飯山将晃

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/23 01:52
 
アバター
研究者氏名
飯山将晃
eメール
iiyamamm.media.kyoto-u.ac.jp
URL
http://www.iiyama-lab.org
所属
京都大学
部署
学術情報メディアセンター ディジタルコンテンツ研究部門
職名
准教授
学位
博士(情報学)(京都大学)

プロフィール

平10京大・工・情報工学卒.平15同大学大学院情報学研究科博士後期研究指導認定退学.同年同大学学術情報メディアセンター助手.平18同大学経済学研究科講師.平22同大学経済学研究科准教授.平27同大学学術情報メディアセンター准教授.コンピュータビジョン・パターン認識の研究に従事.博士(情報学)

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
京都大学 学術情報メディアセンター 准教授
 
2010年1月
 - 
2015年3月
京都大学 経済学研究科 准教授
 
2006年5月
 - 
2009年12月
京都大学 経済学研究科 講師
 
2003年4月
 - 
2006年4月
京都大学 学術情報メディアセンター 助手
 

論文

 
飯山 将晃, 青木 啓史, 亀田 能成, 美濃導彦
情報処理学会論文誌   42(12) 3185-3193   2001年12月
並列計算に適した,未知光源環境における物体形状と鏡面反射成分を含む反射特性の再構成法を提案する.観測の対象空間をボクセルの集合として表現し,ボクセルごとに独立した計算により物体形状と反射特性の再構成を行う.物体形状の再構成には,ボクセル独立な計算が可能な視体積交差法を利用する.また,反射特性の再構成には,光の反射を記述する最も一般的なモデルの1つであるTorrance-Sparrow反射モデルに基づき,ボクセル独立な再構成計算に適した新たな反射モデルを導入する.本手法による再構成は,視体積...
Estimation of the location of joint points of human body from successive volume data
M. Iiyama; Y. Kameda; M. Minor
Proceedings - International Conference on Pattern Recognition   15(3) 695-698   2000年9月   [査読有り]
Masaaki Iiyama; Yoshinari Kameda; Michihiko Minoh
IEEE International Conference on Multisensor Fusion and Integration for Intelligent Systems (MFI2003)   119-124   2003年7月   [査読有り]
視体積交差法における時系列画像の統合による三次元復元形状の再現性の向上
豊浦 正広; 飯山 将晃; 角所 考; 美濃 導彦
電子情報通信学会論文誌   J88D-II(8) 1549-1563   2005年8月   [査読有り]
身体動揺を考慮した人体部位の形状計測法
舩冨 卓哉; 飯山 将晃; 角所 考; 美濃 導彦
電子情報通信学会論文誌   J88D-II(8) 1530-1538   2005年8月   [査読有り]
S. Yamada; C. Uwabe; T. Nakatsu-Komatsu; Y. Minekura; M. Iwakura; T. Motoki; K. Nishimiya; M. Iiyama; K. Kakusho; M. Minoh; S. Mizuta; T. Matsuda; Y. Matsuda; T. Haishi; T. Kose; S. Fujii; K. Shiota
Developmental Dynamics   235(2) 468-477   2006年2月   [査読有り]
時系列視体積からの多関節物体の体節形状と姿勢の同時推定法
飯山 将晃; 角所 考; 美濃 導彦
電子情報通信学会論文誌   J89D(6) 1379-1390   2006年6月   [査読有り]
3D Shape Reconstruction of Trunk Swaying Human Body Segments
Takuya Funatomi; Masaaki Iiyama; Koh Kakusho; Michihiko Minoh
Articulated Motion and Deformable Objects: 4th International Conference (AMDO2006)   4069 100-109   2006年7月   [査読有り]
複数シルエットからの制約を利用した奥行きエッジに起因する距離画像復元誤差の解消法
飯山 将晃; 角所 考; 美濃 導彦
電子情報通信学会論文誌 D   J89-D(7) 1546-1556   2006年7月   [査読有り]
M. Toyoura; M. Iiyama; K. Kakusho; M. Minoh
2006 IEEE International Conference on Multimedia and Expo, ICME 2006 - Proceedings   217-220   2006年7月   [査読有り]
シルエットを用いた3次元物体モデルの獲得
飯山将晃
京都大学      2006年7月
ランダムパターン背景を用いた視体積交差法のためのシルエット欠損修復
豊浦 正広; 飯山 将晃; 角所 考; 美濃 導彦
電子情報通信学会論文誌   J89D(11) 2413-2424   2006年11月   [査読有り]
舩冨卓哉;飯山将晃;角所考;美濃導彦
電子情報通信学会論文誌 D   J90-D(8) 1858-1867   2007年8月   [査読有り]
M. Toyoura; M. Iiyama; K. Kakusho; M. Minoh
3DIM 2007 - Proceedings 6th International Conference on 3-D Digital Imaging and Modeling   225-232   2007年8月   [査読有り]
T. Funatomi; M. Iiyama; K. Kakusho; M. Minoh
3DIM 2007 - Proceedings 6th International Conference on 3-D Digital Imaging and Modeling   133-140   2007年8月   [査読有り]
M. Iiyama; K. Kakusho; M. Minoh
Systems and Computers in Japan   38(14) 29-40   2007年12月   [査読有り]
Masaaki Iiyama; Koki Hamada; Koh Kakusho; Michihiko Minoh
International Conference on Pattern Recognition (ICPR)      2008年12月   [査読有り]
3D shape reconstruction from incomplete silhouettes in multiple frames
M. Toyoura; M. Iiyama; T. Funatomi; K. Kakusho; M. Minoh
Proceedings - International Conference on Pattern Recognition      2008年12月   [査読有り]
Distortion Correction for 3D Scan of Trunk Swaying Human Body Segments
Takuya Funatomi; Masaaki Iiyama; Koh Kakusho; Michihiko Minoh
Electronic Letters on Computer Vision and Image Analysis,Vol.7 No.4, pp.51-61   7(4) 51-61   2009年4月   [査読有り]
複数視点画像からのテクスチャマッピングにおける模様の整合性の保存
飯山 将晃;坂口 尚樹;豊浦 正広;舩冨 卓哉;角所 考;美濃 導彦
電子情報通信学会論文誌 D   J93-A(8) 1439-1449   2010年8月   [査読有り]
M. Iiyama; K. Kakusho; M. Minoh
Proceedings - International Conference on Pattern Recognition   1820-1823   2010年8月   [査読有り]
Y. Kizumi; K. Kakusho; T. Okadome; T. Funatomi; M. Iiyama
2011 IEEE/SICE International Symposium on System Integration, SII 2011   358-363   2011年12月   [査読有り]
角所考;喜住祐紀;加古千草;岡留剛;舩冨卓哉;飯山将晃
システム/制御/情報   56(1) 8-13   2012年1月
