正宗 賢

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/05 18:41
 
アバター
研究者氏名
正宗 賢
URL
http://www.twmu.ac.jp/ABMES/FATS/
所属
東京女子医科大学
部署
先端生命医科学研究所
職名
教授
学位
博士(工学)(東京大学)
その他の所属
東京女子医科大学・早稲田大学共同大学院

プロフィール

1995年東京大学大学院工学系研究科助手, 2000年より,東京電機大学理工学部生命工学科講師,同学部知能機械工学科助教授,2005年8月より,東京大学大学院情報理工学系研究科知能機械情報学専攻准教授,2014年4月より,東京女子医科大学先端生命医科学研究所先端工学外科学分野教授,現在に至る.
医療ロボット,情報誘導手術等の高度先端医療機器開発および評価研究を一貫して行っている.

研究分野

 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
東京女子医科大学 先端生命医科学研究所 教授
 
2008年
   
 
東京大学 情報理工学(系)研究科 准教授
 
2007年
   
 
東京大学 情報理工学(系)研究科 助教授
 
2006年
   
 
東京大学 情報理工学(系)研究科・大学院情報理工学系研究科 助教授
 
2004年
   
 
東京電機大学 理工学部 講師・助教授
 
2001年
 - 
2003年
東京電機大学 理工学部 講師
 
2000年
   
 
東京大学 東京電機大学・東京電気大学・工学(系)研究科・理工学部 助手・講師
 
1998年
 - 
1999年
東京大学 工学(系)研究科・大学院・工学系研究科 助手
 
1996年
 - 
1997年
東京大学 工学系研究科 助手
 

受賞

 
2016年
グッドデザイン賞
受賞者: 村垣善浩、岡本淳、正宗 賢、高橋正泰
 
2007年12月
日本コンピュータ外科学会 Young Investigator Award (日立メディコ賞)Gold賞
 
2005年12月
SI2005 SI2005ベストセッション講演賞
受賞者: 吉光喜太郎, 宮脇富士夫,正宗 賢,他
 
2004年3月
日本コンピュータ外科学会 講演論文賞
受賞者: 石上亮,正宗 賢,他
 
2003年12月
日本コンピュータ外科学会 論文賞(工学賞)
 
