長谷川 成人

J-GLOBALへ         更新日: 19/06/14 19:36
 
アバター
研究者氏名
長谷川 成人
URL
http://www.igakuken.or.jp/
所属
公益財団法人 東京都医学総合研究所
部署
認知症・高次脳機能研究分野
職名
分野長(参事研究員)
学位
博士(医学)(東京大学)
その他の所属
首都大学東京東京医科歯科大学

プロフィール

新潟県新井市(現在の妙高市)生まれ。昭和61年筑波大学大学院修士課程修了。平成5年5月東京大学医学部脳研究施設助手。井原康夫教授のもとアルツハイマー病脳に蓄積するタウのタンパク化学解析に従事。平成7年6月から英国MRC Laboratory of Molecular Biology (Michel Goedert教授)に留学。平成11年2月東京大学大学院薬学系研究科講師。岩坪威教授のもとレビー小体病などの患者脳に蓄積するαシヌクレインの解析に従事。平成13年4月から東京都精神医学総合研究所副参事研究員。2013年より現職。TDP-43、タウ、αシヌクレインなど、細胞内タンパク質の構造異常と神経変性疾患の発症機構解明、治療に関する研究を行っている。

研究分野

 
 

経歴

 
2012年4月
 - 
現在
東京都医学総合研究所 認知症・高次脳機能研究分野長
 
2001年4月
 - 
2011年3月
東京都精神医学総合研究所 分子神経生物 部門長
 
1999年2月
 - 
2000年3月
東京大学 大学院・薬学系研究科 講師
 
1995年6月
 - 
1999年1月
MRC Laboratory of Molecular Biology Visiting Scientist
 
1994年5月
 - 
1995年5月
東京大学 医学部 脳研究施設 助手
 

受賞

 
2015年2月
平成26年度 東京都職員表彰 春風賞 (知事表彰)
 
2008年10月
日本認知症学会 日本認知症学会奨励賞(基礎部門)受賞
 
2007年11月
東京都 2007年度 東京都知事表彰受賞
受賞者: 認知症研究グループ (新井哲明, 長谷川成人)
 
1999年
FEBS Letters The Semenza Prize受賞
受賞者: Masato Hasegawa, Michael Smith, Michel Goedert
 

