長竹貴広

J-GLOBALへ         更新日: 19/12/24 19:00
 
アバター
研究者氏名
長竹貴広
 
ナガタケ タカヒロ
所属
国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所
部署
ワクチン・アジュバント研究センターワクチンマテリアルプロジェクト/腸内環境システムプロジェクト
職名
主任研究員
学位
博士(医学)(東京大学大学院)
その他の所属
広島大学
科研費研究者番号
80608737

プロフィール

千葉県成田市出身。明治大学農学部で渡辺寛人教授に師事し、食品成分によるメイラード反応の抑制に関する研究に取り組んだ(首席卒業)。大学院は東京大学大学院医学系研究科に進学し、医科学研究所の清野宏教授、福山聡博士に師事し、粘膜免疫学の専門性を身につけ、涙道関連リンパ組織(TALT)や鼻咽頭関連リンパ組織(NALT)の組織形成機構や免疫学的機能を解き明かし学位を取得した。大学院修了後はUHA味覚糖株式会社に入社し食品開発に従事した。その後、京都大学大学院医学研究科の湊長博教授、濱崎洋子博士に師事し、胸腺や腸管内分泌細胞に発現するClaudin分子群の機能解明に取り組み、免疫病態を細胞生物学的研究手法から解き明かす専門性を身につけた。現在は国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所の國澤純プロジェクトリーダー主宰の研究室の主任研究員として「免疫・アレルギー・炎症を制御する腸内環境因子としての栄養と腸内細菌」をキーワードに研究に取り組んでいる。

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
(組織改編)国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所 ワクチン・アジュバント研究センターワクチンマテリアルプロジェクト/腸内環境システムプロジェクト 主任研究員
 
2015年4月
 - 
2018年3月
(組織改編)国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所 ワクチンマテリアルプロジェクト/腸内環境システムプロジェクト 研究員
 
2013年1月
 - 
2015年3月
独立行政法人医薬基盤研究所 創薬基盤研究部ワクチンマテリアルプロジェクト 研究員
 
2012年4月
 - 
2012年12月
日本学術振興会特別研究員 (PD)
 
2010年12月
 - 
2012年12月
京都大学大学院医学研究科 免疫細胞生物学 Post doctoral fellow
 
2010年4月
 - 
2010年12月
UHA味覚糖株式会社 第二マテリアル開発セクション第三カテゴリー・健食デパートメント 会社員
 
2007年4月
 - 
2010年3月
日本学術振興会特別研究員 (DC1)
 
2006年4月
 - 
2010年3月
東京大学大学院医学系研究科病因・病理学専攻 医科学研究所感染・免疫部門炎症免疫学分野 大学院生(博士)
 
2004年4月
 - 
2006年3月
東京大学大学院医学系研究科医科学専攻 医科学研究所感染・免疫部門炎症免疫学分野 大学院生(修士)
 
