松前 進

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/11 01:08
 
アバター
研究者氏名
松前 進
 
マツマエ ススム
eメール
matsumaeis.saga-u.ac.jp
URL
https://www.fu.is.saga-u.ac.jp/matsumae/
所属
佐賀大学
部署
総合情報基盤センター
職名
教授
学位
博士(工学)(大阪大学), 博士(工学), 修士(工学)
その他の所属
佐賀大学
科研費研究者番号
60324828

研究分野

 
 

経歴

 
2013年10月
   
 
佐賀大学 総合情報基盤センター 教授
 
2012年10月
 - 
2013年9月
佐賀大学 大学院工学系研究科 教授
 
2010年4月
 - 
2012年9月
佐賀大学 大学院工学系研究科 准教授
 
2007年4月
 - 
2010年3月
佐賀大学 理工学部 准教授
 
2004年2月
 - 
2007年3月
鳥取環境大学 環境情報学部 助教授
 
2001年3月
 - 
2004年1月
鳥取環境大学 環境情報学部 講師
 
2000年4月
 - 
2001年3月
大阪大学 基礎工学研究科 助手
 
2012年10月
 - 
2014年3月
佐賀大学 総合情報基盤センター 副センター長
 
2013年10月
   
 
佐賀大学 大学院工学系研究科 教授
 
2014年4月
   
 
佐賀大学 総合情報基盤センター センター長
 

受賞

 
2009年1月
Outstanding Presentation 賞
 
ワイヤレスセンサネットワークの低電力プロトコルの一種である階層的GAFにおいて、セルサイズの上界を改良した。

論文

 
Solving Dynamic Programming Problem by Pipeline Implementation on GPU
Susumu Matsumae and Makoto Miyazaki
International Journal of Advanced Computer Science and Applications   9(12) 518-523   2018年12月   [査読有り]
A Pipeline Implementation for Dynamic Programming on GPU
Proc. of International Workshop on Parallel and Distributed Algorithms and Applications (in conjunction with CANDAR'18)      2018年11月   [査読有り]
Makoto Miyazaki,Susumu Matsumae
Fifth International Symposium on Computing and Networking, CANDAR 2017, Aomori, Japan, November 19-22, 2017   358-361   2017年   [査読有り]
Knowledge Co-Creation Involving Diverse Stakeholders beyond Boarders: Entrepreneurship Education Based on Design Thinking Methodology
Akane Matsumae, Sanjee Udari Samaranaye, Saliya de Silva, Takatoshi Nakamura, Yoshiaki Hori, Masanori Matsuzaki, Kazuhito Kitamura, Susumu Matsumae
The Fourth Conference on Sri Lanka-Japan collaborative research, Sri Lanka-Japan Study Centre, Peradeniya University      2016年8月   [査読有り]
Tomoyuki Uchida, Akane Matsumae, Susumu Matsumae
Proceedings of the 30th International Conference on Computers and Their Applications, CATA 2015   225-229   2015年1月
Copyright © 2015 by The International Society for Computers and Their Applications (ISCA). This paper proposes a web-based virtual whiteboard sharing system using the real-time web technology. The system is designed for the use in middle or high s...
Susumu Matsumae, Toshihiko Nakayama, Akane Matsumae
Proceedings of the 30th International Conference on Computers and Their Applications, CATA 2015   219-223   2015年1月
Copyright © 2015 by The International Society for Computers and Their Applications (ISCA). We introduce an authoring tool for making language teaching materials in EPUB format. In this paper, we developed the system for Japanese language, but our ...
インタフェースにおけるデザイン思考の共創メディア性に関する考察 -- 学際・国際・地域連携による共創 --
松前あかね, 中村隆敏, 堀良彰, 松前進
佐賀大学全学教育機構紀要   (2)    2015年
Koji Nakano,Susumu Matsumae,Yasuaki Ito
43rd International Conference on Parallel Processing Workshops, ICPPW 2014, Minneapolis, MN, USA, September 9-12, 2014   429-438   2014年   [査読有り]
Koji Nakano, S.Matsumae
Proceedings of IEEE International Conference on High Performance Computing (HiPC 2013)      2013年12月   [査読有り]
Koji Nakano, Susumu Matsumae, Yasuaki Ito
Proceedings of the 1st International Symposium on Computing and Networking -- Across Practical Development and Theoretical Research -- (CANDAR2013)      2013年12月   [査読有り]
Hierarchical Low Power Consumption Technique with Location Information for Sensor Networks
Susumu Matsumae
International Journal of Advanced Computer Science and Applications   4(4) 69-74   2013年5月   [査読有り]