Grocery Re-identificationusing Load Balance Feature on the Shelffor Monitoring Grocery Inventory
Rena Kamoda, Mayumi Ueda, Takuya Funatomi, Masaaki Iiyama, Michihiko Minoh
ECAI-Workshop on Cooking with Computers      2012年8月   [査読有り]
T. Funatomi; H. Akuzawa; M. Iiyama; M. Minoh
Proceedings - 2nd Joint 3DIM/3DPVT Conference: 3D Imaging, Modeling, Processing, Visualization and Transmission, 3DIMPVT 2012   254-261   2012年10月   [査読有り]
Y. Kizumi; K. Kakusho; T. Okadome; T. Funatomi; M. Iiyama
1st International Conference on Future Generation Communication Technologies, FGCT 2012   162-167   2012年12月   [査読有り]
Motion-Blur-Free Image Capturingby Exposure Splitting and Pixel-Tracking Integration
Motoharu Sonogashira; Takuya Funatomi; Masaaki Iiyama; Michihiko Minoh
IEEE International Conference on Computational Photography      2013年4月   [査読有り]
T. Funatomi; T. Yamane; H. Ouchida; M. Iiyama; M. Minoh
Proceedings - 2013 International Conference on 3D Vision, 3DV 2013   95-102   2013年7月   [査読有り]
D. Evrenci; M. Iiyama; T. Funatomi; M. Minoh
Proceedings - 2013 International Conference on 3D Vision, 3DV 2013   183-190   2013年7月   [査読有り]
レベルセット法を用いたF陣形と個人空間の抽出によるオープンスペース内の偶発的対面インタラクションの参与者グループ認識
喜住 祐紀; 角所 考; 舩冨 卓哉; 飯山 将晃; 岡留 剛
電子情報通信学会論文誌 A   96(10) 705-720   2013年10月   [査読有り]
A. Ono; K. Kakusho; T. Funatomi; M. Iiyama
2013 International Conference on Cyberworlds, CW 2013   116-119   2013年10月   [査読有り]
Masaaki Iiyama; Shohei Miki; Takuya Funatomi; Michihiko Minoh
International Conference on Pattern Recognition (ICPR2014)   2095-2100   2014年8月   [査読有り]
N.Yasuda; K.Kakusho; T.Okadome; T.Funatomi; M.Iiyama
IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC2014)   2014-January(January) 544-550   2014年10月   [査読有り]
Yuki Hirofuji; Masaaki Iiyama; Takuya Funatomi; Michihiko Minoh
Asian Conference on Computer Vision (ACCV2014)   9006 630-641   2014年11月   [査読有り]
小野 晃弘; 角所 考; 舩冨 卓哉; 飯山 将晃; 岡留 剛
画像電子学会誌   44(1) 106-112   2015年1月   [査読有り]
Francois Johannes Louw; Masaaki Iiyama; Takuya Funatomi; Michihiko Minoh
IAPR MVA2015   14th 218-221   2015年5月   [査読有り]
Tsutomu Sakuyama; Takuya Funatomi; Masaaki Iiyama; Michihiko Minoh
IEEE Transactions on Industrial Informatics   11(3) 782-789   2015年6月   [査読有り]
Junki Nishikawa, Koh Kakusho , Masaaki Iiyama, Satoshi Nishiguchi, Masayuki Murakami
HCI International 2015   9189 518-526   2015年8月   [査読有り]
Saori Kikutani, Koh Kakusho,Takeshi Okadome, Masaaki Iiyama, Satoshi Nishiguchi
HCI International 2015   9189 296-304   2015年8月   [査読有り]
行動履歴に基づく地域の環境要因を考慮した観光行動モデルの構築とその応用
笠原秀一; 田村 和範; 飯山 将晃; 美濃導彦
情報処理学会論文誌   57(5) 1411-1420   2016年5月   [査読有り]
Atsushi Hashimoto; Shinsuke Mori; Masaaki Iiyama; Michihiko Minoh
8th Workshop on Multimediafor Cooking and Eating Activities (CEA2016)      2016年7月   [査読有り]
Yuki Fujimura; Masaaki Iiyama; Atsushi Hashimoto; Michihiko Minoh
Computer Vision for Analysis of Underwater Imagery (CVAUI)   49-54   2016年12月   [査読有り]
Tourism Service Portfolio for Smart Destination
Hidekazu Kasahara; Masaaki Iiyama; Michihiko Minoh
Enter2017      2017年1月   [査読有り]
Transportation Mode Inference Using Environmental Constraints
Hidekazu Kasahara; Masaaki Iiyama; Michihiko Minoh
IMCOM2017      2017年1月   [査読有り]
How to design smart tourism destination: From viewpoint of data
Hidekazu Kasahara; Masaaki Iiyama; Michihiko Minoh
EU-Japan Workshop on Big Data for Sustainability and Tourism      2017年3月
飯山 将晃; 中塚 智尋; 森村 吉貴; 橋本 敦史; 村上 正行; 美濃 導彦
教育システム情報学会誌   34(2) 166-171   2017年4月   [査読有り]
Motoharu Sonogashira; Takuya Funatomi; Masaaki Iiyama; Michihiko Minoh
IEEE Transactions on Image Processing   25(5) 2163-2178   2017年5月   [査読有り]
Takuya Funatomi; Masaaki Iiyama; Koh Kakusho; Michihiko Minoh
IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA) 2017   6412-6419   2017年6月   [査読有り]
Satoki Shibata; Masaaki Iiyama; Atsushi Hashimoto; Michihiko Minoh
IEEE International Conference on Multimedia and Expo (ICME) 2017   193-198   2017年7月   [査読有り]
Atsushi Hashimoto; Takumi Fujino; Jun Harashima; Masaaki Iiyama; Michihiko Minoh
9th Workshop on Multimediafor Cooking and Eating Activities (CEA2017)   39-41   2017年8月   [査読有り]

