松尾 知明

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/10 23:07
 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
労働安全衛生総合研究所
 
2013年4月
 - 
現在
宇宙航空研究開発機構(客員研究員)
 
2010年4月
 - 
2013年3月
宇宙航空研究開発機構
 
2008年4月
 - 
2010年3月
日本学術振興会(特別研究員)
 

委員歴

 
2017年11月
 - 
現在
日本肥満学会  編集委員
 
2015年10月
 - 
現在
日本体力医学会  編集委員
 
2013年
 - 
現在
日本体力医学会  評議員
 
2012年
 - 
現在
日本肥満学会  評議員
 

論文

 
Ikeda Hiroki, Kubo Tomohide, Sasaki Takeshi, Liu Xinxin, Matsuo Tomoaki, So Rina, Matsumoto Shun, Yamauchi Takashi, Takahashi Masaya
JOURNAL OF OCCUPATIONAL HEALTH   60(3) 229-235   2018年5月   [査読有り]
松尾 知明
労働安全衛生研究   11(1) 67-71   2018年2月
少子高齢化に伴う労働人口減少問題や医療費高騰問題を抱える我が国では、労働者の健康を護ることが今後ますます重要となる。その視点から最近は、"働き方改革"や"健康経営"などがメディアで取り上げられる機会が増えている。その一方で、栄養バランスの良い食習慣や運動の習慣化が必要であることを理解していても、現代に生きる多くの労働者、特に働き盛り世代の忙しい労働者にとって、その実践は容易ではなく、課題も多い。このような状況を背景に、我々は忙しい労働者向けに考案した運動・食事介入プログラムの効果を、メタボ...
Improving health risks by replacing sitting with standing in the workplace
Rina So, Tomoaki Matsuo, Takeshi Sasaki, Xinxin Liu, Tomohide Kubo, Hiroki Ikeda, Shun Matsumoto, Masaya Takahashi
The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine   7(2) 121-130   2018年   [査読有り]
田中 喜代次, 蘇 リナ, 松尾 知明
体力科学   66(5) 335-344   2017年10月
住民を対象に行ったメタボリックシンドローム(MS)測定会に参加した日本人男性214名(23〜64歳)を対象とした。全体の約2割が高血圧または脂質代謝異常、約1割が糖尿病で服薬があった。腹部内臓脂肪体積と年齢、形態測定項目および3ヶ所の腹部内臓脂肪面積では、身長を除いた全ての項目において腹部内臓脂肪体積との間に有意な相関関係を認めた。腹部内臓脂肪体積と3ヶ所の腹部内臓脂肪面積では、L4-L5+10cm高位の腹部内臓脂肪面積との相関係数が最も高かった。腹部内臓脂肪体積を目的変数、年齢、BMI、...
So Rina, Matsuo Tomoaki, Saotome Kousaku, Tanaka Kiyoji
INDUSTRIAL HEALTH   55(5) 416-422   2017年9月   [査読有り]

Misc

 
機構で取り組む研究紹介 労働者の"身体活動・体力"に関する研究
松尾 知明
産業保健21   23(4) 26-26   2018年4月
茅嶋康太郎, 吉川徹, 佐々木毅, 劉欣欣, 池田大樹, 松元俊, 久保智英, 山内貴史, 蘇リナ, 松尾知明, 高橋正也
産業医学レビュー   29(3) 163-187   2017年1月
平成26年6月27日に、過労死等防止対策推進法(過労死防止法)が公布され、同年11月1日に施行された。過労死等の防止に資する新たな科学的知見について、以下の観点から文献レビューを行った。1)業務における過重な負荷による脳血管疾患・心臓疾患に関する知見、2)業務における強い心理的負荷による精神疾患、3)体力と健康増進:過労死等予防。また、過労死等調査研究センターの研究課題についても述べた。

講演・口頭発表等

 
松尾知明
日本未病システム学会学術総会抄録集   2018年10月12日   
松尾知明, 蘇リナ
日本臨床運動療法学会雑誌   2018年   
松尾 知明
体力科学   2017年6月   
座位行動の測定 [招待有り]
松尾知明
日本産業衛生学会講演集(CD-ROM)   2017年5月   
松尾知明
日本宇宙航空環境医学会大会プログラム・予稿集   2017年