共同研究・競争的資金等の研究課題

2008年 - 2010年

保健室における養護教諭の行う養護診断の開発と評価

日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)
  • 岡田 加奈子
  • ,
  • 三村 由香里
  • ,
  • 葛西 敦子
  • ,
  • 竹鼻 ゆかり
  • ,
  • 松枝 睦美

課題番号
20592622
配分額
(総額)
4,680,000円
(直接経費)
3,600,000円
(間接経費)
1,080,000円

本研究の最終的な目的は、養護教諭の行う養護診断の確立である。本研究は、萌芽期の養護診断をさらに進めるために、1)すでに開発されている養護診断「心理的要因の存在の可能性のある状態」については、(1)学校種(小中高等学校)別の診断指標の開発、(2)教諭との診断指標の差を明らかにし、本研究における最終版を開発した。グループインタビューにより、養護診断「心理的要因の存在の可能性のある状態」については、11の視点を明らかにした。本結果は、質問紙とインタビューで、概ね同意された。教諭の視点と比較した結果、養護教諭の視点は、教諭の視点と共通の視点と、異なる視点があった。さらに、2.「痛み(疼痛)の可能性のある状態」の養護診断を開発し、3.養護診断枠組みの検討を行った。

リンク情報
URL
https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-20592622/20592622seika.pdf
ID情報
  • 課題番号 : 20592622