狩野 方伸

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/17 09:43
 
アバター
研究者氏名
狩野 方伸
eメール
mkano-tkym.u-tokyo.ac.jp
URL
http://plaza.umin.ac.jp/~neurophy
所属
東京大学大学院
部署
医学系研究科
職名
教授
学位
医学博士

研究分野

 
 

経歴

 
2007年9月
 - 
現在
東京大学大学院医学系研究科 機能生物学専攻 生理学講座 神経生理学分野 神経生理学分野 教授
 
2005年10月
 - 
2007年8月
大阪大学大学院医学系研究科 生体生理医学専攻 神経科学講座 細胞神経科学研究分野 教授
 
2001年4月
 - 
2005年9月
金沢大学大学院医学系研究科 脳医科学専攻 脳情報回路学講座 シナプス発達・機能学分野 教授
 
1998年4月
 - 
2001年3月
金沢大学医学部 生理学第二講座 教授
 
1997年10月
 - 
1998年3月
理化学研究所 脳科学総合研究センタ− ニュ−ロン機能研究グル−プ 細胞神経生理研究チ−ム チームリーダー
 
1995年10月
 - 
1997年9月
理化学研究所 国際フロンティア研究システム     ニュ−ロン機能研究グル−プ シグナル伝達機能研究チ−ム チームリーダー
 
1990年4月
 - 
1995年9月
自治医科大学 医学部 講師
 
1986年4月
 - 
1990年3月
自治医科大学 医学部 助手
 

受賞

 
2018年11月
日本医師会 医学賞
 
2015年11月
紫綬褒章
 
2015年3月
上原記念生命科学財団 上原賞
 
2011年9月
日本神経科学学会 時実利彦記念賞
 
2005年2月
井上科学振興財団 井上学術賞
 
2002年7月
ブレインサイエンス振興財団 塚原仲晃記念賞
 
1992年9月
東京医科歯科大学医科同窓会 お茶の水会医科同窓会研究奨励賞
 
1987年2月
井上科学振興財団 井上研究奨励賞
 

論文

 
Hyperactivation of mTORC1 disrupts cellular homeostasis in cerebellar Purkinje cells
Sakai Y, Kassai H, Nakayama H, Fukaya M, Maeda T, Nakao K, Hashimoto K, Sakagami H, Kano M, Aiba A
Sci Rep   in press-in press   2019年   [査読有り]
Hashimotodani Y, Karube F, Yanagawa Y, Fujiyama F, Kano M
Cell reports   25(10) 2704-2715.e4   2018年12月   [査読有り]
Kikuchihara S, Sugio S, Tanaka KF, Watanabe T, Kano M, Yamazaki Y, Watanabe M, Ikenaka K
Journal of neurochemistry   147(3) 344-360   2018年11月   [査読有り]
Yoshida K, Kita Y, Tokuoka SM, Hamano F, Yamazaki M, Sakimura K, Kano M, Shimizu T
FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology   fj201801203R   2018年9月   [査読有り]
Sugaya Y, Kano M
Cellular and molecular life sciences : CMLS   75(15) 2793-2811   2018年8月   [査読有り]
Kano M, Watanabe T, Uesaka N, Watanabe M
Cerebellum (London, England)   17 722-734   2018年7月   [査読有り]
Yokoyama R, Kinoshita K, Hata Y, Abe M, Matsuoka K, Hirono K, Kano M, Nakazawa M, Ichida F, Nishida N, Tabata T
Heart and vessels   33(7) 802-819   2018年7月   [査読有り]
Hirai H, Kano M
Current opinion in pharmacology   38 51-58   2018年2月   [査読有り]
Chen S, Weitemier AZ, Zeng X, He L, Wang X, Tao Y, Huang AJY, Hashimotodani Y, Kano M, Iwasaki H, Parajuli LK, Okabe S, Teh DBL, All AH, Tsutsui-Kimura I, Tanaka KF, Liu X, McHugh TJ
Science (New York, N.Y.)   359(6376) 679-684   2018年2月   [査読有り]
Uesaka N, Abe M, Konno K, Yamazaki M, Sakoori K, Watanabe T, Kao TH, Mikuni T, Watanabe M, Sakimura K, Kano M
Neuron   97(4) 796-805   2018年2月   [査読有り]
Uesaka N, Kano M
Cerebellum (London, England)   17(1) 17-22   2018年2月   [査読有り]
Good JM, Mahoney M, Miyazaki T, Tanaka KF, Sakimura K, Watanabe M, Kitamura K, Kano M
Cell reports   21(8) 2066-2073   2017年11月   [査読有り]
Choo M, Miyazaki T, Yamazaki M, Kawamura M, Nakazawa T, Zhang J, Tanimura A, Uesaka N, Watanabe M, Sakimura K, Kano M
Nature communications   8(1) 195   2017年8月   [査読有り]
Aikawa T, Watanabe T, Miyazaki T, Mikuni T, Wakamori M, Sakurai M, Aizawa H, Ishizu N, Watanabe M, Kano M, Mizusawa H, Watase K
Human molecular genetics   26(16) 3094-3104   2017年8月   [査読有り]
Miyazaki T, Yamasaki M, Hashimoto K, Kohda K, Yuzaki M, Shimamoto K, Tanaka K, Kano M, Watanabe M
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   114(28) 7438-7443   2017年7月   [査読有り]
Nakai N, Nagano M, Saitow F, Watanabe Y, Kawamura Y, Kawamoto A, Tamada K, Mizuma H, Onoe H, Watanabe Y, Monai H, Hirase H, Nakatani J, Inagaki H, Kawada T, Miyazaki T, Watanabe M, Sato Y, Okabe S, Kitamura K, Kano M, Hashimoto K, Suzuki H, Takumi T
Science advances   3(6) e1603001   2017年6月   [査読有り]
Kano M, Watanabe T
F1000Research   6 416   2017年   [査読有り]
Leto K, Arancillo M, Becker EB, Buffo A, Chiang C, Ding B, Dobyns WB, Dusart I, Haldipur P, Hatten ME, Hoshino M, Joyner AL, Kano M, Kilpatrick DL, Koibuchi N, Marino S, Martinez S, Millen KJ, Millner TO, Miyata T, Parmigiani E, Schilling K, Sekerková G, Sillitoe RV, Sotelo C, Uesaka N, Wefers A, Wingate RJ, Hawkes R
Cerebellum (London, England)   15(6) 789-828   2016年12月   [査読有り]
[Mechanisms of synapse pruning in the developing cerebellum].
Watanabe T, Uesaka N, Kano M
Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society   88(5) 621-629   2016年10月   [査読有り]
Binda F, Dorgans K, Reibel S, Sakimura K, Kano M, Poulain B, Isope P
Scientific reports   6 33561   2016年9月   [査読有り]

