堀正明

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/21 17:29
 
アバター
研究者氏名
堀正明
 
ホリ マサアキ
URL
http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/40334867
部署
放射線医学講座
職名
准教授
学位
医学博士
科研費研究者番号
40334867
ORCID ID
0000-0002-1791-8032

プロフィール

 

研究分野

 
 

経歴

 
2010年1月
   
 
順天堂大学 准教授
 
2009年
   
 
東邦大学 医学部・講師
 

論文

 
Gros C, De Leener B, Badji A, Maranzano J, Eden D, Dupont SM, Talbott J, Zhuoquiong R, Liu Y, Granberg T, Ouellette R, Tachibana Y, Hori M, Kamiya K, Chougar L, Stawiarz L, Hillert J, Bannier E, Kerbrat A, Edan G, Labauge P, Callot V, Pelletier J, Audoin B, Rasoanandrianina H, Brisset JC, Valsasina P, Rocca MA, Filippi M, Bakshi R, Tauhid S, Prados F, Yiannakas M, Kearney H, Ciccarelli O, Smith S, Treaba CA, Mainero C, Lefeuvre J, Reich DS, Nair G, Auclair V, McLaren DG, Martin AR, Fehlings MG, Vahdat S, Khatibi A, Doyon J, Shepherd T, Charlson E, Narayanan S, Cohen-Adad J
NeuroImage   184 901-915   2019年1月   [査読有り]
Masaaki Hori, Akifumi Hagiwara, Akifumi Hagiwara, Issei Fukunaga, Ryo Ueda, Kouhei Kamiya, Yuichi Suzuki, Wei Liu, Katsutoshi Murata, Tomohiro Takamura, Nozomi Hamasaki, Ryusuke Irie, Ryusuke Irie, Koji Kamagata, Kanako Kunishima Kumamaru, Michimasa Suzuki, Shigeki Aoki
Scientific Reports   8    2018年12月
© 2018 The Author(s). Mapping of MR fiber g-ratio, which is the ratio of the diameter of the axon to the diameter of the neuronal fiber, is introduced in this article. We investigated the MR fiber g-ratio, the axon volume fraction (AVF) and the my...
Akifumi Hagiwara, Akifumi Hagiwara, Masaaki Hori, Koji Kamagata, Marcel Warntjes, Marcel Warntjes, Daisuke Matsuyoshi, Daisuke Matsuyoshi, Daisuke Matsuyoshi, Misaki Nakazawa, Ryo Ueda, Ryo Ueda, Ryo Ueda, Christina Andica, Saori Koshino, Saori Koshino, Tomoko Maekawa, Tomoko Maekawa, Ryusuke Irie, Ryusuke Irie, Tomohiro Takamura, Kanako Kunishima Kumamaru, Osamu Abe, Shigeki Aoki
Scientific Reports   8    2018年12月
© 2018 The Author(s). Magnetization transfer (MT) imaging has been widely used for estimating myelin content in the brain. Recently, two other approaches, namely simultaneous tissue relaxometry of R1and R2relaxation rates and proton density (SyMRI...
Hirai YT, Hattori MY, Khant ZA, Hori M, Saito K, Yokogami K, Takeshima H
Journal of neuroradiology. Journal de neuroradiologie      2018年11月   [査読有り]
Hara S, Hori M, Murata S, Ueda R, Tanaka Y, Inaji M, Maehara T, Aoki S, Nariai T
Stroke   49(10) 2504-2507   2018年10月   [査読有り]

Misc

 
【画像医学は今-2017年のトレンド、AI、Top Journalを探す旅】 MRI MRI2017 今後の動向
高野 直, 萩原 彰文, 堀 正明, 青木 茂樹
Rad Fan   15(4) 47-53   2017年3月
MRIの技術革新によってさまざまな撮像が可能となってきている。Synthetic MRIでは一度の撮像で、任意のコントラス強調画像を得ることができる。また、NODDI(neurite orientation dispersion and density imaging)やOGSE法(oscillating gradient spin-echo)によるバイオマーカー検出の可能性など、期待が大きい。MRIは非侵襲的に体内で起きていることを可視化できる素晴らしい技術であり、さらなる発展が期待され...
Neuromelanin and Midbrain Volumetry in Progressive Supranuclear Palsy and Parkinson's Disease(和訳中)
谷口 大祐, 波田野 琢, 鎌形 康司, 奥住 文美, 堀 正明, 青木 茂樹, 服部 信孝
パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集   12回 92-92   2018年7月
拡散MRIの白質モデル解析 NODDIって何?から今後の展望まで
神谷 昂平, 入江 隆介, 堀 正明, 青木 茂樹, 阿部 修
日本磁気共鳴医学会雑誌   38(2) 30-39   2018年5月
拡散MRIから定量値を得る方法を大きく2種類に分けると、一方は観測されたb値-信号の関係を一般的な数式表現で表すもの(DTIやDKI)、他方は予め組織微細構造の特徴量と信号との間の関係式(モデル)を考えておき、観測データにフィッティングをして特徴量(モデルパラメータ)を推定するneurite orientation dispersion and density imaging(NODDI)等である。拡散MRIの白質モデルについて、DTI/DKIとNODDIを中心に、現状と今後の課題について...
【症例から学ぶMRIの基礎-臨床に直結する知識-】 脳血管障害
堀 正明, 鈴木 通真, 入江 隆介, 隈丸 加奈子, 中西 淳, 青木 茂樹
画像診断   37(1) 10-19   2016年12月
本質に迫る研究をしよう!:前臨床研究へのお誘い 臨床の立場からの期待と要望
堀 正明
日本放射線技術学会総会学術大会予稿集   74回 86-86   2018年3月

書籍等出版物

 
土屋 一洋, 青木 茂樹, 堀 正明, 國松 聡, 野尻 龍二, 橋本 和大
学研メディカル秀潤社, 学研マーケティング (発売)   2010年   ISBN:9784780908138

競争的資金等の研究課題

 
脳ネットワーク解析を用いた慢性疼痛における下行性疼痛抑制系の検討
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2018年 - 2020年    代表者: 和田 昭彦
次世代核磁気共鳴イメージング撮像法の周産期脳障害への応用研究
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2017年 - 2019年    代表者: 池野 充
マルチモーダル磁気共鳴イメージングを用いた脊髄脊椎疾患の評価法の確立
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 堀正明
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 堀 正明
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 堀 正明
我々は,統合失調症の前駆状態,発症早期の状態における対象群の脳の構造変化を, 1.5テスラのMRIによる容積および拡散テンソル画像を用いてその解析を試みた.正常ボランティア群と比較し,後に統合失調症が発症しない群においても前駆状態にある対象群では初回検査時より脳の一部(嗅内野等)における委縮と,拡散テンソル解析による帯状束や前頭葉白質における異常が見られ,統合失調症への脆弱性を示唆するものであると考えられた.