三原 雅史

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/16 15:06
 
アバター
研究者氏名
三原 雅史
所属
川崎医科大学
部署
医学部臨床医学 神経内科学
職名
特任教授

学歴

 
1993年4月
 - 
1999年3月
大阪大学 医学部 
 
2003年4月
 - 
2007年3月
大阪大学 医学研究科 
 

論文

 
Takahashi H, Watanabe Y, Tanaka H, Mihara M, Mochizuki H, Liu T, Wang Y, Tomiyama N
The British journal of radiology   91(1086) 20180037   2018年6月   [査読有り]
Miho Murata, Masahito Mihara, Kazuko Hasegawa, Beomseok Jeon, Chon-Haw Tsai, Noriko Nishikawa, Tomoko Oeda, Masayuki Yokoyama, Weining Z. Robieson, Krai Chatamra, Maurizio F. Facheris, Janet Benesh
Therapeutic Advances in Neurological Disorders   11 1-11   2018年2月   [査読有り]
Hemmi S, Kurokawa K, Nagai T, Asano A, Okamoto T, Murakami T, Mihara M, Sunada Y
Clinical neurophysiology practice   3 54-58   2018年   [査読有り]
Relationships between dysphagia and tongue pressure during swallowing in Parkinson's disease patients
Y. Minagi T. Ono K. Hori S. Fujiwara Y. Tokuda K. Murakami Y. Maeda S. Sakoda M. Yokoe M. Mihara H. Mochizuki
Journal of Oral rehabilitation   45(6) 459-466   2018年   [査読有り]
Hiroaki Fujimoto, Masahito Mihara*, Noriaki Hattori, Megumi Hatakenaka, Hajime Yagura, Teiji Kawano, Ichiro Miyai, Hideki Mochizuki
Neurophotonics   4(4) 045003   2017年10月   [査読有り]
Near-infrared spectroscopy-mediated neurofeedback (NIRS-NFB) is a promising therapeutic intervention for patients with neurological diseases. Studies have shown that NIRS-NFB can facilitate task-related cortical activation and induce task-specific...
Mihara M, Miyai I
Neurophotonics   3(3) 031414   2016年7月   [査読有り]
Uehara T, Beck G, Baba K, Mihara M, Okuno T, Sumi H, Nakatsuji Y, Mochizuki H
Neurology(R) neuroimmunology & neuroinflammation   3(3) e230   2016年6月   [査読有り]
Murata M, Mihara M, Hasegawa K, Jeon B, Tsai CH, Nishikawa N, Oeda T, Yokoyama M, Robieson WZ, Ryman D, Eaton S, Chatamra K, Benesh J
NPJ Parkinson's disease   2 16020   2016年   [査読有り]

Misc

 
パーキンソン病治療の現状とその成績 非運動症状への対処
三原雅史
Medical Practice   35(3) 451-455   2018年3月   [依頼有り]
治療型BMIとしてのNeurofeedbackの神経疾患治療への応用
三原雅史
臨床神経生理学   46(1) 34-39   2018年3月   [依頼有り]
神経科学的基盤に基づくニューロリハビリテーション
三原雅史
理学療法京都   47 54-60   2018年1月   [依頼有り]
歩行再建とニューロモジュレーション
藤本 宏明, 三原 雅史, 宮井 一郎
理学療法ジャーナル   51(10) 913-920   2017年10月   [依頼有り]
パーキンソン病診療Q&A 進行期パーキンソン病の診断基準(Q&A)
三原 雅史
Frontiers in Parkinson Disease   10(3) 162-166   2017年8月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
【歩行障害とリハビリテーション医学・医療】 歩行障害に対するBMIを用いたリハビリテーション治療「The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine」
三原雅史
公益社団法人日本リハビリテーション医学会/三輪書店   2018年9月   
【認知症とリハビリテーション医学】 認知症の薬物療法「The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine」
久徳弓子, 三原雅史
公益社団法人日本リハビリテーション医学会/三輪書店   2018年8月   
【認知症とリハビリテーション医学】 認知症医療においてリハビリテーション科医が果たすべき役割「The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine」
三原雅史
公益社団法人日本リハビリテーション医学会/三輪書店   2018年8月   
【光が拓く神経科学の未来-オプトジェネティクスと光イメージング】 光イメージング各論 近赤外分光法(fNIRS)のリハビリテーションへの応用「Clinical Neuroscience」
三原雅史
中外医学社   2018年8月   
【次のリハビリテーションに活きる!私の脳疾患評価】 脳機能を見る/診る 脳機能画像「MEDICAL REHABILITATION」
三原雅史
全日本病院出版会   2018年6月   

