友永雅己

J-GLOBALへ         更新日: 18/07/10 15:07
 
アバター
研究者氏名
友永雅己
 
トモナガ マサキ
ハンドル
Masaki Tomonaga
eメール
tomonaga.masaki.4mkyoto-u.ac.jp
URL
https://nrid.nii.ac.jp/ja/nrid/1000070237139/
所属
京都大学
部署
霊長類研究所
職名
教授
学位
博士(理学)(京都大学)
ORCID ID
0000-0002-9319-6991

プロフィール

ほげほげ

研究分野

 
 

経歴

 
2006年
 - 
2012年
京都大学 霊長類研究所 准教授
 

論文

 
Wilson, D. A., & Tomonaga, M.
Primates   59 243-251   2018年   [査読有り]
Kawakami, F., Tomonaga, M., & Suzuki, J.
Primates   58 93-101   2017年1月   [査読有り]
Gao, J., Su, Y., Tomonaga, M., & Matsuzawa, T.
Primates   59(1) 7-17   2017年   [査読有り]
Gonseth, C., Kawakami, F., Ichino, E., & Tomomnaga, M.
Biology Letters   13 20170398   2017年   [査読有り]
Tatsumoto, S., Go, Y., Fukuta, K., Noguchi, H., Hayakawa, T., Tomonaga, M., Hirai, H., Matsuzawa, T., Agata, K., & Fujiyama, A.
Scientific Reports   7 13561   2017年   [査読有り]
Bard, K. A., Maguire-Herring, V., Tomonaga, M., & Matsuzawa, T.
Animal Cognition   in press    2017年   [査読有り]
Imura, T., Kawakami, F., Shirai, N., & Tomonaga, M.
Proceedings of the Royal Society Series B   284 20170564   2017年   [査読有り]
Sakai, T., Mikami, A., Suzuki, J., Miyabe-Nishiwaki, T., Matsui, M., Tomomnaga, M., Hamada, Y., Matsuzawa, T., Okano, H., & Oishi, K.
PLoS One   12 e0179624   2017年   [査読有り]
Altschul, D. M., Wallace, E. K., Sonnweber, R., Tomonaga, M., & Weiss, A.
Royal Society Open Science   4 170169   2017年   [査読有り]
Okamoto, M., Naito, M., Imai, S., Miyanohara, M., Nomura, Y., Saito, W., Momoi, Y., Takeda, K., Miyabe-Nishiwaki, T., Tomonaga, M., & Hanada, N.
Microbiology and Immunology   60(12) 811-816   2016年   [査読有り]
Matsuno, T., & Tomonaga, M.
Cognition   158 153-164   2016年   [査読有り]
Imura, T., Masuda, T., Wada, Y., Tomonaga, M., & Okajima, K.
Scietific Reports   6 34685   2016年   [査読有り]
Sakuraba, Y., Tomonaga, M., & Hayashi, M.
Primates   57(3) 403-412   2016年   [査読有り]
Wilson, D. A., Tomonaga, M., & Vick, S.-J.
Primates   57(3) 433-440   2016年   [査読有り]
Nishimura, T., Mori, F., Hanida, S., Kumahata, K., Ishikawa, S., Samarat, K., Miyabe-Nishiwaki, T., Hayashi, M., Tomonaga, M., Suzuki, J., Matsuzawa, T., & Matsuzawa, T
PLOS Computational Biology   12(3)    2016年   [査読有り]
Masaki Tomonaga, Kumazaki, K., Camus, F., Nicod, S., Pereira, C., Matsuzawa, T.
Biology Letters   11 20150701   2015年   [査読有り]
Kim, Y., Martinez, L., Choe, J. C., Lee, D-J., & Tomonaga, M.
Primates   56 193-200   2015年   [査読有り]
Yu, L., & Tomonaga, M.
Scientific Reports   5 10218   2015年   [査読有り]
Masaki Tomonaga, Imura, T.
i-Perception,   6(2) 104-107   2015年   [査読有り]
Masaki Tomonaga, Imura, T.
Scientific Reports   5 11437   2015年   [査読有り]
Tomonaga, M., Uwano, Y., Ogura, S., Chin, H., Dozaki, M., & Saito, T.
SpringerPlus,   4 352   2015年   [査読有り]
Okamoto, M., Imai, S., Miyanohara, M., Saito, W., Momoi, Y., Nomura, Y., Ikawa, T., Ogawa, T., Miyabe-Nishiwaki, T., Kaneko, A., Watanabe, A., Watanabe, S., Hayashi, M., Tomonaga, M., & Hanada, N.
Microbiology and Immunology   59-526-532   2015年   [査読有り]
Masaki Tomonaga
i-Perception   6(6) 1-5   2015年   [査読有り]
落合知美・綿貫宏史朗・鵜殿俊史・森村成樹・平田聡・友永雅己・伊谷原一・松沢哲郎
霊長類研究   31, 19-29   2015年   [査読有り]
陳香純・神田幸司・上野友香・友永雅己・中島定彦
Animal Behaviour and Management   51, 87-94   2015年   [査読有り]
Kret, M., Tomonaga, M., & Matsuzawa, T.
PLoS ONE   9(8) e104886   2014年   [査読有り]
Kishimoto, T., Ando,J., Tatara, S., Yamada, N., Konishi, K., Kimura, N., Fukumori, A., & Tomonaga, M.
Scientific Reports   4 6306   2014年   [査読有り]
Tomonaga, M., & Kaneko, T.
PeerJ   2 e637   2013年   [査読有り]
友永 雅己;伏見 貴夫
心理學研究   73(2) 111-120   2002年   [査読有り]
山梨祐美・小倉匡俊・森村成樹・林美里・友永雅己
Animal Behaviour and Management   52    2016年   [査読有り]

