倉持 昌弘

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/22 12:48
 
アバター
研究者氏名
倉持 昌弘
 
クラモチ マサヒロ
eメール
masahiro-kuramochiedu.k.u-tokyo.ac.jp
所属
東京大学
部署
大学院新領域創成科学研究科
職名
助教
学位
博士(学術)(筑波大学)
その他の所属
国立研究開発法人産業技術総合研究所

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
東京大学 大学院新領域創成科学研究科 助教
 
2013年9月
 - 
2014年3月
国立研究開発法人 産業技術総合研究所 バイオメディカル研究部門 協力研究員
 
2011年4月
 - 
2013年8月
株式会社ハーディ システムエンジニア
 

学歴

 
2014年4月
 - 
2017年3月
筑波大学大学院 生命環境科学研究科 生物機能科学専攻
 
2009年4月
 - 
2011年3月
茨城大学大学院 理工学研究科 知能システム工学専攻
 
2005年4月
 - 
2009年3月
茨城大学 工学部 知能システム工学科
 

論文

 
An excitatory/inhibitory switch from asymmetric sensory neurons defines postsynaptic tuning for a rapid response to NaCl in Caenorhabditis elegans.
M. Kuramochi, M. Doi
Frontiers in Molecular Neuroscience      2019年1月   [査読有り]
X-ray Observations of Single Bio-Supramolecular Photochirogenesis
J. W. Chang, H. Sekiguchi, M. Kuramochi, Y. Inoue, K. Ichiyanagi, M. Nishijima, Y.C. Sasaki
Biophysical Chemistry   242 1-5   2018年11月   [査読有り]
Diffracted X-ray Blinking Tracks Single Protein Motions
H. Sekiguchi, M. Kuramochi, K. Ikezaki, Y. Okamura, K. Yoshimura, K. Matsubara, J. W. Chang, N. Ohta, T. Kubo, K. Mio, Y. Suzuki, L. M. G. Chavas, and Y. C. Sasaki
Scientific Reports   8 17090   2018年11月   [査読有り]
A simple method for visualization of locus-specific H4K20me1 modifications in living Caenorhabditis elegans single cells
Y. Shinkai, M. Kuramochi, M. Doi
G3 (Bethesda)   8(7) 2249-2255   2018年7月   [査読有り]
Regulation of chromatin states and gene expression during HSN neuronal maturation is mediated by EOR-1/PLZF, MAU-2/cohesin loader, and SWI/SNF complex
Y. Shinkai, M. Kuramochi, M. Doi
Scientific Reports   8 7942   2018年5月   [査読有り]
A Computational Model Based on Multi-Regional Calcium Imaging Represents the Spatio-Temporal Dynamics in a Caenorhabditis elegans Sensory Neuron
M. Kuramochi and M. Doi
PLOS ONE   12(1)    2017年   [査読有り]
M. Kuramochi, Y. Iwasaki
Lecture Notes in Computer Science   6443 17-24   2010年11月   [査読有り]

受賞

 
2015年12月
DAILAB CAFE-PLUS series 03 Best Presentation Award (runner-up)
 
2014年11月
The Irago Conference 2014 Best Presentation Award (Graduate Student Session)
 
2011年6月
日本学生支援機構 大学院第一種奨学金 特に優れた業績による返還免除
 
2011年3月
OIST 英文懸賞論文入選
 
2011年1月
7th Asia Biophysics Association (ABA) Symposium ABA Travel Award
 

Misc

 
線虫C.エレンガンスを用いた不凍タンパク質のin vivo解析
倉持昌弘,高梨千晶,山内彩加林,戸井基道,三尾和弘,津田栄,佐々木裕次
低温生物工学会誌   64(2)    2019年   [査読有り]
線虫C. elegansの味覚神経活動の時空間動態解析
倉持 昌弘、戸井 基道
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   114(515) 169-172   2015年3月

講演・口頭発表等

 
生きた線虫体内の不凍タンパク質動態を捉える生体内時分割1分子測定
倉持昌弘 、高梨千晶、関口博史、青山光輝、戸井基道、三尾和弘、津田栄、佐々木裕次
第32回日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム   2019年   
TRPV1チャネルの1分子内回転動態の決定
藤村 章子、三尾 和弘、倉持 昌弘、関口 博史、三尾 宗代、久保 泰、佐々木 裕次
第32回日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム   2019年   
X線1分子追跡法によるTRPV1チャネル回転動態の決定
三尾 和弘、藤村 章子、倉持 昌弘、関口 博史、三尾 宗代、久保 泰、佐々木 裕次
第41回日本分子生物学会年会   2018年   
時分割X線回折ブリンキングによる生体内1分子動態の観察
倉持 昌弘、石原 正輝、藤村 章子、戸井 基道、三尾 和弘、佐々木 裕次
第41回日本分子生物学会年会   2018年   
不凍タンパク質は低温環境下における線虫の細胞を保護し低温耐性を強化する
高梨千晶、倉持昌弘、山内彩加林、戸井基道、三尾和弘、津田栄、佐々木裕次
第41回日本分子生物学会年会   2018年   

競争的資金等の研究課題

 
蛍光生体イメージングと計算機シミュレーションによる線虫神経の時空間活動解析
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 倉持 昌弘