Mizuho Matsuo

J-GLOBAL         Last updated: Jun 5, 2019 at 23:39
 
Avatar
Name
Mizuho Matsuo
Affiliation
National Museum of Ethnology

Research Areas

 
 

Published Papers

 
松尾 瑞穂
Japanese journal of cultural anthropology   74(3) 423-438   Dec 2009
Matsuo Mizuho
Minamiajiakenkyu   2009(21) 152-173   2009
The purpose of this paper is to examine birth control movements led by social reformers in early 20th century India. It focuses on analysing the works of Raghunath Dhondo Karve (hereafter R. D. Karve), in an effort to trace historical debates over...
MATSUO Mizuho
Japanese Journal of Cultural Anthropology   74(3) 423-440   2009
<p>The purpose of this paper is to examine how marginalized people such as childless women try to reconstruct relatedness through the narrative and performative act of 'miscarriage' in rural Maharashtra, western India. Through my arguments, I conc...

Misc

 
MATSUO MIZUHO
Abstracts of the Annual Meeting of the Japanese Society of Cultural Anthropology   2010(0) 83-83   2010
本発表は、統計学やセンサスの発達と密接に関連して誕生した「人口」というものが、社会や経済の発展にとっての主要なリスクとして、統治および管理の対象となる過程を取り上げる。そのうえで、国際社会や政府がリスクとして捉えていく全体としての「人口」と、産児制限を実施し、自らの子どもの数を選択、決定していく人びとの世帯戦略との間に見出されるリスクをめぐる認知の齟齬や接合を論じるものである。
MATSUO MIZUHO
Abstracts of the Annual Meeting of the Japanese Society of Cultural Anthropology   2012(0) 140-140   2012
本発表は、インド・グジャラート州アーナンドとマハーラーシュトラ州ムンバイにおける代理出産の実践を比較することで、インドにおける代理出産の特徴を明確化するとともに、代理母と胎児、代理母と依頼人のつながりに注目する先行研究ではこれまであまり論じられてこなかった、代理出産において見出されるローカルな道徳と共同性のありかたを検討する。
Matsuo Mizuho
Abstracts of the Annual Meeting of the Japanese Society of Cultural Anthropology   2009(0) 12-12   2009
近年、「癒し」というものが現代社会を特徴づけるキーワードの一つとなっている。本発表では「癒される」ということが最大の目的かつ商品となるヘルスツーリズムが、従来の人類学的ツーリズム研究のなかでどのように位置づけられるのかを論じるものである。具体的には、インドの「伝統医療」アーユルヴェーダを取り上げ、ヘルスツーリズムとの関連でいかなる変容が見られるのかを明らかにする。

Books etc

 
Cities in South Asia
Mizuho Matsuo (Part:Contributor)
Routledge   2015