2003年6月
日本エム・イー学会 研究奨励賞・阪本研究刊行助成賞・阿部賞 受賞
 
2000年6月
日本エム・イー学会 荻野賞
 

論文

 
大津 良司, 伊関 洋, 正宗 賢
看護理工   4(2) 105-115   2017年
<p>患者のベッドからの転落事故は頻度と重篤が高い重大な課題である.各院では各種ベッドセンサを設置しているが,偽陽性や偽陰性が多く信頼性が低い.先行研究は瞬時の行動検出の精度向上研究に止まっており転落防止の根本的対策ではない.われわれは,バイタルセンサ同様に常時患者の行動変化を測定し可視化,定量化することで看護師が患者行動を理解し必要なときに介入できるようになり,患者の危険な行動を減少させ結果転落を減少させると考えた.そこで非接触・非侵襲の患者の位置,動き,動きの方向を三次元の立体で測定で...
齊藤 開, 中井 亮仁, 正宗 賢, 土肥 健純, 桑名 健太
電学論E   136(9) 377-383   2016年
<p>In this study, we proposed a thickness estimation method of tumor using a grasping forceps with sensors and evaluated the method by estimating the thickness of tumor models located in tissue models. Though palpation is an important technique fo...
Kohei Miki,Ken Masamune
Int. J. Computer Assisted Radiology and Surgery   10(10) 1687-1697   2015年10月   [査読有り]
Choi H, Cho B, Masamune K, Hashizume M, Hong J
The international journal of medical robotics + computer assisted surgery : MRCAS   12(1) 62-72   2016年3月   [査読有り]
Use of Machine-Learning Approaches to Predict Clinical Deterioration in Critically Ill Patients: A Systematic Review
Kamio Tadashi, Van Tomoaki, Masamune Ken
INTERNATIONAL JOURNAL OF MEDICAL RESEARCH & HEALTH SCIENCES   6(6) 1-7   2017年   [査読有り]
Hideyuki Suenaga,Huy Hoang Tran,Hongen Liao,Ken Masamune,Takeyoshi Dohi,Kazuto Hoshi,Tsuyoshi Takato
BMC Medical Imaging   15 51   2015年11月   [査読有り]
Kamio T, Masamune K
Respiratory care   63(10) 1246-1252   2018年10月   [査読有り]
Okamoto J, Masamune K, Iseki H, Muragaki Y
Biomedizinische Technik. Biomedical engineering   63(1) 31-37   2018年2月   [査読有り]
Yamashita K, Kusuda K, Ito Y, Komino M, Tanaka K, Kurokawa S, Ameya M, Eba D, Masamune K, Muragaki Y, Ohta Y, Rinoie C, Yamada K, Sawa Y
Surgical innovation   25(4) 374-379   2018年8月   [査読有り]
Mochizuki Y, Hosaka A, Kamiuchi H, Nie JX, Masamune K, Hoshina K, Miyata T, Watanabe T
Surgery today   46(12) 1387-1393   2016年12月   [査読有り]
Shimizu K, Nitta M, Komori T, Maruyama T, Yasuda T, Fujii Y, Masamune K, Kawamata T, Maehara T, Muragaki Y
Frontiers in neurology   9 24   2018年1月   [査読有り]
Hu Y, Masamune K
Applied optics   55(30) 8433-8440   2016年10月   [査読有り]
Kawamoto Y, Mouri M, Taira T, Iseki H, Masamune K
World neurosurgery   89 628-635.e1   2016年5月   [査読有り]
Yasuda T, Fukumura K, Uchida Y, Koshi H, Iida H, Masamune K, Yamasoba T, Sato Y, Nakajima T
The journals of gerontology. Series A, Biological sciences and medical sciences   70(8) 950-958   2014年6月   [査読有り]
Nakagawa Hidenori, Masamune Ken, Kotani Makoto, Ueno Shoogo
JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   115(17)    2014年5月   [査読有り]
Fisher T, Hamed A, Vartholomeos P, Masamune K, Tang G, Ren H, Tse ZT
Proceedings of the Institution of Mechanical Engineers. Part H, Journal of engineering in medicine   228(3) 303-318   2014年3月   [査読有り]
Yasuda Tomohiro, Fukumura Kazuya, Uchida Yusuke, Koshi Hitomi, Iida Haruko, Masamune Ken, Yamasoba Tatsuya, Sato Yoshiaki, Nakajima Toshiaki
MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE   46(5) 89   2014年5月   [査読有り]
Zuo S, Iijima K, Tokumiya T, Masamune K
International journal of computer assisted radiology and surgery   9(5) 857-865   2014年2月   [査読有り]
Ikawa Taisuke, Yano Kazuo, Watanabe Natsumi, Masamune Ken, Yamato Masayuki
REGENERATIVE THERAPY   1 98-108   2015年6月   [査読有り]
電磁閃光知覚における視覚野の活動計測
中川 秀紀, 正宗 賢, 小谷 誠
日本生体磁気学会誌   24(2) 33-42   2013年11月
電磁閃光知覚における視覚野の活動について検討した。男性健常者の7例を対象とした。各被験者につき3セッションの連続計測を行い、total-Hbよりも、特にoxy-Hbおよびdeoxy-Hbの濃度変化に重点をおいて解析した。蛍光ランプによる視覚刺激では後頭部プローブ4番と7番を中心とした周辺チャネル全般でoxy-Hb濃度が上昇した。電磁閃光刺激時では、ほぼ全てのチャネルにおいて有意な賦活化は一切見られなかった。そこで磁束密度を2OmTまで強め、さらに閉眼状態での電磁閃光刺激を試みたが、この磁界...
Suenaga H, Hoang Tran H, Liao H, Masamune K, Dohi T, Hoshi K, Mori Y, Takato T
International journal of oral science   5(2) 98-102   2013年6月   [査読有り]
上内 洋輝, 正宗 賢
電子情報通信学会技術研究報告. MI, 医用画像   112(200) 29-34   2012年8月
タブレットPCおよび色分けされた3個の円形Fiducialマーカを用いた医用画像重畳表示システムを開発した.本システムはタブレットPCの背面カメラに映る色分けされた3個の円形Fiducialマーカの位置および長軸の長さを画像処理により特定したのち,本研究にて提案する手法を用いて医用画像とのレジストレーションを行い,iPadディスプレイ上の背面カメラ画像に医用画像から生成されるCG画像を重畳表示するシステムである.評価実験により,重畳表示位置精度は,1.0mm以下という結果が得られ,ナビゲー...
上内 洋輝, 佐藤 生馬, 鈴木 孝司, 植松 美幸, 中村 亮一, 村垣 善浩, 伊関 洋, 正宗 賢
Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS   13(4) 445-452   2011年12月
Image modalities such as ultrasound imaging, MRI and CT are widely used for surgical planning or navigation. However, surgeons are forced to observe the affected area with switching their gaze direction between the patient and medical images on a ...
Horiuchi T, Masamune K, Iwase Y, Ymashita H, Tsukihara H, Motomura N, Ohta Y, Dohi T
Surgical endoscopy   25(7) 2296-2301   2011年7月   [査読有り]
Kim K, Kamiuchi H, Masamune K, Dohi T
Medical engineering & physics   33(2) 174-179   2011年3月   [査読有り]
Zuo S, Ohdaira T, Kuwana K, Nagao Y, Ieiri S, Hashizume M, Dohi T, Masamune K
Medical image computing and computer-assisted intervention : MICCAI ... International Conference on Medical Image Computing and Computer-Assisted Intervention   15(Pt 1) 26-33   2012年   [査読有り]
Kamiuchi H, Kuwana K, Fukuyo T, Yamashita H, Chiba T, Dohi T, Masamune K
Surgical endoscopy   27(5) 1642-1647   2013年5月   [査読有り]
Hu Yan, Yamanaka Noriaki, Masamune Ken
INTERNATIONAL JOURNAL OF OPTOMECHATRONICS   8(3) 159-178   2014年   [査読有り]
Kohei Miki,Ken Masamune
Information Processing in Computer-Assisted Interventions - 5th International Conference, IPCAI 2014, Fukuoka, Japan, June 28, 2014. Proceedings   51-60   2014年   [査読有り]
Masamune Ken, Hong Jaesung
INTERNATIONAL JOURNAL OF OPTOMECHATRONICS   5(4) 299-321   2011年   [査読有り]
Zuo S, Masamune K, Kuwana K, Tomikawa M, Ieiri S, Ohdaira T, Hashizume M, Dohi T
Medical image computing and computer-assisted intervention : MICCAI ... International Conference on Medical Image Computing and Computer-Assisted Intervention   14(Pt 1) 169-177   2011年   [査読有り]
Kamiuchi H, Masamune K, Kuwana K, Dohi T, Kim K, Yamashita H, Chiba T
International journal of computer assisted radiology and surgery   8(1) 111-120   2013年1月   [査読有り]
Masamune Ken, Kurima Ichiro, Kuwana Kenta, Yamashita Hiromasa, Chiba Toshio, Dohi Takeyoshi
FIRST CIRP CONFERENCE ON BIOMANUFACTURING   5 286-289   2013年   [査読有り]
Nonmetallic Guide Sheath with Negative Pressure Shapelocking Mechanism for Minimally Invasive Image-Guided Surgery
Zuo Siyang, Masamune Ken, Kuwana Kenta, Dohi Takeyoshi
COMPUTER AIDED SURGERY   3 1-9   2012年   [査読有り]
Horiuchi T, Tuna EE, Masamune K, Cavuşoğlu MC
Proceedings of the ... IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems. IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems   2012 4143-4149   2012年12月   [査読有り]
Polarizing Beam Splitter Endoscope for Simultaneously Observing Front and Lateral View
Tsuruyama Tomoya, Yamanaka Noriaki, Kuwana Kenta, Masamune Ken, Kim Keri, Dohi Takeyoshi
COMPUTER AIDED SURGERY   3 29-37   2012年   [査読有り]
Hamed A, Masamune K, Tse ZT, Lamperth M, Dohi T
Proceedings of the Institution of Mechanical Engineers. Part H, Journal of engineering in medicine   226(7) 565-575   2012年7月   [査読有り]
Clipping Device with a Clear Liquid-Flushing Endoscope Equipping Wide View Coaxial Nozzle for Edge-to-Edge Repair Surgery without Heart-Lung Machine
Horiuchi Tetsuya, Masamune Ken, Tsukihara Hiroyuki, Motomura Noboru, Kuwana Kenta, Dohi Takeyoshi
COMPUTER AIDED SURGERY   3 38-46   2012年   [査読有り]
A Laser Steering Endoscope with High Laser Transmission Efficiency
Yamanaka Noriaki, Masamune Ken, Kuwana Kenta, Yamashita Hiromasa, Chiba Toshio, Dohi Takeyoshi
