基本情報

所属
慶應義塾大学 大学院 文学研究科 哲学・倫理学専攻 哲学分野 後期博士課程
NPO法人bootopia 副代表理事
独立行政法人日本学術振興会 特別研究員
学位
修士(哲学)(2016年3月 慶應義塾大学)

連絡先
masaishii.jsy.141keio.jp
J-GLOBAL ID
201901006340833400

1990年神奈川県横浜市生まれ。主専門としてエマニュエル・レヴィナス(Emmanuel Levinas, 1906-1995)、副専門として西周(にし・あまね, 1829-1887/文政12-明治30年)の哲学を研究しています。

1.レヴィナス研究
 主にこれまで1930年代から第一の主著『全体性と無限』(1961)までの時期に着目し、西洋哲学とユダヤ思想という双方の思想的基盤を参照することで、レヴィナス哲学の源泉を明らかにする作業を行ってきました。現在は、大きく分けて次の二つのプロジェクトに注力しています。

 (1)レヴィナスの時間論的読解
第一の主著『全体性と無限』を経て、第二の主著『存在するとは別の仕方で、あるいは存在することの彼方へ』(1974)に至るまでのレヴィナスの思考の歩みを、〈時間〉という観点から体系的に読解する作業を進めています。

 (2)レヴィナス的「倫理」の再定式化
レヴィナスの「倫理」やエロスにかんする記述を、徳倫理学やケアの倫理、現象学的倫理学等の議論と突き合わせることで、その倫理学的な身分や特徴を再整理し、新たな解釈を提示することにも関心があります。

2.西周研究
 2016年から副専門として、「日本の哲学の父」とも称される西周についての研究も開始しました。現在のところ、(1)西周を中心とした、幕末から明治初期の日本における哲学受容史の研究や(2)西周の翻訳(訳語創出)や日本語論にかんする哲学的考察に関心を持って取り組んでいます。
 今後はそこで得られた成果を足掛かりに、(3)日本というフィールドや日本語に着目した「翻訳の哲学」、(4)現代において日本[語]で哲学[研究]することの意義についても考えたいと思っています。

3.アカデミックキャリアの開発と地域活性(NPO法人での活動)
 上記の西周研究と関連して、アカデミックキャリアの新しいかたちを模索し、支援する活動も行っています。とりわけ、地方に存在する文化資源に着目することで、人文学分野の大学院卒者や若手研究者・大学・自治体の三者間に互恵的な関係をつくり出すことに取り組んでいます。


書籍等出版物

  4

論文

  8

MISC

  12

講演・口頭発表等

  16

社会貢献活動

  9

メディア報道

  8

共同研究・競争的資金等の研究課題

  3