Misc

 
Visual attention for adult and infant faces in apes
Kawaguchi, Y., Kano, F., & Tomonaga, M.
The 9th International Symposium on Primatology and Wildlife Science, Kyoto, 3-5 March, 2018      2018年3月
The body inversion effect in chimpanzees (Pan troglodytes)
Gao, J., & Tomonaga, M.
The 9th International Symposium on Primatology and Wildlife Science, Kyoto, 3-5 March, 2018      2018年3月
Facial discrimination and attentional bias towards faces in chimpanzees
Wilson, D. A., & Tomonaga, M.
The 9th International Symposium on Primatology and Wildlife Science. Kyoto, 3-5 March, 2018      2018年3月
イルカ認知研究と大型類人猿の先例から
友永雅己
第三回水族館大学『イルカの飼育のこれから』、2018/3/9、京都大学      2018年3月
ハンドウイルカの視覚に関する実験と展示・解説活動の試み
山本知里・柏木伸幸・大塚美加・友永雅己
動物園大学8. 2018年3月21日. 広島      2018年3月
チンパンジー研究こぼれ話(その1)
友永雅己
日本モンキーセンター第5回ミュージアムトーク、2018/2/4、日本モンキーセンター      2018年2月
ハンドウイルカのコドモにおけるトリックの模倣と発達
山本知里・二階堂梨沙・柏木伸幸・大塚美加・友永雅己
心の先端研究ユニット研究交流会、2018年2月11日、京都      2018年2月
Exploring attentional bias in chimpanzees using the dot probe task
Wilson, D. A., & Tomonaga, M.
第62回プリマーテス研究会、2018年1月27-28日、日本モンキーセンター      2018年1月
Gaze pattern for adult and infant faces in chimpanzees
Kawaguchi, Y., & Tomonaga, M.
第62回プリマーテス研究会、2018年1月27-28日、日本モンキーセンター      2018年1月
The body inversion effect in chimpanzees (Pan troglodytes)
Gao, J., & Tomonaga, M.
第62回プリマーテス研究会、2018年1月27-28日、日本モンキーセンター      2018年1月
妨害刺激と標的刺激の提示時間差がチンパンジー(Pan troglodytes) とヒト(Homo sapiens) の音源定位能力に与える影響
瀧山拓哉・服部裕子・友永雅己
第62回プリマーテス研究会、2018年1月27-28日、日本モンキーセンター      2018年1月
ふるまいから探るチンパンジーのこころ
友永雅己
第1回犬山認知行動研究会議、2018/1/6-7、京都大学霊長類研究所      2018年1月
Comparative approach for understanding the recognition of infant
Kawaguchi, Y., & Tomonaga, M.
CER-NIE Joint Symposium, 9 December, 2017, Kyoto University      2017年12月
ハンドウイルカにおけるエコロケーションによる数の認識
櫻井夏子・友永雅己
海獣技術者研究会. 2017年12月. 東京      2017年12月
鹿児島県湾の鯨類調査におけるドローンの活用について
中村政之・柏木伸幸・山本知里・友永雅己
海獣技術者研究会. 2017年12月. 東京      2017年12月
ヒト児童における光沢質感の知覚
伊村知子・澤山正貴・白井述・友永雅己・西田眞也
日本基礎心理学会第36回大会,2017年12月3日,立命館大学大阪いばらきキャンパス      2017年12月
京都大学霊長類研究所のチンパンジー11個体の口腔健康状態について
桃井保子・齋藤渉・兼子明久・宮部貴子・友永雅己
第20回SAGAシンポジウム、2017年11月4-5日、日本モンキーセンター      2017年11月
京都大学霊長類研究所のチンパンジー1個体に生じた外傷歯に対する歯科処置と術後6年の経過
齋藤渉・兼子明久・宮部貴子・友永雅己・桃井保子
第20回SAGAシンポジウム、2017年11月4-5日、日本モンキーセンター      2017年11月