COMPUTER AIDED SURGERY   3 65-74   2012年   [査読有り]
Huy Hoang Tran,Hideyuki Suenaga,Kenta Kuwana,Ken Masamune,Takeyoshi Dohi,Susumu Nakajima,Hongen Liao
Medical Image Computing and Computer-Assisted Intervention - MICCAI 2011 - 14th International Conference, Toronto, Canada, September 18-22, 2011, Proceedings, Part I   14(Pt 1) 81-88   2011年   [査読有り]
Adaptive Rendering Method for Low Resolution Auto-stereoscopic 3-D Medical Images
Teraguchi Takehito, Kuwana Kenta, Masamune Ken, Dohi Takeyoshi, Nakajima Susumu, Liao Hongen
COMPUTER AIDED SURGERY   3 144-154   2012年   [査読有り]
Hongen Liao,Hirotaka Ishihara,Huy Hoang Tran,Ken Masamune,Ichiro Sakuma,Takeyoshi Dohi
Comp. Med. Imag. and Graph.   34(1) 46-54   2010年1月   [査読有り]
Huy Hoang Tran,Kenta Kuwana,Hongen Liao,Ken Masamune,Takeyoshi Dohi,Susumu Nakajima
International Conference on Computer Graphics and Interactive Techniques, SIGGRAPH 2011, Vancouver, BC, Canada, August 7-11, 2011 , Poster Proceedings   28   2011年   [査読有り]
Ken Masamune,Tetsuya Horiuchi,Masahiro Mizutani,Hiromasa Yamashita,Hiroyuki Tsukihara,Noboru Motomura,Shin-ichi Takamoto,Hongen Liao,Takeyoshi Dohi
Medical Image Computing and Computer-Assisted Intervention - MICCAI 2009, 12th International Conference, London, UK, September 20-24, 2009, Proceedings, Part I   12(Pt 1) 451-458   2009年   [査読有り]
Hiromasa Yamashita,Siyang Zuo,Ken Masamune,Hongen Liao,Takeyoshi Dohi
Medical Image Computing and Computer-Assisted Intervention - MICCAI 2009, 12th International Conference, London, UK, September 20-24, 2009, Proceedings, Part I   12(Pt 1) 418-425   2009年   [査読有り]
Kenta Kuwana,A. Nakai,Ken Masamune,Takeyoshi Dohi
35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, EMBC 2013, Osaka, Japan, July 3-7, 2013   4490-4493   2013年   [査読有り]
Noriaki Yamanaka,Hiromasa Yamashita,Ken Masamune,Hongen Liao,Toshio Chiba,Takeyoshi Dohi
Medical Image Computing and Computer-Assisted Intervention - MICCAI 2009, 12th International Conference, London, UK, September 20-24, 2009, Proceedings, Part I   12(Pt 1) 83-90   2009年   [査読有り]
Hiroyuki Sajima,Hiroki Kamiuchi,Kenta Kuwana,Takeyoshi Dohi,Ken Masamune
JRM   24(5) 820-827   2012年   [査読有り]
Abbi Hamed,Sai Chun Tang,Hongliang Ren 0001,Alexander Squires,Chris Payne,Ken Masamune,Guoyi Tang,Javad Mohammadpour,Zion Tsz Ho Tse
J. Robotics   2012 412816:1-412816:14   2012年   [査読有り]
Takehito Teraguchi,Kenta Kuwana,Ken Masamune,Takeyoshi Dohi,Susumu Nakajima,Hongen Liao
Computer Aided Surgery - 7th Asian Conference on Computer Aided Surgery, ACCAS 2011, Bangkok, Thailand, August 2011, Proceedings   144-154   2011年   [査読有り]
Noriaki Yamanaka,Ken Masamune,Kenta Kuwana,Hiromasa Yamashita,Toshio Chiba,Takeyoshi Dohi
Computer Aided Surgery - 7th Asian Conference on Computer Aided Surgery, ACCAS 2011, Bangkok, Thailand, August 2011, Proceedings   65-74   2011年   [査読有り]
Tetsuya Horiuchi,Ken Masamune,Hiroyuki Tsukihara,Noboru Motomura,Kenta Kuwana,Takeyoshi Dohi
Computer Aided Surgery - 7th Asian Conference on Computer Aided Surgery, ACCAS 2011, Bangkok, Thailand, August 2011, Proceedings   38-46   2011年   [査読有り]
Yamanaka Noriaki, Yamashita Hiromasa, Masamune Ken, Chiba Toshio, Dohi Takeyoshi
IEEE-ASME TRANSACTIONS ON MECHATRONICS   15(6) 898-905   2010年12月   [査読有り]
Stoianovici Dan, Paden Brad E., Mozer Pierre, Masamune Ken, Galloway Robert L.
IEEE-ASME TRANSACTIONS ON MECHATRONICS   15(6) 829-837   2010年12月   [査読有り]
Tomoya Tsuruyama,Noriaki Yamanaka,Kenta Kuwana,Ken Masamune,Keri Kim,Takeyoshi Dohi
Computer Aided Surgery - 7th Asian Conference on Computer Aided Surgery, ACCAS 2011, Bangkok, Thailand, August 2011, Proceedings   29-37   2011年   [査読有り]
八木 昭彦, 松宮 潔, 正宗 賢, 廖 洪恩, 土肥 健純
日本コンピュータ外科学会誌   9(1) 15-22   2007年
To reduce the invasiveness of surgery, we developed an outer sheath for flexible devices in endoscopic surgery. The outer sheath is switched to two statuses, flexible and rigid. Operator inserts the sheath through tissues or organs from a narrow g...
山下 紘正, 松宮 潔, 正宗 賢, 小林 英津子, 佐久間 一郎, 廖 洪恩, 橋爪 誠, 土肥 健純
日本コンピュータ外科学会誌   9(2) 91-101   2007年
We developed a miniature 2-DOFs bending manipulator of 5-mm diameter for laparoscopic surgery. Bending directions of the mechanism are perpendicular and the mechanisms are controllable respectively. A new wire-connected linkage-driven bending mech...
Nicholas Herlambang,Hongen Liao,Kiyoshi Matsumiya,Ken Masamune,Takeyoshi Dohi
Proceedings of the 2007 IEEE International Symposium on Biomedical Imaging: From Nano to Macro, Washington, DC, USA, April 12-16, 2007   748-751   2007年   [査読有り]
Siyang Zuo,Ken Masamune,Kenta Kuwana,Takeyoshi Dohi
Computer Aided Surgery - 7th Asian Conference on Computer Aided Surgery, ACCAS 2011, Bangkok, Thailand, August 2011, Proceedings   1-9   2011年   [査読有り]
Ali Gooya,Hongen Liao,Kiyoshi Matsumiya,Ken Masamune,Takeyoshi Dohi
Proceedings of the 2007 IEEE International Symposium on Biomedical Imaging: From Nano to Macro, Washington, DC, USA, April 12-16, 2007   664-667   2007年   [査読有り]
Takehito Teraguchi,Hiromasa Yamashita,Ken Masamune,Takeyoshi Dohi,Hongen Liao
International Conference on Computer Graphics and Interactive Techniques, SIGGRAPH 2009, New Orleans, Louisiana, USA, August 3-7, 2009, Poster Proceedings      2009年   [査読有り]
Liao H, Suzuki H, Matsumiya K, Masamune K, Dohi T, Chiba T
The international journal of medical robotics + computer assisted surgery : MRCAS   4(3) 214-223   2008年9月   [査読有り]
Tokuda J, Morikawa S, Haque HA, Tsukamoto T, Matsumiya K, Liao H, Masamune K, Dohi T
Magnetic resonance in medicine   59(5) 1051-1061   2008年5月   [査読有り]
Ken Masamune,Ikuma Sato,Hongen Liao,Takeyoshi Dohi
Medical Imaging and Augmented Reality, 4th International Workshop, MIAR 2008, Tokyo, Japan, August 1-2, 2008, Proceedings   5128 385-392   2008年   [査読有り]
Hongen Liao,Hirotaka Ishihara,Huy Hoang Tran,Ken Masamune,Ichiro Sakuma,Takeyoshi Dohi
Medical Imaging and Augmented Reality, 4th International Workshop, MIAR 2008, Tokyo, Japan, August 1-2, 2008, Proceedings   5128 367-376   2008年   [査読有り]
Nicholas Herlambang,Hongen Liao,Kiyoshi Matsumiya,Ken Masamune,Takeyoshi Dohi
Medical Imaging and Augmented Reality, 4th International Workshop, MIAR 2008, Tokyo, Japan, August 1-2, 2008, Proceedings   349-358   2008年   [査読有り]
Ali Gooya,Hongen Liao,Kiyoshi Matsumiya,Ken Masamune,Yoshitaka Masutani,Takeyoshi Dohi
IEEE Trans. Image Processing   17(8) 1295-1312   2008年8月   [査読有り]
Noriaki Yamanaka,Hiromasa Yamashita,Kiyoshi Matsumiya,Hongen Liao,Ken Masamune,Toshio Chiba,Takeyoshi Dohi
Medical Imaging and Augmented Reality, 4th International Workshop, MIAR 2008, Tokyo, Japan, August 1-2, 2008, Proceedings   5128 260-269   2008年   [査読有り]
Siyang Zuo,Noriaki Yamanaka,Ikuma Sato,Ken Masamune,Hongen Liao,Kiyoshi Matsumiya,Takeyoshi Dohi
Medical Imaging and Augmented Reality, 4th International Workshop, MIAR 2008, Tokyo, Japan, August 1-2, 2008, Proceedings   5128 210-219   2008年   [査読有り]
Intracranial vascular segmentation in phase contrast MRA images using a shape driven level set method
Gooya Ali, Liao Hongen, Matsumiya Kiyoshi, Masamune Ken, Dohi Takeyoshi
INTERNATIONAL JOURNAL OF COMPUTER ASSISTED RADIOLOGY AND SURGERY   2 S74-S75   2007年6月   [査読有り]
Teruyoshi Sadahiro,Mitsumasa Hamazaki,Fujio Miyawaki,Kitaro Yoshimitsu,Ken Masamune
Proceedings of the IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics, Montréal, Canada, 7-10 October 2007   2983-2988   2007年   [査読有り]
