秋山 正幸

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/05 03:33
 
アバター
研究者氏名
秋山 正幸
 
アキヤマ マサユキ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/cceb48f8542cfc60798241c922dac629.html
所属
東北大学
部署
大学院理学研究科 天文学専攻 天文学講座
職名
准教授
学位
理学博士(京都大学)

プロフィール

銀河の中心に存在する超巨大ブラックホールについて、宇宙の歴史の中でどのように形成され、成長してきたかを観測的な手法により明らかにしようとしています。

研究分野

 
 

経歴

 
2000年
 - 
2008年
国立天文台ハワイ観測所 研究員
 

学歴

 
 
 - 
2000年
京都大学 理学研究科 天文学専攻
 
 
 - 
1995年
京都大学 理学部 物理・宇宙物理学専攻
 

委員歴

 
2016年
   
 
- 国立天文台光赤外専門委員会 委員
 
2015年
   
 
- 国立天文台すばる Time Allocation Committee 委員
 
2012年
   
 
- 研究交流委員会 委員
 
2011年
   
 
- TMT推進小委員会 委員
 
2010年
 - 
2014年
すばる小委員会 委員
 

Misc

 
Adaptive Optics Rest-Frame V-band Imaging of Lyman Break Galaxies zt z~3
Akiyama, M., Minowa, Y., Kobayashi, N., Ohta, K., Ando, M., Iwata, I.
Astrophysical Journal Supplement Seriese   175(1) 1-28   2008年
Subaru High-z Exploration of Low-luminosity Quasars (SHELLQs). I. Discovery of 15 Quasars and Bright Galaxies at 5.7>z>6.9
Matsuoka, Y., Onoue, M., Kashikawa, N., Iwasawa, K., Strauss, M.A., Nagao, T., Imanishi, M., Niida, M., Toba, Y., Akiyama, M., et al.
The Astrophysical Journal   828(1) 26-14   2016年
The Subaru FMOS galaxy redshift survey (FastSound). IV. New constraint on gravity theory from redshift space distortions at z~1.4
Okumura, T., Hikage, C., Totani, T., Tonegawa, M., Okada, H., Glazebrook, G., Blake, C., Ferreira, P.G., More, S., Taruya, A., Tsujikawa, S., Akiyama, M., et al.
Publications of the Astronomical Society of Japan   68(3) 38-24   2016年
The Subaru FMOS galaxy redshift survey (FastSound). II. The emission line catalog and properties of emission line galaxies
Okada, H., Totani, T., Tonegawa, M., Akiyama, M., et al.
Publications of the Astronomical Society of Japan   68(3) 47-17   2016年
Multi time-step wavefront reconstruction for tomographic adaptive-optics systems
Ono, Y.H., Akiyama, M., Oya, S., Lardiere, O., Andersen, D.R., Correia, C., Jackson, K., Bradley, C.
Journal of the Optical Society of America A   33(4) 726   2016年

講演・口頭発表等

 
Tomographic Wavefront Estimation for Wide-Field Adaptive Optics Sytems
International Symposium on Optical Memory 2016   2016年   
Toward Complete Understanding of Accretion History in the Universe and Its Relation to the Galaxy Formation
Joint Subaru/Gemini Science Conference   2009年   
Performance of Echidna fiber positioner for FMOS on Subaru
SPIE Astronomical Telescopes and Instrumentation 2008   2008年   

Works

 
TMT-AGE:すばる望遠鏡でのトモグラフィー補償光学の実証
2016年
TMT-AGE:TMT Analyzer for Galaxies in the Early universe
2012年 - 2016年
Evolution of SMBHs with HSC: First results from initial dataset
2014年 - 2015年
TMT多天体補償光学系の実現に向けた実証試験
2010年 - 2013年
超広域サーベイで明かす巨大ブラックホールと銀河の共進化:理論モデルと観測戦略
2010年

競争的資金等の研究課題

 
銀河中心の超大質量ブラックホールの宇宙論的進化の解明
基礎科学研究
研究期間: 1999年   
銀河の形成と進化の観測的研究
共同研究
研究期間: 1995年   
高速並列計算を用いた高速制御
グラフィックボードを用いた高速並列計算により市販の計算機を用いても非常に高速の計算を行うことが出来るようになっている。高速並列計算を画像処理に用い、その情報をフィードバックして制御を行う。