Misc

 
変分ベイズ法による静止画像の電子的動きぶれ補正
薗頭 元春; 舩冨 卓哉; 飯山 将晃; 美濃 導彦
情報処理学会第77回全国大会      2015年3月
視線追跡のための焦点ボケ角膜反射画像とシーン画像間での対応付け手法
岡田 真太郎; 飯山 将晃; 舩冨 卓哉; 美濃 導彦
2015年度電子情報通信学会総合大会      2015年3月
ユーザの顔画像に基づくモバイルディスプレイの配置推定
菊谷沙織; 角所 考; 飯山将晃; 西口敏司
2015年度電子情報通信学会総合大会      2015年3月
カメラ画像に基づく講義室内の受講者位置推定
西川純貴; 角所 考; 飯山将晃; 西口敏司; 村上正行
2015年度電子情報通信学会総合大会      2015年3月
漁獲量を二次元海象パターンから回帰するための二値特徴選択
趙 詣; 飯山 将晃; 舩冨 卓哉; 美濃 導彦
2015年度電子情報通信学会総合大会      2015年3月
二重四元数の線形回帰を用いた多関節モデルの姿勢操作
舩冨 卓哉; 飯山 将晃; 美濃 導彦; 角所 考
電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究会(PRMU)   114(454) 93-94   2015年2月
飯山 将晃
システム・制御・情報 = Systems, control and information : システム制御情報学会誌   59(2) 71-76   2015年2月
光散乱法による鏡面反射物体の三次元形状計測
廣藤 祐樹; 飯山 将晃; 舩冨 卓哉; 美濃 導彦
第17回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2014)      2014年7月
対面コミュニケーションにおける身体配置の円形性を利用した未観測の人物位置・方向推定
安田 修幸, 角所 考, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃
システム制御情報学会研究発表講演会(SCI'14)      2014年5月
梅澤孝太郎, 舩冨卓哉, 飯山将晃, 美濃導彦
情報処理学会研究報告. グラフィクスとCAD研究会報告   2014(14) 1-7   2014年2月
本報告では,手の姿勢変化による非剛体変形の再現を目的として,姿勢と非剛体変形量の関係について分析を行う.どんな姿勢の手形状も概ね剛体の組み合わせで近似できるとみなし,まず三次元形状計測技術を用いて様々な姿勢での手形状を計測し,手を剛体の集合体とみなして各剛体の形状を復元する.しかしこれだけでは,実際の手の形状変化を精度よく表現できていないと考えられるため,計測で得られた各姿勢での観測形状と構築したモデルとの比較を行い,この差異を非剛体変形量とした.ここでは,非剛体変形は姿勢によって決まると...
山本 拓人, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 美濃 導彦
情報処理学会研究報告. グラフィクスとCAD研究会報告   2014(16) 1-8   2014年2月
人の顔は表情の変化に伴い,形状を複雑に変化させる.本研究では,容易な操作によって様々な表情に制御可能な,実在の人物の 3 次元顔形状変化モデルを構築することを目指す.これまで提案されてきたモデルでは,多数かつ直観的でない制御点によって変形操作を実現していたため,変形操作が容易でなかった.これに対し,モデルを制御する制御点をできるだけ少なくし,また Action Unit に基づいて制御点を定義すれば,直観的で容易な操作が可能になる.提案手法では,ワンショットスキャン法によってさまざまな表情...
舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 美濃 導彦
光アライアンス   24(12) 19-23   2013年12月
飯山 将晃
システム/制御/情報 : システム制御情報学会誌   57(8)    2013年8月
作山 努, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 美濃 導彦
研究報告コンピュータビジョンとイメージメディア(CVIM)   2013(50) 1-8   2013年5月
逆畳み込みによる合焦画像の推定は,符号化開口を実装することで,精度よく行える.先行研究で提案されている符号化開口は,自然画像のパワースペクトルモデルを評価式に導入し,その式によって最適化されていた.しかし,位置あわせ用画像を撮影する産業用装置にその先行研究の符号化開口を適用しても,そのパワースペクトルは自然画像と異なるため,十分な精度で合焦画像の推定ができない場合がある.そこで本研究では,位置合わせ用画像のパワースペクトルを符号化開口の評価式に導入することで,その復元に適した符号化開口の最...
小山亮,飯山将晃,舩冨卓哉,美濃導彦
第14回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2011),No.IS3-29, 2011-07   2011 1050-1057   2011年7月   [査読有り]
小野 晃弘, 角所 考, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃
電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理   112(483) 45-50   2013年3月
ARでは現実空間映像に重畳される仮想物体の位置姿勢がそれに直接関わっている現実物体の位置姿勢の変化に対応する必要かおる.従来の研究では剛体である現実物体の位置姿勢をARマーカなどで計測しているが,仮想物体を手で直接操作するには手の位置姿勢を計測する必要がある.手の位置姿勢の計測にはグローブ型装着デバイスやステレオカメラによる観測などが行われているが,いずれの場合も計測誤差のため手と仮想物体の間に位置ずれが生じる.そこで,本研究では,現実空間映像中の手をリアルな仮想手モデルに置き換え,仮想手...
喜住 祐紀, 角所 考, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃
研究報告コンピュータビジョンとイメージメディア(CVIM)   2013(8) 1-6   2013年1月
本稿では,オープンスペース内に存在する複数の人や物の間で偶発的に生じる対面インタラクションの参与者グループを,身体配置に基づいて認識するための手法について議論する.このとき参与者グループが取り囲む空間に着目し,これを画像の領域抽出等に用いられるレベルセット法を用いて,空間内の人や物の位置・向きを基に人・物に取り囲まれた空間を対象空間中から抽出し,その中に含まれる人物を同一グループとして間接的に認識するというアプローチを提案する.This article discusses how to r...