論文

 
Tau and TDP-43 accumulation of the basal nucleus of Meynert in individuals with cerebral lobar infarcts or hemorrhage.
Hatsuta H, Takao M, Nogami A, Uchino A, Sumikura H, Takata T, Morimoto S, Kanemaru K, Adachi T, Arai T, Hasegawa M, Murayama S
Acta Neuropathol Commun   7(1) 49   2019年3月   [査読有り]
Phosphorylated and aggregated TDP-43 with seeding properties are induced upon mutant Huntingtin (mHtt) polyglutamine expression in human cellular models.
Coudert L, Nonaka T, Bernard E, Hasegawa M, Schaeffer L, Leblanc P
Cell Mol Life Sci      2019年   [査読有り]
Tau isoform expression and phosphorylation in marmoset brains.
Sharma G, Huo A, Kimura T, Shiozawa S, Kobayashi R, Sahara N, Ishibashi M, Ishigaki S, Saito T, Ando K, Murayama S, Hasegawa M, Sobue G, Okano H, Hisanaga SI.
J Biol Chem      2019年   [査読有り]
The effect of truncation on prion-like properties of α-synuclein.
Terada T, Suzuki G, Nonaka T, Kametani F, Tamaoka A, and Hasegawa M.
J Biol Chem   293 13910-13920   2018年9月   [査読有り]
N-methyl-D-aspartate receptor link to the MAP kinase pathway in cortical and hippocampal neurons and microglia is dependent on calcium sensors and is blocked by α-synuclein, Tau and phospho-Tau in non-transgenic and transgenic APPSw, Ind mice.
Franco R, Andrésn DA, Canela EI, Lillo J, Tarutani A, Hasegawa M, Del Rio JA, Kreutz MR, Saura C, Navarro D.
Front Mol Neurosci.   11 273   2018年8月   [査読有り]
Potent prion-like behaviors of pathogenic α-synuclein and evaluation of inactivation methods.
Tarutani, A, Arai T Murayama, S., Hisanaga, S.I., Hasegawa, M.
Acta Neuropathol Commun   6 29   2018年4月   [査読有り]
Involvement of Cellular Prion Protein in α-Synuclein Transport in Neurons.
Urrea L, Segura-Feliu M, Masuda-Suzukake M, Hervera A, Pedraz L, Aznar J, Vila M, Samitier J, Torrents E, Ferrer I, Gavín R, Hasegawa M, José Antonio del Río.
Mol Neurobiol   55 1861   2018年3月   [査読有り]
Molecular mechanisms of the co-deposition of multiple pathological proteins in neurodegenerative diseases.
Nonaka T, Masuda-Suzukake M, Hasegawa M
Neuropathology   38(1) 64-71   2018年2月   [査読有り][招待有り]
Isoform-independent and -dependent phosphorylation of microtubule-associated protein tau in mouse brain during postnatal development.
Tuerde D, Kimura T, Miyasaka T, Furusawa K, Shimozawa A, Hasegawa M, Ando K, Hisanaga SI.
J Biol Chem   293 1781-1793   2018年2月   [査読有り]
Pathological Endogenous α-Synuclein Accumulation in Oligodendrocyte Precursor Cells Potentially Induces Inclusions in Multiple System Atrophy.
Kaji S, Maki T, Kinoshita H, Uemura N, Ayaki T, Kawamoto Y, Furuta T, Urushitani M, Hasegawa M, Kinoshita Y, Ono Y, Mao X, Quach TH, Iwai K, Dawson VL, Dawson TM, Takahashi R.
Stem Cell Rep   10 356-365   2018年2月   [査読有り]
Reconsideration of Amyloid Hypothesis and Tau Hypothesis in Alzheimer's Disease.
Kametani F and Hasegawa M.
Front Neurosci   12 25   2018年1月   [査読有り]
Mutations in bassoon in individuals with familial and sporadic progressive supranuclear palsy-like syndrome.
Yabe I, Yaguchi H, Kato Y, Miki Y, Takahashi H, Tanikawa S, Shirai S, Takahashi I, Kimura M, Hama Y, Matsushima M, Fujioka S, Kano T, Watanabe M, Nakagawa S, Kunieda Y, Ikeda Y, Hasegawa M, Nishihara H, Ohtsuka T, Tanaka S, Tsuboi Y, Hatakeyama S, Wakabayashi K, Sasaki H.
