基本情報

所属
岐阜大学 応用生物科学部 共同獣医学科 臨床獣医学講座 獣医臨床繁殖学研究室 准教授
連合獣医学研究科 准教授
学位
博士(獣医学)

研究者番号
00503327
J-GLOBAL ID
200901095059400370
researchmap会員ID
5000099308

臨床獣医学に立脚したトランスレーショナル研究 

ゲノム編集・遺伝子改変などのマイクロミニピッグにおける生殖発生学研究を軸としたトランスレーショナル研究を進めている。生殖発生工学研究として,①マイクロミニピッグにおける胚生産技術の構築(OPU,ETなど),②精巣組織の気層液相培養による精子形成研究を行っている。 トランスレーショナル研究として,A. マイクロミニピッグモデルを作出し,B.  獣医学的なスキルならびに付属動物病院の大型診断治療機器であるCT,MRI,放射線治療器を活用することで,医薬品・医療機器開発を進めている。

 

 日本在来馬の保全に関する研究 

わが国の文化的ならびに生物学的多様性を担う在来馬の保全に関する研究を進めている。保全生物学ならびに社会学的視点を有した在来馬の保全論構築を目指している。すでに失われた在来馬の文脈を見直し,持続可能な保全につなげられる新たな価値の創出を試みている。たとえば,長野県の天然記念物である木曽馬の保全においては,開田高原における伝統的草地を復元することで,観光,環境教育,耕作放棄地対策,中山間地草地における生物多様性にどのような影響を与えるかを調べている。

 


論文

  69

MISC

  92

書籍等出版物

  1

共同研究・競争的資金等の研究課題

  6

社会貢献活動

  10