Effective Implementation of Dynamically Reconfigurable Buses by Statically Fixed Buses
Susumu Matsumae
Proceedings of the 28th International Conference on Computers and Their Applications (CATA2013)      2013年3月   [査読有り]
Application of the Business Model Canvas to a Multi-Cultural Community to Co-create a Business Model Innovation
Akane Matsumae, Karl Burrow, Susumu Matsumae, P. Ratnayake, Saburoh Sato
Proceedings of International Conference on Convergence Content (ICCC2012)   165-166   2012年12月   [査読有り]
Web-based Translation Support System for Group Reading
Katsuhiro Hozoji, Susumu Matsumae
Proceedings of the 27th International Conference on Computers and Their Applications (CATA2012)      2012年3月   [査読有り]
Polylogarithmic Gap between Meshes with Reconfigurable Row/Column Buses and Meshes with Statically Partitioned Buses
Susumu Matsumae
International Journal of Advanced Computer Science and Applications   3(2) 89-94   2012年2月   [査読有り]
Effective Partitioning of Static Global Buses for Small Processor Arrays
Susumu Matsumae
Journal of Information Processing Systems   7(1) 85-92   2011年3月   [査読有り]
Susumu Matsumae
International Journal of Networking and Computing      2011年   [査読有り]
Susumu Matsumae
Proceedings of the 10th International Conference on Algorithms and Architectures for Parallel Processing (ICA3PP2010) Lecture Note in Computer Science (LNCS)   186-192   2010年5月   [査読有り]
Polylogarithmic Time Simulation of Reconfigurable Row/Column Buses by Static Buses
Susumu Matsumae
Proceedings of the 12th Workshop on Advances on Parallel and Distributed Processing Symposium (APDCM 2010) (in conjunction with the IEEE International Parallel & Distributed Processing Symposium (IPDPS2010)) (Atlanta      2010年4月   [査読有り]
Energy-Efficient Cell Partition of 3D Space for Sensor Networks with Location Information
Susumu Matsumae
International Journal of Network Protocols and Algorithms   1(2)    2010年   [査読有り]
Upper Bound on Cell Size for Hierarchical GAF
Susumu Matsumae, Fukuhito Ooshita
Proceedings of the 8 th International Conference on Applications and Principles of Information Science (APIS2009)      2009年1月   [査読有り]
Impact of Reconfigurability on Meshes with Separable Row/Column Buses
Susumu Matsumae
Proceedings of the 2008 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications (PDCCS 2008)   183-186   2008年9月   [査読有り]
Hierarchical Low Power Consumption Technique with Location Information for Sensor Networks
Susumu Matsumae
Proceedings of the IASTED International Conference on Communication Systems and Networks (CSN 2008)      2008年9月   [査読有り]
Improving Hierarchical Power Saving Technique with Location Information for Sensor Networks
Susumu Matsumae and Naoto Miyazaki
Proceedings of the 2008 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications (PDPTA'08)   123-126   2008年7月   [査読有り]
Impact of Reconfigurability on Meshes with Row/Column Buses
Susumu Matsumae
Proceedings of the 2007 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications (PDPTA'07)   168-172   2007年6月   [査読有り]
OOSHITA Fukuhito, MATSUMAE Susumu, MASUZAWA Toshimitsu
IEICE transactions on information and systems   E90-D(2) 403-417   2007年2月   [査読有り]
For execution of computation-intensive applications, one of the most important paradigms is to divide the application into a large number of small independent tasks and execute them on heterogeneous parallel computing environments (abbreviated by ...