2000年4月
 - 
2004年3月
明治大学農学部生命科学科 大学生
 

学歴

 
2006年4月
 - 
2010年3月
東京大学 大学院医学系研究科 病因・病理学専攻
 
2004年4月
 - 
2006年3月
東京大学 大学院医学系研究科 医科学専攻
 
2000年4月
 - 
2004年3月
明治大学 農学部 生命科学科
 
1996年4月
 - 
1999年3月
千葉県私立成田高等学校  
 

受賞

 
2017年12月
日本免疫学会 ベストプレゼンテーション賞
 
2007年5月
東京大学医科学研究所 Best Poster Award
 
2005年6月
国際粘膜免疫学会 Young Investigator Award
 
2004年3月
明治大学 首席卒業
 
2002年4月
明治大学農学部 農学部長奨励賞
 

論文

 
Sawane K, Nagatake T, Hosomi K, Hirata SI, Adachi J, Abe Y, Isoyama J, Suzuki H, Matsunaga A, Fukumitsu S, Aida K, Tomonaga T, Arita M, Kunisawa J
Nutrients   11(12)    2019年11月   [査読有り]
Takahashi I, Hosomi K, Nagatake T, Tobou H, Yamamoto D, Hayashi I, Kurashima Y, Sato S, Shibata N, Goto Y, Maruyama F, Nakagawa I, Kuwae A, Abe A, Kunisawa J, Kiyono H
International Immunology      2019年10月   [査読有り]
Li H, NeelankalJohn A, Nagatake T, Hamazaki Y, Jiang FX
FEBS Open Bio      2019年9月   [査読有り]
Nagatake T, Hirata SI, Koga T, Kuroda E, Kobari S, Suzuki H, Hosomi K, Matsumoto N, Yanrismet Y, Shimojou M, Morimoto S, Sasaki F, Ishii KJ, Yokomizo T, Kunisawa J
Mucosal Immunology   12(5) 1082-1091   2019年9月   [査読有り]
Tiwari P, Nagatake T, Hirata SI, Sawane K, Saika A, Shibata Y, Morimoto S, Honda T, Adachi J, Abe Y, Isoyama J, Tomonaga T, Kiyono H, Kabashima K, Kunisawa J
Allergy   74(8) 1522-1532   2019年8月   [査読有り]
Nagatake T, Kunisawa J
International Immunology   31(9) 569-577   2019年8月   [査読有り]
Saika A, Nagatake T, Kunisawa J
Frontiers in Nutrition   6 36   2019年4月   [査読有り]
Hosomi K, Hinenoya A, Suzuki H, Nagatake T, Nishino T, Tojima Y, Hirata SI, Matsunaga A, Kondoh M, Yamasaki S, Kunisawa J
International Immunology   31(2) 91-100   2019年2月   [査読有り]
Nagatake T, Shiogama Y, Inoue A, Kikuta J, Honda T, Tiwari P, Kishi T, Yanagisawa A, Isobe Y, Matsumoto N, Shimojou M, Morimoto S, Suzuki H, Hirata SI, Steneberg P, Edlund H, Aoki J, Arita M, Kiyono H, Yasutomi Y, Ishii M, Kabashima K, Kunisawa J
The Journal of Allergy and Clinical Immunology   142(2) 470-484.e12   2018年8月   [査読有り]
Nagatake T, Suzuki H, Hirata SI, Matsumoto N, Wada Y, Morimoto S, Nasu A, Shimojou M, Kawano M, Ogami K, Tsujimura Y, Kuroda E, Iijima N, Hosomi K, Ishii KJ, Nosaka T, Yasutomi Y, Kunisawa J
International Immunology   30(10) 471-481   2018年7月   [査読有り]
Sasaki A, Nagatake T, Egami R, Gu G, Takigawa I, Ikeda W, Nakatani T, Kunisawa J, Fujita Y
Cell Reports   23(4) 974-982   2018年4月   [査読有り]
Suzuki H, Nagatake T, Nasu A, Lan H, Ikegami K, Setou M, Hamazaki Y, Kiyono H, Yagi K, Kondoh M, Kunisawa J
Scientific Reports   8(1) 2904   2018年2月   [査読有り]
Nakamizo S, Honda T, Adachi A, Nagatake T, Kunisawa J, Kitoh A, Otsuka A, Dainichi T, Nomura T, Ginhoux F, Ikuta K, Egawa G, Kabashima K
Scientific Reports   7(1) 14076   2017年10月   [査読有り]
