SEO MASAKI

J-GLOBAL         Last updated: Nov 16, 2019 at 03:00
 
Avatar
Name
SEO MASAKI
URL
http://researchmap.jp/masakiseo/
Affiliation
Ibaraki University
Section
Institute for Liberal Arts Education, Department of Global Education
Job title
Associate Professor
Degree
Bachelor of Arts in Teaching English as a Second Language(Hawaii Pacific University), Minor in Social Sciences(Hawaii Pacific University), Bachelor of Arts in Religion(University of Hawaii at Manoa), Master of Arts in Second Language Studies(University of Hawaii at Manoa), Ph.D in Linguistics(Sophia University)
Other affiliation
Ibaraki University
Research funding number
20761026

Profile

言語教育(特に日本語教育)、教育社会学を専門としている。これまで海外を拠点に研究を行ってきたため、海外における日本語教育のあり方についての批判的な検討を学習者と教師の視点から試みてきた。

学習者の視点
学習者の動機や動機減退要因を調査していくなかで、余暇活動と消費としての日本語学習の存在を明らかにした。その上で、学習者の視点に立った実践研究を行っている。

教師の視点
海外で働く教師達にインタビューを行った結果から、教師達の対立や孤立感を浮き彫りにした。そして、海外で働く教師のためのオンラインコミュニティを立ち上げ、企画・運営した結果を実践研究という形で報告している。

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
2005
 - 
2006
Credit Teacher/Senior Counselor, Mori no Ike, Concordia Language Village
 
2007
 - 
2008
Credit Program Facilitator, Mori no Ike, Concordia Language Villages
 
Jan 2008
 - 
Jan 2009
Adjunct Instructor, Hawaii Pacific University
 
Jan 2009
 - 
Aug 2009
Part-time instructor, School of Professional and Continuing Education, The University of Hong Kong
 
Sep 2009
 - 
Dec 2011
Assistant College Lecturer, School of Professional and Continuing Education, The University of Hong Kong
 

Education

 
Jun 2002
 - 
May 2005
College of International Studies, Hawaii Pacific University
 
Aug 2005
 - 
Aug 2006
Department of Religion, College of Arts and Humanities, University of Hawaii at Manoa
 
Aug 2006
 - 
Dec 2008
Department of Second Language Studies, University of Hawaii at Manoa
 
Apr 2011
 - 
Mar 2014
Linguistics, Graduate School, Division of Foreign Language, Sophia University
 

Committee Memberships

 
Oct 2019
   
 
Studying Abroad Special Interest Group, The Japan Association Language Teaching  Program Chair
 
Nov 2018
 - 
Sep 2019
Studying Abroad Special Interest Group, The Japan Association Language Teaching  Publicity Chair
 
Jun 2008
 - 
Dec 2008
Hawaii TESOL  Past President
 
Jan 2007
 - 
May 2008
Hawaii TESOL  President
 
Sep 2006
 - 
Dec 2006
Hawaii TESOL  Vice President
 

Awards & Honors

 
2005
United States of America, The Patricia A. Williams Prize in Education, Alpha Chi
Winner: Masaki Seo
 

Published Papers

 
映像を用いた実践共有の課題と可能性―日本語中級クラスにおけるインタビュー・プロジェクトの映像化から
瀬尾匡輝・瀬尾悠希子
茨城大学全学教育機構論集グローバル教育研究   (2) 87-90   Feb 2019   [Refereed]
How teachers' belief on grammar is constructed: From the perspective of localization in language education
Masaki Seo
Journal CAJLE   (19) 23-41   Jul 2018   [Refereed]
「消化不良のままうそつきって思いながら授業してる」―海外で働く日本語教師の実践の構築・再構築
瀬尾匡輝
上智大学英語教員研究   (66) 22-43   Apr 2018   [Invited]
海外で働く日本語教師の実践の再構築―グローバルナレッジとローカルナレッジに着目して
瀬尾匡輝
茨城大学全学教育機構論集グローバル教育研究   (1) 85-104   Feb 2018   [Refereed]
コミュニティと関わり、コミュニティに働きかけるプロジェクト活動―留学生と日本人学生がともに学ぶ授業実践から
瀬尾匡輝
イマ×ココ   (5) 36-41   Dec 2017   [Refereed]

