MISC

2017年10月

【明日から役立つ頭頸部領域の核医学-最新情報】 FDG-PET/CTによる頭頸部がん化学放射線療法の効果判定

耳鼻咽喉科・頭頸部外科
  • 上田 百合
  • ,
  • 田原 信

89
11
開始ページ
880
終了ページ
885
記述言語
日本語
掲載種別
出版者・発行元
(株)医学書院

<POINT>PETはCRT後の治療効果判定に有用であり,特に高い特異度は救済手術の判断を行う際の一助となる。治療効果判定目的のPETはCRT終了後10週以降に行い,残存が疑われる場合には救済手術を考慮すべきである。頸部リンパ節は原発巣に比べ偽陰性を生じやすく,PET陰性であったとしても注意深い経過観察が必要であり,必要に応じて頸部エコーなど他の画像検査も併せて施行する。CRT後のplanned NDについては,PET陰性であれば不要との意見や,N stage進行例ではplanned NDを行うべきという意見があり,いまだ議論が分かれている。(著者抄録)

エクスポート
BibTeX RIS