MRI Compatible Robot for Needle Placement Therapy with Accurate Registration
Masamune Ken, Ohara Futoshi, Matsumiya Kiyoshi, Liao Hongen, Hashizume Makoto, Dohi Takeyoshi
WORLD CONGRESS ON MEDICAL PHYSICS AND BIOMEDICAL ENGINEERING 2006, VOL 14, PTS 1-6   14 3056-+   2007年   [査読有り]
Design and evaluation of a flexible manipulator for endoscope intrauterine surgery
Liao Hongen, Suzuki Hirokazu, Matsumiya Kiyoshi, Masamune Ken, Dohi Takeyoshi, Chiba Toshio
WORLD CONGRESS ON MEDICAL PHYSICS AND BIOMEDICAL ENGINEERING 2006, VOL 14, PTS 1-6   14 3087-+   2007年   [査読有り]
Quality evaluations on wide FOV wedge prism endoscope
Kim Keri, Matsumiya Kiyoshi, Masamune Ken, Dohi Takeyoshi
WORLD CONGRESS ON MEDICAL PHYSICS AND BIOMEDICAL ENGINEERING 2006, VOL 14, PTS 1-6   14 3095-3098   2007年   [査読有り]
Kitaro Yoshimitsu,Fujio Miyawaki,Teruyoshi Sadahiro,Kentaro Ohnuma,Yasuhiro Fukui,Daijo Hashimoto,Ken Masamune
2007 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, October 29 - November 2, 2007, Sheraton Hotel and Marina, San Diego, California, USA   2288-2294   2007年   [査読有り]
Noriaki Yamanaka,Kiyoshi Matsumiya,Ken Masamune,Takeyoshi Dohi,Hiromasa Yamashita,Toshio Chiba,Hongen Liao
2007 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, October 29 - November 2, 2007, Sheraton Hotel and Marina, San Diego, California, USA   1278-1283   2007年   [査読有り]
Hongen Liao,Kazuhisa Yoshimura,Tomoki Utsugida,Kiyoshi Matsumiya,Ken Masamune,Takeyoshi Dohi
2007 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, October 29 - November 2, 2007, Sheraton Hotel and Marina, San Diego, California, USA   1266-1271   2007年   [査読有り]
Ali Gooya,Hongen Liao,Kiyoshi Matsumiya,Ken Masamune,Takeyoshi Dohi
Information Processing in Medical Imaging, 20th International Conference, IPMI 2007, Kerkrade, The Netherlands, July 2-6, 2007, Proceedings   20 86-97   2007年   [査読有り]
Junichi Tokuda,Shigehiro Morikawa,Hasnine A. Haque,Tetsuji Tsukamoto,Kiyoshi Matsumiya,Hongen Liao,Ken Masamune,Takeyoshi Dohi
Medical Image Computing and Computer-Assisted Intervention - MICCAI 2006, 9th International Conference, Copenhagen, Denmark, October 1-6, 2006, Proceedings, Part I   9(Pt 1) 454-461   2006年   [査読有り]
Hongen Liao,Hirokazu Suzuki,Kiyoshi Matsumiya,Ken Masamune,Takeyoshi Dohi,Toshio Chiba
Medical Image Computing and Computer-Assisted Intervention - MICCAI 2006, 9th International Conference, Copenhagen, Denmark, October 1-6, 2006, Proceedings, Part I   9(Pt 1) 412-419   2006年   [査読有り]
Ali Gooya,Hongen Liao,Kiyoshi Matsumiya,Ken Masamune,Takeyoshi Dohi
Medical Imaging and Augmented Reality, MIAR 2006, Third International Workshop, Shanghai, China, August 17-18, 2006, Proceedings   4091 356-363   2006年   [査読有り]
Akihiko Yagi,Kiyoshi Matsumiya,Ken Masamune,Hongen Liao,Takeyoshi Dohi
Medical Image Computing and Computer-Assisted Intervention - MICCAI 2006, 9th International Conference, Copenhagen, Denmark, October 1-6, 2006, Proceedings, Part I   9(Pt 1) 503-510   2006年   [査読有り]
Hongen Liao,Yosuke Ito,Kiyoshi Matsumiya,Ken Masamune,Takeyoshi Dohi
33. International Conference on Computer Graphics and Interactive Techniques, SIGGRAPH 2006, Boston, Massachusetts, USA, July 30 - August 3, 2006, Research Posters   123   2006年   [査読有り]
Fichtinger G, Deguet A, Fischer G, Iordachita I, Balogh E, Masamune K, Taylor RH, Fayad LM, de Oliveira M, Zinreich SJ
Computer aided surgery : official journal of the International Society for Computer Aided Surgery   10(4) 241-255   2005年7月   [査読有り]
Fujio Miyawaki,Ken Masamune,Satoshi Suzuki,Kitaro Yoshimitsu,Juri Vain
IEEE Trans. Industrial Electronics   52(5) 1227-1235   2005年   [査読有り]
Gabor Fichtinger,Anton Deguet,Ken Masamune,Emese Balogh,Gregory S. Fischer,Hervé Mathieu,Russell H. Taylor,S. James Zinreich,Laura M. Fayad
IEEE Trans. Biomed. Engineering   52(8) 1415-1424   2005年8月   [査読有り]
Hiroaki Naganou,Hiroshi Iseki,Ken Masamune
Medical Image Computing and Computer-Assisted Intervention -- MICCAI 2004, 7th International Conference Saint-Malo, France, September 26-29, 2004, Proceedings, Part II   1069-1070   2004年   [査読有り]
Gabor Fichtinger,Anton Deguet,Ken Masamune,Emese Balogh,Gregory S. Fischer,Hervé Mathieu,Russell H. Taylor,Laura M. Fayad,S. James Zinreich
Medical Image Computing and Computer-Assisted Intervention -- MICCAI 2004, 7th International Conference Saint-Malo, France, September 26-29, 2004, Proceedings, Part II   795-803   2004年   [査読有り]
正宗 賢, 稲垣 貴文, 高井 信治, 鈴木 真
Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS   3(4) 273-280   2002年3月
System for robotically assisted prostate biopsy and therapy with intraoperative CT guidance.
Fichtinger G, DeWeese TL, Patriciu A, Tanacs A, Mazilu D, Anderson JH, Masamune K, Taylor RH, Stoianovici D
Academic radiology   9(1) 60-74   2002年1月   [査読有り]
正宗 賢, 稲垣 貴文, 高井 信治, 鈴木 真
日本コンピュータ外科学会誌   3(4) 273-280   2002年
Recently, MRI compatible robots for assisting surgery are focused with the advancement of image guided stereotactic surgical procedure under the MRI environment. To develop the surgical robot which is MR compatible, we should consider not only the...
Nobuhiko Miyata,Etsuko Kobayashi,Daeyoung Kim 0002,Ken Masamune,Ichiro Sakuma,Naoki Yahagi,Takayuki Tsuji,Hiroshi Inada,Takeyoshi Dohi,Hiroshi Iseki,Kintomo Takakura
Medical Image Computing and Computer-Assisted Intervention - MICCAI 2002, 5th International Conference, Tokyo, Japan, September 25-28, 2002, Proceedings, Part I   107-113   2002年   [査読有り]
Ken Masamune,Gabor Fichtinger,Anton Deguet,Daisuke Matsuka,Russell H. Taylor
Medical Image Computing and Computer-Assisted Intervention - MICCAI 2002, 5th International Conference, Tokyo, Japan, September 25-28, 2002, Proceedings, Part II   77-84   2002年   [査読有り]
小林 英津子, 正宗 賢, 佐久間 一郎, 土肥 健純, 篠原 一彦, 橋本 大定
Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS   3(2) 71-78   2001年9月
小林 英津子, 正宗 賢, 佐久間 一郎, 土肥 健純, 篠原 一彦, 橋本 大定
日本コンピュータ外科学会誌   3(2) 71-78   2001年
To seek for a suitable man-machine interface (MMI) for a laparoscopic manipulator system considering the usability, simplicity and avoidance of an input error, we have developed several MMI and performed a quantitative experiment and invivo experi...
Ken Masamune,Takafumi Inagaki,Nobuharu Takai,Ichiro Sakuma,Takeyoshi Dohi
CARS 2001. Computer Assisted Radiology and Surgery. Proceedings of the 15th International Congress and Exhibition, Berlin, Germany, June 27-30, 2001   1249-1250   2001年   [査読有り]
太田 裕治, 岡本 弘志, 正宗 賢, 佐久間 一郎, 土肥 健純, 伊関 洋, 高倉 公朋
日本コンピュータ外科学会誌   2(1) 16-21   2000年
Several types of supporting systems for surgical planning have been reported. This paper describes a new surgical supporting device which features image superimposition using a half-mirror. By using the device, graphic image of internal organs can...
Etsuko Kobayashi,Ken Masamune,Ichiro Sakuma,Takeyoshi Dohi
Medical Image Computing and Computer-Assisted Intervention - MICCAI 2000, Third International Conference, Pittsburgh, Pennsylvania, USA, October 11-14, 2000, Proceedings   661-668   2000年   [査読有り]
Ryoichi Nakamura,Etsuko Kobayashi,Ken Masamune,Ichiro Sakuma,Takeyoshi Dohi,Naoki Yahagi,Takayuki Tsuji,Daijo Hashimoto,Mitsuo Shimada,Makoto Hashizume
Medical Image Computing and Computer-Assisted Intervention - MICCAI 2000, Third International Conference, Pittsburgh, Pennsylvania, USA, October 11-14, 2000, Proceedings   653-660   2000年   [査読有り]