ハンドウイルカのコドモにおける模倣学習
山本知里・二階堂梨沙・柏木伸幸・大塚美加・友永雅己
第20回SAGAシンポジウム、2017年11月4-5日、日本モンキーセンター      2017年11月
チンパンジー口腔微生物叢の解析
岡本公彰・宮之原真由・今井奨・野村義・齋藤渉・桃井保子・兼子明久・宮部貴子・友永雅己・花田信弘
第20回SAGAシンポジウム、2017年11月4-5日、日本モンキーセンター      2017年11月
チンパンジーにおけるギャップ効果:定位反応課題による検討
横山実玖歩・友永雅己
第20回SAGAシンポジウム、2017年11月4-5日、日本モンキーセンター      2017年11月
The body inversion effect in chimpanzees (Pan troglodytes)
Gao, J., & Tomonaga, M.
第20回SAGAシンポジウム、2017年11月4-5日、日本モンキーセンター      2017年11月
Are chimpanzees attracted by infant conspecifics?
Kawaguchi, Y., & Tomonaga, M.
第20回SAGAシンポジウム、2017年11月4-5日、日本モンキーセンター      2017年11月
京都大学霊長類研究所におけるチンパンジーの健康診断
兼子明久・山中淳史・石上暁代・前田典彦・宮部貴子・林美里・友永雅己・鈴木樹理
第20回SAGAシンポジウム、2017年11月4-5日、日本モンキーセンター      2017年11月
Clever Hans 2017
友永雅己・熊崎清則・Camus, F.・Nicod, S.・Pereira, C.・Sauvage, P. C.・Gonseth, C.・原口大貴・松沢哲郎
第20回SAGAシンポジウム、2017年11月4-5日、日本モンキーセンター      2017年11月
SAGAから学んだこと
友永雅己
第20回SAGAシンポジウム、セッション①「SAGAの20年を振り返る」、2017年11月4-5日、日本モンキーセンター      2017年11月
ハンドウイルカのコドモにおけるトリックの模倣と発達
山本知里・二階堂梨沙・柏木伸幸・大塚美加・友永雅己
2017年度勇魚会シンポジウム. 2017年11月. 東京      2017年11月
Wilson, D. A., Tomonaga, M., & Vick, S.J.
50th Anniversary Meeting of the Primate Society of Great Britain. London (UK)      2017年11月
ハンドウイルカによるエコロケーションを用いた「数」の認知
友永雅己・櫻井夏子
第1回犬山鯨類鰭脚類行動シンポジウム、2017/10/14、京都大学霊長類研究所      2017年10月
ハンドウイルカの社会的知性に関する認知研究
山本知里・柏木伸幸・大塚美加・二階堂梨沙・西村香織・酒井麻衣・友永雅己
第1回犬山鯨類鰭脚類行動認知生態研究会、2017年10月14日、京都大学霊長類研究所      2017年10月
脳性まひチンパンジー女児の姿勢と行動ー麻痺側後肢の動きに着目して
櫻庭陽子・山田信宏・高橋一郎・川上文人・高塩純一・竹下秀子・田中正之・友永雅己・林美里
日本子ども学会第14回大会、2017年10月、岡山      2017年10月
イルカは世界をどう見ているか?─ 陸海空の心の世界 ─
友永雅己
平成29年度名古屋港水族館共同研究講演会、2017/9/23、名古屋港水族館      2017年9月
Are chimpanzees attracted by infant?
Kawaguchi, Y., & Tomonaga, M.
The 8th International Symposium on Primatology and Wildlife Science, Japan Monkey Centre, Inuyama, Aichi, Japan, September 26-28, 2017      2017年9月
The Body Inversion Effect in Chimpanzees (Pan troglodytes)
Gao, J., Tomonaga, M.
The 8th International Symposium on Primatology and Wildlife Science, Japan Monkey Centre, Inuyama, Aichi, Japan, September 26-28, 2017      2017年9月
Facial discrimination and attentional bias towards faces in chimpanzees - Final PWS Report
Wilson, D. A., & Tomonaga, M.