喜住 祐紀, 角所 考, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   112(385) 45-50   2013年1月
本稿では,オープンスペース内に存在する複数の人や物の間で偶発的に生じる対面インタラクションの参与者グループを,身体配置に基づいて認識するための手法について議論する.このとき参与者グループが取り囲む空間に着目し,これを画像の領域抽出等に用いられるレベルセット法を用いて,空間内の人や物の位置・向きを基に人・物に取り囲まれた空間を対象空間中から抽出し,その中に含まれる人物を同一グループとして間接的に認識するというアプローチを提案する.
喜住 祐紀, 角所 考, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃
電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎   112(386) 45-50   2013年1月
本稿では,オープンスペース内に存在する複数の人や物の間で偶発的に生じる対面インタラクションの参与者グループを,身体配置に基づいて認識するための手法について議論する.このとき参与者グループが取り囲む空間に着目し,これを画像の領域抽出等に用いられるレベルセット法を用いて,空間内の人や物の位置・向きを基に人・物に取り囲まれた空間を対象空間中から抽出し,その中に含まれる人物を同一グループとして間接的に認識するというアプローチを提案する.
飯山 将晃, 内海 ゆづ子, 清水 彰一, 寺林 賢司, 鳥居 秋彦, 満上 育久, 舩冨 卓哉
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   112(357) 61-68   2012年12月
2012年8月に開催されたMIRU2012若手プログラムについて報告する.本若手プログラムは,MIRU分野の若手研究者の交流を目的としてMIRUと併設する形式で隔年で開催されるプログラムであり,今回で7回目となる.今回のテーマは「若手の視点でMIRUを見る」と題して,プログラム参加者が設定した研究テーマに対する論文サーベイと,MIRUでの発表を踏まえた今後の当該分野の展望を若手の目線から発表してもらうという内容で実施した.本レポートでは,本プログラムの企画初期段階から実施までの概要と,プロ...
加茂田 玲奈, 上田 真由美, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 美濃 導彦
電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎   111(479) 181-186   2012年3月
山根 卓也, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 美濃 導彦
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   111(353) 77-82   2011年12月
本研究では,手の各関節の伸び具合を表すデータグローブのセンサデータに基づいて,手の各指節の位置・向きを推定することを目的とする.手の各指節位置・向きの表現には,点関節骨格に基づくball-joint表現と,剛体変換によるloose-joint表現の2つを考える.このとき,各関節の伸び具合と各指節の位置・向きとの関係は自明ではないため,まずこれを明らかにする必要がある.そこで,各指関節の伸び具合を計測すると同時に手の各指節の位置・向きを計測できるようにデータグローブを改良し,両者を密に獲得し...
喜住 祐紀, 角所 考, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2011    2011年2月
加古 千草, 角所 考, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃
日本知能情報ファジィ学会 ファジィ システム シンポジウム 講演論文集   27(0) 124-124   2011年
本研究では、ミーティングスペース内の複数カメラ画像から、その中の人物の注視対象領域の画像を取得することを目指す。このような注視対象領域は、その人物の顔に対して垂直かつ一定距離だけ離れた平面上に存在すると考えられるため,カメラ画像から各人物の顔の位置と向きを推定し,その結果を基に注視対象領域を抽出する.注視対象領域が平面上に存在すると仮定すれば,異なるカメラ画像におけるこの平面上の各点の位置は,ホモグラフィー行列によって相互変換できる.このとき,ホモグラフィー行列によって相互変換された複数カ...
喜住 祐紀, 角所 考, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃
日本知能情報ファジィ学会 ファジィ システム シンポジウム 講演論文集   27(0) 132-132   2011年
近年,サーベイランスやアウェアネス,ライフログ等の用途を想定して,カメラ映像に基づく生活空間内での人物行動認識に関する研究が盛んに行われている.これらの研究は,単一の人物の行動を対象としたものが多いが,オフィス空間等,一般の生活空間内での人間行動では,他の人や物等との間に様々なインタラクションが発生する.このようなインタラクションの状況を認識できれば,上述のような用途の有用性を向上できると考えられる.オフィス空間内でのインタラクションでは,参与者グループが動的に分離・融合するため,インタラ...
小山 亮, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 椋木 雅之, 美濃 導彦
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   110(296) 73-77   2010年11月
本研究では,計測対象となる物体を散乱媒体中に設置し,物体表面にレーザ光を照射した際に入・反射光がチンダル減少によって散乱する様子を複数カメラで観測し,そこから物体表面におけるレーザ光の反射位置とそこでの反射率,および媒体の散乱パラメータを推定する.具体的には,反射位置・反射率・散乱パラメータから光線追跡法によって生成されるシミュレート画像と実際の観測画像とを比較し,最も観測画像とマッチする反射位置・反射率・散乱パラメータを探索する.本稿ではその最初の手順として,光線追跡法によりシミュレート...