Sci Rep   8 819   2018年1月   [査読有り]
Shimozawa A, Ono M, Takahara D, Tarutani A, Imura S, Masuda-Suzukake M, Higuchi M, Yanai K, Hisanaga SI, Hasegawa M.
Acta Neuropathol Commun.   5((1)) 12.   2017年2月   [査読有り]
Progranulin regulates lysosomal function and biogenesis through acidification of lysosomes.
Tanaka Y, Suzuki G, Matsuwaki T, Hosokawa M, Serrano G, Beach TG, Yamanouchi K, Hasegawa M, Nishihara M.
Hum Mol Genet   26 969-988   2017年1月   [査読有り]
α-Synuclein: Experimental pathology.
Hasegawa M, Nonaka T, Masuda-Suzukake M.
Cold Spring Harb Perspect Med   6 305-318   2017年   [査読有り]
Prion-like mechanisms and potential therapeutic targets in neurodegenerative disorders.
Hasegawa M, Nonaka T, Masuda-Suzukake M.
Pharmacol Ther   172 22-33   2017年   [査読有り]
Following the fate of endocytosed fibrils.
Hasegawa M and Suzuki G.
J Biol Chem   292(32) 13498-13499   2017年   [査読有り]
Neuron-specific methylome analysis reveals epigenetic regulation and tau-related dysfunction of BRCA1 in Alzheimer's disease.
Mano T, Nagata K, Nonaka, T, Tarutani A, Imamura T, Hashimoto T, Bannai T, Koshi-Mano K, Tsuchida T, Ohtomo R, Takahashi-Fujigasaki J, Yamashita S, Ohyagi Y, Yamasaki R, Tsuji S, Tamaoka A, Ikeuchi T, Saido TC, Iwatsubo T, Ushijima T, Murayama S, Hasegawa M, Iwata A.
Proc Natl Acad Sci USA   114 E9645-E9654.   2017年   [査読有り]
Wild-type monomeric α-synuclein can impair vesicle endocytosis and synaptic fidelity via tubulin polymerization at the calyx of Held.
Eguchi K, Taoufiq Z, Thorn-Seshold O, Trauner D, Hasegawa M, Takahashi T.
J Neurosci   37 6043-6052   2017年   [査読有り]
Accumulation of multiple neurodegenerative disease-related proteins in familial frontotemporal lobar degeneration associated with granulin mutation.
Hosokawa M, Kondo H, Serrano GE, Beach TG, Robinson AC, Mann DM, Akiyama H, Hasegawa M, Arai T.
Sci Rep   7 1513   2017年   [査読有り]
Tarutani A, Suzuki G, Shimozawa A, Nonaka T, Akiyama H, Hisanaga S, and Hasegawa M.
J Biol Chem   291 18675-88   2016年9月   [査読有り]
Oikawa T, Nonaka T, Terada M, Tamaoka A, Hisanaga S, Hasegawa M.
J Biol Chem   291 15046-56   2016年7月   [査読有り]
Tanaka Y, Nonaka T, Suzuki G, Kametani F, Hasegawa M.
Hum Mol Genet   25 1420-33   2016年4月   [査読有り]
Shimonaka S, Nonaka T, Suzuki G, Hisanaga SI, Hasegawa M.
J Biol Chem   291 8896-907   2016年4月   [査読有り]
Nonaka T, Suzuki G, Tanaka Y, Kametani F, Hirai S, Okado H, Miyashita T, Saitoe M, Akiyama H, Masai H, Hasegawa M.
J Biol Chem   291 5473-83   2016年3月   [査読有り]
Kametani F, Obi T, Shishido T, Akatsu H, Murayama S, Saito Y, Yoshida M, & Hasegawa M.
Sci Rep   6 23281   2016年3月   [査読有り]
Taniguchi‑Watanabe S, Arai T, Kametani F, Nonaka T, Masuda‑Suzukake M, Tarutani A, Murayama S, Saito Y, Arima K, Yoshida M. Akiyama H, Robinson A, Mann D, Iwatsubo T, Hasegawa M.
Acta Neuropathol   131 267-80   2016年   [査読有り]
Molecular Mechanisms in the Pathogenesis of Alzheimer's disease and Tauopathies-Prion-Like Seeded Aggregation and Phosphorylation.
Hasegawa M
Biomolecules   6    2016年   [査読有り]
Prion-like mechanisms and potential therapeutic targets in neurodegenerative disorders.
Hasegawa M, Nonaka T, Masuda-Suzukake M.
Pharmacol Ther   30236-4   2016年   [査読有り]
Takahashi M, Miyata H, Kametani F, Nonaka T, Akiyama H, Hisanaga S, Hasegawa M.
Acta Neuropathol   29 895-907   2015年   [査読有り]