8th International Symposium on Primatology and Wildlife Science. Inuyama (Japan), September, 2017      2017年9月
チンパンジーにおけるギャップ効果:定位反応課題による検討
横山実玖歩・友永雅己
行動2017:日本動物行動学関連学会・研究会合同大会、2017/8/30-9/1、東大駒場キャンパス      2017年8月
協力課題におけるハンドウイルカのパートナーの認識
山本知里・柏木伸幸・大塚美加・西村香織・酒井麻衣・友永雅己
行動2017:日本動物行動学関連学会・研究会合同大会、2017/8/30-9/1、東大駒場キャンパス      2017年8月
Exploring attentional bias in chimpanzees using the dot probe task
Wilson, D. A., & Tomonaga, M.
行動2017:日本動物行動学関連学会・研究会合同大会、2017/8/30-9/1、東大駒場キャンパス      2017年8月
脳性まひチンパンジーの生後年間の発達と発達支援のとりくみ
竹下秀子・山田信宏・高塩純一・高橋一郎・櫻庭陽子・川上文人・福田佳子・金崎衣津子・本田裕介・多々良成紀・林美里・田中正之・友永雅己
行動2017:日本動物行動学関連学会・研究会合同大会、2017/8/30-9/1、東大駒場キャンパス      2017年8月
脳性まひチンパンジーにおける四肢行動形態の変化ー姿勢・行動との関連
櫻庭陽子・山田信宏・高橋一郎・川上文人・高塩純一・竹下秀子・田中正之・友永雅己・林美里
行動2017:日本動物行動学関連学会・研究会合同大会、2017/8/30-9/1、東大駒場キャンパス      2017年8月
The body inversion effect in chimpanzees (Pan troglodytes)
Gao, J., & Tomonaga, M.
行動2017:日本動物行動学関連学会・研究会合同大会、2017/8/30-9/1、東大駒場キャンパス      2017年8月
Reward value of conspecific infants in chimpanzees
Kawaguchi, Y., & Tomonaga, M.
行動2017:日本動物行動学関連学会・研究会合同大会、2017/8/30-9/1、東大駒場キャンパス      2017年8月
Clever Hans 2017:ウマにおける数の相対的大小判断の規定要因
友永雅己・熊崎清則・Camus, F.・Nicod, S.・Pereira, C.・Sauvage, P. C.・Gonseth, C.・原口大貴・松沢哲郎
行動2017:日本動物行動学関連学会・研究会合同大会、2017/8/30-9/1、東大駒場キャンパス      2017年8月
チンパンジーは特徴の「平均」を知覚できるのか?
伊村知子・和田有史・増田 知尋・白井述・川上 文人・岡嶋 克典・友永 雅己
行動2017:日本動物行動学関連学会・研究会合同大会、2017/8/30-9/1、東大駒場キャンパス      2017年8月
Effect of distractor timing on localizing auditory source in chimpanzees (Pan troglodytes)
Takiyama, H., Hattori, Y., &Tomonaga, M.
行動2017:日本動物行動学関連学会・研究会合同大会、2017/8/30-9/1、東大駒場キャンパス      2017年8月
A comparative approach to drumming behavior in chimpanzees
Yu, L., & Tomonaga, M.
The 6th Conference of the Asia-Pacific Society for the Cognitive Sciences of Music, Kyoto Women's Univ.      2017年8月
妨害刺激の再生タイミングがチンパンジー(Pan troglodytes)の音源定位能力に与える影響
瀧山拓哉・服部裕子・友永雅己
第33回日本霊長類学会大会、2017/7/15-17、コラッセふくしま      2017年7月
脳性まひチンパンジー女児の行動分析の試み
櫻庭陽子・山田信宏・高橋一郎・川上文人・高塩純一・竹下秀子・友永雅己・林美里
第33回日本霊長類学会大会、2017/7/15-17、コラッセふくしま      2017年7月
Sense of Number: 数の大小判断の種間比較
友永雅己・Pereira, C.・熊崎清則・原口大貴・櫻井夏子・Wilkinson, A.・Gonseth, C.・松沢哲郎
第33回日本霊長類学会大会、2017/7/15-17、コラッセふくしま      2017年7月
センス・オブ・ナンバー:動物たちは数をどう理解しているか
友永雅己
第38回京大モンキー日曜サロン、2017/6/25、日本モンキーセンター      2017年6月
妨害刺激とターゲット刺激の提示時間差がチンパンジーの音源定位能力に与える影響
