津田真寿美

J-GLOBALへ         更新日: 18/03/07 12:08
 
アバター
研究者氏名
津田真寿美
 
ツダ マスミ
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/30431307.ja.html
所属
北海道大学
部署
大学院医学研究院
職名
准教授
学位
医学博士(北海道大学)
その他の所属
北海道大学国際連携研究教育局

研究分野

 
 

経歴

 
2017年6月
 - 
現在
北海道大学 医学(系)研究科(研究院) 准教授
 
2014年10月
 - 
2017年5月
北海道大学 医学(系)研究科(研究院) 講師
 
2007年4月
 - 
2014年9月
北海道大学 医学(系)研究科(研究院) 助教
 
2006年4月
 - 
2007年3月
北海道大学 医学(系)研究科(研究院) 助手
 

論文

 
Kato MI, Tanino MA, Miyazaki M, Kimura T, Ishida Y, Wang L, Tsuda M, Nishihara H, Nagashima K, Tanaka S
Internal medicine (Tokyo, Japan)      2018年1月   [査読有り]
Kawamata F, Nishihara H, Homma S, Kato Y, Tsuda M, Konishi Y, Wang L, Kohsaka S, Liu C, Yoshida T, Tanino M, Tanaka S, Kawamura H, Kamiyama T, Taketomi A
The American journal of pathology   188(1) 204-215   2018年1月   [査読有り]
Inamura N, Kimura T, Wang L, Yanagi H, Tsuda M, Tanino M, Nishihara H, Fukuda S, Tanaka S
Auris, nasus, larynx   44(4) 447-457   2017年8月   [査読有り]
森谷 純, 谷野 美智枝, 津田 真寿美, 田中 伸哉
生体の科学   68(4) 365-370   2017年7月
Kato M, Nishihara H, Hayashi H, Kimura T, Ishida Y, Wang L, Tsuda M, Tanino MA, Tanaka S
Medical oncology (Northwood, London, England)   34(1) 8   2017年1月   [査読有り]
Kawano S, Grassian AR, Tsuda M, Knutson SK, Warholic NM, Kuznetsov G, Xu S, Xiao Y, Pollock RM, Smith JJ, Kuntz KW, Ribich S, Minoshima Y, Matsui J, Copeland RA, Tanaka S, Keilhack H
PloS one   12(1) e0170539   2017年   [査読有り]
Matsumoto R, Tsuda M, Yoshida K, Tanino M, Kimura T, Nishihara H, Abe T, Shinohara N, Nonomura K, Tanaka S
Scientific reports   6 34625   2016年10月   [査読有り]
Yuzawa S, Nishihara H, Wang L, Tsuda M, Kimura T, Tanino M, Tanaka S
The American journal of surgical pathology   40(8) 1031-1040   2016年8月   [査読有り]
Yuzawa S, Nishihara H, Yamaguchi S, Mohri H, Wang L, Kimura T, Tsuda M, Tanino M, Kobayashi H, Terasaka S, Houkin K, Sato N, Tanaka S
Modern pathology : an official journal of the United States and Canadian Academy of Pathology, Inc   29(7) 708-716   2016年7月   [査読有り]
Elmansuri AZ, Tanino MA, Mahabir R, Wang L, Kimura T, Nishihara H, Kinoshita I, Dosaka-Akita H, Tsuda M, Tanaka S
Oncotarget   7(19) 27094-27107   2016年5月   [査読有り]
Yamada T, Tsuda M, Wagatsuma T, Fujioka Y, Fujioka M, Satoh AO, Horiuchi K, Nishide S, Nanbo A, Totsuka Y, Haga H, Tanaka S, Shindoh M, Ohba Y
Scientific reports   6 23545   2016年3月   [査読有り]
Goto K, Kimura T, Kitamura N, Semba S, Ohmiya Y, Aburatani S, Matsukura S, Tsuda M, Kurokawa T, Ping Gong J, Tanaka S, Yasuda K
Journal of biomedical materials research. Part A   104(3) 734-746   2016年3月   [査読有り]
Inuzuka T, Fujioka Y, Tsuda M, Fujioka M, Satoh AO, Horiuchi K, Nishide S, Nanbo A, Tanaka S, Ohba Y
Scientific reports   6 21613   2016年2月   [査読有り]