Matsumoto SE, Motoi Y, Ishiguro K, Tabira T, Kametani F, Hasegawa M, Hattori N.
Hum Mol Genet   24 6403-16   2015年   [査読有り]
Hosokawa M, Arai T, Masuda-Suzukake M, Kondo H, Matsuwaki T, Nishihara M, Hasegawa M, Akiyama H.
J Neuropathol Exp Neurol   74 158-65   2015年   [査読有り]
Baborie A, Griffiths TD, Jaros E, Perry R, McKeith IG, Burn DJ, Masuda-Suzukake M, Hasegawa M, Rollinson S, Pickering-Brown S, Robinson AC, Davidson YS, Mann DM.
Neuropathol Appl Neurobiol   41 601-12   2015年   [査読有り]
Masuda-Suzukake M, Nonaka T, Hosokawa M, Kubo M, Shimozawa A, Akiyama H, Hasegawa M
Acta Neuropathol Commun   2 88   2014年   [査読有り]
Yamashita M, Nonaka T, Hirai S, Miwa A, Okado H, Arai T, Hosokawa M, Akiyama H, Hasegawa M
Hum Mol Genet   23 4345-56   2014年   [査読有り]
Hasegawa M, Watanabe S, Kondo H, Akiyama H, Mann DMA, Saito Y and Murayama S
Acta Neuropathologica   127 303-305   2014年   [査読有り]
Mann DMA, Rollinson S, Robinson AC, Callister J, Snowden JS, Gendron T, Petrucelli L, Masuda-Suzukake M, Hasegawa M, Davidson YS and Pickering-Brown S.
Acta Neuropathol Comm   1 68   2013年   [査読有り]
Dan A, Takahashi M, Masuda-Suzukake M, Kametani F, Nonaka T, Kondo H, Akiyama H, Arai T, Mann DMA, Saito Y, Hatsuta H, Murayama S, Hasegawa M
Acta Neuropathol Comm   1 54   2013年   [査読有り]
Foulds PG, Diggle P, Mitchell D, Parker A, Hasegawa M, Masuda-Suzukake M, Mann DMA, Allsop D
Sci Rep   3 2540   2013年   [査読有り]
Nonaka T, Masuda-Suzukake M, Arai T, Hasegawa Y, Akatsu H, Obi T, Yoshida M, Murayama S, Mann DM, Akiyama H, Hasegawa M.
Cell Rep   4 124-134   2013年   [査読有り]
Prion-like spreading of pathological alpha-synuclein in brain.
Masuda-Suzukake M, Nonaka T, Hosokawa M, Oikawa T, Arai T, Akiyama H, Mann D, Hasegawa M
Brain   136 1128-1138   2013年   [査読有り]
Tsuji H, Arai T, Kametani F, Nonaka T, Yamashita M, Suzukake M, Hosokawa M, Yoshida M, Hatsuta H, Takao M, Saito Y, Murayama M, Akiyama H, Hasegawa M, Mann DMA, Tamaoka A.
Brain   135 3380-3391   2012年   [査読有り]
Tsuji H, Nonaka T, Yamashita M, Suzukake M, Kametani F, Akiyama H, Mann DM, Tamaoka A and Hasegawa M
Biochem Biophys Res Commun   417 116-121   2012年   [査読有り]
Hasegawa M, Nonaka T, Tsuji H, Tamaoka A, Yamashita M, Kametani F, Yoshida M, Arai T, Akiyama H.
J Mol Neurosci   45 480-485   2011年   [査読有り][招待有り]
Kobayashi Z, Tsuchiya K, Arai T, Aoki M, Hasegawa M, Ishizu H, Akiyama H, Mizusawa H
Journal of the neurological sciences   293(1-2) 6-11   2010年4月   [査読有り]
Yamaguchi Y, Masuda M, Sasakawa H, Nonaka T, Hanashima S, Hisanaga S, Kato K, Hasegawa M
Journal of molecular biology   395(3) 445-456   2010年1月   [査読有り]
Arai T, Hasegawa M, Nonoka T, Kametani F, Yamashita M, Hosokawa M, Niizato K, Tsuchiya K, Kobayashi Z, Ikeda K, Yoshida M, Onaya M, Fujishiro H, Akiyama H
Neuropathology : official journal of the Japanese Society of Neuropathology      2010年1月   [査読有り]
Tamaoka A, Arai M, Itokawa M, Arai T, Hasegawa M, Tsuchiya K, Takuma H, Tsuji H, Ishii A, Watanabe M, Takahashi Y, Goto J, Tsuji S, Akiyama H
Internal medicine (Tokyo, Japan)   49(4) 331-334   2010年   [査読有り]
Nonaka T, Watanabe ST, Iwatsubo T, Hasegawa M.
J Biol Chem   285 34885-98   2010年   [査読有り]
Yamaguchi Y, Masuda M, Sasakawa H, Nonaka T, Hanashima S, Hisanaga SI, Kato K, Hasegawa M.
J Mol Biol   395 445-456   2010年   [査読有り]