T. Ueta Y. Sumi N. Yabuki Susumu Matsumae Y. Fukumoto T. Tsukutani Y. Fukui
Proceedings of the 2006 International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS 2006)   685-688   2006年12月   [査読有り]
Susumu Matsumae
Journal of Parallel and Distributed Computing   66(10) 1338-1346   2006年10月   [査読有り]
Polylogarithmic Gap between Meshes with Dynamically Separable Buses and Meshes with Statically Partitioned Buses
Susumu Matsumae
Proceedings of the 19th International Conference on Parallel and Distributed Computing Systems (PDCS-2006)   7-12   2006年9月   [査読有り]
Scheduling Independent Tasks on Heterogeneous Parallel Computing Environments Under the Unidirectional One-Port Model
Fukuhito Ooshita, Susumu Matsumae, Toshimitsu Masuzawa
Proceedings of the 2006 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications (PDPTA'06)   690-696   2006年6月   [査読有り]
Impact of Layered Buses on Scaling-Simulation of Reconfigurable Meshes
Susumu Matsumae
Proceedings of the 2006 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications (PDPTA'06)   792-796   2006年6月   [査読有り]
Scaling-Simulation of Linear Reconfigurable Meshes by Horizontal-Vertical Reconfigurable Meshes
Susumu Matsumae
Proceedings of the 2005 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications (PDPTA'05)   533-539   2005年6月   [査読有り]
永井 孝幸, 松前 進, 都倉 信樹
工学教育   53(2) 64-69   2005年3月   [査読有り]
Influences of Communication Latency on the Scaling-Simulation of Meshes with Dynamically Reconfigurable Row/Column Buses
Susumu Matsumae
Proceedings of the 4th Asia Pacific International Symposium on Information Technology (APIS2005)   76-79   2005年1月   [査読有り]
MATSUMAE Susumu
IEICE transactions on information and systems   E88-D(1) 82-88   2005年1月   [査読有り]
This paper presents an efficient scaling-simulation algorithm that simulates operations of the reconfigurable mesh (RM) of size n × n using the mesh with multiple partitioned buses (MMPB) of size m × m (m < n). The RM and the MMPB are the two-dime...
A Tight Bound for Scaling-Simulation Problem of Meshes with Separable Buses by Meshes with Partitioned Buses
Susumu Matsumae
Proceedings of the 17th International Conference on Parallel and Distributed Computing Systems (PDCS-2004)   308-314   2004年9月   [査読有り]
Optimal Simulation of Meshes with Dynamically Separable Buses by Meshes with Statically Partitioned Buses
Susumu Matsumae
Proceedings of the 2004 International Symposium on Parallel Architectures Algorithms and Networks (I-SPAN'04)   475-481   2004年5月   [査読有り]
Susumu Matsumae
Proceedings of the 17th International Parallel & Distributed Processing Symposium (IPDPS2003)      2003年4月   [査読有り]
Susumu Matsumae
Proceedings of the 17th International Parallel & Distributed Processing Symposium (IPDPS2003)      2003年4月   [査読有り]
OOSHITA Fukuhito, MATSUMAE Susumu, MASUZAWA Toshimitsu
IEICE transactions on fundamentals of electronics, communications and computer sciences   86(4) 908-918   2003年4月   [査読有り]
A heterogeneous parallel computing environment consisting of different types of workstations and communication links plays an important role in parallel computing. In many applications on the system, collective communication operations are commonl...
大下 福仁, 松前 進, 増澤 利光, 都倉 信樹
電子情報通信学会論文誌. D-I, 情報・システム, I-情報処理   86(2) 88-98   2003年2月   [査読有り]
