秋山 正幸

J-GLOBALへ         更新日: 18/02/06 03:18
 
アバター
研究者氏名
秋山 正幸
 
アキヤマ マサユキ
eメール
akiyamaastr.tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/cceb48f8542cfc60798241c922dac629.html
所属
東北大学
部署
大学院理学研究科・理学部 天文学専攻 天文学講座
職名
教授
学位
理学博士(京都大学)

研究分野

 
 
  • 天文学 / 天文学 / 銀河形成、進化、光赤外線観測装置

経歴

 
2000年4月
 - 
2008年3月
国立天文台ハワイ観測所 研究員
 

学歴

 
 
 - 
2000年3月
京都大学 理学研究科 天文学専攻
 
 
 - 
1995年3月
京都大学 理学部 物理・宇宙物理学専攻
 

委員歴

 
2017年6月
 - 
現在
すばる小委員会  委員
 
2017年6月
 - 
現在
国立天文台すばる Time Allocation Committee  委員長
 
2017年4月
 - 
現在
TMT推進小委員会  委員長
 
2016年6月
 - 
現在
国立天文台光赤外専門委員会  委員
 
2012年4月
 - 
現在
研究交流委員会  委員
 

論文

 
Adaptive Optics Rest-Frame V-band Imaging of Lyman Break Galaxies zt z~3
Akiyama, M., Minowa, Y., Kobayashi, N., Ohta, K., Ando, M., Iwata, I.
Astrophysical Journal Supplement Seriese   175(1) 1-28   2008年   [査読有り]
Statistics of turbulence parameters at Maunakea using the multiple wavefront sensor data of RAVEN
Ono, Yoshito H., Correia, Carlos M., Andersen, Dave R., Lardière, Olivier, Oya, Shin, Akiyama, Masayuki, Jackson, Kate, Bradley, Colin
Monthly Notices of the Royal Astronomical Society   465 4931-4941   2017年3月   [査読有り]
Using the multi-object adaptive optics demonstrator RAVEN to observe metal-poor stars in and towards the Galactic Centre
Lamb, M., Venn, K., Andersen, D., Oya, S., Shetrone, M., Fattahi, A., Howes, L., Asplund, M., Lardière, O., Akiyama, M., Ono, Y., Terada, H., Hayano, Y., Suzuki, G., Blain, C., Jackson, K., Correia, C., Youakim, K., Bradley, C.
Monthly Notices of the Royal Astronomical Society   465 3536-3557   2017年3月   [査読有り]
Clustering of Infrared-bright Dust-obscured Galaxies Revealed by the Hyper Suprime-Cam and WISE
Toba, Y., Nagao, T., Kajisawa, M., Oogi, T., Akiyama, M., et al.
The Astrophysical Journal   835 36-12pp   2017年1月   [査読有り]
Constraint on the Inflow/outflow Rates in Star-forming Galaxies at z ~ 1.4 from Molecular Gas Observations
Seko, A., Ohta, K., Yabe, K., Hatsukade, B., Akiyama, M., Tamura, N., Iwamuro, F., Dalton, G.
The Astrophysical Journal   833 53-5pp   2016年12月   [査読有り]

Misc

 
次世代超大型望遠鏡 TMT のための広視野多天体補償光学
秋山 正幸, 大野 良人
光学   44(10) 396   2015年10月
近赤外線多天体分光の現在と将来
秋山 正幸
光技術コンタクト      2012年4月

講演・口頭発表等

 
Tomographic Wavefront Estimation for Wide-Field Adaptive Optics Sytems
International Symposium on Optical Memory 2016   2016年10月16日   
Toward Complete Understanding of Accretion History in the Universe and Its Relation to the Galaxy Formation
Joint Subaru/Gemini Science Conference   2009年5月18日   
Performance of Echidna fiber positioner for FMOS on Subaru
Scott Smedley, Peter Gillingham et al.
SPIE Astronomical Telescopes and Instrumentation 2008   2008年6月23日   

競争的資金等の研究課題

 
銀河中心の超大質量ブラックホールの宇宙論的進化の解明
基礎科学研究
研究期間: 1999年4月 - 現在
銀河の形成と進化の観測的研究
共同研究
研究期間: 1995年4月 - 現在

社会貢献活動

 
さくらサイエンスプラン
【その他】  2016年8月 - 現在
中国の大学の学部生対象に天文データ解析の実習講座を行う。
科学者の卵養成講座
【その他】  2009年8月1日 - 2012年3月
高校生向け夏休み実習講座を行った。

その他

 
2016年4月   TMT-AGE:すばる望遠鏡でのトモグラフィー補償光学の実証
すばる望遠鏡に複数の波面センサーを取り付けてトモグラフィー補償光学の実証試験を行う。
2014年4月   Evolution of SMBHs with HSC: First results from initial dataset
すばる望遠鏡 Hyper Suprime Cam の大規模データを用いた QSO 探査について国際研究会を開催する。
2012年4月   TMT-AGE:TMT Analyzer for Galaxies in the Early universe
次世代30m望遠鏡において多天体補償光学を実現するために補償光学のシステムとしての検討を行う。補償光学の光学設計、機械設計、補償光学の計算機シミュレーションおよびすばる望遠鏡を用いた実証試験を行う。
2010年9月   超広域サーベイで明かす巨大ブラックホールと銀河の共進化:理論モデルと観測戦略
すばる望遠鏡で観測を開始する超広視野カメラを用いた観測により銀河と巨大ブラックホールの宇宙論的進化を明らかにする。
2010年8月   TMT多天体補償光学系の実現に向けた実証試験
次世代30m地上望遠鏡用の多天体補償光学系の実現に向けて、実験室での実証試験を進めている。この共同開発研究では特に高速の波面センサーの開発のために、高速低ノイズ読みだしのCCDの評価実験を行った。