Misc

 
集束超音波治療(FUS)の最前線 集束超音波とドラッグデリバリーシステムを組み合わせた音響力学的療法の基礎と臨床試験
村垣 善浩, 小西 良幸, 堀瀬 友貴, 岡本 淳, 吉澤 晋, 岡本 芳晴, 祖父尼 淳, 西山 伸宏, 片岡 一則, 正宗 賢
Neurosonology   31(増刊) 52-52   2018年6月
【Robot】 スマート治療室プロジェクト 産業ロボット用ネットワークを応用した治療室のインテグレーション
岡本 淳, 伊関 洋, 正宗 賢, 村垣 善浩
人工臓器   47(1) 58-61   2018年6月
眼科手術ナビゲーションシステムの未来 ロボット化するスマート治療室SCOT
村垣 善浩, 岡本 淳, 小西 良幸, 田村 学, 堀瀬 有貴, 生田 聡子, 楠田 佳織, 岸本 眞治, 泉 美喜雄, 正宗 賢, 伊関 洋
日本眼科学会雑誌   122(臨増) 43-43   2018年3月
音響力学的療法によるがん治療
岡本 淳, 村垣 善浩, 正宗 賢, 伊関 洋, 小西 良幸, 堀瀬 友貴, 清水 京子, 糸井 隆夫, 祖父尼 淳, 梅村 晋一郎, 吉澤 晋, 高木 亨, 岡本 芳晴, 玉野 聡, 植山 剛, 竹前 和久
未来医学   (31) 73-78   2018年2月
情報統合で未来を拓くスマート治療室SCOT
村垣 善浩, 岡本 淳, 正宗 賢, 伊関 洋
日本腹部救急医学会雑誌   38(2) 304-304   2018年2月
次世代手術室Smart Cyber Operating Theater(SCOT)を基盤とした新時代の麻酔テクノロジーの可能性
糟谷 祐輔, 尾崎 眞, 岡本 淳, 正宗 賢, 伊関 洋, 村垣 善浩
麻酔・集中治療とテクノロジー   2017 22-25   2018年3月
Measurement of Magnetic Field from Radio-frequency Identification Antenna for Use in Operation Room
2017 IEEE CONFERENCE ON ANTENNA MEASUREMENTS & APPLICATIONS (CAMA)   414-415   2017年   [査読有り]
植松美幸, 此枝央人, 櫻井裕之, 正宗賢, 中岡竜介, 新見伸吾, 鈴木孝司, 村垣善浩, 伊関洋
日本コンピュータ外科学会誌   15(2) 202-203   2013年8月
医工連携に必要な人材の育成 医療機器実用化の為の突破力促成とFinisher人材創出のプログラム
村垣 善浩, 正宗 賢, 堀瀬 友貴, 吉光 喜太郎, 生田 聡子, 楠田 佳織, Chernov Mikhail, 伊関 洋
日本内視鏡外科学会雑誌   22(7) PD1-1   2017年12月
堀内哲也, 月原弘之, 本村昇, 正宗賢
日本コンピュータ外科学会誌   15(2) 164-165   2013年8月
佐藤 生馬, 鈴木 孝司, 正宗 賢, 藤野 雄一
Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS   15(2) 204-205   2013年8月
菰田 文男, 正宗 賢, 那須川 哲哉, 大津 良司, 村垣 善浩, Fumio KOMODA, Ken MASAMUNE, Tetsuya NASUKAWA, Ryoji OTSU, Yoshihiro MURAGAKI
埼玉学園大学紀要. 経済経営学部篇 = Bulletin of Saitama Gakuen University   (17) 41-52   2017年12月
今日、手術ロボットの役割はますます増している。しかしその普及は期待されるほどには進んでいない。今後、それが普及するためには世界のその開発動向の理解、その開発を妨げている要因を理解することが重要である。したがって本稿では、研究論文のマイニングに基づいて、世界の手術ロボットの研究・開発動向を解明する。
有山哲理, 保坂晃弘, 宮田哲郎, 正宗賢
日本コンピュータ外科学会誌   15(2) 162-163   2013年8月
三木康平, 正宗賢
日本コンピュータ外科学会誌   15(2) 238-239   2013年8月
IoT化で効果安全性を向上するスマート治療室SCOT
村垣 善浩, 岡本 淳, 正宗 賢, 伊関 洋
国立病院総合医学会講演抄録集   71回 362-362   2017年11月
ローカル操作型内視鏡術具ロボットの選択結合に向けたミドルウェアを介する制御システムの遅延時間計測
小林 広幸, 河合 俊和, 西川 敦, 堀瀬 友貴, 正宗 賢
日本コンピュータ外科学会誌   19(4) 234-235   2017年10月
吉光 喜太郎, 丸山 隆志, 伊関 洋, 正宗 賢, 村垣 善浩
JJSCAS   19(3) 144-146   2017年7月
次世代手術支援ロボットシステムに向けた多マスタ・多スレーブ選択結合型ミドルウェアの構築
堀瀬 友貴, 西川 敦, 河合 俊和, 岩本 憲泰, 岡本 淳, 村垣 善浩, 正宗 賢
日本コンピュータ外科学会誌   19(4) 236-236   2017年10月
桑名健太, 後藤麟太郎, 錠者拓杜, 中井亮仁, 正宗賢, 土肥健純
日本コンピュータ外科学会誌   15(2) 196-197   2013年8月
洗浄水を利用した脳腫瘍連続摘出手術システムの開発 腫瘍と洗浄水の分離機構の提案
高口 太郎, 清水 ふみ香, 花房 昭彦, 正宗 賢, 村垣 善浩, 伊関 洋
日本コンピュータ外科学会誌   19(4) 260-260   2017年10月
RFIDタグを用いた手術器械の手術室用情報取得システムの開発
楠田 佳緒, 山下 和彦, 太田 裕治, 正宗 賢, 村垣 善浩
日本コンピュータ外科学会誌   19(4) 349-349   2017年10月
悪性脳腫瘍摘出をサポートする手術戦略デスクの開発
岡本 淳, 奥田 英樹, 椋本 豪, 正宗 賢, 伊関 洋, 村垣 善浩
日本コンピュータ外科学会誌   19(4) 354-354   2017年10月
覚醒下脳腫瘍摘出術における手術工程解析に向けた顕微鏡動画を用いた機械学習による術具検出手法の提案
永井 智大, 佐藤 生馬, 藤野 雄一, 山田 浩之, 田村 学, 村垣 善浩, 正宗 賢
日本コンピュータ外科学会誌   19(4) 358-359   2017年10月
工学系とシミュレーション外科
伊関 洋, 村垣 善浩, 正宗 賢, 田村 学, チェルノフ・ミハイル, 岡本 淳, 小西 良幸, 堀瀬 友貴, 楠田 佳緒
日本シミュレーション外科学会会誌   25(1) 26-26   2017年10月
自動車運転中のてんかん発作による交通事故リスクの新たな評価法の試み
伴 知晃, 川合 謙介, 南部 恭二郎, 正宗 賢, 伊関 洋, 笠貫 宏
てんかん研究   35(2) 556-556   2017年9月
ベッド上の患者の転落への行動の変化の抽出および分析(Identification and analysis of changes in patient behavior that lead to falls from the bed)
大津 良司, 伊関 洋, 正宗 賢
看護理工学会誌   4(2) 105-115   2017年7月
患者のベッドからの転落事故は頻度と重篤が高い重大な課題である。各院では各種ベッドセンサを設置しているが、偽陽性や偽陰性が多く信頼性が低い。先行研究は瞬時の行動検出の精度向上研究に止まっており転落防止の根本的対策ではない。われわれは、バイタルセンサ同様に常時患者の行動変化を測定し可視化、定量化することで看護師が患者行動を理解し必要なときに介入できるようになり、患者の危険な行動を減少させ結果転落を減少させると考えた。そこで非接触・非侵襲の患者の位置、動き、動きの方向を三次元の立体で測定できるシ...
【医用画像&映像の新時代 最新テクノロジーがもたらすインパクト】 医用画像&映像の最新テクノロジー活用の実際 手術戦略デスクで情報を統合管理するスマート治療室
正宗 賢, 岡本 淳, 田村 学, 堀瀬 友貴, 小西 良幸, 楠田 佳織, 生田 聡子, 南部 恭二郎, 丸山 隆, 伊関 洋, 村垣 善浩
INNERVISION   32(7付録) 52-53   2017年6月
次世代手術室SCOT(Smart Cyber Operating Theater)の開発
岡本 淳, 正宗 賢, 伊関 洋, 村垣 善浩
メディックス   66 4-8   2017年4月
【今、最も新しい手術室のかたち】 最先端手術室の必要性を問う 治療室のCyber Physical System化を目指すSCOT(Smart Cyber Operating Theater)プロジェクト
岡本 淳, 村垣 善浩, 正宗 賢, 伊関 洋
新医療   43(4) 89-93   2016年4月
本報告では、AMEDプロジェクト「未来医療を実現する先端医療機器・システム研究開発/安全性と医療効率の向上を両立するスマート治療室の開発」により実現を目指す、現実空間とサイバー空間が緊密に連携する近未来の手術室について述べる。(著者抄録)
【TWInsプロジェクト紹介】 先端工学外科学(FATS)のプロジェクト活動進捗について
田村 学, 正宗 賢, 生田 聡子, 岡本 淳, 吉光 喜太郎, 小西 良幸, 前田 真法, 仁木 千晴, Chernov Mikhail, 岸本 眞治, 堀瀬 友貴, 丸山 隆志, 伊関 洋, 村垣 善浩
未来医学   (29) 20-34   2016年3月
【脳神経外科領域における医療技術】 脳神経外科領域における医療技術の動向
正宗 賢, 岡本 淳, 吉光 喜太郎, 堀瀬 友貴, 小西 良幸, 前田 真法, 田村 学, 丸山 隆志, 伊関 洋, 生田 聡子, 村垣 善浩
映像情報Medical   48(1) 16-20   2016年1月
佐藤 生馬, 鈴木 孝司, 藤野 雄一, 村垣 善浩, 正宗 賢
JJSCAS   17(4) 319-331   2016年1月
In this study, we have developed a wireless surgical navigation system with a multi Wi-Fi optical 3D tracking system for image-guided surgery. The proposed system can obtain position information using these two concurrently usable wireless systems...
【TWInsプロジェクト紹介】 プロジェクトの活動推進状況 先端工学外科学(FATS)の最新プロジェクト
田村 学, 生田 聡子, 岡本 淳, 吉光 喜太郎, 小西 良幸, 前田 真法, 仁木 千晴, Chernov Mikhail, 岸本 眞治, 堀瀬 友貴, 丸山 隆志, 南部 恭二郎, 伊関 洋, 正宗 賢, 村垣 善浩
未来医学   (30) 84-98   2017年3月
未来のCASを支える基盤技術研究 システムインテグレーションが実現する次世代治療室 AMEDスマート治療室プロジェクトの取り組み
岡本 淳, 堀瀬 友貴, 吉光 喜太郎, 田村 学, 正宗 賢, 伊関 洋, 村垣 善浩
日本コンピュータ外科学会誌   18(4) 222-222   2016年11月
ORiNを用いたロボット手術顕微鏡の提案
堀瀬 友貴, 岡本 淳, 伊関 洋, 正宗 賢, 村垣 善浩
日本コンピュータ外科学会誌   18(4) 257-257   2016年11月
中村 亮一, 正宗 賢
JJSCAS   18(3) 139-142   2016年10月
Tablet PCによるARナビゲーションシステムの開発 カップリング学習によるレジストレーションの基礎検討
