松浦正伸

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/12 12:15
 
アバター
研究者氏名
松浦正伸
 
マツウラ マサノブ
通称等の別名
松浦正伸
URL
https://www.fcu.ac.jp/urban/matsuura.html
所属
福山市立大学
部署
都市経営学部 都市経営学科
学位
Ph.D. in International Relations/외교학(ソウル大学校)
科研費研究者番号
90736042

プロフィール

朝鮮半島を事例に歴史学と政治学の往還を志向する研究に取り組んでいます。近年は、朝鮮半島の安全保障問題についても研究しています。また、韓国に6年間住んでいました。現在は、大学で国際関係論、国際開発論、韓国・北朝鮮社会論を教えています。ゼミでは国際政治学、東アジア国際関係、日韓・日朝関係を扱っています。

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
福山市立大学 都市経営学部 都市経営学科 専任講師
 
2016年4月
 - 
2017年3月
東京福祉大学 国際交流センター 特任講師
 
2014年4月
 - 
2016年3月
目白大学 外国語学部韓国語学科・言語文化研究科 助手
 

学歴

 
2009年9月
 - 
2015年8月
ソウル大学校 社会科学大学政治外交学科 (韓国政府招請奨学生 -2013.8)
 
2008年9月
 - 
2009年8月
延世大学校 韓国語学堂 韓国政府招請奨学生
 
2006年4月
 - 
2008年3月
筑波大学大学院 修士課程 地域研究研究科 
 
2002年4月
 - 
2006年3月
富山大学 経済学部 
 

委員歴

 
2017年7月
 - 
2017年9月
福山市立大学  全学情報システム更改ワーキング・グループ委員会
 
2017年5月
 - 
2017年7月
福山市立大学  都市経営学部人事選考委員会
 
2017年4月
 - 
現在
福山市立大学  教育研究交流センター運営委員会
 
2017年4月
 - 
現在
福山市立大学  附属図書館運営委員会
 

受賞

 
2015年7月
東アジア学会 「徳島賞」(若手研究者研究奨励制度)
 
2015年4月
ソウル大学校 法科大学/法学専門大学院 財団法人 鶴峰奨学会 共催 東アジア研究論文「鶴峰奨学賞」最優秀論文賞 冷戦期北朝鮮帰国事業の規模変容過程に関する分析(韓国語)
 

論文

 
松浦正伸
福山市立大学 都市経営学部『都市経営』   第10巻 pp.129-144   2018年2月
松浦正伸
日本国際政治学会『国際政治』   第187号 pp.80-96   2017年3月   [査読有り]
松浦正伸
東アジア学会『東アジア研究』   第21号 pp.25-44   2017年3月   [査読有り][招待有り]
松浦 正伸
目白大学教育研究所 『人と教育』   第10号 pp.77-80   2016年4月
松浦正伸
ソウル大学校 社会科学大学 政治外交学科 博士論文   pp.1-250   2015年8月
松浦正伸
目白大学総合科学研究編集委員会『目白大学総合科学研究』   第11号 pp.53-66   2015年3月
松浦 正伸
日本安全保障・危機管理学会『安全保障と危機管理』   第20号 pp.36-39   2012年5月
Japan Foreign Office Police (JFOP) Intelligence Operation against Korean Independence Movement in Shanghai from 1919 to 1932
松浦正伸
米国中西部政治学会『プロシーディングス』   第68号 pp.1-29   2010年4月   [査読有り]
アジア太平洋戦争と済州島:東アジア国際政治と日本の決7号作戦(韓国語)
松浦正伸
ソウル大学『済州島と韓国外交史』   pp.167-196   2009年9月
朝鮮慶尚南道「統營太閤掘海底隧道」築造の研究:基礎的社会資本の整備より見たる在地社会の変容
松浦正伸
筑波大学   pp.1-93   2008年3月

Misc

 
「2つのコリア」と日本の歴史認識問題:政治的リーダーシップと国際情勢から見た「日韓共同宣言」と「日朝平壌宣言」(韓国語)
松浦正伸
歴史認識と外交政策   165-216   2018年12月   [依頼有り]
日本は「朝鮮有事」での非戦闘員退避活動に向けてどのような政策を立案すべきか
松浦正伸
日米パートナーシップ最終報告論文      2018年9月   [依頼有り]
政治学と歴史学の対話:冷戦期北朝鮮帰国事業の大規模化に関する政治学研究
松浦正伸
科研費研究成果報告書      2018年6月
2030-40年韓国国家戦略の展望:人口動態及び戦略論より身たる韓国社会・外交・安全保障
松浦正伸
第一回CIGS東アジア長期情勢ワークショップ      2016年12月   [依頼有り]
松浦正伸
朝鮮日報      2009年9月