Moriya J, Tanino MA, Takenami T, Endoh T, Urushido M, Kato Y, Wang L, Kimura T, Tsuda M, Nishihara H, Tanaka S, R-IHC Study Group.
Brain tumor pathology   33(1) 13-18   2016年1月   [査読有り]
Kawano S, Grassian AR, Tsuda M, Knutson SK, Warholic NM, Kuznetsov G, Xu S, Xiao Y, Pollock RM, Smith JS, Kuntz KK, Ribich S, Minoshima Y, Matsui J, Copeland RA, Tanaka S, Keilhack H
PloS one   11(7) e0158888   2016年   [査読有り]
Ito T, Sato K, Oikawa M, Sugio H, Asanome T, Ozaki Y, Nakamura H, Tanaka S, Tsuda M, Nagashima K
No shinkei geka. Neurological surgery   43(9) 825-833   2015年9月   [査読有り]
Makino Y, Tsuda M, Ohba Y, Nishihara H, Sawa H, Nagashima K, Tanaka S
Cell communication and signaling : CCS   13 35   2015年7月   [査読有り]
Matsumoto R, Tsuda M, Wang L, Maishi N, Abe T, Kimura T, Tanino M, Nishihara H, Hida K, Ohba Y, Shinohara N, Nonomura K, Tanaka S
Cancer science   106(6) 709-717   2015年6月   [査読有り]
Furukawa J, Tsuda M, Okada K, Kimura T, Piao J, Tanaka S, Shinohara Y
PloS one   10(7) e0128300   2015年   [査読有り]
Minami Y, Kohsaka S, Tsuda M, Yachi K, Hatori N, Tanino M, Kimura T, Nishihara H, Minami A, Iwasaki N, Tanaka S
Cancer science   105(9) 1152-1159   2014年9月   [査読有り]
Kohsaka S, Hinohara K, Wang L, Nishimura T, Urushido M, Yachi K, Tsuda M, Tanino M, Kimura T, Nishihara H, Gotoh N, Tanaka S
Neuro-oncology   16(7) 960-970   2014年7月   [査読有り]
Mahabir R, Tanino M, Elmansuri A, Wang L, Kimura T, Itoh T, Ohba Y, Nishihara H, Shirato H, Tsuda M, Tanaka S
Neuro-oncology   16(5) 671-685   2014年5月   [査読有り]
Takahashi K, Tsuda M, Kanno H, Murata J, Mahabir R, Ishida Y, Kimura T, Tanino M, Nishihara H, Nagashima K, Tanaka S
Brain tumor pathology   31(2) 118-123   2014年4月   [査読有り]
Kawamata F, Homma S, Kamachi H, Einama T, Kato Y, Tsuda M, Tanaka S, Maeda M, Kajino K, Hino O, Takahashi N, Kamiyama T, Nishihara H, Taketomi A, Todo S
Journal of gastroenterology   49(1) 81-92   2014年1月   [査読有り]
Miyazaki M, Nishihara H, Hasegawa H, Tashiro M, Wang L, Kimura T, Tanino M, Tsuda M, Tanaka S
Biochemical and biophysical research communications   441(4) 953-957   2013年11月   [査読有り]
Kanno H, Nishihara H, Wang L, Yuzawa S, Kobayashi H, Tsuda M, Kimura T, Tanino M, Terasaka S, Tanaka S
Neuro-oncology   15(7) 853-864   2013年7月   [査読有り]
Kobos R, Nagai M, Tsuda M, Merl MY, Saito T, Laé M, Mo Q, Olshen A, Lianoglou S, Leslie C, Ostrovnaya I, Antczak C, Djaballah H, Ladanyi M
The Journal of pathology   229(5) 743-754   2013年1月   [査読有り]
Fujioka Y, Tsuda M, Nanbo A, Hattori T, Sasaki J, Sasaki T, Miyazaki T, Ohba Y
Nature communications   4 2763   2013年   [査読有り]
Takahashi K, Orba Y, Kimura T, Wang L, Kohsaka S, Tsuda M, Tanino M, Nishihara H, Nagashima K, Sawa H, Tanaka S