Hosomi K, Ohno H, Murakami H, Natsume-Kitatani Y, Tanisawa K, Hirata S, Suzuki H, Nagatake T, Nishino T, Mizuguchi K, Miyachi M, Kunisawa J
Scientific Reports   7(1) 4339   2017年6月   [査読有り]
Kuroda E, Ozasa K, Temizoz B, Ohata K, Koo CX, Kanuma T, Kusakabe T, Kobari S, Horie M, Morimoto Y, Nakajima S, Kabashima K, Ziegler SF, Iwakura Y, Ise W, Kurosaki T, Nagatake T, Kunisawa J, Takemura N, Uematsu S, Hayashi M, Aoshi T, Kobiyama K, Coban C, Ishii KJ
Immunity   45(6) 1299-1310   2016年12月   [査読有り]
Kunisawa J, Sugiura Y, Wake T, Nagatake T, Suzuki H, Nagasawa R, Shikata S, Honda K, Hashimoto E, Suzuki Y, Setou M, Suematsu M, Kiyono H
Cell Reports   13(1) 122-131   2015年10月   [査読有り]
Sanosaka M, Fujimoto M, Ohkawara T, Nagatake T, Itoh Y, Kagawa M, Kumagai A, Fuchino H, Kunisawa J, Naka T, Takemori H
Immunology   145(2) 268-278   2015年6月   [査読有り]
Kunisawa J, Arita M, Hayasaka T, Harada T, Iwamoto R, Nagasawa R, Shikata S, Nagatake T, Suzuki H, Hashimoto E, Kurashima Y, Suzuki Y, Arai H, Setou M, Kiyono H
Scientific Reports   5 9750   2015年6月   [査読有り]
Nagatake T, Fukuyama S, Sato S, Okura H, Tachibana M, Taniuchi I, Ito K, Shimojou M, Matsumoto N, Suzuki H, Kunisawa J, Kiyono H
PLoS ONE   10(5) e0127460   2015年   [査読有り]
Nagatake T, Fujita H, Minato N, Hamazaki Y
PLoS ONE   9(6) e90638   2014年   [査読有り]
Kim DY, Fukuyama S, Nagatake T, Takamura K, Kong IG, Yokota Y, Lee CH, Kiyono H
Allergy   67(4) 502-509   2012年4月   [査読有り]
Ogawa M, Yoshikawa Y, Kobayashi T, Mimuro H, Fukumatsu M, Kiga K, Piao Z, Ashida H, Yoshida M, Kakuta S, Koyama T, Goto Y, Nagatake T, Nagai S, Kiyono H, Kawalec M, Reichhart JM, Sasakawa C
Cell Host & Microbe   9(5) 376-389   2011年5月   [査読有り]
Kim DY, Sato A, Fukuyama S, Sagara H, Nagatake T, Kong IG, Goda K, Nochi T, Kunisawa J, Sato S, Yokota Y, Lee CH, Kiyono H
The Journal of Immunology   186(7) 4253-4262   2011年4月   [査読有り]
Nagatake T, Fukuyama S, Kim DY, Goda K, Igarashi O, Sato S, Nochi T, Sagara H, Yokota Y, Jetten AM, Kaisho T, Akira S, Mimuro H, Sasakawa C, Fukui Y, Fujihashi K, Akiyama T, Inoue J, Penninger JM, Kunisawa J, Kiyono H
The Journal of Experimental Medicine   206(11) 2351-2364   2009年10月   [査読有り]
Regulatory role of lymphoid chemokine CCL19 and CCL21 in the control of allergic rhinitis.
Takamura K, Fukuyama S, Nagatake T, Kim DY, Kawamura A, Kawauchi H, Kiyono H
The Journal of Immunology   179(9) 5897-5906   2007年11月   [査読有り]
Tanaka N, Fukuyama S, Fukuiwa T, Kawabata M, Sagara Y, Ito HO, Miwa Y, Nagatake T, Kiyono H, Kurono Y
Vaccine   25(14) 2680-2687   2007年3月   [査読有り]
Cutting edge: Uniqueness of lymphoid chemokine requirement for the initiation and maturation of nasopharynx-associated lymphoid tissue organogenesis.
Fukuyama S, Nagatake T, Kim DY, Takamura K, Park EJ, Kaisho T, Tanaka N, Kurono Y, Kiyono H
The Journal of Immunology   177(7) 4276-4280   2006年10月   [査読有り]

