講演・口頭発表等

FPを含むPu溶液のモニタリング技術に係る適用性調査研究,1; 概要

日本原子力学会2017年秋の大会
  • 関根 恵
  • ,
  • 鈴木 敏*
  • ,
  • 松木 拓也
  • ,
  • 蔦木 浩一
  • ,
  • 谷川 聖史
  • ,
  • 石山 港一
  • ,
  • 中村 仁宣
  • ,
  • 富川 裕文

開催年月日
2017年9月
記述言語
日本語
会議種別
開催地
札幌
国・地域
日本

原子力機構は、再処理施設の効果的・効率的な保障措置のため、FPを含む高放射性溶液中のPuをモニタリングするための適用性調査研究を、米国エネルギー省(DOE)との共同研究として、東海再処理施設の高放射性廃液(HALW)を対象に実施している。第1段階では、簡便な方法で定性な評価が可能か確認するため、HALWの組成調査及びコンクリートセル外における放射線調査を実施した。第2段階では、セル内用放射線測定器の設計、検出器の設置位置の検討のため放射線輸送計算コードの計算モデルの最適化等に必要となるセル内の線量率を測定した。第3段階では、これまでの結果を基に設計・製作したセル内用放射線測定器を用いて測定可能な放射線を調査し、最終段階として、測定した放射線のPuモニタリングへ適用性を評価する。本発表においては、研究概要、セル外壁における放射線測定結果について報告する。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5060027