Marukawa Katsuji

J-GLOBAL         Last updated: Nov 5, 2019 at 10:59
 
Avatar
Name
Marukawa Katsuji
E-mail
marukawahoku-iryo-u.ac.jp
Affiliation
Health Sciences University of Hokkaido
Section
School of Medical Technology

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Kiuchi S, Tomaru U, Ishizu A, Imagawa M, Kiuchi T, Iwasaki S, Suzuki A, Otsuka N, Deguchi T, Shimizu T, Marukawa K, Matsuno Y, Kasahara M
Human pathology   60 66-74   Feb 2017   [Refereed]
Ogino M, Nakanishi Y, Mitsuhashi T, Hatanaka Y, Amano T, Marukawa K, Nitta T, Ueno T, Ono M, Kuwabara S, Yamada T, Hirano S
Histopathology      Jan 2019   [Refereed]
Sato D, Tsuchikawa T, Mitsuhashi T, Hatanaka Y, Marukawa K, Morooka A, Nakamura T, Shichinohe T, Matsuno Y, Hirano S
PloS one   11(3) e0152523   2016   [Refereed]
Naka T, Hatanaka Y, Marukawa K, Okada H, Hatanaka KC, Sakakibara-Konishi J, Oizumi S, Hida Y, Kaga K, Mitsuhashi T, Matsuno Y
Diagnostic pathology   11 38   Apr 2016   [Refereed]
Kubota Y, Kawakami H, Natsuizaka M, Kawakubo K, Marukawa K, Kudo T, Abe Y, Kubo K, Kuwatani M, Hatanaka Y, Mitsuhashi T, Matsuno Y, Sakamoto N
Journal of gastroenterology   50(2) 203-210   Feb 2015   [Refereed]

Misc

 
膵管癌分子サブタイピングのIHCサロゲート法の確立に関する検討
丸川 活司, 三橋 智子, 畑中 豊, 諸岡 亜早美, 佐藤 大介, 奥村 麻美, 南家 綾江, 畑中 佳奈子, 平野 聡, 松野 吉宏
日本病理学会会誌   107(1) 363-364   Apr 2018
丸川活司
Medical Technology   45(13) 1371‐1373   Dec 2017
【知っておきたい!臨床検査機器の安全管理とトラブルシューティング】 病理・細胞診検査 細胞診検査の精度管理
丸川 活司
Medical Technology   45(13) 1371-1373   Dec 2017
<POINT>・細胞診検査におけるプレアナリシス段階とアナリシス段階・診断報告時の細胞診専門医との協力体制・診断報告後の報告書と標本の管理・外部精度管理の重要性(著者抄録)
免疫染色とセルブロック法 セルブロック作製法の標準化を目指して セルブロック作製におけるピットフォール
丸川 活司, 畑中 豊, 松野 吉宏
日本臨床細胞学会雑誌   55(Suppl.2) 423-423   Oct 2016
丸川 活司
検査と技術   44(10) 974-976   Sep 2016
石綿曝露に特異的な疾患として,良性石綿胸水,びまん性胸膜肥厚,石綿肺,中皮腫,肺癌が挙げられる.石綿曝露の証明には,石綿小体の観察が重要となる.石綿関連性疾患には,補償・救済制度が設けられている.石綿小体の検出には,ベルリン青染色が有用である.(著者抄録)