Japanese journal of infectious diseases   66(2) 126-132   2013年   [査読有り]
Ohba Y, Fujioka Y, Nakada S, Tsuda M
Progress in molecular biology and translational science   113 313-348   2013年   [査読有り]
Arai R, Tsuda M, Watanabe T, Ose T, Obuse C, Maenaka K, Minami A, Ohba Y
European journal of cancer (Oxford, England : 1990)   48(15) 2417-2430   2012年10月   [査読有り]
大場雄介, 津田真寿美
生化学   84(5) 359-365   2012年5月
Ohba Y, Tsuda M
Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society   84(5) 359-365   2012年5月   [査読有り]
Tsuda M, Tanaka S
Genes & cancer   3 334-340   2012年5月   [査読有り]
近藤健, 金安顕子, 盛暁生, 入江達朗, 津田真寿美, 森岡正信, 今村雅寛, 大場雄介
臨床血液   52(9) 1133   2011年9月
Ohba Y, Tsuda M
Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica   138(1) 13-17   2011年7月   [査読有り]
下村脩博士によって,Aequorea victoria の発光器官から緑色蛍光タンパク質GFP(green fluorescent protein)が発見され,1992年にそのcDNAが単離されて以来,生細胞イメージングは生物学研究の必須ツールになっている.GFPはcDNAの細胞導入のみで,生理的環境下での目的タンパク質の局在や局在変化を可視化し,種々のカラーバリアントが入手可能な現在では複数のタンパク質の挙動の同時観察も可能である.また,フェルスター共鳴エネルギー移動(FR...
Yamada T, Tsuda M, Takahashi T, Totsuka Y, Shindoh M, Ohba Y
The American journal of pathology   178 2845-2856   2011年6月   [査読有り]
Fujioka Y, Tsuda M, Hattori T, Sasaki J, Sasaki T, Miyazaki T, Ohba Y
PloS one   6 e16324   2011年1月   [査読有り]
Mizutani T, Kondo T, Darmanin S, Tsuda M, Tanaka S, Tobiume M, Asaka M, Ohba Y
Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research   16(15) 3964-3975   2010年8月   [査読有り]
Tsutsumi K, Fujioka Y, Tsuda M, Kawaguchi H, Ohba Y
Cellular signalling   21 1672-1679   2009年11月   [査読有り]
津田 真寿美, 大場 雄介
細胞   41(11) 462-465   2009年10月
Watanabe T, Tsuda M, Tanaka S, Ohba Y, Kawaguchi H, Majima T, Sawa H, Minami A
Molecular cancer research : MCR   7(9) 1582-1592   2009年9月   [査読有り]
Kimura T, Sakai M, Tabu K, Wang L, Tsunematsu R, Tsuda M, Sawa H, Nagashima K, Nishihara H, Hatakeyama S, Nakayama K, Ladanyi M, Tanaka S, Nakayama KI
Laboratory investigation; a journal of technical methods and pathology   89(6) 645-656   2009年6月   [査読有り]
Watanabe T, Tsuda M, Makino Y, Konstantinou T, Nishihara H, Majima T, Minami A, Feller SM, Tanaka S
Cell research   19 638-650   2009年5月   [査読有り]
Inuzuka T, Tsuda M, Tanaka S, Kawaguchi H, Higashi Y, Ohba Y
Cancer research   69(4) 1678-1684   2009年2月   [査読有り]
Inuzuka T, Tsuda M, Kawaguchi H, Ohba Y
Biochemical and biophysical research communications   379(2) 510-513   2009年2月   [査読有り]
Tsutsumi K, Tsuda M, Yazawa N, Nakamura H, Ishihara S, Haga H, Yasuda M, Yamazaki R, Shirato H, Kawaguchi H, Nishioka T, Ohba Y
Cell structure and function   34(2) 89-96   2009年   [査読有り]
大場雄介, 津田真寿美
実験医学   26(15) 2506-2513   2008年9月
Yamada T, Tsuda M, Ohba Y, Kawaguchi H, Totsuka Y, Shindoh M
Biochemical and biophysical research communications   368(3) 575-581   2008年4月   [査読有り]