Misc

 
TDP-43 proteinopathy —その広がりと病因的意義.
長谷川成人, 野中隆, 新井哲明, 秋山治彦.
Annual Review 神経 2010   187-195   2010年   [依頼有り]
野中隆, 新井哲明, 長谷川成人
Brain and nerve   61(11) 1292-1300   2009年11月
長谷川成人, 野中隆, 山下万貴子
臨床神経学   49(11) 783-785   2009年11月
概論-因子から解明される神経変性疾患の分子基盤.
長谷川 成人
実験医学   27(9) 1318-1323   2009年6月   [依頼有り]
神経変性疾患の新規原因分子:TDP-43.
3. 新井哲明, 長谷川成人, 野中隆, 藤城弘樹, 内門大丈, 秋山治彦.
実験医学   27(9) 1324-1332   2009年6月   [依頼有り]
野中隆, 新井哲明, 長谷川成人
細胞工学   28(5) 437-442   2009年5月
長谷川成人, 野中隆, 新井哲明
最新医学   64(3) 455-461   2009年3月
TDP-43の細胞内封入体形成モデルの作製.
野中隆, 新井哲明, 秋山治彦, 長谷川成人.
Dementia Japan   22 252-260   2009年   [依頼有り]
FTDP-17の発見と遺伝子変異.
吉田裕孝, 長谷川成人
Clin Neurosci   27 271-274   2009年   [依頼有り]
新井哲明, 長谷川成人, 西原真杉, 野中隆, 亀谷富由樹, 吉田眞理, 橋詰良夫, BEACHThomas G, 森田光哉, 中野今治, 織田辰郎, 土谷邦秋, 秋山治彦
臨床神経学   48(11) 990-993   2008年11月
長谷川成人, 新井哲明, 野中隆, 亀谷富由樹, 吉田眞理, 橋詰良夫, BEACHThomas G, 森田光哉, 中野今治, 織田辰郎, 土谷邦秋, 秋山治彦
臨床神経学   48(11) 994-997   2008年11月
新井哲明, 長谷川成人, 秋山治彦
ゲノム医学   8(2) 117-124   2008年6月
細胞内異常タンパク質蓄積と神経変性(TDP-43とタウ).
野中隆, 新井哲明, 長谷川成人.
実験医学   26 2577-2581   2008年   [依頼有り]
FTLD/ALSにおけるTDP-43蓄積
新井哲明, 長谷川成人, 野中隆, 亀谷富由樹, 秋山治彦
神経内科   68 540-547   2008年   [依頼有り]
FTLD-Uにおけるユビキチン陽性封入体のタンパク化学.
長谷川成人, 新井哲明, 野中隆, 亀谷富由樹, 秋山治彦
神経内科   68 532-539   2008年   [依頼有り]
TDP-43とFTLD-U研究の新展開.
新井哲明, 長谷川成人, 野中隆, 亀谷富由樹, 秋山治彦
Dementia Japan   22 37-45   2008年   [依頼有り]
長谷川成人, 新井哲明
Brain and nerve   59(10) 1171-1177   2007年10月
新井哲明, 長谷川成人
老年精神医学雑誌   18(6) 605-615   2007年6月
笈川貴行, 長谷川成人
医学のあゆみ   220(5) 374-378   2007年2月
タウ、プログラニュリン、TDP-43と神経変性.
長谷川成人, 新井哲明
実験医学   25 53-61   2007年   [依頼有り]
FTLDおよびALSに出現するユビキチン陽性封入体の主要構成成分としてのTDP-43の同定.
新井哲明, 秋山治彦, 長谷川成人
Dementia Japan   21 89-103   2007年   [依頼有り]
ALSでみられるユビキチン化封入体の構成蛋白.
長谷川成人, 新井哲明
Brain & Nerve   59 1171-1177   2007年   [依頼有り]
長谷川成人
臨床神経学 : CLINICAL NEUROLOGY   44(11) 879-881   2004年11月
小林智則, 長谷川成人
老年精神医学雑誌   14(11) 1371-1377   2003年11月
森文秋, 朴月善, 林森太郎, 藤原英雄, 長谷川成人, 吉本真, 岩坪威, 高橋均, 若林孝一
Neuropathology : official journal the Japanese Society of Neuropathology   23    2003年5月
小柳清光, 山崎峰雄, 高濱祥子, 河上江美子, 高橋均, 岩坪威, 長谷川成人
Neuropathology : official journal the Japanese Society of Neuropathology   23    2003年5月
池本明人, 宮本勝一, 秋口一郎, 荒木亘, 田平武, 長谷川成人, 高橋慶吉, 磯野理, 藤田葉子
Neuropathology : official journal the Japanese Society of Neuropathology   22    2002年5月
太田聡, 小林智則, 田中邦明, 伊藤雄二, 長谷川成人, 本井ゆみ子, 高梨雅史, 安原正博, 安野みどり, 森秀生
Neuropathology : official journal the Japanese Society of Neuropathology   22    2002年5月
林森太郎, 朴月善, 長谷川成人, 岩坪威, 高橋均
Neuropathology : official journal the Japanese Society of Neuropathology   22    2002年5月
長谷川成人
神経研究の進歩   44(4) 577-588   2000年8月
葛原茂樹, 小久保康昌, 長谷川成人, 岩坪威
Neuropathology : official journal the Japanese Society of Neuropathology   20    2000年6月
長谷川成人
医学のあゆみ   189(1) 59-63   1999年4月
長谷川成人
Dementia Japan   13 26-34   1999年
長谷川成人
医学のあゆみ   174(6) p561-565   1995年8月
長谷川成人
生化学   65(6) p469-473   1993年6月