大内田 裕胤, 籔内 智浩, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 椋木 雅之, 美濃 導彦
電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理   109(471) 465-470   2010年3月
本研究では,三次元形状計測で獲得した手の形状をデータグローブで姿勢操作する手法を提案する.計測形状には関節が存在しないため,データグローブの伸びデータに応じて各体節の位置・向きを求める方法を確立する.まず,ある姿勢における伸びデータと各体節の位置・向きとを対応付けた「姿勢事例」を複数獲得する.次に,獲得した姿勢事例をもとに任意の伸びデータに対して各体節の位置・向きを補完し,姿勢事例にない伸びデータに対する各体節の位置・向きを求める.伸びデータに対する体節位置・向きの生成値と実測値とを比較し...
高橋 康輔, 籔内 智浩, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 椋木 雅之, 美濃 導彦
電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理   109(471) 531-536   2010年3月
バーチャルスタジオで仮想物体把持を行う場合に演者は仮想物体の位置を合成映像を通して獲得している.しかし,合成映像からはカメラ方向の正確な奥行きが獲得できずに把持に失敗してしまう例が見られる.本論文では,このような失敗のない仮想物体の把持を実現するために,仮想物体の位置を提示する情報としてこの合成映像に加えて,聴覚情報の利用を検討した.位置を提示する情報を付与した時の仮想物体把持の試行において,演者が把持をしていると認識した時点での演者の手の奥行きと仮想物体の重心の奥行きの差を計測した.結果...
大内田 裕胤, 籔内 智浩, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 椋木 雅之, 美濃 導彦
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   109(470) 465-470   2010年3月
本研究では,三次元形状計測で獲得した手の形状をデータグローブで姿勢操作する手法を提案する.計測形状には関節が存在しないため,データグローブの伸びデータに応じて各体節の位置・向きを求める方法を確立する.まず,ある姿勢における伸びデータと各体節の位置・向きとを対応付けた「姿勢事例」を複数獲得する.次に,獲得した姿勢事例をもとに任意の伸びデータに対して各体節の位置・向きを補完し,姿勢事例にない伸びデータに対する各体節の位置・向きを求める.伸びデータに対する体節位置・向きの生成値と実測値とを比較し...
高橋 康輔, 籔内 智浩, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 椋木 雅之, 美濃 導彦
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   109(470) 531-536   2010年3月
バーチャルスタジオで仮想物体把持を行う場合に演者は仮想物体の位置を合成映像を通して獲得している.しかし,合成映像からはカメラ方向の正確な奥行きが獲得できずに把持に失敗してしまう例が見られる.本論文では,このような失敗のない仮想物体の把持を実現するために,仮想物体の位置を提示する情報としてこの合成映像に加えて,聴覚情報の利用を検討した.位置を提示する情報を付与した時の仮想物体把持の試行において,演者が把持をしていると認識した時点での演者の手の奥行きと仮想物体の重心の奥行きの差を計測した.結果...
籔内 智浩, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 角所 考, 美濃 導彦
電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎   109(149) 1-6   2009年7月
本研究では,バーチャルスタジオにおいて,講師である演者がCGである三次元の仮想物体を教材に用いて,みずからの手で直接操作しながら説明するような教育映像コンテンツを作成する手法を提案する.ここでは,演者が三次元の仮想物体の位置や形状を視認しながら直接操作できるようにするため,バーチャルスタジオに仮想物体と同じ形状で特定色の現実物体を導入する.演者が現実物体を直接操作している様子を撮影することで実写映像を獲得し,その実写映像中の現実物体領域である特定色領域に仮想物体を重畳する.仮想物体を操作す...
飯山 将晃, 角所 考, 美濃 導彦
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   109(88) 89-94   2009年6月
対象を複数視点から撮影することで得られた画像を大量の事例画像を用いて超解像度化し,3次元パッチモデルにテクスチャマッピングすることによって,写実性の高い3次元モデルを生成する手法を提案する.各複数視点画像に最も類似した画像領域を事例画像の中から探索し,探索で得られた領域にウェーブレット変換を行うことで得られたLH,HL,HH成分を利用して複数視点画像の超解像度化を達成する.また,超解像度化された複数視点画像をテクスチャマッピングする際に不自然な模様が発生する問題を,不自然な模様が発生する箇...
小山 亮, テムニランラット ピッチャヤガン, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 角所 考, 美濃 導彦
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2009(2)    2009年3月
関 亜也加, 早瀬 直之, 籔内 智浩, 飯山 将晃, 舩冨 卓哉, 角所 考, 美濃 導彦
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2009    2009年3月
飯山 将晃, 坂口 尚樹, 豊浦 正広, 舩冨 卓哉, 角所 考, 美濃 導彦
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   108(363) 49-54   2008年12月
