村田 実貴生

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/28 10:43
 
アバター
研究者氏名
村田 実貴生
 
ムラタ ミキオ
ハンドル
mathemateria
eメール
mmuratacc.tuat.ac.jp
URL
http://web.tuat.ac.jp/~mmurata/
所属
東京農工大学
部署
工学研究院数理科学部門
職名
准教授
学位
博士(数理科学)(東京大学)
科研費研究者番号
60447365
Twitter ID
mathemateria
ORCID ID
0000-0001-5161-1774

プロフィール

1978年 富山県に生まれる
2006年 東京大学大学院数理科学研究科博士後期課程修了
現在 東京農工大学大学院工学研究院准教授
   博士(数理科学)

研究分野

 
 

経歴

 
2002年10月
 - 
2003年3月
東京外国語大学 留学生日本語教育センター 非常勤講師
 
2004年4月
 - 
2006年3月
日本学術振興会 特別研究員DC2
 
2006年4月
 - 
2007年3月
東京大学 大学院数理科学研究科 研究拠点形成特任研究員
 
2006年4月
 - 
2007年3月
青山学院大学 理工学部 客員研究員
 
2007年4月
 - 
2008年3月
青山学院大学 理工学部 助手
 

学歴

 
1996年4月
 - 
2000年3月
東京大学 教養学部 基礎科学科
 
2000年4月
 - 
2002年3月
東京大学 数理科学研究科 数理科学専攻
 
2002年4月
 - 
2006年3月
東京大学 数理科学研究科 数理科学専攻
 

論文

 
佐々木幹子、西岡斉治、本郷史也、村田実貴生
応用力学研究所研究集会報告   29AO-S7(1) 81-87   2018年3月   [査読有り]
2 成分の反応拡散方程式であるFitzHugh - Nagumo 方程式に対して「トロピカル離散化」を適用し,超離散方程式を導出する.FitzHugh - Nagumo 方程式の特徴的現象として周期解や進行波解などがある.導出した超離散方程式を考察し,元の微分方程式と類似した現象が確認できた.
Mikio Murata
Mathematics for Industry   28 21-35   2018年3月   [査読有り]
A systematic approach to the construction of cellular automata that are analogs for the reaction–diffusion equations is presented. By using this method for the Allen–Cahn equation and the Gray–Scott model, cellular automatons are constructed. The ...
村田実貴生
応用力学研究所研究集会報告   28AO-S6(1) 7-12   2017年3月   [査読有り]
多成分のセル・オートマトンの中で基本的と考えられるセル・オートマトンとして「連立型反応拡散セル・オートマトン」を提案し,エレメンタリー・セル・オートマトンとの関係を述べる.連立型反応拡散セル・オートマトンに現れる進行波について調査結果を報告する.
Mikio Murata
MI Lecture Note   70 17-19   2016年11月
A systematic approach to the construction of cellular automata that are analogs for the reaction–diffusion equations is presented. By using this method for the Allen–Cahn equation and the Gray–Scott model, cellular automatons are constructed. The ...
Mikio Murata
Journal of Physics A: Mathematical and Theoretical   48(25) 255202   2015年6月   [査読有り]
Ultradiscretization is a limiting procedure transforming a given difference equation into a cellular automaton. The cellular automaton constructed by this procedure preserves the essential properties of the original equation, such as the structure...

書籍等出版物

 
村田 実貴生
東京大学数理科学研究科   2006年3月   
We give an extension of the two-component KP hierarchy by considering additional time variables. We obtain the linear 2 × 2 system by taking into consideration the hierarchy through a reduction procedure. The Lax pair of the Schlesinger system and...

講演・口頭発表等

 
佐々木幹子、本郷史也、西岡斉治、村田実貴生
研究集会「非線形波動研究の新潮流 -理論とその応用-」   2017年11月10日   九州大学応用力学研究所
2成分の反応拡散方程式であるFitzHugh-Nagumo方程式に対して,「トロピカル離散化」を適用し,超離散方程式を導出する。FitzHugh-Nagumo方程式の特徴的現象と類似した現象が,導出した超離散方程式において確認できる。
Mikio Murata
Forum "Math-for-Industry" 2016   2016年11月21日   Asia Pacific Consortium of Mathematics for Industry
A systematic approach to the construction of cellular automata that are analogs for the reaction–diffusion equations is presented. By using this method for the Allen–Cahn equation and the Gray–Scott model, cellular automatons are constructed. The ...
村田 実貴生
研究集会「非線形波動研究の深化と展開」   2016年11月3日   九州大学応用力学研究所
多成分のセル・オートマトンの中で基本的と考えられるセル・オートマトンとして「連立型反応拡散セル・オートマトン」を提唱した.今回は,その連立型反応拡散セル・オートマトンに現れる進行波について報告する.また,反応拡散方程式で現れる進行波との共通点や相違点について考察する.
村田実貴生
山形古典解析セミナー   2016年4月22日   山形大学理学部数学科
村田 実貴生
岡山解析・確率論セミナー   2015年11月27日   岡山大学理学部数学科

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
連立型反応拡散セル・オートマトンの研究
研究期間: 2016年 - 2019年

社会貢献活動

 
東京都立中央ろう学校学生対象講義体験授業
【講師】  東京農工大学  2015年12月9日