基本情報

所属
元 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 元 野菜茶業研究所業務第2科長

J-GLOBAL ID
200901048658331621

外部リンク

1956年生まれ、奈良県吉野郡吉野町出身、1980年4月農林水産省四国農業試験場に採用され、2016年3月に国立研究開発法人農研機構野菜茶業研究所を定年退職した。その後、2021年3月まで再雇用職員として農研機構果樹茶業研究部門金谷茶業研究拠点で茶業後継者への研修指導業務などを支援した。再雇用任期満了により2021年4月よりフリー、現在静岡市駿河区内在住。1991年から茶樹栽培研究に25年間従事し、茶樹根系の調査、熱画像による茶園と茶樹の状態診断、茶園凍霜害などの問題を研究し、2016年3月に業務第2科長を最後に定年退職した。1991年までは、1980年4月から1991年3月まで農水省四国農業試験場で水稲の栽培研究に従事し、特殊な土壌と栽培条件が重なって発生するイネ生理障害Straightheadの研究、転換畑雑草アゼガヤの生態と防除、麦わらすき込み水田におけるイネ湛水直播技術の開発、水稲生育調節剤の作用特性、超多収イネの籾数構成解析などを研究した。退職後になって重要な情報を現場で体験的に見てきたにもかかわらず在職中にはその価値に気付けず論文化を怠り後悔の念に駆られています。落穂ひろい的な情報ですが「資料公開」の部分に茶やイネの栽培研究に関係する参考資料ほか「茶葉の読み方」など、現在および未来の関係研究者に参考にしていただけることを期待しデータや参考資料・現場写真・指導した茶業研修生の卒論解説文などを少しづつですが公開しようと準備しております。ご笑覧ください。特に茶樹の根系と地上部の安定的な管理の参考になる観察情報を作成中です(20210512現在)。


主要な書籍等出版物

  4

主要な論文

  135

主要な講演・口頭発表等

  88

主要なWorks(作品等)

  11

MISC

  23

主要な共同研究・競争的資金等の研究課題

  9

受賞

  1

主要な担当経験のある科目(授業)

  5

主要な所属学協会

  8

産業財産権

  1

主要な社会貢献活動

  1