正宗 賢, 三木 康平, 吉光 喜太郎, 檜作 彰良, 永田 毅, 前川 秀正, 村垣 善浩
日本コンピュータ外科学会誌   18(4) 283-283   2016年11月
術中電気刺激位置の標準脳座標系への統合手法の検討
大島 一真, 佐藤 生馬, 野口 智敬, 藤野 雄一, 山田 浩之, 田村 学, 正宗 賢, 村垣 善浩
日本コンピュータ外科学会誌   18(4) 284-285   2016年11月
内視鏡下深部手術用縫合器のプロトタイプ設計 経鼻的アプローチにおける半自動双方向縫合器の開発
鈴木 祥平, 正宗 賢, 村垣 善浩
日本コンピュータ外科学会誌   18(4) 306-306   2016年11月
脳神経外科手術用連続的腫瘍摘出鉗子の開発 実寸大試作鉗子による摘出量評価
清水 ふみ香, 花房 昭彦, 正宗 賢, 村垣 善浩, 伊関 洋
日本コンピュータ外科学会誌   18(4) 314-314   2016年11月
伊関 洋, 前田 真法, チェルノフ ミハイル, 村垣 善浩, 丸山 隆志, 生田 聡子, 正宗 賢, 田村 学, 吉光 喜太郎, 岡本 淳, 小西 良幸
日臨麻会誌   35(5) 679-685   2015年9月
新規医療機器開発は,Medical needs driven developmentであるべきである.医師および技術者による研究開発は,互いに協調し常に模索する必要がある.医工の研究者は,開発のゴールは薬事承認であることを常に認識すべきである.教育機関は,このような視点での医療機器開発を推進する人材を育成する使命がある.
センサ付鉗子を用いた腫瘍の厚さ推定法のin vitro評価
齊藤 開, 中井 亮仁, 正宗 賢, 土肥 健純, 桑名 健太
日本コンピュータ外科学会誌   18(4) 315-315   2016年11月
Intel RealSenseのPACSへの実装による術中意思決定支援
吉光 喜太郎, 丸山 隆志, 吉田 研一, 田中 敏朗, 佐藤 紳一郎, Esposito Jennifer, 清水 由香, 千葉 慎二, 正宗 賢, 伊関 洋, 村垣 善浩
日本コンピュータ外科学会誌   18(4) 333-333   2016年11月
術前・術中MRI画像と顕微鏡画像及び術具位置情報を用いた覚醒下脳腫瘍摘出術用手術工程モデル作成の試み
永井 智大, 佐藤 生馬, 野口 智敬, 藤野 雄一, 山田 浩之, 吉光 喜太郎, 村垣 善浩, 正宗 賢
日本コンピュータ外科学会誌   18(4) 334-334   2016年11月
脳腫瘍摘出術におけるSDNを用いた遠隔術中情報共有システムの提案
佐藤 生馬, 野口 智敬, 吉光 喜太郎, 齋藤 貴之, 中田 友貴, 藤野 雄一, 正宗 賢, 村垣 善浩
日本コンピュータ外科学会誌   18(4) 335-335   2016年11月
脳溝同定結果と拡散テンソルトラクトグラフィーを用いた手術ナビゲーションシステム
野口 智敬, 佐藤 生馬, 藤野 雄一, 山田 浩之, 鈴木 孝司, 田村 学, 村垣 善浩, 正宗 賢
日本コンピュータ外科学会誌   18(4) 361-362   2016年11月
覚醒下脳腫瘍摘出に有効な術前脳機能マッピングと術中脳機能情報のデジタル化
田村 学, 丸山 隆志, Mangin Jean-Francois, 佐藤 生馬, 新田 雅之, 生田 聡子, 岡本 淳, 吉光 喜太郎, 小西 良幸, 正宗 賢, 山田 浩之, 南 伸二, 川俣 貴一, 伊関 洋, 村垣 善浩
日本コンピュータ外科学会誌   18(4) 372-372   2016年11月
術中MRIを軸とした情報誘導下精密手術をめざしたインテリジェント手術室が歩んだ15年間
吉光 喜太郎, 丸山 隆志, 岡本 淳, 正宗 賢, 村垣 善浩, 田村 学, 生田 聡子, 伊関 洋
メディックス   65 4-9   2016年10月
先端医療の現場から考える安全管理 医療の未来を描く 医療の質・安全を支える未来志向手術室「スマート治療室SCOT」と医工融合による研究開発
正宗 賢, 伊関 洋, 村垣 善浩
医療の質・安全学会誌   11(Suppl.) 153-153   2016年10月
脳神経外科手術用連続的腫瘍摘出鉗子の開発 試作した実寸大モデルの外パイプ移動時の動作検証
清水 ふみ香, 花房 昭彦, 正宗 賢, 村垣 善浩, 伊関 洋
生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会講演要旨集   2016 061-062   2016年9月
脳神経外科手術のためのロボット顕微鏡システムの開発
堀瀬 友貴, 岡本 淳, 伊関 洋, 正宗 賢, 村垣 善浩
生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会講演要旨集   2016 684-685   2016年9月
Hyper SCOT(Smart Cyber Operating Theater)プロトタイプの開発
岡本 淳, 堀瀬 友貴, 伊関 洋, 正宗 賢, 村垣 善浩
生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会講演要旨集   2016 686-687   2016年9月
気管食道領域の次世代医療 画像技術との融合 低侵襲治療を支援する高度ナビゲーションデバイスの展開
正宗 賢
日本気管食道科学会会報   67(2) 68-69   2016年4月
目でみる血管障害 脈管疾患に対するバーチャルイメージの応用研究<II>
正宗 賢
Angiology Frontier   13(3) 177-180   2014年12月
須永康太郎, 桑名健太, 正宗賢, 土肥健純
Organ Biol   20(3) 95-95   2013年10月
目でみる血管障害 脈管疾患に対するバーチャルイメージの応用研究
正宗 賢
Angiology Frontier   13(2) 89-92   2014年8月
宮脇 富士夫, 吉光 喜太郎, 正宗 賢
小切開・鏡視外科学会雑誌 : 小切開・鏡視外科学会誌   5(1) 51-57   2014年8月
器械出し看護師ロボット(Scrub Nurse Robot:SNR)システムを開発し、SNR3号機を用いて執刀医(代役の学生)による評価実験を行った。鏡視下手術時にトロカール・カニューレから器具の先端が抜去された時点から、次の器具がトロカール・カニューレの入口まで運ばれてくる時間(器具交換時間)は平均2.03秒で、実際の現場での執刀医-器具出し看護師の場合の平均3.72秒に比べ約55%に短縮した。執刀医代役が器具交換中に内視鏡モニタから視線を離した時間(視線離脱時間)は平均0.41秒で、実...
超音波治療の効果判定とその臨床経過観察 癌に対する薬剤併用集束超音波治療(Application of Therapeutic Ultrasound and Monitoring Its Clinical Outcome High intensity therapeutic ultrasound combined with drug for cancer patients)
村垣 善浩, 前田 真法, 伊関 洋, 岡本 淳, 岸本 眞治, 正宗 賢, 高木 亮, 吉澤 晋, 梅村 晋一郎
超音波医学   43(Suppl.) S217-S217   2016年4月
ダビンチに続く手術支援ロボットの開発 世界とわが国の現状と展望 内視鏡手術支援ロボットデバイス ローカル・小型・分散化への転換と検証・評価サイクル加速化に向けて
西川 敦, 河合 俊和, 堀瀬 友貴, 正宗 賢
日本内視鏡外科学会雑誌   20(7) SY21-5   2015年12月
脳神経外科手術支援用器械出し看護師支援ロボットの臨床応用
福富 善大, 吉光 喜太郎, 山家 弘雄, 生田 聡子, 正宗 賢, 伊関 洋, 丸山 隆志, 村垣 善浩
日本コンピュータ外科学会誌   17(3) 188-188   2015年10月
腫瘍の光線力学的治療法に目標選択できる軟性同軸レーザ内視鏡
胡 衍, 正宗 賢
日本コンピュータ外科学会誌   17(3) 219-220   2015年10月
術中意思決定支援画像の非接触操作インタフェースOpectの導入使用実績と課題
吉光 喜太郎, 千葉 慎二, 丸山 隆志, 鈴木 弘行, 正宗 賢, 伊関 洋, 村垣 善浩
日本コンピュータ外科学会誌   17(3) 232-232   2015年10月
非接触操作インタフェースOpectの3D化と既存ビューワーへの適用および臨床使用評価
千葉 慎二, 吉光 喜太郎, 石川 達也, 正宗 賢, 伊関 洋, 村垣 善浩
日本コンピュータ外科学会誌   17(3) 233-233   2015年10月
スマート治療室 SCOT(Smart Cyber Operating Theater)の開発 ORiNを用いた治療室通信インタフェースについて
岡本 淳, 吉光 喜太郎, 田村 学, 正宗 賢, 伊関 洋, 村垣 善浩
日本コンピュータ外科学会誌   17(3) 234-234   2015年10月
山内 康司, 正宗 賢, 小林 英津子, 土肥 健純, 伊関 洋
Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS   15(1) 5-10   2013年3月
In 1991, we have developed a needle insertion robotic system for CT-guided stereotactic neurosurgery. The system, based on existing stereotactic frame, had six DOF of movement with minimum size to fit a CT gantry.Safety issue was carefully conside...
手術工程管理システムのための作業フェーズ認識に関する研究
長尾 淳史, 鈴木 孝司, 小川 由夏, 太田 裕治, 村垣 善浩, 正宗 賢
日本コンピュータ外科学会誌   17(3) 235-235   2015年10月
未来予測手術実現のための画像情報デジタル化と脳機能データベース構築
田村 学, 丸山 隆志, Mangin Jean-Francois, 新田 雅之, 斉藤 太一, 生田 聡子, 岡本 淳, 吉光 喜太郎, 小西 良幸, 正宗 賢, 山田 浩之, 南 伸二, 川俣 貴一, 伊関 洋, 村垣 善浩
日本コンピュータ外科学会誌   17(3) 239-239   2015年10月
術前MR画像・脳溝同定結果と術中MR画像の統合画像を用いた手術ナビゲーションシステム
野口 智敬, 佐藤 生馬, 柴田 光, 藤野 雄一, 山田 浩之, 鈴木 孝司, 田村 学, 村垣 善浩, 正宗 賢
日本コンピュータ外科学会誌   17(3) 248-249   2015年10月
術中リアルタイムカメラキャリブレーションによる脳神経外科用顕微鏡重畳表示システムのための術具先端検出
山本 翔太, 佐藤 生馬, 高橋 秀友, 藤野 雄一, 鈴木 孝司, 村垣 善浩, 正宗 賢
日本コンピュータ外科学会誌   17(3) 266-267   2015年10月
仮想孔の概念を用いた内視鏡手術支援システム
堀瀬 友貴, 西川 敦, 河合 俊和, 神崎 正人, 正宗 賢, 村垣 善浩
日本コンピュータ外科学会誌   17(3) 277-278   2015年10月
脳神経外科手術用連続的腫瘍摘出鉗子の開発 実物大モデルの試作
清水 ふみ香, 花房 昭彦, 正宗 賢, 村垣 善浩, 伊関 洋
日本コンピュータ外科学会誌   17(3) 290-290   2015年10月
センサ付鉗子によるヤング率計測法のin vitro評価
桑名 健太, 山本 皐平, 齊藤 開, 後藤 麟太郎, 中井 亮仁, 正宗 賢, 土肥 健純