様々な種類の多数のプロセッサを通信リンクで接続した異種並列計算環境が並列計算に利用されている.並列計算環境で効率の良い並列計算を実現するには,効率の良い集合通信操作が必要である.同種並列計算環境に対しては,効率の良い集合通信操作の実現法が提案されているが,それらを異種並列計算環境にそのまま適用すると,効率の良い集合通信操作を実現できない.木論文では,代表的な集合通信操作であるブロードキャストについて,異種並列計算環境に適したアルゴリズムの考察を行う.本論文では,効率的なブロードキャストのた...
An Efficient Scaling-Simulation of a Mesh with Separable Buses by a Mesh with Partitioned Buses
Susumu Matsumae
Proceedings of the international conference on Networks Parallel and Distributed Processing and Applications (NPDPA2002)   40-45   2002年10月   [査読有り]
Fukuhito Ooshita, Susumu Matsumae, Toshimitsu Masuzawa
Proceedings of the 16th Annual International Symposium on High Performance Computing Systems and Applications (HPCS2002)   196-204   2002年6月   [査読有り]
An Efficient Self-Simulation Algorithm for Reconfigurable Meshes
Susumu Matsumae, Nobuki Tokura
Proceedings of Twelfth Annual ACM Symposium on Parallel Algorithms and Architectures (SPAA2000)   216-223   2000年7月   [査読有り]
MATSUMAE SUSUMU, TOKURA NOBUKI
情報処理学会論文誌   40(10) 3706-3714   1999年10月   [査読有り]
This paper investigates the problem ofsimulating a mesh with separable buses (MSB) by a mesh with partitioned buses (MPB) and a mesh with restricted separable buses (MRSB). The MSB and the MPB are the two-dimensional mesh-connected computers which...
MATSUMAE Susumu, TOKURA Nobuki
IEICE transactions on information and systems   82(10) 1324-1337   1999年10月   [査読有り]
In this paper, we present simulation algorithms among enhanced mesh models. The enhanced mesh models here include reconfigurable mesh and mesh with multiple broadcasting. A reconfigurable mesh (RM) is a processor array that consists of processors ...
Simulating a Mesh with SeparableBuses by a Mesh with Partitioned Buses
Susumu Matsumae, Nobuki Tokura
Proceedings of 1999 International Symposium on Parallel Architectures, Algorithms and Networks (I-SPAN'99)   198-203   1999年6月   [査読有り]
Miyazaki, Makoto; Matsumae, Susumu
   2018年11月   [査読有り]
© 2018 IEEE. In this paper, we show the effectiveness of a pipeline implementation of Dynamic Programming (DP) on GPU. As an example, we parallelize a typical DP program where each element of its solution table is calculated in order by semigroup ...
加速度センサとスマートフォンを用いた機械学習を容易に体験できるシステムの試作
道田淳史, 松前進
   2018年3月
競技プログラミング課題へのGPU利用に関する考察
宮﨑諒, 松前進
   2018年3月
Improving Multiple Precision Integer Multiplication on GPUs
Makoto Miyazaki and Susumu Matsumae
   2017年11月   [査読有り]
Knowledge Co-Creation Involving Diverse Stakeholders beyond Boarders: Entrepreneurship Education Based on Design Thinking Methodology
   2016年8月   [査読有り]
共創の副次的効果に着⽬したイノベーション教育プログラム­デザイン思考によるアントレプレナーシップ教育
松前あかね,中村隆敏, 堀良彰, ⾓和博, 松本明⼦, ⼤島千佳, 松崎真典, 北村和⼈, 松前進
   2016年7月
対戦型ゲームにおけるAIのパラメータチューニングに対する機械学習の利用
高山直人 , 松前進
   2015年9月
スマートフォンとNFCタグを用いた簡易的な出席管理システムの拡張:GAEによるデータ一元管理機能の追加
平田勇一郎, 松前進
   2015年9月
日韓デザイン思考プログラムへのビデオエスノグラフィの導入とイノベーション共創人材教育
松前あかね, 中村隆敏, 堀良彰, 松前進
   2015年6月
Web-Based Virtual Whiteboard Sharing System for Middle and High School
   2015年3月   [査読有り]
EPUB Editor for Making Language Teaching Materials
   2015年3月   [査読有り]
インターフェースにおけるデザイン思考の共創メディア性に関する考察 -学際・国際・地域連携による共創−
松前あかね, 中村隆敏, 堀良彰, 松前進
(3)    2015年3月
スマートフォンと NFC タグを用いた簡易出席管理システムの開発
平田勇一郎, 松前進
   2015年2月
リアルタイム Web を用いた教材共有システム
内田大順, 松前進
   2014年9月
スマートフォンによる簡易自動インデックス付き動画共有システムの試作
松本悟志, 松前進
   2014年9月
教材製作支援機能を備えたEPUBエディタの開発
中山慧彦、松前進
教育システム情報学会2013年度学生研究発表会(九州)      2014年3月
Random Address Permute-Shift Technique for the Shared Memory on GPUs
   2014年   [査読有り]
The Random Address Shift to Reduce the Memory Access Congestion on the Discrete Memory Machine
   2013年12月   [査読有り]