講演・口頭発表等

 
リハビリテーション分野におけるBrain-Machine Interface技術の応用~現状と将来展望~
三原雅史
第5回脳神経外科BMI研究会   2018年11月17日   
SMA facilitation using fNIRS-mediated Neurofeedback for gait impairment in Parkinson's disease patients: Interim analysis of randomized clinical trial
Masahito Mihara, Hironori Otomune, Yuta Kajiyama, Hiroaki Fujimoto, Yukiko Mitani, Noriaki Hattori, Yoshiyuki Watanabe, Yoshihide Sunada, Hideki Mochizuki
Annual Meeting of Society of Neuroscience   2018年11月7日   Society of Neuroscience
Effect of the Gait Imagery Related Supplementary Motor Area Facilitation Using Functional Near Infrared Spectroscopy Mediated Neurofeedback on Post Stroke Balance and Upper Limb Function
Masahito Mihara, Hiroaki Fujimoto, Hironori Otomune, Noriaki Hattori, Yoshiyuki Watanabe, Teiji Kawano, Megumi Hatakenaka, Hajime Yagura, Ichiro Miyai, Hideki Mochizuki
Annual Meeting of American Society of Neurorehabilitation   2018年11月2日   American Society of Neurorehabilitation
リハビリテーション分野におけるボツリヌス治療
三原雅史
第5回日本ボツリヌス治療学会   2018年9月21日   
MRガイド下集束超音波治療(MRgFUS)の神経疾患への応用~本態性振戦を中心に~
三原雅史
第59回日本神経学会 学術大会   2018年5月25日   
Functional NIRS-mediated neurofeedback enhances post-stroke balance recovery via modulating functional network
Mihara M, Fujimoto H, Hattori N, Watanabe Y, Kawano T, Hatakenaka M, Yagura H, Miyai I,Mochizuki H
Real-time functional imaging and Neurofeedback conference   2017年12月1日   
治療型BMIとしてのNeurofeedbackの神経疾患治療への応用
三原雅史
第47回日本臨床神経生理学会学術大会   2017年11月30日   
ニューロリハビリテーションにおける新たな治療戦略
三原雅史
第1回 日本リハビリテーション医学会 秋季学術集会   2017年10月28日   日本リハビリテーション医学会
パーキンソン病の仮面様顔貌は筋固縮によるものである. NOの立場から
三原雅史
日本パーキンソン病・運動障害疾患学会 第11回年次集会   2017年10月27日   日本パーキンソン病・運動障害疾患学会
NEUROMODULATIVE FACILITATION OF THE SUPPLEMENTARY MOTOR AREA BY NEAR INFRARED SPECTROSCOPY-MEDIATED NEUROFEEDBACK COULD ENHANCE THE EFFICACY OF INTENSIVE REHABILITATION FOR DEGENERATIVE CEREBELLAR ATAXIA
Masahito Mihara, Hiroaki Fujimoto, Hironori Otomune, Yuta Kajiyama, Noriaki Hattori, Kuni Konaka, Gajanan Revankar, Teiji Kawano, Megumi Hatakenaka, Hajime Yagura, Ichiro Miyai, Yoshiyuki Watanabe, Hideki Mochizuki
The XXIII World Congress of Neurology   2017年9月20日   
CORRELATION BETWEEN PROGRESSION OF ATAXIA AND CEREBELLAR DEGENERATION DETECTED BY MR SPECTROSCOPY IN SPINOCEREBELLAR DEGENERATION
N. Hattori, H. Otomune, H. Fujimoto, M. Hatakenaka, H. Yagura, M. Mihara, H. Mochizuki, I. Miyai
The XXIII World Congress of Neurology   2017年9月18日   