Wang L, Tabu K, Kimura T, Tsuda M, Linghu H, Tanino M, Kaneko S, Nishihara H, Tanaka S
Biochemical and biophysical research communications   362(4) 976-981   2007年11月   [査読有り]
津田真寿美, 川口秀明
癌の臨床   52(12) 721-730   2007年6月
Tsuda M, Davis IJ, Argani P, Shukla N, McGill GG, Nagai M, Saito T, Laé M, Fisher DE, Ladanyi M
Cancer research   67 919-929   2007年2月   [査読有り]
Watanabe T, Tsuda M, Makino Y, Ichihara S, Sawa H, Minami A, Mochizuki N, Nagashima K, Tanaka S
Molecular cancer research : MCR   4(7) 499-510   2006年7月   [査読有り]
Tabu K, Ohnishi A, Sunden Y, Suzuki T, Tsuda M, Tanaka S, Sakai T, Nagashima K, Sawa H
Journal of cell science   119(7) 1433-1441   2006年4月   [査読有り]
Makino Y, Tsuda M, Ichihara S, Watanabe T, Sakai M, Sawa H, Nagashima K, Hatakeyama S, Tanaka S
Journal of cell science   119(5) 923-932   2006年3月   [査読有り]
Tsuda M, Watanabe T, Seki T, Kimura T, Sawa H, Minami A, Akagi T, Isobe K, Nagashima K, Tanaka S
Oncogene   24 7984-7990   2005年12月   [査読有り]
Tsuda M, Makino Y, Iwahara T, Nishihara H, Sawa H, Nagashima K, Hanafusa H, Tanaka S
The Journal of biological chemistry   279(45) 46843-46850   2004年11月   [査読有り]
Qu Q, Sawa H, Suzuki T, Semba S, Henmi C, Okada Y, Tsuda M, Tanaka S, Atwood WJ, Nagashima K
The Journal of biological chemistry   279(26) 27735-27742   2004年6月   [査読有り]
Expression of the oligodendroglial lineage-associated markers Olig1 and Olig2 in different types of human gliomas.
Ohnishi A, Sawa H, Tsuda M, Sawamura Y, Itoh T, Iwasaki Y, Nagashima K
Journal of neuropathology and experimental neurology   62(10) 1052-1059   2003年10月   [査読有り]
田中伸哉, 津田真寿美, 平賀博明, 三浪明男, 長嶋和郎
病理と臨床   21(6) 593-603   2003年6月
Salah-Eldin AE, Inoue S, Tsukamoto S, Aoi H, Tsuda M
International journal of cancer. Journal international du cancer   103 53-60   2003年1月   [査読有り]
Nishihara H, Maeda M, Oda A, Tsuda M, Sawa H, Nagashima K, Tanaka S
Blood   100 3968-3974   2002年12月   [査読有り]
Nishihara H, Maeda M, Tsuda M, Makino Y, Sawa H, Nagashima K, Tanaka S
Biochemical and biophysical research communications   296(3) 716-720   2002年8月   [査読有り]
Nishihara H, Tanaka S, Tsuda M, Oikawa S, Maeda M, Shimizu M, Shinomiya H, Tanigami A, Sawa H, Nagashima K
Cancer letters   180 55-61   2002年6月   [査読有り]
Signaling adaptor protein v-Crk activates Rho and regulates cell motility in 3Y1 rat fibroblast cell line.
Tsuda M, Tanaka S, Sawa H, Hanafusa H, Nagashima K
Cell growth & differentiation : the molecular biology journal of the American Association for Cancer Research   13(3) 131-139   2002年3月   [査読有り]
井上勝一, 飯塚雅由, 亀山雅世, 津田真寿美
細胞   32(5) 186-191   2000年5月
井上勝一, 津田真寿美, 飯塚雅由
臨床検査   41(10) 1123-1130   1997年10月
岩崎正幸, 津田真寿美, 谷沢徹, 神山隆一
臨床検査   41(8) 959-962   1997年8月

