Yamada Masayuki

J-GLOBAL         Last updated: Oct 16, 2018 at 15:12
 
Avatar
Name
Yamada Masayuki
Affiliation
The Graduate University for Advanced Studies

Research Areas

 
 

Published Papers

 
YAMADA Masayuki
Japan Journal of Educational Technology   41(0) 157-160   2018   [Refereed]
<p>本研究はアイスホッケーの試合における移動距離と最高速度についてスマートフォンアプリとウェアラブルセンサを用いて測定し,結果の知識(KR)とそれに対する目標を"共有"することで,選手の目標設定が如何に変容するかに着目した.実践は大学アイスホッケー1チームを対象とした.1か月間に実践された練習試合9試合を分析対象とした.結果,KR と目標をチームで共有することにより選手はスキルの目標とパフォーマンス目標(PG)を設定できるようになることが示唆された.</p>
Yamada Masayuki
神奈川大学心理・教育研究論集   (42) 399-403   2017
Yamada Masayuki
神奈川大学心理・教育研究論集   (42) 285-290   2017
Yanada Masayuki
教育総合研究 : 日本教育大学院大学紀要   9 75-85   2016
Yamada Masayuki, Uetake Takashi
教育総合研究 : 日本教育大学院大学紀要   9 39-49   2016
Shuushi Takamura, Masayuki Yamada
日本福祉大学全学教育センター紀要 = The journal of University Educational Center   (3) 57-66   Mar 2015
近年, ICT (Information and Communication Technology) を活用した学習支援の報告が各分野よりなされている. 日本福祉大学 (以下本学) でも, ICT を活用した学習方法として早期より e ラーニングに取り組み, 学内 LMS (Learning Management System) である nfu.jp 等を活用しながら様々な学習支援を実践し報告してきた. その後も学内インターネット環境や ICT 機器の充実化を推進し, 2013 年からは教...
Yamada Masayuki, Shirouzu Hajime, Ichikawa Masae
Transactions of the Japanese Society for Artificial Intelligence   30(3) 595-603   2015   [Refereed]
This research examines effects of visualization of learners selections of theme and partners in long-run learning situations. Recently, there increased the project-based learning that requires learners to choose tasks and partners according to the...
Yamada Masayuki
教育総合研究 : 日本教育大学院大学紀要   8 1-16   2015   [Refereed]
山田 雅之, 佐藤 慎一, 影戸 誠
教育メディア研究 = Japanese journal of educational media research   21(1) 21-31   Sep 2014   [Refereed]
Nodera Aya, Nakamura Shinji, Sato Shin-ichi, Yamada Masayuki
Transactions of Japanese Society for Information and Systems in Education   28(3) 240-246   Dec 2010   [Refereed]
YAMADA Masayuki, NAKAMURA Shinji, SATO Shinichi, NODERA Aya
Japan journal of educational technology   34(0) 73-76   Dec 2010   [Refereed]
本研究は,eラーニングにおけるドロップアウト率低減を目指し,学習支援者が実施した実践研究である.履修者が500名を超える大規模オンデマンド講義において,受講生に学習計画表の提出を求めた.学習計画表を提出すること自体の効果,さらに学習計画の違いによってドロップアウト率,単位取得率および学習行動にどのような傾向があるのかを検討した.結果,学習計画表を提出させること自体の効果は確認されなかった.「まとめ受講計画」と「計画的受講計画」という学習計画の違いでは,ドロップアウト率および単位取得率に有意...
山田 雅之
Transactions of Japanese Society for Information and Systems in Education   27(1) 14-20   2010   [Refereed]

Conference Activities & Talks

 
Visualization of cognition and action in the shooting skill acquisition process in ice hockey
Masayuki Yamada, Kentaro Kodama, Daichi Shimizu, Yuta Ogai, Shogo Suzuki
JSAI International Symposia on AI 2018 Workshop 3 : Skill Sciences 2018   Nov 2018   
近藤 秀樹, 遠山 紗矢香, 大﨑 理乃, 山田 雅之
日本教育工学会研究報告集   3 Mar 2018   
大﨑 理乃, 山田 雅之
日本教育工学会研究報告集   21 Oct 2017   
DEGUCHI Eiji, YAMADA Masayuki
JSSE Res. Rep.   2017   
<p><tt>電力,電力量に関しては,電流,電圧,抵抗の概念を獲得した学習者であっても,電流,電圧,抵抗との関係性,物理的意味を理解するのは難しく,生徒が実験結果から電力,電力量を理解することは簡単なことではない。そこで著者は,電力や電力量の意味を理解するため,シミュレーション実験,電力のモデルつくりを行い,自分の考えを説明し合い,思考を深める場面を設定し,知識相互がつながり関連付けられながら習得されていく学びを起こす「電力の概念獲得を目指す授業」のデザインを検討した。授業を実践し,対話記...
Proposing an Alternative Framework for the Assessment of Collaborative Problem Solving
Hajime Shirouzu, Sayaka Tohyama, Masayuki Yamada, Takeshi Kitazawa, and Masukawa Hiroyuki
CSCL 2015 Conference Proceedings   Jun 2015   
ICHIKAWA Masae, FUKUMOTO Toru, SHIROUZU Hajime, YAMADA Masayuki, HOSHI Kaoru
日本教育工学会研究報告集   2 Mar 2013   
Practicing 'Off ice' Collaborative Learning in a University Ice Hockey Team
Masayuki Yamada and Masaki Suwa
34th annual meeting of the Cognitive Science Society   Aug 2012   
How does cognition change in acquiring embodied skills? –A case study of an ice hockey player
Masayuki Yamada and Masaki Suwa
International Symposium on Skill Science2007   Sep 2007