書籍等出版物

 
松浦正伸 (担当:分担執筆, 範囲:国際社会のなかの朝鮮半島問題: 南北の分断・対話・安全保障)
旬報社   2017年11月   ISBN:4845115166
国際政治学、国際関係論、国際社会研究の体系的な概説書である。担当した朝鮮半島地域研究では、現代韓国・北朝鮮の南北分断構造の起源、朝鮮戦争、北朝鮮帰国事業、南北共同声明、核・ミサイル開発問題、米国の対朝鮮政策を概観し、朝鮮半島の構造的課題である分断体制を解説した。また、各テーマに関する代表的な見解や最新の研究成果について論じた。
松浦正伸 (担当:分担執筆, 範囲:韓国のインテリジェンス)
亜紀書房   2011年12月   ISBN:4750511269
「国家の知性」といわれるインテリジェンスが各国でどのような歴史的な背景を経て形成・発展していったのかを、国際政治学、地域研究の観点から分析した。担当した「韓国のインテリジェンス」では、インテリジェンス・コミュニティの歴史的変遷を戦後の主要な政治事件とともに振り返りながら、脱冷戦期以降の情報機構の特質を分析した。また、現在の韓国インテリジェンスが抱える民主的統制のあり方や政治的中立性、「北風問題」などについて考察した。

講演・口頭発表等

 
松浦正伸
歴史認識と外交政策セミナー   2018年12月8日   韓国・東北アジア歴史財団
松浦正伸
日米パートナーシップ最終論文報告会   2018年7月22日   平和安全保障研究所
冷戦期北朝鮮帰国事業におけるロビー活動の成果
松浦正伸
重点研究中間発表会   2018年1月10日   福山市立大学
松浦正伸
第28回韓国学研究会   2017年12月9日   韓国学研究会
松浦正伸
京都アメリカコンソーシアム外部講座   2017年11月5日   コロンビア大学
「朝鮮有事」における日・米・韓安全保障協力 [招待有り]
松浦正伸
韓国国立外交院日本研究センター韓日関係セミナー「韓国政府の出帆と望ましい韓日関係」   2017年10月27日   駐広島大韓民国総領事館
北朝鮮帰国事業 [招待有り]
松浦正伸
同志社大学大学院総合政策科学研究科講義「ODA政策論」   2017年6月14日   
松浦正伸
第1回 CIGS 東アジア長期情勢ワークショップ   2016年12月19日   キャノン・グローバル・セキュリティ研究所
冷戦期北朝鮮帰国事業におけるロビー活動の成果:国会議事録のデータ・マイニング分析を中心に [招待有り]
松浦正伸
第67回定例研究会   2016年3月   東アジア学会
日本の中の日韓・日朝関係:北朝鮮帰国運動の事例を中心に
松浦正伸
定例研究会   2011年1月   慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所
松浦正伸
68th Annual National Conference   2010年4月24日   Midwest Political Science Association
松浦正伸
新領域開拓のための人社系異分野融合型研究   2008年8月   文部科学省大学院教育改革支援プログラム

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
一般財団法人 平和・安全保障研究所: 日米パートナーシップ・プログラム
研究期間: 2016年8月 - 2018年7月    代表者: 松浦正伸
【研究テーマ】
「日米韓『朝鮮有事』と非戦闘員退避活動(Non-Combatant Evacuation Operation: NEO)」
【活動内容】
2016年度 陸上自衛隊「総合火力演習」見学研修
2016年度 韓国研修
2017年度 Washington D.C.研修
日本学術振興会: 科学研究費助成金
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 松浦正伸
若手研究 (B)
東北アジア歴史財団(韓国): 日本の歴史問題と外交政策研究
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 松浦正伸

社会貢献活動

 
【講師】  株式会社フロムページ  夢ナビ  2018年6月16日 - 2018年6月16日
【司会, 運営参加・支援】  福山市立大学  市民向け講座  (福山市立大学)  2018年5月12日
講師:株式会社電通 チーフマーケティングプランナー 大久保祐介

その他

 
2016年9月   平和安全保障研究所主催 韓国研修 通訳
2013年6月   ソウル大学校外交学科「日本調査」通訳
2012年1月   ソウル大学校「外国人としての韓国語講師養成講座」修了
2011年1月   「サイバー・セキュリティ対策に関する国際比較研究」通訳
2010年12月   酒井哲哉著『近代日本の国際秩序論』韓国語脚注訳出作業
2010年8月   「李明博政権の河川事業に関する調査」通訳
2009年6月   韓国語能力試験 (TOPIK) 6級