共同研究・競争的資金等の研究課題

2012年4月 - 2015年3月

トリアージエビデンスによる学校救急処置教育・研修プログラムの構築

日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)
  • 松枝 睦美
  • ,
  • 三村 由香里
  • ,
  • 上村 弘子
  • ,
  • 高橋 香代

課題番号
24593439
配分額
(総額)
4,160,000円
(直接経費)
3,200,000円
(間接経費)
960,000円

現職研修プログラムは,観察,事例展開の2段階で演習を実施し,その後の助言が救急処置における実践力と自信の獲得に重要であった。現職研修プログラムは,個の実践力を中心とした内容が基本であった。つぎに,養成教育の教職演習で,学生の経験や模擬事例を用いて,エマルゴトレーニングシステムを用いた演習を実施した。その結果,自己の経験の客観的評価が可能となった。模擬事例による重症例の実践が可能であることなど疑似体験が実践力に影響し,校内連携の視点までもつことができた。以上から,現職,養成教育において,それぞれのニーズに即した判断と対応力の獲得につながるプログラムを構築でき,本研究の成果を得ることができた。

リンク情報
URL
https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-24593439/24593439seika.pdf
ID情報
  • 課題番号 : 24593439