山野 真裕

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/23 11:13
 
アバター
研究者氏名
山野 真裕
 
ヤマノ マサヒロ
ハンドル
M.Yamano

研究分野

 
 

経歴

 
2016年5月
 - 
現在
国立研究開発法人科学技術振興機構(JST) イノベーション拠点推進部 主任調査員
 
2014年7月
 - 
2016年3月
東京大学 リサーチ・アドミニストレーター推進室 シニア・リサーチ・アドミニストレーター
 
2012年3月
 - 
2014年6月
東京大学 大学院理学系研究科 リサーチ・アドミニストレーター
 
1999年4月
 - 
2012年2月
民間企業、独立行政法人等
 

受賞

 
2010年8月
日本工学教育協会 日本工学教育協会賞 論文・論説賞
受賞者: 山野真裕, 松木範明, 沼山恵子, 武田元博, 早坂智明, 石川拓司, 山口隆美
 
1995年3月
岡山県津山市 箕作賞
 

論文

 
日本の高等教育におけるリサーチ・アドミニストレーターの形成初期の歴史
山野 真裕
東京大学大学院教育学研究科紀要   56 49-60   2017年3月
大学のリサーチ・アドミニストレーターの導入と変遷に関する日米比較 ―リサーチ・デベロップメント機能の拡大
山野 真裕
大学経営政策研究   (6) 69-82   2016年3月   [査読有り]
山野 真裕, 鳥谷 真佐子
カレントアウェアネス   (322) 2-4   2014年12月   [招待有り]
山野 真裕
研究技術計画   29(2) 132-143   2014年9月   [招待有り]
学際研究の進展は,学問の進化の過程そのものである。学際研究進展と大学組織改革は,一方向的なものでなく,相互に作用を及ぼすものである。本稿では,東京大学大学院理学系研究科における事例として,(1)学際研究の進展に伴う組織改編および学際研究促進のための組織新設,(2)俯瞰力と独創力の養成を目指した大学院教育改革,(3)研究支援の専門職であるリサーチ・アドミニストレーター(URA)の配置を取り上げる。これらの3つの事例を通じて,学際研究の進展が大学の組織に変化を促し,また,大学が組織を変えること...
山野 真裕, 山口 隆美
医療機器学 = The Japanese journal of medical instrumentation   81(5) 357-368   2011年10月   [査読有り]
Matsuki N, Takeda M, Yamano M, Imai Y, Ishikawa T, Yamaguchi T
Journal of interprofessional care   24(6) 738-741   2010年11月   [査読有り]
山口 隆美, 山野 真裕
機械の研究   62(1) 169-174   2010年1月   [招待有り]
Matsuki N, Takeda M, Yamano M, Imai Y, Ishikawa T, Yamaguchi T
Advances in physiology education   33(2) 91-97   2009年6月   [査読有り]
山野 真裕, 松木 範明, 沼山 恵子, 武田 元博, 早坂 智明, 石川 拓司, 山口 隆美
工学教育   57(2) 13-21   2009年3月   [査読有り]
We developed new bio-medical engineering curriculum for industrial engineers, and we confirmed that the engineer's needs and the educative effects by holding a trail program. This study in Tohoku University was supported by the Ministry of Economy...
山野 真裕, 松木 範明, 沼山 恵子, 武田 元博, 早坂 智明, 石川 拓司, 山口 隆美
工学教育   56(6) 125-132   2008年11月   [査読有り]
Tohoku University promotes the "REDEEM" project, which is a national project of Recurrent Education for the Development of Engineering Enhanced Medicine. This education system provides a curriculum for engineers who belong to bio-medical R. In Jap...

書籍等出版物

 
URAを知っていますか 大学、研究の新しい取り組みを支えるユニバーシティ・リサーチ・アドミニストレーター
東京大学URA推進室電子書籍プロジェクト編 (担当:分担執筆)
Apple iTunes   2013年12月   

講演・口頭発表等

 
東京大学の部局型URAの活動 [招待有り]
山野 真裕
第3回つくばURAフォーラム   2013年12月10日   
東京大学のベストプラクティス―多年度にわたる大型資金獲得の努力―
林 輝幸, 山野 真裕
第3回URAシンポジウム・第5回RA研究会合同大会   2013年11月18日   
部局型URAの戦略・プリ・ポストにおける総合的取組み
山野 真裕, 林 輝幸
第3回URAシンポジウム・第5回RA研究会合同大会   2013年11月18日   
Challenges in Research Administration at the University of Tokyo [招待有り]
Masahiro Yamano
International Symposium for Challenges in Today's Scientific Administration   2013年9月17日   
Citationから見る国際的、分野横断的な取り組み [招待有り]
山野 真裕
トムソン・ロイター 学術シンポジウム   2013年6月13日   
欧州研究マネジメント調査 [招待有り]
山野 真裕
第一回海外視察情報交換会   2013年5月27日   
東京大学理学系URAの取り組み [招待有り]
山野 真裕
第2回URAシンポジウム   2013年3月12日