The Super Warp Architecture with Random Address Shift
   2013年12月   [査読有り]
Hierarchical Low Power Consumption Technique with Location Information for Sensor Networks
4(4) 69-74   2013年5月   [査読有り]
Effective Implementation of Dynamically Reconfigurable Buses by Statically Fixed Buses
   2013年3月   [査読有り]
Application of the Business Model Canvas to a Multi-Cultural Community to Co-create a Business Model Innovation
   2012年12月   [査読有り]
Web-based Translation Support System for Group Reading
   2012年3月   [査読有り]
分枝限定法を用いた鉄道車両運用計画自動生成における枝刈り手法の考察
後谷友博,松前進
情報処理学会第74回全国大会      2012年3月
英語輪読における翻訳作業を支援するグループ英語学習支援システムの開発
宝蔵寺克洋,松前進
情報処理学会第74回全国大会      2012年3月
Polylogarithmic Gap between Meshes with Reconfigurable Row/Column Buses and Meshes with Statically Partitioned Buses
3(2)    2012年2月   [査読有り]
鉄道車両運用計画自動生成に関する考察
後谷友博,松前進
電気関係学会九州支部第64回連合大会      2011年9月
英語輪読における翻訳作業を支援する英語学習支援システムの試作
宝蔵寺克洋,松前進
電気関係学会九州支部第64回連合大会      2011年9月
Effective Partitioning of Static Global Buses for Small Processor Arrays
7(1)    2011年3月   [査読有り]
Impact of Reconfigurable Function on Meshes with Row/Column Buses
1(1) 36-48   2011年1月   [査読有り]
遺伝的ネットワークプログラミング(GNP)による相関ルール抽出手法の抽出精度に関する考察
美馬直生,松前進
電気関係学会九州支部第63回連合大会      2010年9月
Efficient Partitioning of Static Buses for Processor Arrays of Small Size
   2010年5月   [査読有り]
Polylogarithmic Time Simulation of Reconfigurable Row/Column Buses by Static Buses
   2010年4月   [査読有り]
Energy-Efficient Cell Partition of 3D Space for Sensor Networks with Location Information
1(2) 85-98   2010年2月   [査読有り]
Upper Bound on Cell Size for Hierarchical GAF
   2009年1月   [査読有り]
大阪大学
Hierarchical Low Power Consumption Technique with Location Information for Sensor Networks
   2008年9月   [査読有り]
Impact of Reconfigurability on Meshes with Separable Row/Column Buses
   2008年9月   [査読有り]
Improving Hierarchical Power Saving Technique with Location Information for Sensor Networks
   2008年7月   [査読有り]
数値シミュレーションにおける多重格子法を応用した収束時間の改善
石井絵利子,松前進
電子情報通信学会2008年総合大会 (北九州)      2008年
Impact of Reconfigurability on Meshes with Row/Column Buses
168-172   2007年6月   [査読有り]
Scheduling for Independent-Task Applications on Heterogeneous Parallel Computing Environments under the Unidirectional One-Port Model
E90-D(2) 403-417   2007年2月   [査読有り]
大阪大学
動的ネットモデルのパターン認識への適用に関する検討
古林,薮木,鷲見,松前,福本
第20回 回路とシステム軽井沢ワークショップ論文集   209-213   2007年   [査読有り]
津山高専,鳥取環境大学
教育機関における情報コンセントの不具合とメンテナンスの検討
北川,松前,秦野
電子情報通信学会2007年ソサイエティ大会 (鳥取大)      2007年
鳥取環境大学
算術式計算における必要レジスタ数の削減
坂出達郎,松前進,都倉信樹
電子情報通信学会2007年総合大会 (名城大)      2007年
A Study on Contour Line and Internal Area Extraction Method by Using the Self-Organization Map
685-688   2006年12月   [査読有り]
鳥取環境大学,津山高専,鳥取大学
Tight Bounds on the Simulation of Meshes with Dynamically Reconfigurable Row/Column Buses by Meshes with Statically Partitioned Buses
66(10) 1338-1346   2006年10月   [査読有り]
Polylogarithmic Gap between Meshes with Dynamically Separable Buses and Meshes with Statically Partitioned Buses
   2006年9月   [査読有り]
Impact of Layered Buses on Scaling-Simulation of Reconfigurable Meshes
792-796   2006年6月   [査読有り]
Scheduling Independent Tasks on Heterogeneous Parallel Computing Environments Under the Unidirectional One-Port Model
690-696   2006年6月   [査読有り]
大阪大学
SOM による道路標識内部領域の抽出処理の検討
植田,鷲見,薮木,松前,福本,副井
第19 回回路とシステム軽井沢ワークショップ論文集   535-540   2006年   [査読有り]
鳥取環境大学,津山高専,鳥取大学
動的ネットモデルにおける捕捉能力の改善に関する検討
古林, 薮木, 鷲見, 松前,福本, 副井
第19 回回路とシステム軽井沢ワークショップ論文集   507-512   2006年   [査読有り]
鳥取環境大学,津山高専,鳥取大学

