Masahito Tachibana

J-GLOBAL         Last updated: Nov 28, 2018 at 18:34
 
Avatar
Name
Masahito Tachibana
Research funding number
30431571

Awards & Honors

 
 
Chromosome transfer in mature oocytes, First Prize for Technical Achievement in Video 2010, American Society for Reproductive Medicine(ASRM)annual meeting 2010
Winner: Masahito Tachibana, Michelle Sparman and Shoukhrat Mitalipov
 

Published Papers

 
Watanabe Z, Nishigori H, Tanoue K, Tanaka K, Iwama N, Satoh M, Murakami T, Nishigori T, Mizuno S, Sakurai K, Ishikuro M, Obara T, Tatsuta N, Saito M, Tachibana M, Fujiwara I, Arima T, Takeda T, Kuriyama S, Nakai K, Yaegashi N, Metoki H, Japan Environment & Children's Study Group.
Journal of affective disorders   245 475-483   Nov 2018   [Refereed]
Tachibana M, Kuno T, Yaegashi N
Reproductive medicine and biology   17(4) 421-433   Oct 2018   [Refereed]
Kuno T, Tachibana M, Muramatsu S, Eishi Y, Fujimine A, Tokunaga H, Yaegashi N
The journal of obstetrics and gynaecology research      Sep 2018   [Refereed]
Kurosawa H, Utsunomiya H, Shiga N, Takahashi A, Ihara M, Ishibashi M, Nishimoto M, Watanabe Z, Abe H, Kumagai J, Terada Y, Igarashi H, Takahashi T, Fukui A, Suganuma R, Tachibana M, Yaegashi N
Human reproduction (Oxford, England)   31(10) 2321-2330   Oct 2016   [Refereed]
Ma H, Morey R, O'Neil RC, He Y, Daughtry B, Schultz MD, Hariharan M, Nery JR, Castanon R, Sabatini K, Thiagarajan RD, Tachibana M, Kang E, Tippner-Hedges R, Ahmed R, Gutierrez NM, Van Dyken C, Polat A, Sugawara A, Sparman M, Gokhale S, Amato P, Wolf DP, Ecker JR, Laurent LC, Mitalipov S
Nature   511(7508) 177-183   Jul 2014   [Refereed]

Misc

 
【がん・生殖医療】 【特集】がん・生殖医療 がん・生殖医療における妊孕性温存療法(男性)について知っておきたいこと
久野 貴司, 立花 眞仁, 八重樫 伸生
日本産科婦人科学会雑誌   70(4) 1310-1316   Apr 2018
男性不妊と顕微授精と次世代
立花 眞仁
日本産科婦人科学会雑誌   70(2) 404-404   Feb 2018
生殖医学の最先端 不妊症治療におけるブレイクスルーを目指して 成熟卵紡錘体置換(MST)法を用いた配偶子系列遺伝子治療確立へ向けて
立花 眞仁
日本産科婦人科学会雑誌   69(11) 2241-2251   Nov 2017
【ここが知りたい 産婦人科周術期管理】 女性医学領域 腟欠損症
志賀 尚美, 立花 眞仁, 八重樫 伸生
産科と婦人科   84(2) 203-208   Feb 2017
腟欠損症は思春期以降に、希望に応じて非観血的もしくは手術療法による造腟術が行われる。適切な腟所見を保つために、周術期管理に加えて、後療法としてプロテーゼによる自己管理やパートナーとの性交渉が重要である。周術期管理は手術術式によって異なるが、新生腟の感染予防と狭窄予防の管理につきる。後療法は患者の努力と忍耐が要求されるため、患者が手術目的を十分に理解し手術を希望しているか、高いコンプライアンスを維持できるか、医療者が術前に見定める必要がある。(著者抄録)
【発生および生体工学と生殖医療】 体細胞クローン胚の作製
立花 眞仁, Mitalipov Shoukhrat
HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY   23(2) 127-134   Jun 2016
体細胞クローン胚の作製においては(1)卵子の除核、(2)卵子へのドナー細胞導入、(3)卵子活性化などの重要なステップが存在する。われわれは霊長類(アカゲザル)におけるクローニングエフォートや配偶子系列遺伝子治療法の開発において常にヒトへの応用を意識したデータの蓄積を行い、"霊長類からヒト"へ、時には"ヒトから霊長類"へと、シームレスなtranslational researchを行ってきた。ここでは、ヒト組織適合性胚性幹細胞(NT-ESCs)樹立に至るまでのわれわれの体細胞核移植(SCNT...

Conference Activities & Talks

 
婦人科鏡視下手術における尿管ステントの有用性の検討
永井 智之, 渡邊 善, 徳永 英樹, 立花 眞仁, 島田 宗昭, 新倉 仁, 八重樫 伸生
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   Aug 2018   
不妊治療中に発見されたMixed germ cell tumorの一例
徳永 英樹, 渡邉 善, 立花 眞仁, 菅原 準一, 島田 宗昭, 八重樫 伸生
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   Aug 2018   
当院における子宮鏡下子宮中隔切除術の有効性の検討
志賀 尚美, 立花 眞仁, 井ヶ田 小緒里, 田中 恵子, 藤峯 絢子, 久野 貴司, 横山 絵美, 石橋 ますみ, 渡邉 善, 菅原 準一, 八重樫 伸生
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   Aug 2018   
宮城県のがん生殖医療の現状
田中 恵子, 立花 眞仁, 志賀 尚美, 渡邉 善, 吉田 仁秋, 山田 秀和, 星 和彦, 八重樫 伸生
東北連合産科婦人科学会総会・学術講演会プログラム・抄録集   Jun 2018   
当院における子宮体癌/子宮内膜異型増殖症に対するMPA療法の臨床的検討
横山 絵美, 志賀 尚美, 渡邉 善, 徳永 英樹, 立花 眞仁, 新倉 仁, 伊藤 潔, 八重樫 伸生
東北連合産科婦人科学会総会・学術講演会プログラム・抄録集   Jun 2018   

Patents

 
特願14798141.9-1403 PCT/US2014037897 : Human pluripotent stem cells produced by somatic cell nuclear transfer
Masahito Tachibana

Social Contribution

 
JCCG Press
[Interviewee, Media coverage cooperation]  29 Sep 2018 - 29 Sep 2018
LAMSEC
[Lecturer]