日本コンピュータ外科学会誌   17(3) 293-293   2015年10月
日本の創薬臨床研究の現状と展望 未来予測手術 Smart Cyber Operating Theater(SCOT) project
伊関 洋, 村垣 善浩, 正宗 賢, 岡本 淳, 吉光 喜太郎
日本癌学会総会記事   74回 S19-2   2015年10月
医工連携と癌治療 国産DDS製剤と集束超音波治療装置による音響力学的療法の実現
村垣 善浩, 前田 真法, 伊関 洋, 岡本 淳, 岸本 眞治, 正宗 賢, 吉澤 晋, 梅村 晋一郎
日本癌治療学会誌   50(2) 447-448   2015年9月
光線力学療法に関する国際標準化について
岸本 眞治, 川瀬 悠樹, 生田 聡子, 丸山 隆志, 正宗 賢, 村垣 善浩, 伊関 洋
日本レーザー医学会誌   36(3) 364-364   2015年9月
脳神経外科手術における連続的腫瘍摘出鉗子の開発 3倍スケールモデルによる試作と検証
清水 ふみ香, 花房 昭彦, 正宗 賢, 村垣 善浩, 伊関 洋
生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会講演要旨集   2015 37-37   2015年9月
【Step up MRI 2015-臨床応用のためのMRI技術の現在と未来-】 MRIガイド下治療の現状と展望 インターベンショナルMRIの現状と展望 脳神経外科領域の術中インターベンショナルMRI
正宗 賢, 田村 学, 生田 総子, 岡本 淳, 吉光 喜太郎, 小西 良幸, 前田 真法, 仁木 千晴, Chernov Mihail, 堀瀬 友貴, 丸山 隆志, 伊関 洋, 村垣 善浩
INNERVISION   30(9) 38-39   2015年8月
東京女子医科大学脳神経外科においては、早くから術中MRIに着目し、2000年にはインテリジェント手術室を構築して実践的なインターベンショナルMRI活用を行ってきている。現在では、主な疾患ターゲットとして悪性脳腫瘍摘出手術を中心に累積1487症例を経験しており、日本一の症例数を誇る(2015年7月現在。そのほかの脳腫瘍も含む)。原発性脳腫瘍の臨床研究では、文法中枢の同定・覚醒下手術でのマッピング技術の向上、組織学情報のデジタル化研究などが継続して進められている。症例を重ねるにつれ、術中に手術...
【手術室の質を最新ITで格段に高める】 手術室の環境改善をITが支える 次世代治療室「SCOT(Smart Cyber Operating Theater)」の開発
岡本 淳, 正宗 賢, 伊関 洋, 村垣 善浩
新医療   42(5) 31-34   2015年5月
本論文では、NEDOプロジェクト「未来医療を実現する先端医療機器・システム研究開発/安全性と医療効率の向上を両立するスマート治療室の開発」により開発を行っている次世代治療室「SCOT(Smart Cyber Operating Theater)」の開発コンセプトと概要を紹介する。(著者抄録)
3D(立体画像)の進歩と医療機器への応用
伊関 洋, 村垣 善浩, 正宗 賢, 田村 学, 岡本 淳, 吉光 喜太郎, 小西 良幸, 前田 真法, 生田 聡子
医療機器学   85(2) 86-87   2015年4月
手術室の現在と未来 多様な医療機器を一元管理するスマート治療室 SCOT(smart cyber operating theater)
村垣 善浩, 岡本 淳, 正宗 賢, 吉光 喜太郎, 小西 良幸, 田村 学, 前田 真法, 丸山 隆志, 伊関 洋
医療機器学   85(2) 105-106   2015年4月
ロボティックデバイス・拡張現実感による低侵襲手術支援
正宗 賢
日本医学会総会会誌   29回(学術講演要旨) 136-136   2015年4月
術中MRIを軸とした「画像・情報誘導下手術」を可能にするインテリジェント手術室の最前線
小西 良幸, 吉光 喜太郎, 岡本 淳, 田村 学, 丸山 隆志, 正宗 賢, 伊関 洋, 村垣 善浩
メディックス   62 22-26   2015年3月
【TWInsプロジェクト紹介】 プロジェクトの活動推進状況等 【FATSプロジェクト】先端工学外科学の展開 Smart Cyber Operating Theater(SCOT)のプロジェクト展開を軸とした国産医療機器創出基盤の構築に向けて
正宗 賢, 田村 学, 生田 総子, 岡本 淳, 吉光 喜太郎, 小西 良幸, 前田 真法, 仁木 千晴, Mihail Chernov, 岸本 眞治, 丸山 隆志, 伊関 洋, 村垣 善浩
未来医学   (28) 53-66   2015年3月
医工融合研究によるコンピュータ外科研究未来予測 低侵襲手術デバイス研究を通して
正宗 賢, 鈴木 孝司, 吉光 喜太郎, 岡本 淳, 小西 良幸, 前田 真法, 生田 聡子, 越智 千晴, ミハイル・チェルノフ, 田村 学, 伊関 洋, 村垣 善浩
日本コンピュータ外科学会誌   16(3) 141-141   2014年10月
シーズとニーズのマッチングの方法 医療機器のニーズとシーズのマッチング 先端工学外科における取り組み
村垣 善浩, 正宗 賢, 岡本 淳, 吉光 喜太郎, 鈴木 孝司, 田村 学, 小西 良幸, 前田 真法, 岸本 眞治, 生田 聡子, Michael Chernov, 伊関 洋
日本コンピュータ外科学会誌   16(3) 149-149   2014年10月
駆動範囲制限機構を有する口腔外科骨きりロボットの駆動制限能力評価実験
原 一晃, 末永 英之, 正宗 賢
日本コンピュータ外科学会誌   16(3) 200-201   2014年10月
Kinectセンサを複数用いた手術室内スタッフの位置情報記録・解析システムの開発
長尾 淳史, 鈴木 孝司, 正宗 賢
日本コンピュータ外科学会誌   16(3) 220-221   2014年10月
手術ナビゲーションシステムからの術具位置情報と顕微鏡画像を用いた術中カメラキャリブレーションによる顕微鏡画像重畳表示の試み
佐藤 生馬, 高橋 秀友, 柴田 光, 藤野 雄一, 鈴木 孝司, 正宗 賢, 村垣 善浩
日本コンピュータ外科学会誌   16(3) 254-255   2014年10月
術前・術中画像の非剛体レジストレーションによる高精細画像を用いたワイヤレス手術ナビゲーションシステムの開発
柴田 光, 佐藤 生馬, 藤野 雄一, 鈴木 孝司, 村垣 善浩, 正宗 賢
日本コンピュータ外科学会誌   16(3) 256-257   2014年10月
脳神経外科用顕微鏡重畳表示システムのための術中リアルタイムカメラキャリブレーションアルゴリズムの精度評価
高橋 秀友, 佐藤 生馬, 藤野 雄一, 鈴木 孝司, 正宗 賢, 村垣 善浩
日本コンピュータ外科学会誌   16(3) 258-259   2014年10月
小型半球コイルを用いた高解像度MR画像計測デバイスの開発
三木 康平, 正宗 賢
日本コンピュータ外科学会誌   16(3) 281-282   2014年10月
センサ付鉗子による把持対象の粘弾性計測
後藤 麟太郎, 中井 亮仁, 正宗 賢, 土肥 健純, 桑名 健太
日本コンピュータ外科学会誌   16(3) 288-289   2014年10月
悪性脳腫瘍に対する光線力学療法のための顕微鏡互換レーザ照射デバイスの開発
吉光 喜太郎, 正宗 賢, 福富 善大, 丸山 隆志, 村垣 善浩, 伊関 洋
日本コンピュータ外科学会誌   16(3) 287-287   2014年10月
正宗 賢, 岡本 淳, 伊関 洋, 村垣 善浩
電気設備学会誌 = The Journal of the Institute of Electrical Installation Engineers of Japan   37(5) 310-313   2017年5月
高口 太郎, 清水 ふみ香, 花房 昭彦, 正宗 賢, 村垣 善浩, 伊関 洋
生体医工学   55(4) 279-279   2017年
<p>脳腫瘍のなかでも悪性脳腫瘍は組織に浸潤するように発生するため,正常組織と腫瘍組織の境界が不明瞭であり,外科手術による全摘出は困難とされている.しかし,残存した腫瘍は再発・悪性転化する可能性があるため,腫瘍摘出率の向上が求められている.腫瘍摘出範囲は,手術中に複数の病理標本を採取し生検結果を基に決定するが,問題点として病理標本の数や採取位置によって摘出漏れが起こる可能性があることが挙げられる.この問題を解決するため,本研究では連続的な腫瘍摘出によって標本数を増やし,その生検結果を基に,...
末梢動脈疾患患者における新しい画像重畳システムの有用性の検討
望月 康晃, 保坂 晃弘, ニェ・ジュンシャオ, 上内 洋輝, 根元 洋光, 白須 拓郎, 芳賀 真, 松倉 満, 赤井 隆文, 谷口 良輔, 根本 卓, 山本 諭, 西山 綾子, 宮原 拓也, 保科 克行, 岡本 宏之, 重松 邦広, 正宗 賢, 宮田 哲郎, 渡邉 聡明
脈管学   53(Suppl.) S114-S114   2013年9月
楠田 佳緒, 田中 聖人, 大久保 憲, 太田 裕治, 正宗 賢, 村垣 善浩, 山下 和彦, 伊藤 嘉智, 鈴江 訓子, 本田 宏, 小美野 勝, 吉松 和彦, 江場 大二, 田中 慎一
生体医工学   55(5) 435-435   2017年
<p>手術器械の体内遺残事例が発生しており,その原因として,手術器械の本数確認と手術の進行が並行するため作業が煩雑になること,手術器械の使用期限が管理できておらず手術中に破損することが挙げられる.課題解決のためには,手術室内における正確な本数確認の実施や使用頻度の管理が求められる.これまでに,Radio-frequency Identification(RFID)タグ付き手術器械,および,手術室内でその情報取得を行うためのシステムを開発した.本報告では,手術室内における本システムの有用性を...
左 思洋, 正宗 賢, 桑名 健太, 土肥 健純
Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS   14(1) 15-25   2012年3月
Single port access (SPA) surgery is a laparoscopic procedure using only one transumbilical-placed port. Natural orifice transluminal endoscopic surgery (NOTES) offers the possibility of surgery without visible scars. To address the access and stab...
Emerging Technology内視鏡下手術に結びつく技術シーズ(視覚、触覚、鉗子、トロカー、ロボットアームなど) 新しい治療支援内視鏡開発
正宗 賢
日本内視鏡外科学会雑誌   17(7) 307-307   2012年12月
山下 紘正, 岡 潔, 山中 紀明, 関 健史, 金 季利, 桑名 健太, 正宗 賢, 長縄 明大, 土肥 健純, 千葉 敏雄
日本レーザー医学会誌 = The Journal of Japan Society for Laser Medicine   33(2) 122-130   2012年8月
我々は双胎間の循環異常である双胎間輸血症候群におけるレーザー治療をより低侵襲に行うため,内視鏡下レーザー照射デバイスの開発を進めている.本報では,1)照射方向を変更可能な細径屈曲レーザーマニピュレーター,2)内視鏡画像中心への照射が可能な同軸状の複合型光ファイバー内視鏡,3)内視鏡画像内で照射ポイントを任意に設定可能な同軸硬性鏡,を紹介し,近未来の胎児低侵襲治療からあらゆる治療への応用可能性について述べる.