講演・口頭発表等

 
宝蔵寺克洋, 松前進
情報処理学会全国大会講演論文集   2012年3月6日   
後谷友博, 松前進
情報処理学会全国大会講演論文集   2012年3月6日   
後谷友博, 松前進
電気関係学会九州支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2011年9月16日   
宝蔵寺克洋, 松前進
電気関係学会九州支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2011年9月16日   
美馬直生, 松前進
電気関係学会九州支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2010年9月9日   
石井絵利子, 松前進
電子情報通信学会大会講演論文集   2008年3月5日   
北川祥, 松前進, 秦野諭示
電子情報通信学会大会講演論文集   2007年8月29日   
植田拓也, 鷲見育亮, 薮木登, 松前進, 福本善洋, 築谷隆雄, 副井裕
電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2006年10月21日   
植田 拓也, 鷲見 育亮, 薮木 登, 福本 善洋, 松前 進, 副井 裕
情報処理学会研究報告. 情報システムと社会環境研究報告   2005年11月18日   
交通標識の検出および認識に関する研究は, ITSにおける一つの重要な分野であり, 多くの研究が発表されている.本論文では, 画像処理と自己組織化マップ(SOM)を用いて, 道路標識を含む風景画像から道路標識部分を抽出し, その標識がどのような種類であるかを判別することについて検討している.
永井 孝幸, 松前 進, 都倉 信樹
工学・工業教育研究講演会講演論文集   2004年7月30日   
植田 拓也, 鷲見 育亮, 薮木 登, 野田 尚志, 松前 進, 福本 善洋, 副井 裕
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   2004年6月10日   
本論文では,自己組織化マップ(SOM)を用いて,道路標識の形状を分類して認識させる方法について述べている。道路標識の形状を認識させるための前処理として,アクティブネット等により抽出された道路標識画像から,輪郭情報を抽出し,この輪郭情報から特徴ベクトルを生成し,それをあらかじめ自己組織化マップ(SOM)に学習させておく。この学習によって,形状ごとに自動的に分類された自己組織化マップ(SOM)を用いて,道路標識の形状を認識させる方式を提案する。
大下 福仁, 松前 進, 増澤 利光
電子情報通信学会技術研究報告. COMP, コンピュテーション   2003年11月18日   
さまざまな種類のプロセッサを通信リンクで接続した異種並列計算環境が並列計算に利用されている.並列計算の多くは集合通信を利用しており,効率のよい並列計算を実現するには効率のよい集合通信操作が必要である.本報告では,代表的な集合通信操作である収集操作について,データを自由に分割可能であるという仮定のもとで,異種並列計算環境に適したアルゴリズムの考察を行う.本報告では,収集操作の実行時間を最小化するスケジュールを求める問題(GSP),収集操作を繰り返し実行する場合にスループットを最大化するスケジ...
松前 進
電子情報通信学会技術研究報告. COMP, コンピュテーション   2003年7月25日   
動的再構成可能な行/列方向バスを持つメッシュ結合型並列計算機MSB(Meshes with Separable Buses)を,各行/列に複数本の静的バスを持つメッシュ結合型並列計算機MMPB(Meshes with Multiple Partitioned Buses)を用いて模倣する最適アルゴリズムを示す.MSBのバスは,プログラムの実行中,長さの異なるセグメントに動的に分割可能である.MMPBのバスは,あらかじめ決められた区間で静的に分断されている.また,MSBでは各行/列に1本ずつ...
松前 進, 永井 孝幸, 都倉 信樹
工学・工業教育研究講演会講演論文集   2002年7月20日   
松前 進
電子情報通信学会技術研究報告. COMP, コンピュテーション   2002年3月5日   