書籍等出版物

 
TDP-43 prions.
Nonaka T and Hasegawa M. (担当:分担執筆, 範囲:Cold Spring Harb Perspect Med, Chapter 41)
Cold Spring Harbor Laboratory Press   2017年1月   
α-Synuclein: Experimental pathology.
Hasegawa M, Nonaka T, Masuda-Suzukake M. (担当:分担執筆, 範囲:Cold Spring Harb Perspect Med 6(9).)
Cold Spring Harbor Laboratory Press   2016年   
Molecular Biology of Dementia with Lewy Bodies,
Hasegawa M (担当:分担執筆, 範囲:Dementia with Lewy Bodies, Chapter 4: P41-58,)
Springer, Edited by Kenji Kosaka.   2016年   

講演・口頭発表等

 
Prion-like propagation of pathological tau in neurodegenerative diseases. [招待有り]
長谷川 成人
Japan-UK Neuroscience Symposium   2019年2月10日   
マーモセット脳における異常αシヌクレイン病変の形成と伝播. [招待有り]
長谷川 成人
日本マーモセット研究会大会   2019年2月7日   
αシヌクレインの伝播 [招待有り]
長谷川 成人
第36回 神経治療学会学術集会   2018年11月25日   
αシヌクレインの伝播機構
長谷川 成人
第20回北陸認プロFD講演会   2018年11月6日   
異常蛋白質伝播で考えるアルツハイマー病、パーキンソン病、ALS [招待有り]
長谷川 成人
第23回日本神経感染症学会総会・学術大会   2018年10月19日   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2008年 - 2009年
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2007年 - 2009年
2006年、我々は、前頭側頭葉変性症(Frontotemporal lobar degeneration:FTLD)と筋萎縮性側索硬化症(Amyotrophic lateral sclerosis:ALS)の患者脳に出現する特徴的な病理構造物であるユビキチン陽性神経細胞内封入体の主要構成蛋成分として核内蛋白のTDP-43を同定した。これらの疾患の患者脳に蓄積したTDP-43は異常なリン酸化を受けているが、その病的意義は不明であり、リン酸化部位も明らかにされていない。これらを明らかにするため...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2006年 - 2007年
タウ遺伝子に変異を持つ神経変性疾患であるFTDP-17は。前頭葉と側頭葉の萎縮、神経細胞の消失、神経細胞やグリア細胞内のタウ病変が特徴である。これまでにP301L変異を持っFTDP-17患者脳内ではP301L変異型タウのみ凝集し。野生型タウは凝集していないのに対し、R406W変異を持つFTDP-17患者脳内ではR406W変異型タウと野生型タウの両方が凝集、蓄積することが報告されている。今年度は。FTDP-17患者脳内における変異タウの凝集体形成のメカニズムを明らかにすることを目的とし、生化...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2006年 - 2008年
多くの神経変性疾患では、変性する神経細胞内にユビキチン陽性の異常構造物が観察され、その形成過程が病態や発症と密接に関係していることが示されている。我々は患者脳の不溶性タンパク質を詳細に調べるプロテオミクス解析と免疫組織学的解析により、前頭側頭葉変性症(FTLD)に出現するユビキチン陽性封入体の構成成分として核タンパク質の一種であるTDP-43を同定した。TDP-43は筋萎縮性側索硬化症(ALS)のユビキチン陽性構造物の構成成分であることも判明した。生化学的解析により患者組織に蓄積するTDP...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2005年 - 2005年
1.患者脳に蓄積するタウ、αシヌクレインのプロテアーゼ耐性領域の解析と凝集機構の解明
アルツハイマー病(AD)、ピック病(PiD)、皮質基底核変性症(CBD)、進行性核上性麻痺(PSP)、FTDP-17患者剖検脳から線維化したタウを含むSarkosyl不溶性画分を高濃度のトリプシンで処理し、電気泳動しPVDF膜に転写後、プロテアーゼに耐性を示すフラグメントをCBB染色、及び各種部位に対するリン酸化依存性、非依存性タウ抗体を用いて免疫化学的解析を行った。その結果、AD、PiD、CBD、PSP...