講演・口頭発表等

 
大場雄介, 山田珠希, 山田珠希, 山田珠希, 津田真寿美, 藤岡容一朗, 藤岡真理, 堀内浩水, 堀口美香, 佐藤絢, ネパール ブラバ, 王せい, 柏木彩花, 西出真也, 南保明日香, 芳賀永, 田中伸哉, 進藤正信
日本生理学雑誌(Web)   2017年5月   
石田雄介, 石田雄介, 石田雄介, 高橋達郎, 佐藤行真, 池田正起, 守田玲菜, 武井英博, 木村太一, 木村太一, 木村太一, 津田真寿美, 谷野美智枝, 田中伸哉, 田中伸哉
日本病理学会会誌   2017年3月24日   
鈴木佑季, 津田真寿美, 湯澤明夏, 木村太一, 石田雄介, 谷野美智枝, 西原広史, 田中伸哉, 田中伸哉
日本病理学会会誌   2017年3月24日   
四宮万里絵, 津田真寿美, 湯澤明夏, 木村太一, 石田雄介, 谷野美智枝, 西原広史, 田中伸哉, 田中伸哉
日本病理学会会誌   2017年3月24日   
津田真寿美, 松本隆児, 吉田一彦, 谷野美智枝, 木村太一, 西原広史, 阿部崇重, 篠原信雄, 野々村克也, 田中伸哉, 田中伸哉
日本病理学会会誌   2017年3月24日   

競争的資金等の研究課題

 
Crkアダプター分子を用いた幹細胞・EMTヘテロジェナイティーモデルの作製
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 津田真寿美
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 津田 真寿美
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 津田 真寿美
近年増加傾向にある乳癌、前立腺癌、肺癌には、腫瘍発生後比較的早期から骨転移・骨浸潤が高頻度に出現する特徴がある。しかし、この原因は解剖学的位置関係だけでは説明困難であり、なぜこれらの癌が骨転移を起こしやすいのか未だ明らかではない。最近、腫瘍血管内皮細胞が内皮-間葉転換による脱分化の後、骨・軟骨細胞へ再分化して腫瘍組織の石灰化を誘導するという興味深い現象が報告された。これは、血管内皮細胞が作りだした骨類似環境によって、癌細胞が原発巣にいながらにしてすでに高骨親和性を獲得するようにプログラミン...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 大場 雄介
がん細胞の浸潤・転移や血管内皮細胞の血管新生動員に重要なプロセスである上皮間葉移行(epithelial-mesenchymal transition, EMT)を共通に制御する転写因子TCF8を同定し、TCF8がEMTを制御する分子メカニズムをがん細胞側、血管内皮細胞側のそれぞれで解明した。また、がん間質側の違いが、がんそのものの悪性度に寄与する新たなエビデンスを見出し、新しいがんの制御法につながる新たな知見を提供した。
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 津田 真寿美
生体内腫瘍環境特異的な癌細胞悪性化因子の解析を進める中で、口腔癌組織特異的に破骨細胞分化因子RANKLが発現誘導されることを同定し、このRANKLが生体内での口腔癌の悪性度を増悪させる重要因子である可能性を見出した。また、高頻度に肺転移を引き起こすヒト滑膜肉腫をモデルにして、腫瘍細胞と血管内皮細胞との相互作用が腫瘍血管新生に極めて重要であること、またSrcファミリー阻害薬がこの血管新生を有効に抑制することを明らかにした。
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 戸塚 靖則
口腔がんの多くは舌や歯肉などの口腔内組織に発症するが、これらの臓器・組織は解剖学的に顎骨に近接しており、腫瘍の増大により容易に顎骨に浸潤する。この場合は、腫瘍の根治性の点から、顎骨離断術や部分切断術を施行せざるをえず、顔面の審美性や機能性に多大な障害を生じ、治癒後の社会生活やQOLに大きな影響を及ぼす。それ故、腫瘍の顎骨浸潤を抑制することが可能となれば、口腔がん患者にどって大きな福音となり、その開発が真に望まれている。口腔癌細胞の多くは、epidemal growth factor (EG...
文部科学省: 科学研究費補助金(特別研究促進費, 若手研究(B))
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 津田 真寿美
染色体転座に由来する悪性腫瘍の多くは複雑な細胞動態を示し、一般的な化学療法に耐性で予後も悪いことから、より効果的な抗がん剤の適用やその診断が急務の課題となっている。我々は、平成18年度の研究より、キメラ遺伝子産物SYT-SSXを発現するヒト滑膜肉腫において、ある種のチロシンキナーゼ阻害剤がその増殖能や細胞運動能を著明に低下させることを明らかにした(特許出願:2007-3808)。この成果に基づき、当該年度においては、in vivoマウスにおけるチロシンキナーゼ阻害剤の抗腫瘍効果を検討した。...