑性 [招待有り]
宮田真路
第146回薬学談話会   2014年7月9日   
宮田真路, 宮田真路, 北川裕之
第66回日本細胞生物学会大会   2014年6月11日   
宮田真路, 小松由紀夫, 吉村由美子, 多屋長治, 北川裕之
第32回日本糖質学会年会   2013年7月25日   
コンドロイチン4-硫酸は神経細胞の 移動と極性形成に必要である
宮田真路
新学術領域「神経糖鎖」第5回領域班会議   2013年7月23日   
Roles of chondroitin sulfate in neural development and plasticity [招待有り]
Shinji Miyata, Hiroshi Kitagawa
Neuro2013 (第36回日本神経科学大会、第56回日本神経化学会大会、第23回日本神経回路学会大会合同)   2013年6月20日   
コンドロイチン硫酸による 神経可塑性の制御
宮田真路
新学術領域「神経糖鎖」第4回領域班会議   2013年1月15日   
Sulfation patterns of chondroitin sulfate regulate ocular dominance plasticity in the mouse visual cortex. [招待有り]
Miyata, S., Komatsu, Y., Yoshimura, Y., Taya, C., Kitagawa, H.
第35回日本神経科学大会   2012年9月   
コンドロイチン硫酸の硫酸化パターンによる神経可塑性の制御
宮田真路、小松由紀夫、吉村由美子、多屋長治、北川裕之
2012年度 包括脳ネットワーク夏のワークショップ   2012年7月24日   
コンドロイチン硫酸の糖鎖構造を変化させると、成体でも脳の可塑性が維持できる [招待有り]
宮田真路
日本神経科学会 神経科学トピックス   2012年5月   
6-硫酸化コンドロイチンの過剰発現によって大脳皮質の神経可塑性が維持される
宮田真路
新学術領域「神経糖鎖」第2回領域班会議   2012年2月17日   
6-硫酸化コンドロイチンの過剰な発現により大脳皮質の可塑性が維持される [招待有り]
宮田真路
ライフサイエンス新着論文レビュー   2012年2月   
Chondroitin sulfate proteoglycans regulate experience- dependent neuronal plasticity.
Miyata, S.
Kobe University-University of Washington Joint Symposium on Integrative Membrane Biology and Signal Transduction Medicine.   2011年12月   
コンドロイチン硫酸の硫酸化パターンによる神経可塑性の制御 [招待有り]
宮田真路
第9回糖鎖科学コンソーシアム (JCGG) シンポジウム   2011年11月   
Sulfation patterns of chondroitin sulfate proteoglycans regulate critical period plasticity in the visual cortex.
Miyata, S., Komatsu, Y., Taya, C., Kitagawa, H.
31st Naito Conference   2011年9月   
宮田真路, 宮田真路, 高木麻希, 中島摩衣子, 青野公孝, 小松由紀夫, 多屋長治, 北川裕之, 北川裕之
BMB2010(第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会)   2010年12月7日   
宮田真路, 宮田真路, 門松健治, 多屋長治, 北川裕之, 北川裕之
第82回日本生化学会大会   2009年9月25日   
宮田真路, 宮田真路, 門松健治, 多屋長治, 北川裕之, 北川裕之
第29回糖質学会年会   2009年8月10日   
神経可塑性におけるコンドロイチン硫酸の機能解析
宮田真路
第1回次世代シグナル伝達医学グローバルCOE研究討論会   2009年7月   
中枢神経系におけるコンドロイチン硫酸鎖の機能解析
宮田真路、安永大輝、三上雅久、北川裕之
第10回関西グライコサイエンスフォーラム   2009年5月   
宮田真路, 宮田真路, 迫田直樹, 三上雅久, 三上雅久, 菅原一幸, 菅原一幸, 多屋長治, 北川裕之, 北川裕之
第28回糖質学会年会   2008年7月29日   
コンドロイチン6-O-硫酸基転移酵素-1 過剰発現マウスを用いた脳におけるコンドロイチン硫酸鎖の機能解析 [招待有り]
宮田真路、迫田直樹、三上雅久、北川裕之
平成 20 年度生理学研究所研究会   2008年5月   
Flagellasialin, a novel sulfated α2,9-linked polysialic acid glycoprotein of sea urchin sperm flagella is involved in sperm motility.