複数視点から得られた画像を3次元パッチモデルにマッピングする手法を提案する.3次元パッチモデルの各パッチに対して複数視点画像の中の一つを対応づける際,隣接するパッチ間で異なるテクスチャ画像を対応づけるとパッチの境界部分で不自然な模様が生成されてしまう.提案手法では,不自然な模様を生じさせ得るパッチ間では同一の画像を対応付け,不自然な模様を生じさせないパッチ間では異なる画像の対応付けを許容するようなエネルギー関数を定義し,それを最小化することによって不自然な模様を発生させないテクスチャマッピ...
豊浦 正広, 飯山 将晃, 舩冨 卓哉, 角所 考, 美濃導彦
情報処理学会研究報告コンピュータビジョンとイメージメディア(CVIM)   2008(3) 69-74   2008年1月
視体積交差法では,形状獲得に用いるシルエットの数が多いほど,実形状に近い獲得形状が得られる.しかし,現実に設置できるカメラ台数には限界があるので,用いることのできるシルエットの数にも限界がある.そこで,時系列で得られる視体積を統合する手法が提案されてきた.この手法では,視体積から三次元特徴点を抽出し,物体の剛体運動を推定して時系列の視体積を統合する.これにより,用いるシルエットの数を増やすことができる.このときに問題となるのが,得られるシルエットに欠損領域や過抽出領域が含まれるときには,異...
豊浦 正広, 飯山 将晃, 舩冨 卓哉, 角所 考, 美濃 導彦
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   107(427) 69-74   2008年1月
視体積交差法では,形状獲得に用いるシルエットの数が多いほど,実形状に近い獲得形状が得られる.しかし,現実に設置できるカメラ台数には限界があるので,用いることのできるシルエットの数にも限界がある.そこで,時系列で得られる視体積を統合する手法が提案されてきた.この手法では,視体積から三次元特徴点を抽出し,物体の剛体運動を推定して時系列の視体積を統合する.これにより,用いるシルエットの数を増やすことができる.このときに問題となるのが,得られるシルエットに欠損領域や過抽出領域が含まれるときには,異...
濱田 浩気, 飯山 将晃, 角所 考, 美濃 導彦
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2007(2)    2007年3月
侯 書会, 飯山 将晃, 角所 考, 美濃導彦
情報処理学会研究報告グラフィクスとCAD(CG)   2006(119) 7-12   2006年11月
形状の局所的な特徴(複雑さ等)に基づいて得られるアフィン不変量を用いて、3Dモデルに対する電子透かし埋め込み手法を提案する。提案手法はモデルに対するアフィン変換、ランダムノイズ、クロッピング、メッシュの簡単化の四つの攻撃に耐えることを目的としている。また、著作権を主張すべき特徴のある形状に対して多くの透かしを埋め込むことができ、ランダムノイズへの耐性も高いという利点がある。In this paper, we propose a new watermarking method for 3D ...
飯山 将晃, 角所 考, 美濃 導彦
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   105(674) 81-86   2006年3月
照度差ステレオより得られる法線マップを利用することで視体積交差法では計測することのできない物体の凹面や計測が困難な物体の滑らかな曲面を計測する手法を提案する.法線マップより距離画像を復元する際に奥行きエッジに起因する距離画像の誤りが発生する.この誤差を軽減させるために,他方向からのシルエットを利用する.奥行きエッジを考慮せずに復元された距離画像は他方向から得られたシルエットとの整合性を欠く場合が多いという性質を利用し,距離画像とシルエットとの整合性および距離画像と法線マップとの整合性を表す...
岡田 尚基, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 角所 考, 美濃 導彦
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2006    2006年3月
大島 康介, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 角所 考, 美濃 導彦
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2006    2006年3月
ピッチャヤガン テムニランラット, 豊浦 正広, 飯山 将晃, 角所 考, 美濃 導彦
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2006(2)    2006年3月
陳 蘇, 飯山 将晃, 角所 考, 美濃 導彦
システム制御情報学会 研究発表講演会講演論文集   6(0) 300-300   2006年
 物体の部分ごとに利用者が要求する形状記述の分解能が異なる。また、形状記述においてカメラ配置によって空間の分解能が変化する。このことに基づき本研究では、利用者が指定した形状記述の要求分解能を達成することが可能なカメラ配置を決定する手法を提案する。カメラ配置によって達成可能な分解能を多面体で表されるセルの集合を計算することによって見積もり、要求分解能を達成するカメラ配置をGAを用いて探索する。
侯 書会, 飯山 将晃, 角所 考, 美濃 導彦
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2005(2)    2005年3月
豊浦 正広, 飯山 将晃, 角所 考, 美濃 導彦
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2005(2)    2005年3月
飯山 将晃, 美濃 導彦
画像ラボ   15(11) 14-19   2004年11月
舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 角所 考, 美濃 導彦
情報科学技術フォーラム一般講演論文集   3(3) 407-408   2004年8月
飯山 将晃, 美濃 導彦
情報科学技術フォーラム一般講演論文集   3(3) 465-466   2004年8月
陳 蘇, 飯山 将晃, 角所 考, 美濃 導彦
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2004    2004年3月
時系列視体積の統合による3 次元復元形状の再現性の向上
豊浦正広, 飯山将晃, 角所考, 美濃導彦
画像の認識・理解シンポジウム2004, Vol.2, pp. 139-144      2004年   [査読有り]
クロッピングにロバストな3 D モデルに対する電子透かし埋 め込み手法