書籍等出版物

 
プロバイオティクス、プレバイオティクス、シンバイオティクスとは
長竹貴広、國澤純 (担当:共著)
「糖尿病ケア:スルスルわかる糖尿病と腸内細菌の関係」(メディカ出版)   2020年1月   
食用油の脂肪酸組成のユニーク性を利用した多臓器アレルギー・炎症疾患の制御
長竹貴広、國澤純 (担当:共著)
「実験医学増刊号 新時代が始まったアレルギー疾患研究」(羊土社)   2019年6月   
食用油を起点に形成される脂質代謝ネットワークと免疫制御
長竹貴広、國澤純 (担当:共著)
「実験医学 食の機能実効分子のサイエンス」(羊土社)   2019年3月   
健康状態を左右する腸内環境因子としての食事と腸内細菌叢
長竹貴広、國澤純 (担当:共著)
メディカルレビュー社   2019年2月   
Lymphoid tissues associated with gastrointestinal (GI) mucosa
長竹貴広、國澤純 (担当:共著)
Springer Singapore   2019年2月   
マウスとカニクイザルにおいて17,18-EpETEは好中球のGPR40を介した遊走抑制によって接触皮膚炎を改善する
長竹貴広、國澤純 (担当:共著)
「臨床免疫・アレルギー科」(科学評論社)   2018年10月   
脂肪酸代謝物による腸管・皮膚アレルギーの制御
長竹貴広、國澤純 (担当:共著)
「細胞」(ニューサイエンス社)   2018年3月   
免疫・ワクチン応答を左右する腸内環境因子としての栄養と腸内細菌
長竹貴広、國澤純 (担当:共著)
「医学のあゆみ 近未来のワクチン—開発研究の潮流と課題」(医歯薬出版)   2018年2月   
食物アレルギーの発症における食用油クオリティの影響
長竹貴広、國澤純 (担当:共著)
「化学と生物」(日本農芸化学会会誌)   2017年1月   
粘膜関連リンパ組織のユニーク性と臨床応用
中橋理佳、長竹貴広、清野宏 (担当:共著)
「リンパ学」(日本リンパ学会機関誌リンパ学)   2016年12月   
脂質を介した腸管免疫の制御と疾患
長竹貴広、國澤純 (担当:共著)
「実験医学増刊号 脂質疾患学」(羊土社)   2015年9月   
腸管組織における多元的免疫制御システムと食物アレルギー
長竹貴広、國澤純 (担当:共著)
「医学のあゆみ 粘膜免疫Update」(医歯薬出版)   2015年5月   
脂質を介した腸管免疫システムの制御
長竹貴広、國澤純 (担当:共著)
「医学のあゆみ 生命を支える脂質」(医歯薬出版)   2014年3月   
Unique function of mucosa-associated lymphoid tissues as targets of mucosal vaccines
Takahiro Nagatake and Jun Kunisawa (担当:共著)
Current Topics in Pharmacology   2013年12月   
粘膜免疫システム 基礎の基礎
高橋一郎、長竹貴広、清野宏 (担当:共著)
「細胞工学」(秀潤社)   2011年3月   
粘膜関連リンパ組織の特徴と組織構築分子基盤—鼻咽頭関連リンパ組織(NALT)—
福山聡、長竹貴広、清野宏 (担当:共著)
「臨床粘膜免疫学」(シナジー社)   2010年1月   
粘膜関連リンパ組織の特徴と組織構築分子基盤—涙道関連リンパ組織(TALT)—
佐藤慎太郎、長竹貴広、清野宏 (担当:共著)
「臨床粘膜免疫学」(シナジー社)   2010年1月   
Mucosa-associated lymphoid tissue and dynamics of lymphoid cells in the five different compartments in allergic diseases
Satoshi Fukuyama, Takahiro Nagatake and Hiroshi Kiyono (担当:共著)
「Allergy Frontiers: Classification and Pathomechanisms」Editors: R. Pawankar, S.T. Holgate, L.J. Rosenwasser(Springer)   2009年4月   
呼吸器関連リンパ組織の組織形成と免疫学的機能
福山聡、長竹貴広、清野宏 (担当:共著)
「実験医学増刊号」(羊土社)   2007年11月   
マウスにおけるNALT単核球分離法
長竹貴広、福山聡、清野宏 (担当:共著)
「日本免疫学会 Newsletter」(日本免疫学会)   2006年12月   
粘膜免疫機構とケモカイン
長竹貴広、福山聡、清野宏 (担当:共著)
「アレルギー・免疫」(医薬ジャーナル社)   2006年   
NALTの形成とケモカイン
長竹貴広、福山聡、清野宏 (担当:共著)
「臨床免疫」(科学評論社)   2005年1月   
粘膜免疫と免疫寛容
長竹貴広、福山聡、清野宏 (担当:共著)
「アレルギー科」(科学評論社)   2004年12月   