Misc

 
脳機能を支えるシナプスの機能発達、可塑性および伝達修飾の研究
狩野 方伸
日本医師会雑誌   147(9) 1844-1847   2018年   [査読有り][依頼有り]
発達期シナプス刈り込みの細胞・分子機構
狩野 方伸
細胞   50 (14) 13(727)-16(730)   2018年   [査読有り][依頼有り]
マリファナ類似伝達物質 内因性カンナビノイドの役割と意義.DOJIN BIOSCIENCE SERIES 28 脳神経科学-脳はいま化学の言葉でどこまで語れるか.森 泰生、尾藤晴彦/編
橋本谷祐輝、菅谷佑樹、狩野方伸
化学同人   104-112   2018年   [査読有り][依頼有り]
Synaptogenesis and Synaptic Elimination in Developing Cerebellum
Hashimoto K, Watanabe M, Kano M
Essentials of Cerebellum and Cerebellar Disorders   18 161-165   2016年   [査読有り][依頼有り]
生後発達期の小脳におけるシナプス刈り込みのメカニズム
渡邉貴樹、上阪直史、狩野方伸
生化学   88 621-629   2016年   [査読有り][依頼有り]
発達期におけるシナプス刈り込みと逆行性シグナル
上阪直史、狩野方伸
実験医学   33 1386-1390   2015年   [査読有り][依頼有り]
内因性カンナビノイドによるシナプス伝達調節
狩野 方伸
お茶の水醫學雑誌   63 53-65   2015年   [査読有り][依頼有り]
脳の機能発達を担うシナプス刈り込みの機構
上阪直史、川田慎也、狩野方伸
Brain and Nerve   9 1069-1077   2014年   [査読有り][依頼有り]
Cerebellar Circuits
Kano M, Watanabe M
Comprehensive Developmental Neuroscience: Neural Circuit Development and Function in the Brain   3 75-93   2013年   [査読有り][依頼有り]
小脳におけるシナプス刈り込みと神経回路発達
狩野 方伸
日本神経精神薬理学雑誌   33 137-140   2013年   [査読有り][依頼有り]