瀧山拓哉・服部裕子・友永雅己
京都大学心の先端研究ユニット「こころの若手研究者交流大会」、2017/6/18、京都大学      2017年6月
京都大学霊長類研究所のチンパンジー1個体に生じた外傷歯に対する歯科処置と術後6年の経過
齋藤 渉・兼子明久・宮部貴子・友永雅己・桃井保子
日本歯科保存学会2017年度春季学術大会(第146回)、2017年6月8~9日、青森市文化会館      2017年6月
ハンドウイルカのコドモにおけるトリックの模倣学習.
山本知里・二階堂梨沙・柏木伸幸・大塚美加・友永雅己
第7回動物園大学「ず~ぞなもし」、2017年3月20日、愛媛県立とべ動物園      2017年3月
Do chimpanzee also prefer baby to adult? : preliminary report.
Kawaguchi, Y., & Tomonaga, M.
The 7th International Symposium on Primatology and Wildlife Science, Session “Equine Science”, March 6, 2017 Science Seminar House, Kyoto University.      2017年3月
How do chimpanzees discriminate primate species based on faces?
Wilson, D., & Tomonaga, M.
The 7th International Symposium on Primatology and Wildlife Science, Session “Equine Science”, March 6, 2017 Science Seminar House, Kyoto University      2017年3月
Learning the rules of the rock–paper–scissors game:Comparison between chimpanzees and human children.
Gao, J., Su, Y., Tomonaga, M., & Matsuzawa, T.
The 7th International Symposium on Primatology and Wildlife Science, Session “Equine Science”, March 6, 2017 Science Seminar House, Kyoto University      2017年3月
Visual size discrimination in bottlenose dolphins using computer–controlled monitor system.
Yamamoto, C., Kashiwagi, N., Otsuka, M., & Tomonaga, M.
The 7th International Symposium on Primatology and Wildlife Science, Session “Equine Science”, March 6, 2017 Science Seminar House, Kyoto University      2017年3月
How horses see the world: Comparative–cognitive perspective.
Tomonaga, M.
The 7th International Symposium on Primatology and Wildlife Science, Session “Equine Science”, March 6, 2017 Science Seminar House, Kyoto University      2017年3月
海のこころ ─「イルカからみた世界」をさぐる旅─.
友永雅己
第2回水族館大学 in 京都、『イルカショーの可能性と未来』、2017年2月24日、京都大学      2017年2月
Body inversion effect in chimanzees (Pan troglodytes).
Gao, J., & Tomonaga, M.
京都大学こころの先端研究ユニット総会、2017年2月12日、京都大学      2017年2月
ヒト以外の動物も赤ちゃんが好き?:経過報告.
川口ゆり・友永雅己
京都大学こころの先端研究ユニット総会、2017年2月12日、京都大学      2017年2月
Chimpanzees but not orangutans display aversive reactions toward their partner receiving a superior reward.
Kim, Y., Choe, J., Kim, D.S., Tomonaga, M.
第61回プリマーテス研究会、2017年1月28-29日、ニホンモンキーセンター      2017年1月
ハンドウイルカにおけるエコロケーションによる数の認識.