Miyata, S., Sato, C., Kumita, H., Vacquier, V. D., and Kitajima, K.
Annual San Diego Glycobiology Symposium   2007年1月   
宮田真路, 宮田真路, 佐藤ちひろ, 佐藤ちひろ, 久美田紘信, 久美田紘信, 鳥山優, VACQUIER Victor D, 北島健, 北島健
第25回日本糖質学会   2005年7月5日   
Occurrence and characterization of a novel sulfated α2,9-linked polysialic acid-containing glycoprotein in sea urchin sperm flagellum.
Miyata, S., Sato, C., and Kitajima, K.
oint meeting of the society for glycobiology and the Japanese society of carbohydrate research.   2004年11月   
A novel polysialic acid-containing glycoprotein in sea urchin sperm flagellum.
Miyata, S., Sato, C., and Kitajima
International Symposium on the Molecular and Cell Biology of Egg- and Embryo-Coats   2004年11月   
Purification and characterization of a glycoprotein containing sulfated α2,9-linked polysialic acid residues in sea urchin sperm.
Miyata, S., Sato, C., and Kitajima, K.
第77回日本生化学会   2004年10月   
宮田真路, 佐藤ちひろ, 北島健
第24回日本糖質学会年会   2003年7月3日   
Functions of the Common Glycotopes of Glycolipids and Glycoproteins in the Membrane Microdomain of Sea Urchin Sperm.
Miyata, S., Maeshashi, E., Ohta, K., Sato, C., Matsuda, T., and Kitajima, K.
第73回日本動物学会   2002年9月   
宮田真路, 前橋絵梨, 太田薫, 佐藤ちひろ, 松田幹, 北島健
生化学   2002年8月25日   
前橋絵梨, 宮田真路, 松本晴美, 松田幹, 佐藤ちひろ, 北島健
生化学   2002年8月25日   
宮田真路, 前橋絵梨, 太田薫, 佐藤ちひろ, 松田幹, 北島健
日本糖質学会年会要旨集   2002年7月25日   
宮田真路, 前橋絵梨, 太田薫, 佐藤ちひろ, 松田幹, 北島健
生化学   2001年8月25日   
宮田真路, 前橋絵梨, 太田薫, 佐藤ちひろ, 松田幹, 北島健
日本糖質学会年会要旨集   2001年7月2日   

競争的資金等の研究課題

 
糖鎖が生み出すペリニューロナルネットの多様性と神経可塑性における機能の解明
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 宮田真路
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 宮田 真路
食品抗酸化成分による脳の老化抑制機構: 高頻度発火神経細胞周囲のマトリクス保護効果
ロッテ財団: 研究者育成助成〈ロッテ重光学術賞〉
研究期間: 2016年4月 - 2021年3月    代表者: 宮田真路
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 宮田 真路
申請者はこれまでに、脳の細胞外マトリクス成分であるコンドロイチン硫酸プロテオグリカンの糖鎖構造を改変することで神経可塑性が制御できることを明らかにしたが、その詳細な分子機構は未だよく分かっていない。コンドロイチン硫酸鎖の構造変化によって、抑制性神経細胞の成熟に必要なOtx2タンパク質の蓄積が低下することから、特定のコンドロイチン硫酸がOtx2と直接結合する可能性を検証した。別の研究グループにより高硫酸化コンドロイチン硫酸鎖がOtx2と結合することが報告されたが、遺伝子改変マウスを用いた申請...
糖鎖構造の改変による神経可塑性の制御
公益信託成茂神経科学研究助成基金
研究期間: 2013年       代表者: 宮田真路
コンドロイチン硫酸の硫酸化パターンによる大脳皮質視覚野における臨界期可塑性の制御機構
内藤記念科学振興財団: 2011年度 内藤記念特定研究助成金
研究期間: 2011年4月       代表者: 宮田真路
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(スタートアップ), 研究活動スタート支援)
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 宮田真路
神経回路は外界の刺激によって機能的、構造的に変化する性質を持つ。この経験依存的な可塑性は、生後初期の臨界期と呼ばれる時期にのみ存在するが、臨界期の終了を制御する分子機構はよく分かっていない。本研究において、申請者は、脳の主要な細胞外マトリックス成分であるコンドロイチン硫酸プロテオグリカンの合成に関わる遺伝子を改変したマウスを用いた研究から新規の神経可塑性の制御機構が明らかにした。