講演・口頭発表等

 
BLT1 enhances gut IgA production against oral vaccine by inducing commensal bacteria-dependent proliferation of plasma cells
Nagatake T, Hirata S, Joga T, Kuroda E, Kobari S, Suzuki H, Hosomi K, Matsumoto N, Yanrismet Y, Shimojou M, Morimoto S, Sasaki F, Ishii K, Yokomizo T, Kunisawa J.
第19回 国際粘膜免疫学会学術集会   2019年7月18日   
BLT1 promotes intestinal IgA production against oral vaccine by mediating commensal bacteria-dependent innate immune signals for plasma cell proliferation
Nagatake T, Hirata S, Koga T, Kuroda E, Kobari S, Suzuki H, Hosomi K, Matsumoto N, Yanrismet Y, Shimojou M, Morimoto S, Sasaki F, Ishii K, Yokomizo T, Kunisawa J
第60回 国際脂質生物学会議   2019年6月19日   
ω3脂肪酸は脂肪組織炎症を抑制し糖尿病の病態形成を抑制する
長竹貴広、安達貴弘、國澤純
第6回 先進イメージング医学研究会・学術集会   2019年1月11日   
Immunological association of inducible bronchus-associated lymphoid tissue organogenesis in Ag85B-rHPIV2 vaccine-induced anti-tuberculosis mucosal immune responses in mice.
Nagatake T, Suzuki H, Kawano M, Ogami K, Tsujimura Y, Kuroda E, Iijima N, Hosomi K, Ishii K, Yasutomi Y, Kunisawa J.
第47回 日本免疫学会総会・学術集会   2018年12月11日   
ロイコトリエンB4受容体BLT1は経口ワクチンに対する抗原特異的IgA産生を促進する
長竹貴広、平田宗一郎、古賀友紹、黒田悦史、小張真吾、鈴木英彦、細見晃司、佐々木文之、石井健、横溝岳彦、國澤純
第22回 日本ワクチン学会学術集会   2018年12月8日   
Organogenesis of inducible bronchus-associated lymphoid tissue plays an essential role in Ag85B-rhPIV2-based anti-tuberculosis respiratory vaccine in mice
Nagatake T, Suzuki H, Nasu A, Hirata S, Wada Y, Matsumoto N, Shimojou M, Morimoto S, Hosomi K, Ogami K, Tsujimura Y, Kawano M, Nosaka T, Yasutomi Y, Kunisawa J
第11回 次世代アジュバント研究会   2018年1月23日   
17,18-EpETEは好中球のGPR40に作用し遊走を阻害することで接触皮膚炎を抑制する
長竹貴広、國澤純
第5回 先進イメージング医学研究会・学術集会   2018年1月12日   
17,18-EpETE, a metabolite of omega-3 essential fatty acids, inhibited neutron mobility and ameliorated skin inflammation in DNFB-induced contact hypersensitivity model
Nagatake T, Kikuta J, Honda T, Suzuki H, Arita M, Kiyono H, Ishii M, Kabashima K, Kunisawa J
第46回 日本免疫学会総会・学術集会   2017年12月13日   
オメガ3脂肪酸代謝物17,18-EpETEが発揮する抗アレルギー・抗炎症作用
長竹貴広、國澤純
第3回 腸内細菌脂質代謝研究会   2017年7月19日   
17,18-epoxyeicosatetoraenoic acid impairs neutrophil mobility and ameliorates contact hypersensitivity
Nagatake T, Kunisawa J
The 1st Japan-Korea Joint Meeting on Mucosal Immunology   2017年5月16日   
17,18-EpETEは好中球の遊走を抑制することで接触性皮膚炎を軽減する
長竹貴広、菊田順一、本田哲也、Prabha Tiwari、柳澤篤、石井優、椛島健治、國澤純
第4回 先進イメージング医学研究会・学術集会   2017年2月20日   
Organogenesis of inducible bronchus-associated lymphoid tissue has essential role in the induction of antigen-specific immune response by Ag85B-hPIV2-based anti-tuberculosis vaccine in mice
Nagatake T, Suzuki H, Nasu A, Hirata S, Wada Y, Matsumoto N, Shimojou M, Morimoto S, Hosomi K, Ogami K, Tsujimura Y, Kawano M, Nosaka T, Yasutomi Y, Kunisawa J
第10回 次世代アジュバント研究会   2017年1月24日   
17,18-epoxy-eicosatetraenoic acid ameliorated contact hypersensitivity by inhibiting neutrophil infiltration into the skin
Nagatake T, Honda T, Suzuki H, Arita M. Kiyono H, Kabashima K, Kunisawa J