書籍等出版物

 
正宗 賢
技術評論社   2010年   ISBN:9784774141091

講演・口頭発表等

 
術中情報処理とロボティクスによる次世代治療機器
正宗 賢
未来医学   2018年2月   
野村 信介, 守本 祐司, 辻本 広紀, 小関 英一, 原 功, 正宗 賢, 長谷 和生, 山本 順司, 上野 秀樹
生体医工学   2017年   
<p>【緒言】我々は高分子ミセル化ICG(ICGm)を開発し、腫瘍選択的な集積性と光線力学療法による高い抗腫瘍効果を報告してきた。ICGを用いた場合の抗腫瘍効果は近赤外光吸収による温熱効果によると考えられるため、今回、ICGmを用いて精密な検討を加えた。【対象と方法】BALB/cマウスの皮内腫瘍(Colon26)モデルにICGmを経静脈的に投与し、48時間後に近赤外光(808nm)を照射した。種々の照射強度、時間を設定し、腫瘍表面温度、照射後21日目の腫瘍体積を測定した。【結果】近赤外光照...
江南 慧, 小関 栄一, 正宗 賢, 四ノ宮 成祥, 守本 祐司, 野村 信介, 辻本 広紀, 丹羽 貴郁, 広富 優華, 寺原 航, 長井 健一郎, 尾崎 一平, 原 功
生体医工学   2017年   
<p>演者らは、ドラッグデリバリーシステム(DDS)型超分子として評価の高い高分子ミセルを用いて、患部選択的な集積性を発揮するDDS型吸光薬剤を創製し、光温熱治療(Photothermal therapy: PTT)における優れた治療効果を実証してきた。ところが、腫瘍を縮退に導く施術条件(薬剤濃度や投与量、光照射強度やエネルギーなど)に設定しても、個体によっては腫瘍増大が見られることがあり、抗腫瘍効果が一定しないことがしばしば観察されることがわかってきた。臨床使用に資する医療技術として昇華...
同軸照射内視鏡の軟性化に向けたレーザ伝達効率に関する基礎的研究(A Preliminary Study on Laser Transmission Efficiency towards Flexible Coaxial Endoscope)
胡 衍, 戸塚 恵里, 正宗 賢
日本コンピュータ外科学会誌   2014年10月   
運動野近傍脳腫瘍の術前トラクトグラフィを用いた手術戦略立案
田村 学, 丸山 隆志, 新田 雅之, 斉藤 太一, 吉光 喜太郎, 生田 聡子, 小西 良幸, 岡本 淳, 正宗 賢, 仁木 千晴, 前田 真法, Chernov Mikhail, 岡田 芳和, 伊関 洋, 村垣 善浩
日本コンピュータ外科学会誌   2014年10月   

特許

 
桑名 健太, 中井 亮仁, 土肥 健純, 正宗 賢
飯嶋 一雄, 徳宮 孝弘, 正宗 賢, 左 思洋
土肥 健純, 正宗 賢, 山下 紘正, 鶴山 智也
三原 誠, 中川 毅史, 野口 修平, 新野 豊太郎, 土肥 健純, 正宗 賢, 山下 紘正
土肥 健純, 正宗 賢, 左 思洋, 松宮 潔, 山中 紀明
正宗 賢, 土肥 健純, 松宮 潔, 櫨田 知樹
土肥 健純, 正宗 賢
土肥 健純, 中島 勧, 佐久間 一郎, 正宗 賢, 伊関 洋, 小林 英津子, 折田 純久
土肥 健純, 正宗 賢, 小林 英津子