DECREASED FRONT-TMPORAL CONNECTION IS ASSOCIATED WITH FACE PAREIDOLIA IN PARKINSON'S DISEASE.
Y. Kajiyama, M. Mihara, Y. Mitani, H. Otomune, G. Revankar, K. Konaka, N. Hattori, H. Mochizuki
The XXIII World Congress of Neurology   2017年9月17日   
QUESTIONNAIRES SURVEY FOR COMMUNICATION AND COGNITIVE STATUS IN MECHANICALLY VENTILATED PATIENTS WITH ALS IN JAPAN
M. Mihara N. Hattori, Y. Hirai, K. Nomasa, Y. Kashiyama, J. Sawada, T. Hazama, H. Mochizuki, T. Yoshimine, M. Hirata
The XXIII World Congress of Neurology   2017年9月17日   
COMPARING AND APPROXIMATING THE DATA OF KINECT AND 3D MOTION CAPTURE ANALYSIS FOR GAIT
H. Otomune, N. Hattori, H. Fujimoto, M. Nagasako, T. Yoshioka, M. Hatakenaka, H. Yagura, M. Mihara, I. Miyai, T. Omori, H. Mochizuki
The XXIII World Congress of Neurology   2017年9月17日   
Duodopaの具体例
三原雅史
第4回PDナース研修会   2017年8月27日   
Becker型筋ジストロフィーと抗HMGCR抗体陽性壊死性ミオパチーの合併と考えられる1例
◎永井太士, 大澤 裕, 大久保浩平, 宗兼麻美, 白河俊一, 深井雄太, 久徳弓子, 逸見祥司, 村上龍文, 三原雅史, 砂田芳秀
第3回日本筋学会学術集会   2017年8月4日   
ニューロフィードバックを用いたfNIRSのリハビリテーション分野への応用
三原雅史
第18回光脳機能イメージング学会   2017年7月28日   
NIRS-mediated neurofeedback enhances post-stroke balance recovery via modulating functional network
Masahito Mihara, Hiroaki Fujimoto, Noriaki Hattori, Hironori Otomune, Teiji Kawano, Megumi Hatakenaka, Hajime Yagura, Ichiro Miyai
The 54th Annual Meeting of the Japanese Association of Rehabilitation Medicine   2017年6月9日   
二重課題が姿勢制御に及ぼす影響とNIRSを用いた姿勢制御課題時脳活動の評価
乙宗 宏範,三原 雅史,梶山 裕太,藤本 宏明,小仲 邦,河野 悌司,長廻 倫子,吉岡 知美,畠中 めぐみ,矢倉 一,服部 憲明,宮井 一郎
第54回日本リハビリテーション医学会学術集会   2017年6月9日   
Decreased fronto-parietal connection is associated with face pareidolia in Parkinson's disease.
Y. Kajiyama, M. Mihara, Y. Mitani, H. Otomune, H. Fujimoto, G. Revankar, K. Konaka, H. Mochizuki
21st International Congress of Parkinson's Disease and Movement Disorders   2017年6月5日   
Analysis of related factors of occurrence of dementia in Parkinson's disease using the application form of Parkinson's disease provided by the specific diseases treatment research program of Ministry of Health, Labor and Welfare of Japan
K. Konaka, M. Mihara, H. Mochizuki
21st International Congress of Parkinson's Disease and Movement Disorders   2017年6月5日   
Brain structural and functional changes associated with frequent falls in Parkinson's disease
H. Otomune, M. Mihara, H. Fujimoto, Y. Kajiyama, K. Konaka, Y. Mitani, G. Revankar, H. Mochizuki
21st International Congress of Parkinson's Disease and Movement Disorders   2017年6月5日   