第45回 日本免疫学会総会・学術集会   2016年12月5日   
ロイコトリエンB4受容体BLT1はB細胞増殖を促進することで経口ワクチンに対する抗原特異的IgA抗体産生を促進する
長竹貴広、平田宗一郎、古賀友紹、佐々木文之、鈴木英彦、細見晃司、横溝岳彦、國澤純
第20回 日本ワクチン学会学術集会   2016年10月22日   
Contact hypersensitivity is ameliorated by 17,18-epoxy-eicosatetraenoic acid, a metabolite from eicosapentaenoic acid, in the skin
Nagatake T, Shiogama Y, Honda T, Isobe Y, Arita M, Matsumoto N, Shimojou M, Tiwari P, Suzuki H, Yasutomi Y, Kiyono H, Kabashima K, Kunisawa J
第16回 国際免疫学会学術集会   2016年8月25日   
Inducible bronchus-associated lymphoid tissue plays an important role in the induction of antigen-specific immune response by Ag85B-hPIV2-based anti-tuberculosis vaccine in mice
Nagatake T, Wada Y, Matsumoto N, Shimojou M, Hirata S, Nasu A, Suzuki H, Hosomi K, Ogami K, Tsujimura Y, Kawano M, Nosaka T, Yasutomi Y, Kunisawa J
第103回 アメリカ免疫学会学術集会   2016年5月14日   
Essential role of inducible bronchus-associated lymphoid tissue genesis for the induction of antigen-specific immune response by Ag85B-hPIV2-based anti-tuberculosis vaccine in mice
Nagatake T, Wada Y, Matsumoto N, Shimojou M, Hirata S, Nasu A, Suzuki H, Hosomi K, Ogami K, Tsujimura Y, Kawano M, Nosaka T, Yasutomi Y, Kunisawa J
第9回 次世代アジュバント研究会   2016年1月19日   
Prevention of gut and skin allergic inflammation by 17,18-epoxy-eicosatetraenoic acid, an endogenously generated lipid metabolite from linseed oil
Nagatake T, Arita M, Honda T, Suzuki H, Kiyono H, Kabashima K, Kunisawa J
第44回 日本免疫学会総会・学術集会   2015年11月20日   
接触性皮膚炎モデルにおける17,18-EpETEの有効性評価
長竹貴広、有田誠、本田哲也、磯部洋輔、松本直実、下條倫子、四方紫織、鈴木英彦、清野宏、椛島健治、國澤純
第57回 日本脂質生化学会学術集会   2015年5月28日   
Dietary ω3 fatty acid-originated 17,18-epoxyeicostetraenoic acid prevents the development of allergic inflammation in the gut and skin
Nagatake T, Arita M, Hayasaka T, Harada T, Iwamoto R, Honda T, Matsumoto N, Shimojou M, Nagasawa R, Shikata S, Hashimoto E, Kurashima Y, Suzuki Y, Suzuki H, Kabashima K, Arai H, Setou M, Kiyono H, Kunisawa J
The 6th International Conference on Phospholipase A2 and Lipid Mediators   2015年2月10日   
Immunological and organogenesis diversity of mucosa-associated lymphoid tissues for the development of mucosal vaccine
Nagatake T, Matsumoto N, Shimojou M, Suzuki H, Fukuyama S, Sato S, Ogami K, Tsujimura Y, Kawano M, Nosaka T, Kiyono H, Yasutomi Y, Kunisawa J
第8回 次世代アジュバント研究会   2015年1月20日   
Enteroendocrine cells are specifically marked by cell surface expression of claudin-4 in mouse small intestine
Nagatake T, Fujita H, Minato N, Hamazaki Y
第66回 日本細胞生物学会学術集会   2014年6月   
Eye immune responses initiated by uniquely developing tear duct-associated lymphoid tissue
Nagatake T, Sato S, Kunisawa J, Kiyono H
第42回 日本免疫学会総会・学術集会   2013年12月11日   
Claudin-5 is a crucial component of blood-thymus barrier by regulating vascular permeability
Nagatake T, Zhao Y-C, Hamazaki Y, Minato N
第41回 日本免疫学会総会・学術集会   2012年12月5日   
Claudin-5 plays a role in establishing specific thymic microenvironment by regulating vascular permeability
Nagatake T, Zhao Y-C, Minato N, Hamazaki Y