櫻井夏子・都築ななえ・亀垣ななみ・友永雅己
第61回プリマーテス研究会、2017年1月28-29日、ニホンモンキーセンター      2017年1月
The study of numerical competence in chimpanzees, horses, and tortoises.
原口大希・熊崎清則・Sauvage, P.・三井桃衣・半田希・長谷川裕士・Wilkinson, A.・友永雅己
第61回プリマーテス研究会、2017年1月28-29日、ニホンモンキーセンター      2017年1月
Learning the rock-paper-scissors game rule in chimpanzees and children.
Gao, J., Su, Y., Tomonaga, M., & Matsuzawa, T.
50th anniversary symposium of Primate Research Institute, Kyoto University, “Past, present, and future of primatology”, January 30-31, 2017, Inuyama, Aichi Japan      2017年1月
How do chimpanzees discriminate primate species based on faces?
Wilson, D., & Tomonaga, M.
50th anniversary symposium of Primate Research Institute, Kyoto University, “Past, present, and future of primatology”, January 30-31, 2017, Inuyama, Aichi Japan.      2017年1月
How chimpanzees and other animals use “numbers”: comparative study of relative numerosity judgments.
Tomonaga, M., Kumazaki, K., Gonseth, C., Haraguchi, D., Sakurai, N., & Wilkinson, A.
50th anniversary symposium of Primate Research Institute, Kyoto University, “Past, present, and future of primatology”, January 30-31, 2017, Inuyama, Aichi Japan.      2017年1月
Cognition des équidés: Cognitive studies of horses in comparison with the other mammals.
Tomonaga, M.
1er SYMPOSIUM "Equitation, langage et cognition", January 6, 2017, Université de la Sorbonne, Paris, France      2017年1月
チンパンジーから探るヒトのこころの進化.
友永雅己
関西実験動物研究会第132回研究会、2016年12月9日、京都府立医科大学      2016年12月
レオとともに歩んだ10年.
兼子明久・林美里・櫻庭陽子・宮部貴子・前田典彦・山中淳史・ゴドジャリ静・木下こづえ・友永雅己
第19回SAGAシンポジウム、2016年11月19-20日、宇部市立ときわ動物園      2016年11月
飼育ハンドウイルカにおける協力行動に関する認知機能.
山本知里・柏木伸幸・大塚美加・西村圭織・酒井麻衣・友永雅己
第19回SAGAシンポジウム、2016年11月19-20日、宇部市立ときわ動物園      2016年11月
大型類人猿情報ネットワークGAIN第3期の5年間:非侵襲的類人猿研究の推進.
綿貫宏史朗・岩原真利・西村剛・今井啓雄・平田聡・友永雅己・松沢哲郎
第19回SAGAシンポジウム、2016年11月19-20日、宇部市立ときわ動物園      2016年11月
「不当な人工保育に対する批判声明」についての意識調査報告.
友永雅己・森村成樹
第19回SAGAシンポジウム、シンポジウム2「チンパンジーの人工保育問題を考える」、2016年11月19-20日、宇部市立ときわ動物園      2016年11月
チンパンジーにおける「曲がり盲」.
友永雅己・Wilson, D. A.・高橋康介
第19回SAGAシンポジウム、2016年11月19-20日、宇部市立ときわ動物園      2016年11月
森のこころ、草原のこころ、海のこころ.
友永雅己
行動生物学サイエンスカフェ2016-行動生物学への誘い-」、2016年11月13日、新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」      2016年11月