本稿では,分割可能バス付メッシュ結合型計算機(MSB)のScaling-Simulationを行う区分バス付メッシュ結合型計算機(MPB)上のアルゴリズムを示す。MSB及びMPBは,各行各列にブロードキャストバスが付加された二次元メッシュ結合型計算機である。MSBに配置されるブロードキャストバスは分割可能バス(separable bus)と呼ばれ,プログラムの実行中,長さの異なる幾つかのセグメントに動的に分割可能である。一方,MPBに配置されるブロードキャストバスは区分バス(partiti...
大下 福仁, 松前 進, 増澤 利光
電子情報通信学会技術研究報告. COMP, コンピュテーション   2002年1月23日   
さまざまな種類の多数のワークステーションを通信リンクで接続した異種クラスタシステムが並列計算に利用されている.クラスタシステムで効率のよい並列計算を実現するには、効率のよい集合通信操作が必要である.均一クラスタシステムに対しては, 効率のよい集合通信操作の実現法が提案されているが, それらを異種クラスタシステムにそのまま適用すると, 効率のよい集合通信操作を実現できない.本報告では, 代表的な集合通信操作の一つである収集操作に対し, 異種クラスタシステムでの効率のよい実現法について考察する...
大下 福仁, 松前 進, 都倉 信樹
電子情報通信学会技術研究報告. COMP, コンピュテーション   2001年3月9日   
計算能力の異なるワークステーションを通信リンクで接続した異種クラスタシステムが並列計算に利用されている.異種クラスタシステムの性能向上のためには効率の良い集合通信操作が必要であるが,従来の均一なクラスタシステムを仮定して設計されたアルゴリズムをそのまま適用すると効率が悪いことがある.本報告では,集合通信操作のうちのブロードキャスト操作をとりあげ,異種クラスタシステムに適したアルゴリズムの考察を行なう.本報告では,効率的なブロードキャストのためのアルゴリズムであるFastest-Node-F...
大島教雄, 松前進, 都倉信樹
情報処理学会全国大会講演論文集   2000年10月3日   
松前 進, 笹田 良治, 都倉 信樹
情報処理学会研究報告. PRO, [プログラミング]   1998年3月23日   
格子状に並べたプロセッサを再構成バスで接続したプロセッサアレイを, 再構成メッシュ(reconfigurable mesh)という.再構成バスの形状を変化させることにより, 再構成メッシュではプログラムの実行時にネットワークトポロジを動的に変更することができる.本稿では, 大きさM×Mの再構成メッシュを用いて, N個の値をO(N/M+N/M^2logN/M^2)時間でソートするアルゴリズムを示す(N>M).
笹田 良治, 松前 進, 都倉 信樹
情報処理学会研究報告. PRO, [プログラミング]   1998年3月23日   
再構成バス(reconfigurable bus system)とは, 形状を動的に変化させることのできるバスである.格子状に並べたプロセッサを再構成バスで接続したプロセッサアレイを再構成メッシュ(reconfigurable mesh)という.本稿では, 平面上のN個の点の凸包を, 大きさM×Mの再構成メッシュを用いて, O(N/M+N/M^2logN/M^2)時間で求めるアルゴリズムを示す(N&ge;M).入力がx座標でソートされているときは, O(N/M)時間で求められる.

学歴

 
1994年4月
 - 
2000年3月
大阪大学 大学院基礎工学研究科 
 
1991年4月
 - 
1994年3月
大阪大学 基礎工学部 情報工学科
 
 
 - 
1996年3月
大阪大学 基礎工学研究科 物理系専攻
 

委員歴

 
2008年4月
 - 
2009年3月
電子情報通信学会  和文論文誌D編集委員会 幹事
 
2008年4月
 - 
2009年3月
電子情報通信学会  英文論文誌D 特集号編集委員
 
2008年4月
 - 
2009年8月
IEEE ISPA 2009 (the 7th IEEE International Symposium on Parallel and Distributed Processing with Applications) Program Committee  program committee メンバ
 
2008年4月
 - 
2009年3月
APIS 2009 (International Conference on Applications and Principles of Information Science)組織委員会  executive committee メンバ
 
2007年4月
 - 
2008年3月
Int'l Symposium on Parallel Architectures Algorithms and Networks  プログラム委員