MISC

2016年7月

先進プルトニウムモニタリング技術の適用性調査研究; 概要と計画

Proceedings of INMM 57th Annual Meeting (Internet)
  • 関根 恵
  • ,
  • 松木 拓也
  • ,
  • 谷川 聖史
  • ,
  • 蔦木 浩一
  • ,
  • 向 泰宣
  • ,
  • 清水 靖之
  • ,
  • 中村 仁宣
  • ,
  • 富川 裕文

開始ページ
9
終了ページ
記述言語
英語
掲載種別

国際原子力機関(IAEA)は、再処理施設の保障措置をより効果的・効率的に実施するための手法として、核物質の動きを監視するため、リアルタイム測定技術開発の必要性を長期課題として掲げている。再処理施設にはFP及びPuを含む溶液も存在することから、システムの完全性及び先進性を図るため、Pu量の連続測定が可能な検出器の技術開発を、2015年から3年間の計画で、東海再処理施設の高放射性廃液貯蔵場(HAW)にて実施している。本論文においては、本研究の概要、HALW貯槽からの放射線特性に関するシミュレーションによる予備評価、今後の研究計画について報告する。なお、本研究は、文部科学省からの核セキュリティ強化等推進事業費により実施する。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5056215

エクスポート
BibTeX RIS