ThymUS 2012 International Conference   2012年11月5日   
Mucosa-associated lymphoid tissue organogenesis
Nagatake T
Surface Barrier Immunology Study Group (SBARIS)   2010年1月30日   
Tear duct-associated lymphoid tissue organogenesis in ocular immunity
Nagatake T
G-COE symposium on Mucosal Immunity   2009年12月7日   
Role of Id2, RORgt and Cbfb2 for Differentiation of Mucosa-associated CD3-CD4+CD45+ Lymphoid Tissue Inducer Cells
Nagatake T, Fukuyama S, Tachibana M, Taniuchi I, Sato S, Okada K, Kim D-Y, Goda K, Kunisawa J, Kiyono H
第38回日本免疫学会総会・学術集会   2008年12月2日   
Genesis of tear duct-associated lymphoid tissue is independent of Id2, RORgt but requires Cbfb2 transcriptional regulator
Nagatake T, Fukuyama S, Tachibana S, Taniuchi I, Kim D-Y, Takamura K, Sato S, Kunisawa J, Kiyono H
第95回 アメリカ免疫学会学術集会   2008年4月   
Tear duct-associated lymphoid tissue organogenesis
Nagatake T, Fukuyama S, Kim D-Y, Takamura K, Sato S, Kunisawa J, Kiyono H
The 2nd Airways Mucosal Immunology Study-Group (AMIS) Program   2008年2月   
Presence of Id2- and RORgt-independent lymphoid tissue organogenesis
Nagatake T, Fukuyama S, Kim D-Y, Takamura K, Kiyono H
The 14th East Asia Joint Symposium on Biomedical Research   2007年11月   
Tissue-genesis of tear duct-associated lymphoid tissue is independent from the organogenesis-associated transcriptional gene regulation
Nagatake T, Fukuyama S, Kim D-Y, Takamura K, Kiyono H
第13回 国際粘膜免疫学会学術集会   2007年7月   
TALT-Id2非拘束性リンパ組織の発見-
長竹貴広、福山聡、Kim Dong-Young、高村薫、清野宏
平成19年度医科学研究所研究成果発表会   2007年5月   
Presence of Id2- and RORgt-independent lymphoid tissue organogenesis
Nagatake T, Fukuyama S., Kim D-Y, Takamura K, Kiyono H
第94回 アメリカ免疫学会学術集会   2007年5月   
Distinct subsets of lymphoid tissue inducer cells: RORt independent CD3-CD4lowCD45+ cells are responsible for the NALT-genesis
Nagatake T, Fukuyama S, Kim D-Y, Takamura K, Kawamura A, Kiyono H
The 6th Awaji International Forum on Infection and Immunity   2006年9月   
Unique Chemokine Receptores Expression between NALT and Peyer’s Patch Inducer Cells
Nagatake T, Fukuyama S, Kim D-Y, Takamura K, Kiyono H
第35回 日本免疫学会総会・学術集会   2005年12月   
Different Organogenesis Associated Gene Expression between NALT and Peyer’s Patch CD3-CD4+CD45+ Inducer Cells
Nagatake T, Fukuyama S, Kiyono H
第12回 国際粘膜免疫学会学術集会   2005年6月   
FADによるアマドリ化合物の分解
長竹貴広、内記真木、橋本雅之、伊藤健一郎、早瀬文孝、渡辺寛人
日本農芸化学会 2004年度大会   2004年3月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
糖尿病改善に有効な抗炎症性オメガ3脂肪酸代謝物の同定と作用機序の解明
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月    代表者: 長竹貴広
粘膜関連リンパ組織誘導細胞サブセットによる新規リンパ組織形成プログラムの解明
日本学術振興会: 若手研究(B)
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 長竹貴広
眼・呼吸器関連リンパ組織形成プログラムの解明
日本学術振興会: 研究活動スタート支援
研究期間: 2013年8月 - 2015年3月    代表者: 長竹貴広
血液—胸腺関門を支える分子基盤の解明
日本学術振興会: 特別研究員奨励費(PD)
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月    代表者: 長竹貴広
鼻咽頭関連リンパ組織(NALT)の組織形成メカニズムの解明
日本学術振興会: 特別研究員奨励費(DC1)
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月    代表者: 長竹貴広