侯書会, 飯山将晃, 角所考, 美濃導彦
電子情報通信学会2005 年総合大会      2005年   [査読有り]
バーチャルスタジオにおける現実物体を用いた仮想物体の直接操作
大島康介, 舩冨卓哉, 飯山将晃, 角所考, 美濃導彦
電子情報通信学会2006 年総合大会, 2006-3.      2006年   [査読有り]
物体形状に関する性 質の利用による視体積交差法における線状部分の欠損の修復手法
テムニランラットピッチャヤガン, 豊浦正広, 飯山将晃, 角所考, 美濃導彦
電子情報通信学会2006年総合大会, 2006-3.      2006年   [査読有り]
Reconstruction and Manipulation of 3D Shapes with Deliberate Textures
Masahiro Toyoura; Masaaki Iiyama; Koh Kakusho; Michihiko Minoh
The 6th International Symposium of the Academic Center for Computing and Media Studies in Cooperation with International Multimedia Modeling Conference (MMM)      2008年
3D Shape Reconstruction with Random Pattern Backgrounds
Masahiro Toyoura; Masaaki Iiyama; Koh Kakusho; Michihiko Minoh
第6 回京都大学学術情報メディアセンターシンポジウム 2008 年1 月10 日( 本) 京都大学百周年時計台記念館国際交流ホールIll 京都大学学術情報メディアセンター 口頭発表I      2008年
バーチャルスタジオにおげる再帰性反射材 を用いた演技支援情報の指向性表示
早瀬直之, 藪内智浩, 角所考, 舩冨卓哉, 飯山将晃, 美濃導彦
第14回日本バーチャルリアリティ学会大会, 2009      2009年   [査読有り]
“姿勢事例の獲得とその補完による手の 計測形状の姿勢操作”
大内田裕胤,籔内智浩,舩冨卓哉,飯山将晃,椋木雅之,美濃導彦
画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2010),2010-07.      2010年   [査読有り]
舩冨 卓哉, 毛呂 功, 飯山 将晃, 美濃 導彦
電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎   102(737) 53-56   2003年3月
レーザーレンジファインダ等で取得される人体形状の点群データから、人体として妥当な表面を再構成する手法を提案する。従来手法では、腋下や股下のような凹面に人体として妥当でない余分な表面が発生してしまう。それに対し提案手法では、点群データを胸部・上腕などの体節ごとにクラスタリングし、各体節ごとに表面を再構成することで、余分な表面を発生させることなく表面を再構成できる。点群データのクラスタリングは、複数の円筒からなる人体モデルを用いた姿勢推定および点群データの空間中の分布に基づいて行なわれる。シミ...
丸谷 宜史, 飯山 将晃, 美濃 導彦
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2003(2)    2003年3月
豊浦 正広, 飯山 将晃, 角所 考, 美濃 導彦
画像電子学会年次大会予稿集   31(0) 35-36   2003年
視体積交差法を用いて再現性の高い3次元形状を獲得することを目指す。時系列で得られた視体積を統合することにより実際に用いるカメラ台数よりも多くのカメラ台数を用いたときと等価な視体積を得ることができ、再現性が向上する。視体積の統合は各時刻で求められる視体積から特徴点を抽出し、物体の剛体運動を特徴点間の対応から求めることで実現する。特徴点として視体積上の突出した部分(突起)を採用する。視体積上の突起は、物体表面上で突出した部分と一致すると予想され、物体とカメラの位置関係によらず安定して抽出される...
飯山 将晃, 亀田 能成, 美濃 導彦
情報科学技術フォーラム一般講演論文集   2002(3) 15-16   2002年9月
舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 水田 忍, 美濃 導彦
情報科学技術フォーラム一般講演論文集   2002(3) 285-286   2002年9月
松村 晋吾, 水田 忍, 飯山 将晃, 美濃 導彦
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   101(653) 41-46   2002年2月
衣服設計のような、現実に則した人体表面形状の変形情報が必要な場合、適当な規則により形状を生成する従来の人体モデルでは十分な精度を持つ表現が得られない。本研究では、衣服設計で重要な肩の形状表現を目的として様々な姿勢における実計測形状を取得し、操作者が操作する肩関節モデルにその形状を変形させて貼り付ける事により、現実に則した肩形状変形を表現する手法を提案し、評価実験により手法の有効性を示す。
飯山 将晃, 亀田 能成, 美濃 導彦
研究会講演予稿   190 43-48   2001年11月
飯山 将晃, 青木 啓史, 亀田 能成, 美濃 導彦
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   100(360) 17-22   2000年10月
未知光源環境における鏡面反射成分を含む反射特性を並列計算可能なアルゴリズムで再構成する方法を提案する.観測の対象空間をボクセルの集合として表現し, ボクセル毎に独立した計算で反射特性の再構成を行うことで並列計算可能な手法を実現する.光の反射を記述する一般的なモデルの一つであるTorrance-Sparrow反射モデルを改良して, ボクセル独立な再構成計算に適した新たな反射モデルを導入し, この新たな反射モデルに基づいて反射特性の推定をボクセル独立に行う.まず, 物体表面に属するボクセル(表...
飯山 将晃, 亀田 能成, 美濃 導彦
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2000    2000年9月
飯山 将晃, 亀田 能成, 美濃 導彦
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   1998    1998年9月