Misc

 
言語教育の商品化と消費が進むなかで、私たちは…。
瀬尾匡輝・佐野香織・瀬尾悠希子・米本和弘
日本語教育学のデザイン―その地と図を描く      Jun 2016
書評:香港における実践研究共同体の形成を目指して―細川英雄・三代純平(編)『実践研究は何をめざすか―日本語教育における実践研究の意味と可能性』
瀬尾匡輝
日本学刊   (18) 220-224   Jul 2015   [Refereed]
Teacher education in the era of post-method: A case of “Japanese language education” course at the graduate school in Hong Kong
SEO Masaki
2013年度日本語教育実践研究フォーラム報告      2013
Toward the possibility of study groups outside Japan via the internet: An experiment connecting multiple locations with USTREAM and Google+
Seo Masaki, YONEMOTO Kazuhiro, AOYAMA Reijiro, YAMAGUCHI Yukiko
2012年度日本語教育実践研究フォーラム報告      2012
A Trial of Task-Based Language Teaching (TBLT) Abroad: Experience from an Introductory Japanese Course in an Adult Education Program
Masaki Seo
2010年度日本語教育実践研究フォーラム報告      2010

Books etc

 
瀬尾匡輝 (Part:Editor, 編者)
茨城大学グローバル教育センター   Mar 2019   
瀬尾匡輝 (Part:Editor, 編者)
茨城大学グローバル教育センター   Jan 2018   
言語教育の「商品化」と「消費」を 考えるシンポジウム運営委員会 (Part:Editor, 委員長:瀬尾匡輝)
2016   
英語教育と文化・人種・ジェンダー (久保田竜子著作選2)
久保田竜子 (Part:Joint Translation, 第4章翻訳)
くろしお出版   Aug 2015   
グローバル化社会と言語教育 ―クリティカルな視点から (久保田竜子著作選1)
久保田竜子 (Part:Joint Translation, 第7章翻訳)
くろしお出版   Aug 2015   

Conference Activities & Talks

 
言語教育サービスの商品化に対する教師の意識―香港とベトナムの教師の比較から
瀬尾匡輝
日本語教育学会2019年度秋季大会   24 Nov 2019   日本語教育学会
Intercultural Co-Learning: Solving a Problem
Masaki Seo
JALT2019 Annual Conference   2 Nov 2019   
言語教育サービスの商品化―教育産業以外の企業が設置した日本語教室で働く教師の経験から
瀬尾匡輝
日本教育社会学会第71回大会   13 Sep 2019   
遠隔による日本語教育実習―日本とブルネイ・ダルサラーム国間の実践から
瀬尾匡輝・本間咲耶
CASTEL/J(日本語教育支援システム研究会)2019   11 Aug 2019   
"We do not pander to our customers": Commodification of Japanese language
Masaki Seo
The 4th Forum on Sociology of Education at Beijing Normal University   28 Jun 2019   Faculty of Education, Beijing Normal University

Research Grants & Projects

 
言語学習の「商品化」と「消費」の包括的な理解を目指した調査研究
日本学術振興会: 
Project Year: Apr 2017 - Mar 2020
新自由主義的競争原理が広がる現代社会において、各日本語教育機関は学習者を獲得するために、日本語学習の「商品化」を試みている。そして、学習者は多様な興味や関心に合わせて商品化された日本語学習を「消費」している。言語教育分野におけるこれまでの研究では、商品化と消費を否定的に捉える傾向があった。だが、商品化と消費は学習者と教師双方に利益をもたらす可能性もある。そこで、本研究では香港とベトナムの日本語教育現場でどのように言語学習が商品化・消費されているのかを探り、商品化と消費が持つ否定的な面をどう...

Social Contribution

 
タイ ウボンラチャターニー大学教養学部 日本語学科 外部評価員
[Advisor, Report writing]  タイ ウボンラチャターニー大学教養学部 日本語学科  May 2018 - Jun 2018
External Examiner for the University of Hong Kong, School of Professional and Continuing Education
[Advisor]  University of Hong Kong, School of Professional and Continuing Education  2017