基本情報

所属
東京文化財研究所 文化遺産国際協力センター 主任研究員
学位
PhD(The University of Liverpool)

研究者番号
50583308
J-GLOBAL ID
201801015474376627

1976年東京都生まれ。東京文化財研究所文化遺産国際協力センター主任研究員。英国リヴァプール大学博士課程修了。東京大学総合研究博物館特任研究員、早稲田大学高等研究所助教を経て、現職。専門は考古学と文化遺産学。1997年より、シリア、ヨルダン、イラン、バハレーン、キルギス、アフガニスタン、カンボジアなどで考古学調査と文化遺産保護に従事。


論文

  60

MISC

  18

書籍等出版物

  17

講演・口頭発表等

  114

共同研究・競争的資金等の研究課題

  6

その他

  28
  • 2021年6月
    読売新聞夕刊にて『海外発掘調査の流儀』というコラムを4週にわたり連載。その一回目。
  • 2021年1月
    2021年1月刊行の芸術新潮2月号『愛でたい読書』の『厳選!だいたい75タイトル 橋本麻里×保坂健二朗 入り口としての美術書入門」に2015年に出版した野口淳・安倍雅史(編)『イスラームと文化財』新泉社が取り上げられ紹介された。
  • 2020年11月
    2018年から科研費で調査をしているカレ・クブ遺跡に関して発表を行った駐日イラン大使館主催のWebinarが、Tehran Timesにて紹介された。
  • 2020年6月
    講師を務めたYou Tube 日本西アジア考古学会チャンネル「西アジア考古学オンライン講義」が紹介された。
  • 2020年4月
    Bahrain News Agencyの4月19日のWeb記事において、バハレーンで実施しているワーディー・アッ=サイル古墳群の発掘調査の成果が紹介された。
  • 2020年1月
    毎日新聞2020年1月10日デジタル版にて、「米イラン緊張 日本の考古学研究者や人道支援関係者に悪影響の懸念強まる」という記事にて取材を受けた。
  • 2019年8月
    バーレーンにおいて2014年度から2018年度にかけて実施したワーディー・アッ=サイル古墳群の発掘調査成果が、読売新聞文化面に「日本隊が掘る2:海洋国家 砂漠起源か バーレーンの古墳群」として取り上げられ紹介された。
  • 2018年9月
    中野区立野方図書館が主催した「世界遺産からのSOS!~将来へとつなぐために~」展において、出版に携わった「世界遺産パルミラ 破壊の現場から-シリア紛争と文化遺産」(雄山閣)と「消滅遺産 もう見られない世界の偉大な建造物」(日経ナショナルジオグラフィック社)の2冊が取り上げられ展示された。
  • 2018年7月 - 2018年7月
    監修を務めた「消滅遺産 もう見られない世界の偉大な建造物」(日経ナショナルジオグラフィック社)の書評が掲載された。
  • 2018年6月 - 2018年6月
    監修を務めた「消滅遺産 もう見られない世界の偉大な建造物」(日経ナショナルジオグラフィック社)の書評が掲載された。
  • 2018年5月 - 2018年5月
    監修を務めた「消滅遺産 もう見られない世界の偉大な建造物」(日経ナショナルジオグラフィック社)の書評が掲載された。
  • 2018年5月 - 2018年5月
    監修を務めた「消滅遺産 もう見られない世界の偉大な建造物」(日経ナショナルジオグラフィック社)の書評が掲載された。
  • 2018年4月 - 2018年4月
    監修した「消滅遺産」(日経ナショナルジオグラフィック社)の書評が掲載された。
  • 2018年4月 - 2018年4月
    監修を務めた「消滅遺産 もう見られない世界の偉大な建造物」(日経ナショナルジオグラフィック社)が紹介された
  • 2018年4月 - 2018年4月
    監修を務めた「消滅遺産 もう見られない世界の偉大な建造物」(日経ナショナルジオグラフィック社)の書評が掲載された。
  • 2018年3月 - 2018年3月
    監修を務めた「消滅遺産 もう見られない世界の偉大な建造物」(日経ナショナルジオグラフィック社)の書評が掲載。
  • 2018年1月 - 2018年1月
    出版した「世界遺産パルミラ 破壊の現場から」(雄山閣)の書評が掲載された。
  • 2017年6月 - 2017年6月
    担当しているシリア文化遺産保護のための研修事業に関する記事が掲載された。
  • 2017年1月 - 2017年1月
    番組のエンディングで、主催したシンポジウム「シリア内戦と文化遺産-世界遺産パルミラ遺跡の現状と復興に向けた国際支援」の様子が一部取り上げられた。
  • 2017年1月 - 2017年1月
    Gulf Daily Newsにバハレーンでの発掘調査に関する英文記事が掲載された。