書籍等出版物

 
コンピュータビジョン ―アルゴリズムと応用―
R. Szeliski 著,玉木 徹,福嶋 慶繁,飯山 将晃,鳥居 秋彦,栗田 多喜夫,波部 斉,林 昌希,野田 雅文訳
共立出版   2013年3月   ISBN:432012328X

講演・口頭発表等

 
サステイナブル漁業に向けた水産海洋データ処理 [招待有り]
飯山将晃
JST-NSF-DATAIA国際連携シンポジウム   2019年3月11日   
海を機械学習の目で『観る』〜AI漁業に向けた水産海洋データ処理〜 [招待有り]
飯山将晃
海洋研究開発機構 第17回「公開」AI勉強会   2018年11月13日   
サステイナブル漁業に向けたデータ指向型リアルタイム解析基盤の開発 [招待有り]
飯山将晃
人工知能学会全国大会   2018年6月6日   
AI + 衛星観測画像 〜海洋水産イノベーション創発に向けた技術開発〜 [招待有り]
飯山将晃
ニッポンクラウドワーキンググループ第51回会合   2018年6月8日   
パターン認識技術の海洋産業への応用 [招待有り]
飯山将晃
京大テックフォーラム   2018年5月18日   

特許

 
特願2019-026013 : モデル生成装置、予測装置、モデル生成方法、及びモデル生成プログラム
橋本敦史, 上川優太, 薗頭元春, 飯山将晃
特願2018-139601 : 修復用関数調整システム、データ修復装置、修復用関数調整方法、修復用関数生成方法、 およびコンピュータプログラム
飯山 将晃, 美濃 導彦, 笠原 秀一, 柴田 哲希, 橋本 敦史
特願2016-138105 : クラスタ評価装置、クラスタ数算出装置、クラスタ装置、クラスタ評価方法、およびプログラム
橋本敦史,伊奈拓郎,飯山将晃,森 幹彦,笠原秀一,美濃導彦