MISC

2018年4月

FPを含むPu溶液のモニタリング技術に係る適用性調査研究; GAGG検出器の設計及びガンマスペクトル測定

日本核物質管理学会第38回年次大会論文集(インターネット)
  • 関根 恵
  • ,
  • 松木 拓也
  • ,
  • 所 颯
  • ,
  • 蔦木 浩一
  • ,
  • 富川 裕文
  • ,
  • 中村 仁宣

開始ページ
9
終了ページ
記述言語
日本語
掲載種別

再処理施設においては、プルトニウム(Pu)モニタリングのさらなる適用拡大を図るため、核分裂生成物(FP)を含むPu溶液中のPu量を測定可能な検出器開発が必要である。中性子測定とあわせて定量化を目指し、Puモニタリングに適用可能な$\gamma$線を調べるため、高線量下、広範囲のエネルギーが測定可能かつ高い分解能を持つCe:GAGG (Ce:Gd$_{3}$Al$_{2}$Ga$_{3}$O$_{12}$)シンチレータを装備した検出器(対象:高放射性廃液)を新たに設計・開発した。その検出器を用いてコンクリートセル内で、同廃液に対し$\gamma$線スペクトル測定を実施したところ、高エネルギー$\gamma$線(約9.5MeV)を測定可能とし、FPによる$\gamma$線以外の3MeVを超える高エネルギー$\gamma$線スペクトルを初めて確認することができた。本発表では、検出器の設計、$\gamma$線スペクトル測定結果、Puモニタリングへの適用性評価及び今後の計画について報告する。(本技術開発は、文部科学省核セキュリティ補助金事業の一環として実施している。)

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5060972

エクスポート
BibTeX RIS