論文

2011年3月25日

2つのメソッド呼び出しに関わる最適化を可能にするアスペクト指向言語

情報処理学会論文誌プログラミング(PRO)
  • 伊尾木 将之
  • ,
  • 千葉 滋

4
2
開始ページ
67
終了ページ
76
記述言語
日本語
掲載種別
出版者・発行元
情報処理学会

本稿では,2 つのメソッド呼び出しを 1 つのアドバイスで置き換え可能なアスペクト指向言語を提案する.2 つのメソッド呼び出しに関わる関心事として,たとえば 2 回のデータベース (DB) アクセスを 1 回に減らすなどの,DB の最適化処理がある.しかし,2 つのメソッド呼び出しの間に他のコードが存在し,そのコードと 2 つのメソッド呼び出しの間に依存関係がある場合,既存のアスペクト指向言語ではうまく対応することができない.本稿が提案するアスペクト指向言語 Dualcut では,そのような場合であっても,2 つのメソッド呼び出しと間のコードが一定の条件を満たせば,1 つのアドバイスで置き換えることが可能である.本稿では,その条件を先頭末尾連続可能と呼ぶ.This paper proposes an aspect-oriented language named Dualcut. Dualcut can substitute an advice for two method calls. An example of concern cutting across two method calls is optimization, which replaces two database (DB) accesses with one merged access. Existing aspect-oriented languages cannot allow such optimization. If two DB accesses (i.e., method calls) are not adjacent but surround a code fragment depending on those accesses, existing aspect-oriented languages do not allow developers to write a single advice substituting for the two accesses. On the other hand, Dualcut allow them if the code fragment satisfies a certain condition.

リンク情報
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/110008616677
CiNii Books
http://ci.nii.ac.jp/ncid/AA11464814
URL
http://id.ndl.go.jp/bib/024301371
URL
http://id.nii.ac.jp/1001/00073764/
ID情報
  • ISSN : 1882-7802
  • CiNii Articles ID : 110008616677
  • CiNii Books ID : AA11464814

エクスポート
BibTeX RIS