社会貢献活動

 
NHK
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  NHK 「人体」

その他

 
2019年11月   医薬基盤研究所一般公開
研究所近隣の小学生や中学生を中心に、全体の参加者は1000名を越える地域に根ざした毎年恒例のイベントである。2019年の当研究室では、1回のイベント20分16名程を対象に1日3回のスケジュールで参加型イベントを行った。今年度はUV光を当てると固まる性質を持つ透明レジンを使って、キラキラのアクセサリーを作った。レジンが固まるのを待つ間の魔法の合言葉は、「〇〇ビーム」である。
2018年11月   医薬基盤研究所一般公開
研究所近隣の小学生や中学生を中心に、全体の参加者は1000名を越える地域に根ざした毎年恒例のイベントである。当研究室では、1回のイベント30分30名程を対象に1日5回のスケジュールで参加型イベントを行っている。
2018年は、比重や表面張力に関する実験を行った。コーヒーに牛乳を入れると分離するが、かき混ぜると混ざる。一方、水に油を入れると分離するが、かき混ぜても分離したままである。この違いは何か?について1円玉を様々な液体に浮かべる実験を行って理解した。最後に、色を付けた水と油を使って、オリジナルの飾り瓶を作ってプレゼントした。この飾り瓶はかき混ぜても、、、である。
2017年11月   医薬基盤研究所一般公開
研究所近隣の小学生や中学生を中心に、全体の参加者は1000名を越える地域に根ざした毎年恒例のイベントである。当研究室では、1回のイベント30分30名程を対象に1日5回のスケジュールで参加型イベントを行っている。
2017年は、光の屈折を体験する実験を行った。紙芝居の主人公が3つの課題に挑戦!参加者に実験を行ってもらい課題の答えを導き出して物語のゴールへ。プラスチックコップ、水、園芸用保水剤、コイン、ヤスリ、セロハンテープなど身近なものを使って、3つの異なった実験により異なった観点で光の屈折を体験できる内容とした。(1)園芸用保水剤が入ったコップの背面には何が書かれている?水を入れるだけ!(2)コップの底に置かれたコインの色は?覗かないでもわかる。(3)プラスチックコップに細かい傷がついてコップの背面の文字が読めない。どうしたら読める?
2016年11月   医薬基盤研究所一般公開
研究所近隣の小学生や中学生を中心に、全体の参加者は1000名を越える地域に根ざした毎年恒例のイベントである。当研究室では、1回のイベント30分30名程を対象に1日5回のスケジュールで参加型イベントを行っている。
2016年は、うがい薬の色の変化を見ることで食品中のビタミンCの濃度を測定した。オレンジ、グレープフルーツ、レモンの果汁(搾り汁)と緑茶を用意し、ビタミンC含有量の順位予想をしたのち、参加者が実際に測定(滴定)を行い結果を判定した。一般的にレモンがビタミンCの代表格として認知度が高いが、この中でもっともビタミンC含有量が高かったのは、、、である。
2015年11月   医薬基盤研究所一般公開
研究所近隣の小学生や中学生を中心に、全体の参加者は1000名を越える地域に根ざした毎年恒例のイベントである。当研究室では、1回のイベント30分30名程を対象に1日5回のスケジュールで参加型イベントを行っている。
2015年は、アルギン酸ナトリウムを使って人工イクラを作製した。食紅で色をつけ赤とオレンジの本物のイクラのような色合いを出した。また、紫や青、緑などオリジナルカラーの人工イクラも作製した。私が作製した人工イクラの色は、「紫紺」である。
2014年11月   医薬基盤研究所一般公開
研究所近隣の小学生や中学生を中心に、全体の参加者は1000名を越える地域に根ざした毎年恒例のイベントである。当研究室では、1回のイベント30分30名程を対象に1日5回のスケジュールで参加型イベントを行っている。
2014年は、比重の違いを利用して物質を分ける実験を行った。濃度の異なった食塩水を3種類用意し、それぞれを食紅により色分けした。これらを重層して3層に分離した食塩溶液を作製した。この食塩溶液に種類の異なる野菜を切ったもの(例:さつまいも、大根、人参)を投入し、どの層の位置で静止するかを調べることで、それぞれの野菜に固有の比重があることを学んだ。また、野菜を1つ選び、大中小大きさを変えて切り、大きさが違うと静止する位置がどうなるかクイズ形式で行った。正解は、、、である。
2013年11月   医薬基盤研究所一般公開
研究所近隣の小学生や中学生を中心に、全体の参加者は1000名を越える地域に根ざした毎年恒例のイベントである。当研究室では、1回のイベント30分30名程を対象に1日5回のスケジュールで参加型イベントを行っている。
2013年は、うがい薬の色の変化を見ることで食品中のビタミンCの濃度を測定した。オレンジ、グレープフルーツ、レモンの果汁(搾り汁)と緑茶を用意し、ビタミンC含有量の順位予想をしたのち、参加者が実際に測定(滴定)を行い結果を判定した。一般的にレモンがビタミンCの代表格として認知度が高いが、この中でもっともビタミンC含有量が高かったのは、、、である。