書籍等出版物

 
Effect of visual cues in addition to moderate auditory cues on temporal coordination: A comparative study in humans and chimpanzees
Yu, L., & Tomonaga, M.
bioRxiv, 290379, doi:10.1101/290379   2018年3月   
Chimpanzees but not orangutans display aversive reactions toward their partner receiving a superior reward
Kim, Y., Choe, J., Jeong, G., Kim, D., & Tomonaga, M.
bioRxiv, 274803. doi:10.1101/274803   2018年3月   
Familiarity and face-inversion effect in Japanese macaques (Macaca fuscata) during the preferential looking task
Tomonaga, M.
bioRxiv, 267716. doi: 10.1101/267716   2018年2月   
Inverted face with upright body: Evidence for face inversion effect in Japanese macaques (Macaca fuscata) under the preferential looking procedure
Tomonaga, M.
bioRxiv, 266676. doi: 10.1101/266676   2018年2月   
よくわかる言語発達(改訂新版)
岩立志津夫・小椋たみ子(編) (担当:分担執筆, 範囲:大型類人猿の言語(ヒト以外の動物での言語獲得②)pp.90-91)
ミネルヴァ書房   2017年4月   
イルカのこころ
友永雅己 (担当:分担執筆)
藤田和生(編著).放送大学「比較認知科学」  pp.228-255, 放送大学教育振興会   2017年3月   
チンパンジーとヒトのじゃんけんの学習
高潔・友永雅己・松沢哲郎(翻訳:川口ゆり)
ちびっこチンパンジーと仲間たち(第183回). 科学, 87, 244-245   2017年3月   
巻頭言
友永雅己
モンキー, 2, p.25   2017年   
この人をたずねて:友永雅己氏
松井大・友永雅己
心理学ワールド、79号、p.34-35   2017年   
来た、見た、買った─馬の中にウマを見出す
三浦麻子・友永雅己
心理学ワールド、77号、p.40   2017年   
チンパンジーは,平均の大きさがわかるか?
伊村知子・友永雅己
ちびっこチンパンジーと仲間たち(第191回). 科学, 87, 1002-1003   2017年   
霊長類研究所50周年 ─過去、現在、そして未来─
友永雅己
ちびっこチンパンジーと仲間たち(第188回). 科学, 87, 722-723   2017年   
プチの最期
林美里・熊﨑清則・松沢哲郎・友永雅己
ちびっこチンパンジーと仲間たち(第187回). 科学, 87,640-641   2017年   
チンパンジーにおける「他者の心的状態」の理解
友永雅己
公益財団法人中山人間科学振興財団(編)、25年の歩み(pp. 103-104)、公益財団法人中山人間科学振興財団   2016年   
森のこころ,海のこころ,草原のこころ -比較認知科学「こころの進化」を探る旅
友永雅己
脳21, 19(4), 99-102   2016年   
チンパンジー、イルカ、そしてウマから見た世界
友永雅己
モンキー, 1, 28-29   2016年   
なぜリズムが「合う」のか?─人とチンパンジーの比較から
ユ リラ・友永雅己
ちびっこチンパンジーと仲間たち(第179回).科学, 86, 1134-1135   2016年   
ニホンザルの赤ちゃんの自発的微笑
川上文人・友永雅己
ちびっこチンパンジーと仲間たち(第178回).科学, 86, 1006-1007   2016年   
チンパンジーの核家族の子育て:最初の2年間の記録
川上文人・平栗明実・市野悦子・林美里・友永雅己
ちびっこチンパンジーと仲間たち(第177回).科学, 86, 882-883   2016年   
チンパンジーとヒトの比較から見たアロマザリング.
