浦田真由

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/18 15:21
 
アバター
研究者氏名
浦田真由
 
ウラタマユ
通称等の別名
近藤真由
URL
http://mdg.si.i.nagoya-u.ac.jp/~urata/
所属
名古屋大学大学院
部署
情報学研究科
職名
講師
学位
博士(情報科学)(名古屋大学)

経歴

 
2011年12月
 - 
2015年
名古屋大学 大学院・国際開発研究科 助教
 

Misc

 
浦田 真由, 長尾 聡輝, 加藤 福己, 遠藤 守, 安田 孝美
情報文化学会誌   21(2) 11-18   2014年12月
インターネットやモバイル端末の普及が進み, Webサイトやモバイル端末用のアプリケーションを通じて,観光者がより簡単に観光に関わる情報を入手できるようになった。本研究では,観光者に対して観光スポット間の移動動機を付与するための地域観光支援システムを開発した。このシステムを観光者が利用することで,観光者の観光地での体験が誘発されることを目的としている。観光スポット間移動の動機付与は,観光者側,情報提供者側の2つの側面から手法を提案した。観光者側は,スタンプラリーの仕組みを応用し,スタンプを写...
菊池 祥太郎, 小池 優希, 浦田 真由, 遠藤 守, 安田 孝美, 水野 政司
研究報告情報システムと社会環境(IS)   2014(3) 1-6   2014年12月
ソーシャルメディアの特徴に,リツイートやシェアなどの情報を評価し広範囲なネットワークに情報を拡散する機能がある.近年は,ソーシャルメディア上の 「口コミ」 の拡散効果や活用の重要性について注目が集まっている.また,Deep Learning (深層学習) は機械学習アルゴリズムの 1 つであり,画像認識や音声認識の分野で大きな活躍を見せている.本研究では,ソーシャルメディアの 「Twitter」 における口コミの情報伝播効果が,モバイルアプリストアの 「iTunes App Store ラ...
菊池 祥太郎, 小池 優希, 浦田 真由, 遠藤 守, 安田 孝美, 水野 政司
情報処理学会研究報告. 情報システムと社会環境研究報告   2014(3) 1-6   2014年12月
ソーシャルメディアの特徴に,リツイートやシェアなどの情報を評価し広範囲なネットワークに情報を拡散する機能がある.近年は,ソーシャルメディア上の 「口コミ」 の拡散効果や活用の重要性について注目が集まっている.また,Deep Learning (深層学習) は機械学習アルゴリズムの 1 つであり,画像認識や音声認識の分野で大きな活躍を見せている.本研究では,ソーシャルメディアの 「Twitter」 における口コミの情報伝播効果が,モバイルアプリストアの 「iTunes App Store ラ...
菊池 祥太郎, 小池 優希, 浦田 真由, 遠藤 守, 安田 孝美, 水野 政司
情報処理学会研究報告. 情報システムと社会環境研究報告   2014(3) 1-6   2014年12月
ソーシャルメディアの特徴に,リツイートやシェアなどの情報を評価し広範囲なネットワークに情報を拡散する機能がある.近年は,ソーシャルメディア上の 「口コミ」 の拡散効果や活用の重要性について注目が集まっている.また,Deep Learning (深層学習) は機械学習アルゴリズムの 1 つであり,画像認識や音声認識の分野で大きな活躍を見せている.本研究では,ソーシャルメディアの 「Twitter」 における口コミの情報伝播効果が,モバイルアプリストアの 「iTunes App Store ラ...
若田 弥里, 浦田 真由, 安田 孝美
社会情報学会(SSI)学会大会研究発表論文集   2013 133-136   2013年9月
Abstract The efforts for the utilization ICT in local communities increases year by year. However it has a problem with continuity its. In this study, we insist that it is important that citizens conduct contnual of ICT utilization in local commun...

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2015年 - 2018年    代表者: 浦田 真由
文部科学省: 科学研究費補助金(研究活動スタート支援)
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 浦田 真由
本研究は,「キュレーション」を取り入れた新たなWeb設計を行い,市民向けコミュニティにおけるWebメディアの活用方法を検証している.平成24年度は,実践的フィールド(生涯学習・地域活動)への参加によってWeb利活用における課題を明らかにし,Webキュレーションを実践することで,これまでとは異なる新たなWeb設計およびシステム開発を実施した.《現状調査:市民向けコミュニティにおけるWeb利活用》現在のWeb利用目的・頻度・問題点等を明らかにするため,実践的フィールド(生涯学習・地域活動)へ参...