Clinical application of Neuromodulation technique in Neurorehabilitation
三原雅史
第94回日本生理学会   2017年3月28日   
回復期リハにおけるfNIRSの活用〜機能回復に関わる神経ネットワークの解明と治療への応用〜
三原雅史
回復期リハビリテーション病棟協会 第29回 研究大会   2017年2月11日   
空腸投与用レボドパ・カルビドパ水和物配合剤の使用経験 
三原雅史
第56回日本定位・機能神経外科学会   2017年1月27日   
脳機能画像技術を用いた神経機能ネットワークの解明と臨床への応用
三原雅史
第375回 川崎医学会講演会   2016年11月29日   
レボドパ・カルビドパ空腸内投与治療の可能性
三原雅史
第10回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス   2016年10月8日   
パーキンソン病に対するリハビリテーション〜エビデンスと最新の治療〜
三原雅史
第10回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス   2016年10月6日   
リハビリテーション医療におけるニューロフィードバック技術の応用
三原雅史
第38回日本神経科学学会年次集会   2016年7月28日   
新技術で脳の可能性を引き出す ブレインマシンインターフェースのリハビリへの応用
三原雅史
第21回富山県理学療法学術大会   2016年6月25日   
脳の可能性を引き出すニューロリハビリテーション
三原雅史
第7回日本ニューロリハビリテーション学会学術集会   2016年5月21日   
神経疾患の歩行障害に対する反復経頭蓋磁気刺激治療について
三原雅史
第57回日本神経学会学術大会   2016年5月21日   
リハビリテーションにおけるNIRS-ニューロリハシステムの応用
三原雅史
第52回日本リハビリテーション医学会学術集会   2015年5月30日   
ニューロフィードバック:神経リハビリテーションにおける新たな介入手法
三原雅史
第56回日本神経学会学術大会2015年5月23日    2015年5月23日   
Near-infrared Spectroscopy-mediated Neurofeedback Enhances Efficacy of Motor Imagery-based Training in Poststroke Victims: A Pilot Study.
三原雅史
第40回日本脳卒中学会総会    2015年3月27日   
光脳機能イメージングがリハビリテーションを変える〜NIRSを用いた神経疾患の治療的介入の展望〜
三原雅史
第17回光脳機能イメージング学会学術集会   2014年7月26日   
Functional Near-Infrared Spectroscopy (fNIRS): Application for Neurorehabilitation.
三原雅史
The 2014 ICME International Conference on Complex Medical Engineering,   2014年6月26日   
赤外分光法(NIRS)を用いたニューロフィードバック:リハビリテーション分野での応用に向けて
三原雅史
第43回日本臨床神経生理学会   2013年10月7日   
Functional near-infrared spectroscopy as an evaluation and possible training tool for postural control and balance.
三原雅史
35th Annual international conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society   2013年7月6日   
Functional near-infrared spectroscopy as an evaluation and possible training tool for postural control and balance.
三原雅史
2nd Joint World Congress of ISPGR and Gait and Mental Function   2013年6月24日   
NIRS によるニューロフィードバックを用いたニューロリハビリテーション
三原雅史
第38回日本脳卒中学会総会   2013年3月23日   
real-time NIRSを用いた神経リハビリテーションの可能性.
三原雅史
第2回NU-Brainシンポジウム   2011年11月5日   
Real-time NIRSによるニューロフィードバックを用いた神経リハビリテーション
三原雅史
第52回日本神経学会学術大会.   2011年5月19日   
光脳機能イメージングの解析方法
三原雅史
第39回日本臨床医神経生理学会学術大会   2010年7月24日   
回復期リハ病棟の質の評価
三原雅史
全国回復期リハビリテーション病棟連絡協議会 第6回医師研修会   2008年3月15日   
光イメージングによる運動時の脳活動測定
三原雅史
全国回復期リハビリテーション病棟連絡協議会 第13回研究大会   2008年2月14日   
NIRSによる脳機能評価について
三原雅史
第17回脳循環代謝学会総会   2005年11月15日