林美里・友永雅己
発達心理学ニューズレター,No.78, 10-11   2016年   
巻頭言.心理学の再現可能性:我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか ─ 特集号の刊行に寄せて ─.
友永雅己・三浦麻子・針生悦子
心理学評論, 59, 印刷中   2016年   
ウマの目からの眺め
友永雅己
ちびっこチンパンジーと仲間たち(第170回).科学, 86, 164-165   2016年   
だます,協力する─マキャベリ的知性
友永雅己 (担当:分担執筆)
安西祐一郎・今井むつみ・入來篤史・梅田聡・片山容一・亀田達也・開一夫・山岸俊男(編)、岩波講座「コミュニケーションの認知科学」、第3巻「母性と社会性の起源」、pp.105-129、岩波書店   2014年   
比較認知科学の目指すもの
友永雅己 (担当:監修)
廣中直行(編著)実験心理学の新しいかたち : 206-233,誠信書店   2004年   
視覚の系統発生:ヒト以外の霊長類の知覚発達との比較から
伊村知子, 友永雅己 (担当:分担執筆)
「知覚・認知の発達心理学入門」 (山口真美, 金沢創編) p.99-112 北大路書房   2008年   
コミュニケーションと社会-チンパンジーの認知発達からみた社会的相互交渉の進化-
友永雅己 (担当:分担執筆)
「コミュニケーションの脳科学」 (甘利俊一(監修), 入來篤史編) p.163-191 東京大学出版会   2008年   
目はこころの窓-視線認知の比較認知発達(第7章)
友永雅己 (担当:分担執筆)
「ソーシャルブレインズ-自己と他者を認知する脳」 (開一夫, 長谷川寿一編) p.131-158 東京大学出版会   2009年   
マキャベリ的知性仮説(keyword9)
友永雅己 (担当:分担執筆)
「ソーシャルブレインズ-自己と他者を認知する脳」 (開一夫, 長谷川寿一編) p.159-160 東京大学出版会.   2009年   
霊長類の新生児模倣2:その系統発生的起源(topic16)
友永雅己 (担当:分担執筆)
「ソーシャルブレインズ-自己と他者を認知する脳」 (開一夫, 長谷川寿一編) p.247-248 東京大学出版会   2009年   
「名前」の由来
友永雅己
ちびっこチンパンジーと仲間たち(第110回)科学、81,134-135   2011年   
ふたごのちびっこチンパンジー
友永雅己
ちびっこチンパンジーと仲間たち(第114回)科学、81,516-517   2011年   
身体で知覚する、身体を知覚する:チンパンジーの認知における身体の役割
友永雅己・ユ=リラ
Clinical Neuroscience,29,876-880   2011年   
チンパンジー、イルカに会う
友永雅己
勇魚、54,2-10   2011年   
世界に働きかける「わたし」
友永雅己・兼子峰明
ちびっこチンパンジーと仲間たち(第115回)、科学、81,624-625   2011年   
イルカの性格を遺伝子から知る
村山美穂・早野あづさ・友永雅己・今野晃嗣・上野友香・斉藤豊・篠原正典
勇魚、54,11-14   2011年   
問いかけるチンパンジー
友永雅己 (担当:分担執筆)
中川尚史・友永雅己・山極寿一(編) 日本のサル学のあした─霊長類研究という「人間学」の可能性(WAKUWAKU ときめきサイエンスシリーズ3). 京都, 京都通信社. 218-219   2012年   
日本のサル学のあした―霊長類研究という「人間学」の可能性
中川尚史, 友永雅己, 山極寿一 (担当:共編者)
京都通信社   2012年12月   ISBN:490347352X

講演・口頭発表等

 
チンパンジーから見たヒトのこころの進化
友永雅己
高知工科大学制度設計工学研究センターセミナー、高知工科大学   2014年11月28日   
チンパンジーのこころを探る
友永雅己
東京都立両国高校レクチャー、犬山ユースホステル   2014年8月28日   
チンパンジーのこころの世界をさぐる
友永雅己
京都大学霊長類研究所2014年度公開講座、京都大学霊長類研究所   2014年7月26日   
チンパンジーのこころを探る
友永雅己
愛知県立明和高校スーパーサイエンスハイスクール講演、京都大学霊長類研究所   2014年7月25日   
海のこころ、森のこころ -鯨類と霊長類の比較認知科学-
友永雅己
2014年度KOZAK(九州沖縄動物園水族館飼育者の会)講演、かごしま県民交流センター   2014年5月16日