山口 正洋

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/06 10:06
 
アバター
研究者氏名
山口 正洋
 
ヤマグチ マサヒロ
ハンドル
Myamaguchi
eメール
yamaguchikochi-u.ac.jp
URL
http://www.kochi-ms.ac.jp/~ff_phsl1/
所属
高知大学
部署
医学部生理学講座(統合生理学)
職名
教授
学位
医学博士(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
高知大学 医学部 生理学講座(統合生理学) 教授
 
2000年8月
 - 
2016年3月
東京大学 大学院医学系研究科 講師
 
1999年6月
 - 
2000年7月
東京大学 大学院医学系研究科 助手
 
1996年10月
 - 
1999年5月
科学技術振興事業団 さきがけ研究(遺伝と変化領域) 研究員
 
1996年10月
 - 
1999年5月
理化学研究所 脳科学総合研究センター  機能分子研究チーム  研究員
 

論文

 
Yasaka K, Mori T, Yamaguchi M, Kaba H
Cognitive processing      2018年11月   [査読有り]
Murofushi W, Mori K, Murata K, Yamaguchi M
Scientific reports   8(1) 13204   2018年9月   [査読有り]
Nogueira L, Trisko BM, Lima-Rosa FL, Jackson J, Lund-Palau H, Yamaguchi M, Breen EC
The Journal of physiology   596(14) 2901-2916   2018年7月   [査読有り]
Huang GZ, Taniguchi M, Zhou YB, Zhang JJ, Okutani F, Murata Y, Yamaguchi M, Kaba H
Learning & memory (Cold Spring Harbor, N.Y.)   25(4) 147-157   2018年4月   [査読有り]
Kawai H, Kawaguchi D, Kuebrich BD, Kitamoto T, Yamaguchi M, Gotoh Y, Furutachi S
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   37(49) 11867-11880   2017年12月   [査読有り]
Okuda K, Kobayashi S, Fukaya M, Watanabe A, Murakami T, Hagiwara M, Sato T, Ueno H, Ogonuki N, Komano-Inoue S, Manabe H, Yamaguchi M, Ogura A, Asahara H, Sakagami H, Mizuguchi M, Manabe T, Tanaka T
Neurobiology of disease   106 158-170   2017年10月   [査読有り]
Rich B, Scadeng M, Yamaguchi M, Wagner PD, Breen EC
The Journal of physiology   595(17) 5931-5943   2017年9月   [査読有り]
Ochi T, Kawaguchi T, Nakahara T, Ono M, Noguchi S, Koshiyama Y, Munekage K, Murakami E, Hiramatsu A, Ogasawara M, Hirose A, Mizuta H, Masuda K, Okamoto N, Suganuma N, Chayama K, Yamaguchi M, Torimura T, Saibara T
Scientific reports   7(1) 10146   2017年8月   [査読有り]
Yamaguchi M
Neuroscience research   118 21-29   2017年5月   [査読有り]
Klein D, Steens J, Wiesemann A, Schulz F, Kaschani F, Röck K, Yamaguchi M, Wirsdörfer F, Kaiser M, Fischer JW, Stuschke M, Jendrossek V
Antioxidants & redox signaling   26(11) 563-582   2017年4月   [査読有り]

Misc

 
匂い行動と腹側線条体:嗅結節の構造と機能
山口 正洋
Clinical Neuroscience   36(12) 1415-1417   2018年12月
山口 正洋
肥満研究 = Journal of Japan Society for the Study of Obesity : 日本肥満学会誌   24(2) 79-83   2018年
【食欲と食嗜好のサイエンス 体外からの味・匂いと体内の栄養情報に揺り動かされる決断のメカニズム】 食行動を支える嗅覚 匂いによる食欲の制御機構
山口 正洋
実験医学   35(6) 911-916   2017年4月
食行動は食欲、すなわち食べたいというモチベーションに支えられている。しかし、どのような脳の働きによって食のモチベーションが生まれているかはよくわかっていない。「食べ物の匂い」はわれわれの食欲を強く刺激する感覚入力である。本稿では、嗅覚神経回路が情動・モチベーションの神経回路と密接に結びついていること、嗅皮質には匂いが誘導するモチベーションに対応した機能ドメインがあることを紹介し、食べ物の匂いを新たに学習して食のモチベーションに結びつける神経機構がわれわれの食行動を大きく左右することを説明す...
山口 正洋
日本味と匂学会誌 = The Japanese journal of taste and smell research   24(1) 3-10   2017年4月

書籍等出版物

 
The olfactory system: from odor molecules to motivational behaviors.
Yamaguchi M. (担当:分担執筆, 範囲:Interneurons in the olfactory bulb: roles in the plasticity of olfactory information processing.)
Springer   2014年   
Neurogenesis in the Adult Brain.
Yamaguchi M. (担当:分担執筆, 範囲:Development and survival of adult-born olfactory neurons.)
Springer   2011年   

競争的資金等の研究課題

 
匂い学習記憶を支える嗅覚系の多領域ネットワーク機能の解析
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究)
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 山口 正洋
嗅球神経回路の可塑性における末梢性・中枢性シナプス入力の機能解析
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究B)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 山口 正洋
覚醒睡眠サイクルに基づく匂い学習記憶と嗅覚神経回路の可塑性の解析
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究)
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 山口 正洋
嗅覚情動行動を担う嗅皮質機能単位の解析
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域)
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 山口 正洋
嗅覚行動と睡眠による嗅球新生神経細胞の組み込みと排除機構の解明
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 山口 正洋