阪本昌成

J-GLOBALへ         更新日: 16/05/18 02:46
 
アバター
研究者氏名
阪本昌成
 
サカモト マサナリ
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/00033746.ja.html
所属
近畿大学
部署
法科大学院法務研究科
職名
教授
学位
法学博士

プロフィール

p議院内閣制の核心部分を極めたい、と希望

研究分野

 
 

経歴

 
2006年
 - 
2007年
九州大学 大学院・法学研究院 教授
 

Misc

 
権力分立・再定義
阪本昌成
近畿大学法科大学院論集   (11号) 33-123   2015年3月
阪本 昌成
近畿大学法科大学院論集   (9) 63-98   2013年3月
長谷部 恭男, 阪本 昌成, 愛敬 浩二
企業と法創造   9(3) 193-201   2013年2月
阪本 昌成, 山元 一, 戸波 江二
企業と法創造   8(3) 119-123   2012年2月

書籍等出版物

 
リベラリズム/デモクラシー 第2版
阪本 昌成
有信堂   2004年7月   
デモクラシーを政治的リベラリズムと両立させることは、困難であることを強調しながら、デモクラシーとリベラリズムの正確な定義を求めた学術書。
憲法フォーラム 補訂版
阪本 昌成, 畑 博行 (担当:共著)
有信堂   2005年5月   
法の支配 オーストリア学派の自由論と国家論
阪本 昌成
勁草書房   2006年6月   
法の支配の意味するところを、経済自由市場に現れた取引ルールと関連させながら、包括的で抽象的なルールという形式性こそ、「法」の意であることを強調する論文集。
新・近代立憲主義を読み直す
阪本 昌成
成文堂   2008年10月   
立憲主義の源流を探訪するにあたって、ホッブズからヘーゲルまでの思想を渉猟。
表現権理論
阪本 昌成
信山社   2011年4月